瀬戸内国際芸術祭(13)観光みやげの絵はがきセット「高松五景」

そういえば、女木島の大洞窟入り口にある土産物屋で、私は観光客らしく、律儀に「絵はがきセッ
ト」も買ったのでした。ご紹介しましょう♪
タイトルは「国際観光 瀬戸内海国立公園」、です。他にも何種類か絵はがきセットはあったのです
が、最も「観光」の匂いのつよいものを選びました。

f0063645_0283238.jpg


こちらが表紙(外箱)。

もちろんおニューですとも!

(※ ↓ 以下の画像はいずれもクリックすると拡大して表示されます。)
中には合計12枚の絵はがきが入っていました。こんなのとか...

f0063645_0292956.jpg

こんなのとか...

f0063645_0321232.jpg

まだありますけれど、少し省略して...お気に入りの二枚をドーンと載せてしまいましょう。

f0063645_0331157.jpg

<鬼ヶ島・海水浴場・高松市>つまり女木島ですよ、大洞窟もあるあの島。セパレーツだかビキニ
姿のナウなヤング...も...チラリといる...か?

f0063645_0335594.jpg

ほぉぉぉ〜ら、瀬戸大橋ですよぅ!ご覧くださいませ、あの白く輝く美しい橋を...え
えと、絵はがきのタイトルはね...<瀬戸大橋完成図>!!絵はがきに書いてある解説から一部引用
いたしますと...
話題の瀬戸大橋ルートは、(10年後を目標に)「本州四国連絡橋・児島〜坂出ルート」として鉄道
併用で登場する・・・

...のですって!ニュースだわぁ♪というわけで、この絵はがきセット、少なくとも瀬戸大橋完成の10
年前くらい、つまり1977or1978年くらいに刷られたものでしょうか。

では、最後に外箱の裏側をお見せしましょう。高松空港です〜。

f0063645_0343761.jpg

佳いものを手に入れました。オホホホホホ〜〜〜♪
(※著作権などで問題がある場合、コメント欄にお知らせくださいませ。すぐに削除いたします。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-11-08 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by 讃岐おばさん at 2010-11-09 07:40 x
栗林公園は今も昔も変わりないですが、その隣の野球場、今は中央公園になっています。
昭和22年から昭和57年の間は市営球場として使われていて、私が高校生のときも応援に出かけたものです。
女木島の海水浴場、家族で行ってました(笑)
私が嫁いだころは飛行機のプロペラの音が大きくてよく聞こえていたものです。
ちなみに「飛行場の田んぼ」って言ってた田があり、そこだけ離れているので行くのが面倒でした。
随分年季が入ったおニューですけど、面白いですね。
私も鬼が島で探してみようかな?
Commented by kadoorie-ave at 2010-11-10 00:09
>讃岐おばさんさま
讃岐おばさん、ありがとうございます〜。
この葉書の風景とは、もう色々なところが変わっているのだろうなぁと思いましたが、地元ではないので「どういうところが」というのはわかりませんでした。
飛行機の姿も懐かしい形。そういえば、以前は「飛行機のタラップを降りる」という光景を多く見かけましたけれど、私自身は体験したことがありません...(憧れ)。
この絵はがきセット、女木島の大洞窟前の土産物屋にあった最後のを...私が買ってしまいました。他でも扱っている(売れ残っている)かな....
<< 瀬戸内国際芸術祭(14) 小豆... 瀬戸内国際芸術祭(12)宇高国... >>