近況

おとといは最近の仕事のご報告をしようと、ブログを書きかけるも、全部書ききれず非公開のまま保
存中。今日こそと思いましたが、果たせず。それほど凝った内容でもないのに残念です。
今は、ひたすら個展に向けて絵を描き続けています。ずっと座りっぱなしで通勤もないので、お尻が
痛いです。近日中に、「おひなさま」イラストがどんな作品か、すこ〜しご紹介したいと思っており
ます。...辛苦呀!加油、加油、自己〜〜

そういえば友だちのKちゃんがわざわざアトリエに来て、「休憩時間にこれでも読みなよ」と言っ
て、昨年亡くなった佐野洋子さんの文庫本「役にたたない日々」を貸してくれた。佐野洋子さんのエ
ッセイは、正直で、直球で、大好き!ズンズン語り、本当は心もとないくらい繊細であったりもす
る。こちらが元気いっぱいの時も、心身共に疲れ切っているときも、必ず言葉が寄り添ってくれる。
お尻が痛くてもう椅子に座っていられない、体を曲げたままで辛い〜というとき、10分ばかり体を
伸ばすのだけど、そんなときにぴったり。さすがはKちゃんいいものを貸してくれてありがと。おか
げで笑ったりホロリとしたりしながら、なぐさめられてますよ。
平塚のY子さ〜ん。電話で私の罵詈雑言を聞いてくれてありがとう。お陰で崩壊しないで済んだ。忠
告でも、苦言でも、誉め言葉すら、違和感があって「違う違う!」と思うことは心が荒れるばかりだ
けれど、ストンと落ちる「当たってる!」ということは気持ちが落ち着きますね。いつだってありが
とう。危機的なとき、必ず救ってくれる。しょっちゅうは会えないし、電話もしないけどね。
大分のYさん、いつも的確な励ましありがとうございます。いつも助けられてる。
やさしいAnnaさんも、香港からの温かいe-mailいつもありがとう。
私のまわりの皆さまほんとうにありがとう。

ささ、仕事に戻ろう。

<追記>
個展の搬入は無事終了。倉敷での展示、始まっています!倉敷には4日間滞在して、今は自宅に戻り
ました。会期中、3月10日〜13日にもう一度倉敷に参ります。

それにしても、自分でこのブログの日付を見てびっくりしました。浦島太郎ではありませんが、思っ
た以上に日数が過ぎていました。心暖まる(本当に感謝!!)コメントにも、お返事もできす申し訳
ありませんでした。携帯から拝読して、本当に励まされておりました。ありがとうございました!

仕事と個展準備など色々なことが重なって、いつもに増しててんやわんやの日々でしたが、今回ばか
りは一分たりともボンヤリしていた時間はない....と言い切れますです。
コーヒーブレイクも睡眠もほとんどとらず、1月からたゆまず集中し続けました。これだけの受験勉
強をしたら、すごく優秀な大学に入れそう(別に入りたくはないが)。座っていれば絵を描き、立ち
上がる用のある時は必ず家事をこなす(例えばトイレのために立ち上がったら、ただ数歩進むのは不
可。クイックル・ワイパーを手に持ち、床を拭きながらトイレまで周辺掃除...など)。
午前3時まで机に向かって、午前6時に起床、その繰り返し。昼寝はもともとほとんどしないけれど、
電車で座れたら即、爆睡)。普段なら、「あのときお茶を飲んでいた時間を絵を描くことに使えばよ
かったにゃ〜」などと反省するところですが、今回ばかりはあえて言います、言いますとも〜♪
「反省事項、なし」←ああ、言うのに勇気の要る言葉ですね。
続けていたら確実にあの世行きだと思
いました、こういう日々をいいとは全く思わない。生きててよかった。


皆さま、ありがとうございました!!
(あ、反省事項がないのは時間の使い方についてで、作品についてじゃありません..)


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-02-18 02:18 | 思ったり、考えたり... | Comments(6)
Commented by たんげ at 2011-02-18 09:49 x
大変そうですね。仕事だけでもキツいのに。
個展なんて本当にすごいなー。私はもう
体力的に難しくて、5年以上個展やってません。

身体も精神も本当にキツいと思いますが
なんとか美味しいものでも食べて乗り切って下さいね。

小野寺さんはやっぱり普通の人にはとても出来ない事が
出来るから、みんなにパワフルと言われちゃいますよね。
小野寺さんにとってはプレッシャーがかかるイヤな言葉かもしれないけど、みんな、私も含め、そんな小野寺さんが羨ましいし
ほんとに尊敬してしまうのです。

個展、お仕事、がんばって下さいね。家事はこの際まあ
適当で…お体大切にして下さい。
東京でもまたいつか個展やって下さいね。
Commented by oichan at 2011-02-18 22:37 x
たいへんなんだね~
「絵を描くこと=お尻が痛くなること」とは気づきませんでした。
そんな過酷な状況にあっても、周囲の励ましに感謝感謝を連発するあなた様は偉大です。
きっと素晴らしい作品が生まれることでしょう。
私も陰ながら応援しています。
Commented by shinmemo0417 at 2011-02-23 15:48
お忙しくされていると思います
終わりのない世界は(いいと思うことが永遠ない)くたびれちゃいますね
前から興味があって佐野洋子さんの「役にたたない日々」頼みましたが、売り切れでした。kadoorie-aveさんが、いかに読まれているか分かります
Commented by kadoorie-ave at 2011-03-02 15:29
>たんげさま
ありがとうございます。そして、ツイッターでもお世話になりました。
個展、自分の作品を描くのって楽しいのですが、やはり体力も気力も要りますねえ〜。
個展だけ、または仕事だけならなんとかなるのですが、依頼された仕事をこなしながら個展の作品を制作...となると、難しいです。私も1人で展示ではなく、仲間といっしょの展示に憧れるんですが、そういう仲間そのものが、ほんとにいない。残念です。
そして、やっぱり油画科体質なのかなぁと思ったりします。

たんげさんがツイッターで大変そうだと、「おお、たんげさんもがんばってる。おお〜」と励まされたりしてました。
私は、ツイッターをほとんど愚痴のはけ口にしかしていなくて、お恥ずかしい限り。
Commented by kadoorie-ave at 2011-03-02 15:50
>oichanさま
わ〜〜い,おいちゃんだ。コメントありがとう。そして初・書き込みだったのにすぐにお返事もできずごめんなさい。

なにをやっても必ずなにか、間抜けなことになってしまう私ですが、周りの人の助けでなんとかやっているかんじ。
今回も「もうだめだ〜やんなっちゃう〜なにもかもイヤ〜」と、気持ちがダウンすると、友だちや知り合いからのタイムリーな一言があって、励まされました。それとか、見ているだけでうれしくなっちゃう笑顔に、気分がリフレッシュしたりとか。ありがたいことです〜
おいちゃんにも会えたしね!!ほんとにうれしかったのよ。
Commented by kadoorie-ave at 2011-03-02 16:09
>shinmemo0417さま
なんとか展示の設営を終えて、ほっとしました。
何より、搬入さえできてしまえば、倉敷のホテルで、夜になったら朝まで眠っていられるのです!
しかも、昼間は人と会っておしゃべりすることもできる!ヒトと会って話をする...こんな贅沢はあるかしらという気分です。

佐野洋子さん、大学の絵本創作研究会で「100万回生きたねこ」に出会ってから、ずっと大好きな人生の先輩でした。
書かれる文章は、普通に良い文章とされるものとだいぶ違うけれど、「そう、そう、そうなのよ」と自分の脳内ひとりごとと重ねられるのです。
正直で、自分の声をちゃんと知っていたがために、勢いのある愉快な文に反して、自律神経失調症やうつなどに苦しまれたようですけれど。そんな佐野さんが好きです。
<< 「倉敷雛めぐり 旅するおひなさ... 最近の仕事 >>