高知〜倉敷の旅 2010(11)町家カフェ「道〜タオ〜」

再び「高知〜倉敷の旅」を続けます。(ブログでのご報告は何日もかかっていますが、高知での滞
在は2泊でした。それだけ盛りだくさんで面白かった...ということなのですが。どうか今しばらくの
お付き合いを...!)

おっこう屋の間城さんから、おっこう屋の成り立ちや町の人の話、デザイナーの梅原真さんのことな
どお話を伺う。間城さんはそのあと用事があるらしく、話の続きは、おっこう屋の仲間にカラスさん
という人がいて、話がおもしろいからバトンタッチする、と。となりの町家カフェ『道〜タオ』に
行こう」と誘われ裏庭へ。(←注:普段『おっこう屋』裏口から『道〜タオ〜』へ、自由に抜けら
れるわけではありません、あしからず。)

裏庭に出たら...大きな青い空が広がっていました!

(以下の画像は、いずれもクリックすると少し大きな画面でご覧いただけます。)
向かって左が、「おっこう屋」で、右側が「道〜タオ〜」。脇本陣の建物を、お店の佐和さんはじ
め、みんなの力で改装して、この空間を造り上げたそうです。

f0063645_18307100.jpg


ここにも、懐かしいものがた〜くさん。私たちお店の裏口から入りましたけど、お店は正面入り口か
ら奥に向かって、ちゃんとご紹介いたしますね。

f0063645_1841169.jpg

カウンターのほかに、テーブル席も少しあります。そして、ずっと奥のほう、人が見える(カラス
さんたちです)ところは、座敷になっています。ここ、くつろげるわ〜〜。 

f0063645_1844099.jpg

↑古い電球を利用した、ナイスな照明。とても気に入ってしまいました!店のそこかしこに置かれて
いるものは、販売しているものも多かった。

f0063645_18501451.jpg
奥の座敷から、カウンターを眺めたとこ
ろです。

<DATA>
「道ータオー」
場所:香南市赤岡町448-1
赤岡駅から徒歩5分
12:00〜17:00

基本的に火〜金曜openのようです。
最新情報は絵金蔵のブログ 「絵金蔵日々
随想」
に載っていることが多いです。ブ
ログ内で記事検索してみてください。



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-04-05 19:08 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)
<< 高知〜倉敷の旅 2010(12... ゲルト・バルゲ著「香港の声」レ... >>