今年も奄美プラム(いぐり)がやってきた。

奄美プラム(いぐり)は、やや小粒で実は深紅で締まっています。酸味がしっかりあって、甘味は
それほど強くありません。生食でも問題ありませんが、お酒に漬けたりジャムにするとよいといい
ます。
昨年は、アーモンドクリームのタルトに焼き込みました。今年はどうしようかなあ...?というので
今年はこれに。

<奄美プラム入りパン・ド・ジェーヌ 
          Pain de Gênes aux prunes des Amami>



f0063645_2222368.jpg
この生地にもアーモンド粉がたーー
っぷり入っています。

(直径24cmの丸型一個分)
アーモンド粉 150g
粉砂糖 200g         
卵 4個
小麦粉 100g(だったかな...?
なんせ、適当なものですから)
ベーキングパウダー 小さじ3/4
バター 120g

型用のバター・小麦粉 適量




●オーブンは180度に余熱をかけておく。
 
f0063645_22225380.jpg
●型にバター(or油)を薄く塗り、底に
紙を敷く。粉を振って余分ははたき落
とす。
●プラムは半分か1/4に割って種をはず
しておく。
●ボウルにアーモンド粉と粉砂糖を合わ
せてふるう。ここに割りほぐした卵を
少しずつ加え混ぜる。
さらに、ふるった粉類を加え、ヘラで切
るようにして手早く混ぜる。
 
f0063645_22231153.jpg
●バターを鍋に入れて軽く焦がす。目を
離さず、あくまでも“軽く”焦がします。
あら熱をとる。上記のボウルに、少
しずつ加え、手早く混ぜる。
●型に生地を入れる。上面にプラムを並
べる。

オーブンに入れます。32〜40分焼きま
す。
(時間はオーブンの機種によって違う)
 
f0063645_22232816.jpg  
焦がしバターのお陰でコクのあるこう
ばしい香り。

出来立てより、もちろん味の落ち着い
た翌日が美味しいです♪
それにしても、なんてきれいな色なん
でしょう。

   *     *     *     *

<奄美プラムのサワードリンク>

f0063645_22593271.jpg
1キロ分の奄美プラムは、またしても鹿児島/福山の黒
酢と氷砂糖各1kgで漬けてみました。

二日経ったらこんなシックな赤になりました!

テーブルに壜を置いて、夕日に透かして眺めていると
幸せ〜な気分になります。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-06-20 23:09 | おいしいもの | Comments(9)
Commented by たんげ at 2008-06-21 07:27 x
すげ〜〜〜〜相変わらずすごいです!!売り物じゃないですか。
ほんとにきれいだな〜〜ため息。
私も、毎年、プラムの季節になると安いやつをスーパーで買って
プラムソースを作ります。こんなきれいな色にならないけど。
Commented by アン at 2008-06-21 10:07 x
うわ~おいしそう♪
さっき朝食を食べたばかりなのにお腹がグ~となりました・・・
うちにはオーブンも量りもないのですが、計量カップで材料を量れるレシピを見つけて、炊飯器で挑戦してみました。
そして食いしんぼうの私はあつあつをほおばって「キャッ!」となったのでした・・・笑
お菓子作りって楽しいですね!
Commented by kago-fp at 2008-06-21 20:51
あー、今年もケーキのおいしそうなこと♪ 味を想像するだけで頬袋がふくらんでしまいますわ(りすか?)
奄美プラムのサワードリンクはほんとにおいしいですよね。夏中飲んで元気をいただいた気がします。福山の黒酢でしたらなおのこと!!
が、鹿児島はまだいぐりは出回っていないんですよー。鹿児島よりも先に手に入っちゃうんですねぇ。ほんとに不思議。今年は庭のいぐりが結構、とれそうなので、楽しみにしています♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-22 18:07
>たんげさま
きれいなのは、このいぐりのおかげなんだけど
今回は『バターを軽く焦がした』ところがチョイ自慢です。
プラムの仲間って、梅も杏もふつうのすももも、なんであんなに魅力的なんでしょうねえ〜〜
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-22 18:11
>アンさま
お菓子作りは、出来上がったものはもちろんのこと、
出来上がるまでの甘い香りが部屋中にほわ〜っと広がるのも最高の幸せだと思います。
そういえば、前にもどこかに書いた気がしますが、オーブンから出る香りを独り占めにしようと空気の吹き出し口に鼻を近づけすぎて、火傷したこともあります....鼻の中だけ。
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-22 19:26
>kago-fpさま
そうか、レイコさんには頬袋があったのか....!!(でも、よくお似合いになりそうな気が。)
サワードリンク、これはもう、レイコさんの影響です。ネットで調べれば沢山のレシピが出て来るし、多くのブログでも皆さんが作っているのは知っています。が、私の場合はレイコさんの写真に惹かれて火がついて、その勢いで作りました〜。きっとこの夏はこれで元気に乗り切れるような気がします。
台所の床には幾つもの大きな壜が並んでいて壮観。よいものですねえ。山ほどの木の実を蓄えたリスみたいな気分です〜。
それにしても、あれえ?鹿児島ではいぐりはまだもう少ししないと出て来ないんですね?奄美のほうがちょっと早いのでしょうねえ。生協でしか見かけたことはないのですが、奄美の農家と提携しているのでしょう。庭先にいぐりがあるなんて、うらやましい限りです。
Commented by 奄美大島のおーしゃんうーまん。 at 2008-06-28 17:55 x
突然、お邪魔します。
奄美プラムの一大産地、奄美大島の大和村に住んでいる、おーしゃんうーまんです。
奄美プラムを使って、お菓子を作ってくださっているなんて☆
本当に、ありがとうございます!
ちょっと、目からウロコでした!!!
産地の私たちは、もっぱらジャムやジュース、そして黒糖焼酎漬け。
奄美プラムの活用法を、色々考えなければいけませんね^^;
今年の奄美プラムは、大豊作で、出荷の後半は残念ながら価格が暴落しました。
農家は、本当に苦しいシーズンを終えようとしております。
(でも、まだプラムの木には、まだ美味しそうなプラムが残っております)
来年は、今年以上に多くの皆さんに、奄美プラムを召し上がって頂けるように、頑張りますね^^
では、失礼いたしました~。
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-28 23:08
>奄美大島のおーしゃんうーまん。さま
ようこそ〜〜!!
大好きな奄美プラムのふるさと、奄美大島の方が書き込んで下さるなんてすっごく嬉しいです。
最初は、昨年生協のチラシに「今回限り」といって紹介されていたのが奄美プラムとの出会い。
「プラム」と「酸味がある」という言葉が大好きな私は、いかにも美しい色の奄美プラムを3キロ注文したのです。
今年も早く出ないかなあ...と思っていたところ、やっとチラシに掲載されました。
日本の果物は、美しくて甘くておいしいのですけれども、加工に向いている果物....
というより、野性味を残した、短い季節だけの果物に強く惹かれるのです。
もし、生協のチラシに載らなかったら、自分でネット注文するつもりでした。
(次のコメントに続く)
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-28 23:08
>奄美大島のおーしゃんうーまん。さま
(上からの続き)
自分で作っておいていうのも何ですけれども.....このパン・ド・ジェーヌ、おいしかったですよ〜〜。
もともとのレシピは上野万梨子さんの著書「はじめまして。フランス料理」の
「リンゴ入りパン・ド・ジェーヌ」を見て、アレンジしたものです。
アーモンド入りの生地というのは
アーモンドがバラ科サクラ属で核果類の桃、杏、梅などと近縁ですので、奄美プラムとも相性がいいはず....
よく、アーモンド入り生地にアプリコットを入れたのをフランスでみかけます!
美味しそうなプラムがまだ木にたくさん...なんて伺ったら、奄美大島に飛んで行きたくなりますねえ!
豊作による価格の暴落...消費者としてできることはなんでしょうか。
価格が安定して、作ったかたが笑顔で出荷できますように。
<< 只今制作中! まだ続く保存食作り....のみ... >>