カテゴリ:イラストの仕事( 173 )

ドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」のイラストを描きました

香港の若手監督 陳梓桓(チャン・ジーウン)によるドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」が
2018年7月14日(土)よりポレポレ東中野にて公開されます。全国順次公開)
私は映画のイメージイラストを描かせていただきました。
特別前売り鑑賞券(1300円)を劇場でお求めの方には、このイラストのポストカードがプレゼントされます。
(一部劇場ではお取扱いがありません)

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017にて小川紳介賞受賞作品
配給:太秦株式会社
公式サイトhttps://amagasa2018.com
詳細はこちらでも→cinefil http://cinefil.tokyo/_ct/17162027
監督インタビュー:CINEMA JOURNAL http://www.cinemajournal.net/special/2017/yellowing/index.html

詳細はリンク先をご覧いただくとして...私自身のつたない感想を付け加えるとすれば。
雨傘運動について賛成派か反対派か。どのような政治の志向か...などは抜きにして
まずはこの映画を一度はご覧いただきたいなと思いました。
頭で「考える」前に、まずは映画を観て「感じて」みて。

監督はあくまでも素直でフラットな視線で、他の若者とともにいます。
そして、そのカメラに映し出されるのはイデオロギーでも、
「學民思潮(Scholarism)」や「香港專上學生聯會(學聯)」の若者でもなく
普通の若い人たちの、それぞれのいたたまれぬ思い。熱い想い。素直な疑問。その記録。

ところどころに監督が幼かった頃のホームビデオが挟まれていて
観ているとああ、香港でこんな風に育ったんだ、そして大きくなって...だからそうか。
それで今募る想いでここにいるんだね、と
切ないような愛しいような気持ちになってふとデモの只中に居るような気持ちになってしまう。

この「雨傘運動」は、撤収とともに終わったのではなく
それぞれの形で、一人一人の心の中に将来への種を蒔いたのだろうと思います。

だから、イラストを描くにあたっては、それぞれの人たちの未来に希望を感じさせるような明るめの色で仕上げました。


(映画の中で一人の学生が言った言葉「デモは反乱ではない。基本的人権だ」が
心に残りました。)


あらすじ(チラシより引用)

僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。

2014年、香港にはいまだに民主主義はない。

自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。

同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。

そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー

、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。

香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。

テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。

討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。

こんな香港を見るのははじめてだった。

香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。

当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

f0063645_23363434.jpg
f0063645_23365825.jpg
f0063645_23371016.jpg
(小野寺光子/画 illustrated by Mitsuko Onodera)



[PR]
by kadoorie-ave | 2018-04-26 01:15 | イラストの仕事 | Comments(0)

Elle Gourmet (エル・グルメ / ハースト婦人画報社 刊)にイラストを描きました

Elle Gourmet (エル・グルメ / ハースト婦人画報社 刊)No.6が発売されています。
京都特集...だけでなく、香港特集のページも12ページありまして
特集ページの扉にイラストを描きました。

見てね♪

f0063645_14271886.jpg
f0063645_14272371.jpg







[PR]
by kadoorie-ave | 2017-12-14 14:40 | イラストの仕事 | Comments(0)

「anan特別編集 休日、香港 (マガジンハウスムック)」にイラスト&ミニコラムを書きました。


昨年好評だった「anan 2016/09/06号(魅惑の香港 特集)」をベースに再編集した香港ガイドブックです。
(「魅惑の香港」では上海街や西營盤、おみやげなどの情報提供と、ブックインブックの表紙他のイラストを担当いたしました。)

今回のムックでは、新たに計4ページのイラストとミニコラムを書かせていただきました。
イラストはともかく、文章のほうは慣れないのでドキドキものでしたが
編集のかたから「小野寺さんの目線で'自分らしく'書いてください。ブログを書くときみたいに」と励ましていただき、
かつてないほどのびのび楽しい気持ちで書きました。
(書くときはのびのびでしたが、いざ公開となるとかなりドキドキする...)
コラムページのタイトルもそんなわけで「香港、私的風景。」です。

こんなテーマで書きました↓
牛池灣 / 朝食 / スイーツ/ 台所道具

どうぞよろしくお願い致します〜

そして編集部の方々、殊に Nさん!ほんっとーにお世話になりました。
f0063645_18133880.jpg
f0063645_20370419.jpg
f0063645_20344332.jpg




[PR]
by kadoorie-ave | 2017-11-15 21:17 | イラストの仕事 | Comments(0)

聘珍樓「中秋節限定ギフト缶入り月餅」の缶のイラストを描きました!

他のSNSではすでにお知らせ済みですが

この秋、聘珍樓から私のイラスト缶に入った「中秋節限定ギフト缶入り月餅」が発売されます!
アヒルの塩卵入り「蓮の実あん」と「黒あん」の2種類があります。
詳細はこちらのサイトをご覧くださいませ↓

f0063645_00371146.jpg
f0063645_00373569.jpg
f0063645_00374702.jpg
f0063645_00455768.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2017-08-06 00:50 | イラストの仕事 | Comments(0)

memorandom.tokyo「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新のお知らせ

ウェブマガジンmemorandom.tokyo「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新されています。第14回は『南北杏』。杏仁とそれを使った美容によいスイートスープの簡単レシピ、香港で売っているお店をイラストでご紹介しています。
f0063645_01364376.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2017-01-29 01:28 | イラストの仕事 | Comments(0)

本年もよろしくお願いいたします


寒中お見舞い申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い致します!
f0063645_12530032.jpg
今年も聘珍樓の年賀状イラストを担当させていただきました。
聘珍樓横濱本店の一室をモデルに描いたものです。



[PR]
by kadoorie-ave | 2017-01-07 12:57 | イラストの仕事 | Comments(0)

anan香港特集号「魅惑の香港」出ました!



8月31日に発売となったanan (No.2018)は、そう!待ちに待った香港特集号です!

f0063645_15403620.jpg

"魅惑の香港 おいしい、アガる、気分はいつも クライマックス"というタイトル。
ほぼまるごと一冊香港の大特集です。表紙には宵闇せまる蒼い香港、そしてたたずむ佐々木希さん。


たくさんの香港通、ライター、香港在住の方々からの情報をもとに、関係者の方々が一夏かけて念入
りに取材してできたのがこの号なんです。もー、たくさんの人の香港愛がギュッと詰まってる。

そして、私も香港情報やコメント、book in book(綴じ込み冊子)の表紙イラスト他、見えるところ
見えないところでちょこちょこと協力させていただきました。



いやー、幸せな仕事でした。






book in bookのイラスト、香港ファンの方には「そうそう、香港ってこういう雰囲気あるよね」と、共感していただけたら
嬉しいし、「香港?知らなーい」という方々には「なになに?なんとなく楽しそう」と少しでも興味を持ってくださるように
...と、心を込めて描きました。自分なりに、ですけれど。


f0063645_16102713.jpg ご覧になった方......いかが......でした.....?

私も発売日の午前中に書店に飛んで行っちゃいました。早く読ん
でみたかったんです。
香港大好きな「読者」としても充実の内容にニヤニヤが止まり
せん。次回、絶対ここに行こう...と付箋をつけ、Google mapの
my mapにピンを立てて準備中です。

ananのサイト、anan「THIS WEEK'S ISSUE」からは、目次
立ち読み、購入もできますよー!

週刊誌なので、気になる方はお早めにご購入を!!







※それからあのー、あんまり似ていないので堂々とは言えないの
ですが、一応ご報告を。今回もイラストの中にそーっとレスリー
・チャン(張國榮)を仕込みました。似ていないからってクレー
ムは受け付けないけど。ごめんね

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-02 16:15 | イラストの仕事 | Comments(0)

memorandom.tokyo連載「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新のお知らせ

f0063645_1922210.jpg

webマガジンmemorandom.tokyoで連載している「ジャスミンライスの炊ける匂い」が更新されました。第十回は「皮蛋(ピータン)」です。
皮蛋を使った中華粥「皮蛋痩肉粥」の作り方も、イラスト中心にご紹介しています。
できるだけ簡単に、でも本格的な味になるようにしたつもりですが、どうかな...。是非お試し下さいね。
お薦めの皮蛋のお店も紹介しています。

※もしタイ米のジャスミンライスがあるなら、日本の普通のお米に何割か混ぜると、香りよし、艶よし、トロみよしのお粥ができますよ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-09 19:25 | イラストの仕事 | Comments(0)

楊さちこ先生著『72時間で自分を変える旅 香港』の表紙

もう手にしたかたはお気づきでしょうか、楊さちこ先生のご著書「72時間で自分を変える旅 香港」。表紙カバーの上に金の太い帯!見るからに運気が上がりそうな金と赤の配色です。ブックデザイナーの児玉明子さんの手にかかると、女性らしい繊細さやちょっとおしゃれな雰囲気もちゃーんと併せ持っているところがさすがだと思いました。

まずはこの、金の帯をとってみると…

f0063645_15788.jpg


ちらっと見えていただけの龍が姿を現します。ばぁっ。全面に水彩で描いた金魚がひらひら泳ぎ回っています。できるだけ色々な模様・角度の金魚を描くようにしたのですが、正面の顔なんてかなりひょうきんで描いていても愉快でした。カバーの左端には向こう側へ泳いでいく金魚のしっぽも見えている。

さて。ここまではきっと皆さまご存知でしたよね。ではこのカバーもとってごらんになった方は?
はぁい、こんなふうになっています。また表情ががらりと変わります。濃いピンクの地に、線画イラストが集められています。これはいずれも本文に添えられているイラストです。私の大のお気に入りの部分!

f0063645_1523511.jpg


紙質も少し素朴でざらりとして気持ちがよいのです。

素敵な内容を、視覚的にさらに魅力的に伝えてくれる装丁。“紙の本”を手にするのなら、こういう遊びはこれからますます大切だなぁとニヤニヤしながら眺めています。

オマケ。表紙を一部アップに。この虎さん、自分ではちょっと気に入っているのです。

f0063645_15393163.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2014-04-14 15:31 | イラストの仕事 | Comments(0)

イラストを描きました:楊さちこ先生の香港ガイドブック『72時間で自分を変える旅 香港』

間もなく、4月8日に楊さちこ先生のご著書「72時間で自分を変える旅 香港」(幻冬舎/刊)が発売となります。幸せなことにこちらにもイラストを描かせていただきました。
昨年11月末にダイヤモンド社から池上さん、永田さんとの共著で「香港トラムでぶらり女子旅」を無事刊行。ホッとしたところですが、香港本の出版が続いてウヒウヒ。
書店では海外旅行や海外事情を綴った本のコーナーを見れば、流行の渡航先が一目瞭然。本棚に占める地域ごとの幅が激しく変わりますよね。香港の返還の頃あれほど幅を利かせていた香港本コーナーが少し前まで少々寂しかった。池上さんの「香港女子的裏グルメ」「香港路地的裏グルメ」辺りからちょこちょこ増えて来たかなぁ。香港本を増やそう計画を密かに胸に抱いて来た私としては、最近の動きは嬉しい限りです。

しかも。今回はよくある香港ガイドブックとは少し違った視点からの香港案内です。
楊さちこ先生と言えば…:レピーク プロフィール
香港在住29年の楊さちこ先生ご自身が「これが鉄板!」と思えるモノ、場所、お店などを選んでご紹介。72時間で心身ともに元気になって、本当の意味できれいになれる(表面にベタベタ塗りたくるテクニックじゃなくてね)、そんなガイドブックです。

f0063645_16462430.jpg

72時間で自分を変える旅 香港
著者:楊 さちこ
出版社:幻冬舎
価格:¥ 1,296
ISBN-10: 4344025679
ISBN-13: 978-4344025677
※amazonでは4月10日発売予定(ご予約受け付け中)
 

中身のイラストはあえて色を使わずに描いた線画なのですが、デザイナーの児玉明子さんがそれを帯や表紙(カバーをはずした中側の表紙)に生かしてくださっています。遊び心があってすてき!是非手に取ってお確かめくださいね。→楊先生のブログ

※余談ですが、先日の香港で、楊先生に「足蒸し」に連れて行って頂きました。その時改めて間近で見た楊先生のお肌のきれいなこと!ハリもツヤもあって何歳だかよくわからない、ファンデーション要らずのお肌でした。脚なんて頬ずりしたいくらい。レスリーもそうだけど、お肌がきれいな人いいな♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2014-04-02 18:08 | イラストの仕事 | Comments(2)