昔の教え子と再会!(き・きれいだ.....。)そのうえビックリな展開も。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、大学を出てすぐに5年間ばかり、自分の母校で教職に就
いておりました。教科はもちろん美術、2名の担当教員で中高6学年を手分けしてみておりました。
そのうえ、あろうことか就任早々担任までいたしまして、今回お招きいただいた期では担任を二年
間、さらに同じ期で一年間の副担任もしたという最も関わりの多かったかたたちなんであります。
今思えば、20代の頃、5〜10歳若く見られていた(今ならそれは喜んでもいいのかもしれないけれ
ど、当時は意味がありません)私が担任なのですから、保護者の皆様はどのようにお感じになった
のでしょう???考えたくありません...。

さて、20年ぶりにお会いしたその方達は...す、すごいです。お世辞ではありません。
『花様年華』とはこのことです!
ウットリしてしまいました。

f0063645_1135762.jpg


もう、社会人としても経験をたっぷり積んでいるお年頃です。よく見ると懐かしい顔ばかりなのに、
なるほど洗練されるというのはこういうことなのだなあ...と感心してしまいました。なにかキラ
キラしているんです。
仕事を続けている方も、家庭で小さな子どもたちの世話に追われている方も、それぞれに充実した
世界をお持ちのようでした。


f0063645_11292925.jpg


我が校の卒業生の多くがうなずき合うことは、「在校中はそれなりにきちんとした学校だと思って
いたくらいだったけれど、社会に出てから、中高で身につけたことのお陰でどれほど助かっている
ことか!!」と気付かされたこと。


f0063645_11294311.jpg

制服の着こなし(校則についてではなく、洗練された洋服の『着こなし』のこと!)とか、笑い方
とか、人とすれ違う時の身のこなしや言葉遣い、目上の方との話し方等々...シスターをはじめとし
て、まあ細かいと言えば細かかった。
私にとっては、倫理の授業でのシスターのお話....「個人主義と利己主義は違う。日本では(西洋
の)個人主義を批判する向きもあるけれど、そういう人が差しているのは『個人主義』ではなくて
『利己主義』なのです。個人主義というのは、自分自身の世界を大切にするけれど、ということは
他人の世界をも尊重しなければいけないということ。」なんていう内容がやけに心に残っていま
す。....そんなちょっとしたことが、社会に出た私を助けてくれています。(そう言うわりに本人は
なんだか...というのはさておき。orz)
『出てから振り返ると、しみじみいい学校でしたよね...』『そのわりに、その事が世間に知られて
いない気がしますね』『なぜでしょう?』『派手には宣伝していませんね』『そうかも。ちょっと
くやしいけれどそれでいいのかも。』

f0063645_11295949.jpgf0063645_11301680.jpg

ところで。ここでびっくりしたのは。

私が近況をお話しし終わった頃、一人のかたが寄っていらして『あのう...小野寺光子先生。私、朝
日新聞社の『広告月報』のTです。
お仕事ではいつもお世話になっております...。気付くのが遅くな
りまして』と。
f0063645_13212437.jpg

え、え、え、え〜〜〜!!!そういえば。

私も視界に入るそのかたを、どこか懐かしいような、ついこの間見たような...とチラチラ気にして
はいたのです。しかも、何故か一瞬自分が仕事モードになったような気がしていました。
『以前行ったお食事会(一応私を囲む会、だった...)でも、ご一緒してました』
『そ、そうですよねえ!こちらこそ気付くのが遅れまして...!』
よくお話を伺うと、高校はお父様の転勤でイギリスにいらしたそう。それでお互いなかなか気付か
なかったのです。今の『素敵な大人の女』な彼女を、頭の中で中学生にして制服を着せてみたら....
あ。あああ。わかった、わかりました。

さらに、私も「That's NEW」のページ担当のかたには随分お世話になっていること、この間移
動があって、編集長が新しい方になったのだけれど、まだお会いできず、ご
挨拶もしていない
ことなどをお話しすると、Tさんが.......

「その新しい編集長は、わたしです
.....って!!!


え、ええええええええええええええええええええーーーーーー!!!?????びっくりしたぁ!

こ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします、「編集長」。
こちらこそ、よろしくお願いいたします、「先生」。


f0063645_11571820.jpg世間は狭い。卒業生は活躍している。
ボウッとしてはいられない気が......。まだちょっとクラクラしている私で
す...。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-06-18 12:14 | 思ったり、考えたり... | Comments(4)
Commented by mieru1 at 2008-06-18 17:03
教え子さんの成長を目の前にして感動、たじろぐ姿が目に浮かびます。年齢的にも一番綺麗な時でしょうし・・・
なによりも学校教育でさらにエレガントに磨きがかかっているというのがいいじゃぁありませんか!(羨ましいねぃ!こちとら田舎のおばちゃんよぅ)
で、10年後は貫禄がついた姿を見て頼もしく思い・・・

それにしてもこの歳で編集長というのは凄いですね。
よっぽどデキる人なんでしょうねぇ。
お互いいい関係で素敵なお仕事、がんばってください。
Commented by GG-1 at 2008-06-19 23:28
ううん
世間は狭いでんな~
漫画のような話がホンマにあるんやね


口から下ばかりの写真ってのも
想像をかきたてますわ
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-20 14:50
> mieru1さま
それぞれに、実際は色々な苦労をしたり、悩みを抱えていたりするのでしょうけれど
思い思いの方向へ成長している姿に感動しちゃいました。
こちらとしては、貫禄のついた姿っていうのを早く見てみたい気もします。
とはいえ、新卒で入ってすぐにお付き合いの始まった期なので、それほどには年齢が違わないんですが.....

広告月報の編集長は.....すごいですね。デキるんでしょうね、見るからにデキそうです....。
私も一生に一度(一日?)でもいいから外見と内容があんなふうになってみたい気がします。
Commented by kadoorie-ave at 2008-06-20 14:56
>GG-1さま
ほんとに世間は狭いですねえ.....
お互いに今まで気付かないというのも笑えちゃいますが。

写真。本当は、『美人』ぞろいでしたので、公表したいくらいなのですが
一応プライバシーを気にしてみました。
口から上、お好きなように「きれいなお顔」を想像してくださいまし。
<< まだ続く保存食作り....のみ... 朝日新聞社 広告月報 2008... >>