タグ:香港 ( 391 ) タグの人気記事

香港ウィーク「現代チョンサムのコレクション」トークイベント参加のデザイナー3人

前回ご紹介した、香港ウィーク「現代チョンサムのコレクション」で、来日してトークを行うデザイナーはこの御三方です。


[PR]
by kadoorie-ave | 2018-10-29 16:08 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

渋谷ヒカリエにて 香港ウィーク「現代チョンサムのコレクション」開催!


渋谷ヒカリエ 8/COURTにて「ハイブリッドなおしゃれ:現代チョンサムのコレクション ショーケース1」が開催されます!

香港のファッションデザイナーが手がけたモダンな”Cheongsam(チョンサム/ 長衫)10点の展示と、
デザイナーの Ranee Kok(ranee_k)やAmy Wong、Janko Lam(新装如初のトークショーも予定されています。
詳細はこちら→ Shibuya Hikarie 8/01/COURT
f0063645_20400036.jpg
チョンサム(Cheongsam)...とは、漢字で書くと「長衫(いわゆるワンピーススタイルの中国服)」で、「旗袍 」とも呼ばれています。
日本では「チャイナドレス」と一括りでまとめられてしまうことが多いのですが、「チャイナドレス」という言葉から想像される
キンキラキン、体にピッタリ、深いスリットで Oh,セクスィ〜♡みたいな(だけど時にかなり野暮ったい)のばかりだと思ったら大間違い。
時代により、地域により、デザイナーや着る人によって、様々な形や素材、デザインのチョンサムがあるのです。
この機会にぜひ今を生きる香港の人たちのチョンサムをご覧ください。

※トークをする三人はいずれも香港の Cheongsam Connectのメンバーでもあります♪

--------------------------------------------------

そういえば。こちらは私のお気に入りの黒地に鳥の織り柄の大襟衫。Raneeさんが作ってくださったものです。
私のイメージやサイズで作ってあるので着心地良くて動きやすいです
f0063645_21401791.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2018-10-18 21:48 | イベント | Comments(0)

入江敦彦 (著)「怖い怖い京都」→繁體中文版「京都的異次元旅行」已經出版!

台灣・香港の皆様。そして繁体字をお使いになる皆様。
私の大好きな本、入江敦彦氏の怖いこわい京都の繁体字中国語版が台湾の出版社から発売されました!ついに!

「京都的異次元旅行 ー 你差一點錯過的京都魔幻景點」
  作者:入江敦彥
譯者:林佩瑾、曾志偉
 【購入】台灣: 博客來
     香港 : 商務院書館

初めての京都旅行はひとまずガイドブックで名所を巡ったり、美味しいものを食べたりお土産買ったり...で楽しむとして。
次に来るときは、もう一歩深く、Visiter向けではない京都を知ってから行くのも良いのではないでしょうか。

STUDY KYOTO MAGAZINEというサイトに、こんな言葉がありました。
Richmond: “I think what makes Kyoto interesting and unique is that while it’s easy for non-Japanese people to visit and travel around, it still retains an element of mystery. There are lots of closed doors around the city. Opening them to see what lies behind is one of the delights of being here. Even after having lived in Kyoto for so many years, there are still things to discover, like the road just in front of the office here: I finally went to take a look, and found a traditional craft shop down there. There’s always more to explore.
(中文)京都的魅力,作為外國人來說,雖然京都有很多很方便的地方但也有很多神秘的地方。有很多不為人知的好地方,打開神秘的們是我的樂趣。就算在京都住了好幾年,比如辦公室前面的路從沒走過,突然想著去看看,發現旁邊是做很傳統東西的地方,經常會有這種發現。
この本はそんな京都の西陣で生まれ育った著者ならではの京都案内、京都奇譚。
通りすがりの人には見えない町の“扉の奥”。
千年の都に澱み、潜み、鎮もる“なにか”を感じながら京都を歩けば、これまでとは違う京の顔が見えてくるのでは。

私が中国語堪能なら詳細を言葉でお伝えするのですが、残念ながらそうではないので
著者 入江敦彦氏にお許しをいただいて繁体中文版の本の中身を画像で一部ご紹介いたしますね。
f0063645_19243512.jpg
f0063645_19244659.jpg
f0063645_19250582.jpg
f0063645_19251490.jpg
f0063645_19252340.jpg
f0063645_19253358.jpg
f0063645_19254021.jpg
f0063645_19255952.jpg
f0063645_19261303.jpg
f0063645_19261939.jpg

f0063645_19281396.jpg

f0063645_19265686.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2018-10-18 20:22 | | Comments(0)

ツーリズムEXPOジャパン2018 【香港政府観光局ブースの画像です!】

香港政府観光局より、設営されたツーリズムEXPOジャパン2018 香港政府観光局ブースの写真が送られてきました。

こんな感じ!わーかっこいい。ここに住みたいかも♡
会場に行くのが楽しみです!
f0063645_15181477.jpg
f0063645_15181861.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2018-09-20 15:20 | イラストの仕事 | Comments(0)

ミッキーマウス生誕90年を記念して、「紅A」とディズニーのコラボグッズ発売!@香港


香港プラスチック製品会社、紅A(Star Industrial Co., Ltd 星光實業有限公司) 好きのかた。そしてディズニーファンの皆さま。
2017年7月にインタビューをさせていただいた紅Aの事業開発責任者Tobyさんから楽しいお知らせがありました。

この度、ミッキーマウス生誕90周年を記念してディズニーと紅Aのコラボグッズが発売されるそうです。
f0063645_11461475.jpg
詳細はこちらをご覧下さい。
 "ミッキーマウス90回目の誕生日に、香港では9月29日から10月31日まで、銅鑼灣(コーズウェイベイ)の時代廣場(タイムズスクエア)にて
 初めての「ミッキー90周年記念展」を開催します!
 香港の人々にとって馴染み深い「紅A」も参加し、最も古典的なランプシェードやスツールなどとの一連のコラボグッズが発表されます。
 9月29日から先行展示、10月から発売予定。"
 (↑すみません、私の原文の理解が足りず情報に誤りがある場合は教えてください)

紅A伝統のシンプルな形でありながら、ミッキーの愉快なデザインにワクワク♡
紅Aは今も香港に工場を持ち、製品の安全性・精度にはとても厳しい、信頼の置けるメーカーです。
紅Aファンの方、ディズニー大好きな方、ちょうどその時期香港にいる!という方はぜひ会場に足をお運びください〜

f0063645_11554449.jpg

こちらは2017年に訪問した時の画像↓ Jessicaさんはボーイッシュな中に乙女心が感じられる、爽やかな若社長さんなのでした。
f0063645_11491762.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2018-09-20 12:11 | Comments(0)

間もなくツーリズムEXPOジャパン2018開催!香港政府観光局のブースに是非

今週末の9月22日(土)、23日(日)に東京ビッグサイト(東京国際展示場)ツーリズムEXPOジャパン2018が開催されます。
  詳細はこちら→ http://www.t-expo.jp/public

香港政府観光局のブースでも、池上千恵さんのトークイベント、香港政府観光局のクイズや抽選タイム、
キャセイパシフィック航空による「大人のテーマパーク香港」のプロモーションイベントなど、楽しい企画が目白押しです。

ブース自体も香取慎吾さんのウォールアートの大きな写真をはじめ、今の香港が感じられる多幸感溢れるデザインになっていると思います。
ひとりっPさんこと福井由美子さんの香港写真、「香港路面電車」の松田浩一さんの写真...
               そして
不肖私めも、いくつかの香港イラスト(拡大プリント)で壁面を飾らせていただいております。
香港マニアの皆様には懐かしい作品かもしれません。香港気分盛り上げに少しでも貢献できれば幸いです。

f0063645_03202704.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2018-09-20 03:23 | イラストの仕事 | Comments(2)

日本香港協会の日本香港協会の会報「飛龍 No.88」に、文とイラストが掲載されました。

日本香港協会の会報「飛龍 No.88」に、文とイラストが掲載されました。
テーマは、駱駝牌(Camel / 唯一冷熱水壺廠有限公司)の工業ビルがリノベーションされ、Camlux Hotelに生まれ変わった話。
ウェブ上でもお読みいただけます!

そしてとってもびっくり、光栄なことに、今回掲載のイラスト二点(工場の絵の原画とホテルの絵のジクレー版画)、
そして以前ブログでご紹介した現在稼働中の黄埔の工場入り口の絵(ジクレー版画/ 下に再掲↓)が、Camlux Hotelのお買い上げとなりました。
CamelのLeong社長、広報Ritaさん、ありがとうございました。お世話になりました!

f0063645_12332008.jpg

f0063645_12510029.jpg




[PR]
by kadoorie-ave | 2018-08-01 12:29 | イラストの仕事 | Comments(0)

ドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」のイラストを描きました

香港の若手監督 陳梓桓(チャン・ジーウン)によるドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」が
2018年7月14日(土)よりポレポレ東中野にて公開されます。全国順次公開)
私は映画のイメージイラストを描かせていただきました。
特別前売り鑑賞券(1300円)を劇場でお求めの方には、このイラストのポストカードがプレゼントされます。
(一部劇場ではお取扱いがありません)

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017にて小川紳介賞受賞作品
配給:太秦株式会社
公式サイトhttps://amagasa2018.com
詳細はこちらでも→cinefil http://cinefil.tokyo/_ct/17162027
監督インタビュー:CINEMA JOURNAL http://www.cinemajournal.net/special/2017/yellowing/index.html

詳細はリンク先をご覧いただくとして...私自身のつたない感想を付け加えるとすれば。
雨傘運動について賛成派か反対派か。どのような政治の志向か...などは抜きにして
まずはこの映画を一度はご覧いただきたいなと思いました。
頭で「考える」前に、まずは映画を観て「感じて」みて。

監督はあくまでも素直でフラットな視線で、他の若者とともにいます。
そして、そのカメラに映し出されるのはイデオロギーでも、
「學民思潮(Scholarism)」や「香港專上學生聯會(學聯)」の若者でもなく
普通の若い人たちの、それぞれのいたたまれぬ思い。熱い想い。素直な疑問。その記録。

ところどころに監督が幼かった頃のホームビデオが挟まれていて
観ているとああ、香港でこんな風に育ったんだ、そして大きくなって...だからそうか。
それで今募る想いでここにいるんだね、と
切ないような愛しいような気持ちになってふとデモの只中に居るような気持ちになってしまう。

この「雨傘運動」は、撤収とともに終わったのではなく
それぞれの形で、一人一人の心の中に将来への種を蒔いたのだろうと思います。

だから、イラストを描くにあたっては、それぞれの人たちの未来に希望を感じさせるような明るめの色で仕上げました。


(映画の中で一人の学生が言った言葉「デモは反乱ではない。基本的人権だ」が
心に残りました。)


あらすじ(チラシより引用)

僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。

2014年、香港にはいまだに民主主義はない。

自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。

同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。

そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー

、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。

香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。

テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。

討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。

こんな香港を見るのははじめてだった。

香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。

当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

f0063645_23363434.jpg
f0063645_23365825.jpg
f0063645_23371016.jpg
(小野寺光子/画 illustrated by Mitsuko Onodera)



[PR]
by kadoorie-ave | 2018-04-26 01:15 | イラストの仕事 | Comments(0)

Elle Gourmet (エル・グルメ / ハースト婦人画報社 刊)にイラストを描きました

Elle Gourmet (エル・グルメ / ハースト婦人画報社 刊)No.6が発売されています。
京都特集...だけでなく、香港特集のページも12ページありまして
特集ページの扉にイラストを描きました。

見てね♪

f0063645_14271886.jpg
f0063645_14272371.jpg







[PR]
by kadoorie-ave | 2017-12-14 14:40 | イラストの仕事 | Comments(0)

[香港画像ポッと出し]深水埗のショーウィンドー

f0063645_14161290.jpg
お店じゃなくて中医の診察室かなにかだったかも


[PR]
by kadoorie-ave | 2017-12-14 14:20 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)