昨晩の食卓<鰯とにらの辛煮>

昨晩。急にいわしが食べたくなってまな板の上にのせたはいいけれど、はてどう調理したものかな?
酢煮も梅煮も梅酒煮も、かば焼きもちょいと飽きてしまった。どうしようと「クロワッサンの本 尊敬
する鰯・鰺・鯖のために」(1988年/マガジンハウス刊)を開いてみました。同じくクロワッサンの
本「総菜は創造」と共に、昔からよく開く本です。
そこで見つけたのが「鰯とにらの辛煮」です。おっと、まだ作ったことのないものがあった...と、試
してみました。なんといっても、にらも冷蔵庫にあり、酸味の強くなったキムチもあります。そのう
え、調味すら不要の手間いらずレシピ。

f0063645_7213652.jpgこれが鰯とにらの辛煮
●いわしの頭とはらわた
をとって、流水できれい
に洗います。しっかり水
気をとります。
●一口大に切った古漬け
のキムチを浅鍋に広げま
す。
●その上にさきほどの鰯
を並べ、半分の長さに切
ったニラをいわし全体を
覆うように重ねます。
ふたをして煮立ってきた
ら火を弱めに。じっくり
火を通して...
  できあがり〜!


蒸し煮にすると素材から水分がしみ出して、それが煮汁になります。火加減の具合で火が通っていない
のに煮汁が足りなくなったら酒を加えれば大丈夫だと思います。ときどき、煮汁が全体に回るようにか
け回したり、鍋をそっと傾けたり。
とにかく手間いらずでおいしい。ニラは長めに切ったほうが“気分”です。

f0063645_816640.jpg
あとは、玉ねぎ(新玉ねぎ)が山のよ
うにありましたから、黒酢ドレッシン
グと和えてサラダにしました。。。

f0063645_8183143.jpg

プラス、こちらは中華風クラゲとキュウリを和
えたもの。

汁物にキノコのスープを作っておっしま〜い♪

...と、あせって料理をしていましたのも、今日からまた旅(一応、お・仕・事♪)に出るからです。
あ〜、持っていくはずの絵が進んでいない。荷物も詰めてない。何を着ていこう?

物事の段取りが悪いのか、欲張って色々なことをやろうとすうるからなのか...いつだって準備万端だ
ったためしがない(号泣)
。。。そのうえ見切り発車も不得意。となると、出発まで遅れそうで、コワ
イ。全ては自分の性格のせいなんですけど、あ〜〜もうどうしよう。


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-06-12 08:50 | おいしいもの | Comments(2)
Commented by arak_okano at 2010-06-14 16:02
アラックです。
今や鰯は高級魚ですね。
新鮮なお刺身は絶品!
しらすの生も、釜揚げも大好きです。
Commented by kadoorie-ave at 2010-06-20 22:53
>arak_okanoさま
鰯、大好きです。
私もお刺身は絶品だと思います!
鰯一族なしでは生活できませんね。生しらすと桜エビの丼が食べたくなってしまいました。
<< どつぼ列車「タラコト秘境号」に... 高知〜倉敷の旅 2010(21... >>