高知〜倉敷の旅 2010(15)倉敷山陽堂と倉敷貯金箱博物館

先日の、屋根の上にビクター犬満載のアンティーク屋。一階はアンティークモールになっています。店
の名前は倉敷山陽堂。入ってみると、中はかなりのスペース。コーナーごとにある程度ジャンル分けさ
れていて、天井から壁床までぎっしりの陳列。見ていると時間があっという間に経ってしまいます。

山陽堂のサイトはお店同様やけに充実していますので、詳しいことは是非そちらをご覧ください〜〜。
そうそう、このブログをご覧の方の中に、鉄道マニアのかたが一体何人おいでかわかりませ
んが。この山陽堂のお客様に汽車土瓶収集熱中人のかたいらっしゃるそうで、以前NHK
中時間
の「鉄分補給スペシャル2009」の取材を受けたこともあるそうです。それだけ、幅
広く掘り出し物があるのでしょう。

画像は一階エントランスの部分。

f0063645_1444630.jpg

f0063645_14442798.jpg

ではでは、一階を一通り見たらお店の方に閲覧料(大人)200円を払って二階へ参りましょう。



続きは↓「More...」をクリックしてご覧ください。




f0063645_1446349.jpg
(店内・館内の写真は、お店の方から許可
をいただいて撮影いたしました。)

階段を上ると...
突き当たりの窓の外に、ビクター犬のニッ
パーくんがこちらを向いて座っています。



そのすぐ脇の壁に飾ってあった「貯金かる
た」(正しい名称は失念)に目が釘付け♪
いい絵ですーー!
こういう味のある絵が描けたらいいのにな
あ。
「金がなければ何んにも出来ぬ」とか「悲
観は禁物ニコニコと」
「むだな品物買は
ずに溜める」「飲んだつもりで又貯金」

ど、しびれるフレーズが次々と!!

(↓「かるた」の画像はクリックすると少し
拡大してご覧いただけます。)

f0063645_14473311.jpg

f0063645_14503992.jpg

館内の様子は、これまた内容充実の倉敷貯金箱博物館のサイトをご覧頂くとして...。私がうれしくなっ
てしまったのは、子供の頃集めて棚に並べていたのと同じ貯金箱シリーズと再会したこと。↓

f0063645_21191188.jpg

f0063645_21192417.jpg
なつかしいなあ。
自分の部屋の棚にどんな順番で並べて
いたかまで思い出してしまった。

f0063645_21194729.jpg


壁には、まだビニール袋に入ったまま
の貯金箱が。

f0063645_2120481.jpg

こんなにどっしりした貯金箱もありま
した。

どんな顧客にプレゼントしたんだろう

「東海銀行」が、懐かしい...。


f0063645_21201988.jpg
...と、ぎっしり陳列された貯金箱を見て回っていると、ん?何かに呼び止
められたような気がしました。振り返って見ると、そこには...おおっ、な
ぜ私がこんなところに!?しかも半裸で。

ま、私より若くてずっとかわいいけどっ。
       でも他人とは思えないのだった...。
[PR]
by kadoorie-ave | 2010-04-09 14:51 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented at 2010-04-11 13:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kadoorie-ave at 2010-04-11 21:30
>鍵コメさま
是非是非、どうぞどうぞ♪というか、よろしくおねがいたします〜。
<< ちょっと新潟へ行ってきました。 香港仮想逃避行 -Trip t... >>