本気のタルト・タタンに挑戦...なのだ。(その1)

はい、こちら「タルト・タタン研究会」です。

フランス風というよりも、できたらフランスらし〜いタルト・タタンを食べたい私です。タルト・
タタン作り歴は20数年、だろうか。毎年紅玉の季節になると、2〜3回作ります。それくらい好
きなんです。
タルト・タタンは、アメリカ式のアップル・パイと違い、シナモンを効かせた味ではありません。
(好きですけど..。)リンゴがみっちり型の中に詰まり、その上にパイ皮が乗っかった逆さまパイで
す。味はコクはあるけどシンプルそのもの。表面と全体にカラメル化した糖分がしみ込んでいる、
あの感じがたまりません。

型は大きめがいい、フランスのサロン・ド・テ(喫茶店)で出してくれるサイズの。...というわけ
で、23センチの(でも測ると25センチくらいある気がする)マンケ型。
本来なら、マンケ型と形は似ているけど、直火にかけられる専用の銅製のものがあるのです。直火
にかけられなくっちゃいやなんですーー。(だけど銅製のを買ったら1万6千円以上する。)今ま
では、仕方がないから薄いブリキ製の型を無理矢理直火にかけたりしてみたり。苦労してました。

が、今年、私には元菓子職人(今風に言うと、パティシエ)の
お師匠さんができました!!
いつもの王華さんですが。
きちんとしたフランスの味をご存知です。「焼き上がりは均一にきつね色、じゃなくてこんがり
しっかりタヌキ色」を望む同じ一族のお頭....だと、私が勝手に決めています。もう、一人でレシピ
追求をしない。頼れる王華さんについて行くことにした!

なにかと高級な道具をそろえて、小指立てながら、セレブなお菓子作り...なんていうのは、ちと苦
手です。なんか違うんじゃないだろーか、それはステキなことなのかなぁと気になる。がっちり地
に足が着いた生活感と、お洒落が両立しているっていうのを追求したいのであります。
何ごともない小ぎれいさよりも、人間だもの。「...色々あってね...」っていうのがいいな、C'est la
vieなのよ。....で何でしたっけ?そうそう、お菓子もそういうテイストが好きだということなのであ
ります。


f0063645_095182.jpgその王華さんがこのたび、専用の
銅型を買わなくても、バッ
チリ期待通りのタルト・
タタンが作れるレシピを開
発しました。



←それで、是非買ったほう
が良いと勧められたのが、
これ。

(そそのかされたともいう。)

これを、どうやって使うのか....は、長くなったので、次回に。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-11-21 23:54 | おいしいもの | Comments(8)
Commented by 王華 at 2007-11-22 08:40 x
ぷぷぷっ♪ついにつくりやがったのね。
そしてここで発表されるということは、うまくいったものと信じたいわ。

しっかしでかいスキレット買いましたね。
でもこれだけの大きさがあれば、ひと家族分のステーキも1回で楽勝に焼けちゃうからかえってお買い得、なんだよね。
・・・という甘言で「そそのかした」のは私ですが、はい。
Commented by na_geanna at 2007-11-22 09:43
おおっ!「LODGE」のスキレットを買っちゃいましたね!
確かに、このスキレットですとかなりの熱の持ちがいいので
お奨めの逸品でもありますね~
ちなみに、コレくらい重いと「防犯」に「エクササイズ」にも
最適かと思われます(嘘
さて、これで作る「タルトタタン」のUPを楽しみにしてますよ~
Commented by ai at 2007-11-22 15:16 x
うわ~、早くその2を載せてください。
岩手の釜定さんのパンケーキパンじゃ浅いのかしら・・・?
ダッチオーブンという手もありそうですね。
Commented by LuckyStarRingo at 2007-11-22 18:24
タルトタタン。たまに雑誌などに載ってるのをみて美味しそうやなーって眺めてるだけです。光子さんの大好物なんですね。
これによって作られたタルトタタンの写真も眺めさせていただきます。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-23 23:56
>王華さま
ここに発表するにあたり、成功しようとも失敗しようともここに載せる決意(オーバーな!)でございました。
スキレットはびっくりするほど大きいのですが、マンケ型はこれでないと入りません。
タルト・タタンは大き〜いのが欲しいですから。
早速、スキレットで豚肩ロースに塩とローズマリーを振っただけものを焼きました。
すっごーーいいい具合に焼けました。
餃子も、夢みたいにきれいに焼けましたよ、パリパリに。しかも雑作なく。
次回はこんがりきれいなホットケーキ(パンケーキ)を焼くつもり。
特大30センチのホットケーキか、または小さいのを二枚一度に焼いて重ねて幸せをかみしめるか...
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-24 00:01
>na_geannaさま
既に鋳物ホウロウだの、ダッチオーブンだの持っているのに
さらにスキレットなんか買ってしまって、キッチンが重量級になってしまいました。
泥棒が来たら、スキレットを振り回し....という前に、持ち上げるのが大変でした〜。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-24 00:05
>ai さま
スキレットは、ブリキの薄いマンケ型を直火にかけるにあたり、焦げ付きにくくする為に使うだけなので
型より一回り大きければ大丈夫です。
ダッチ・オーブンもしかり。フタを下に、本体をフタがわりにかぶせるといいのでしょうね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-24 11:10
>LuckyStarRingoさま
そうなんです。大好物なんです。
それも、アッサリした色(中心は明るい黄土色)のものではなく
芯までカラメル化した色がしみ込んで、しっかり水分の飛んでいるものが食べたいんです。
フランスでも、本来の作り方ですと、長い長い時間がかかるそうです。
手順が複雑なのではなく、単純に時間だけかかるので、家でやらなければいけない仕事が
あるときがいいと思います。
<< 本気のタルト・タタンに挑戦..... 香港との「ご縁」!?こんなこと... >>