祖母の雑記帳から<松脂はかうして採りませう 横須賀では學童たちも動員>

私のようなフリーランスで仕事をする者は、12月は年末進行、そして残りの仕事は「お正月明けに
て仕上げた物を納品してください」というのが基本です。つまり、平日フラフラしたり仕事は深夜
にまわして昼間他の用足しができるかわりに、お正月休みは...ないのが普通。なのですけれど、こ
の年末年始は3日間ばかりな〜んにも仕事をしなかったのです。それで、今、Night and Day〜♪
真っ青になって描き続けています。

さて、元旦には今年も横浜の祖母の家に遊びに行きました。

f0063645_21452464.jpgこれは祖母の家の座布団です。

私が生まれる前からあって、色
柄ともに好きだったのですが、
よくある平凡なもの...と思って
いました。けれど、何十年使っ
てもへたらないし、シルクの張
りも衰えない。よくよく見れば
龍の柄!
1930年代の上海の生地でした。

へたらないといっても、そのう
ち擦り切れるかもしれないので、
パチリ。

f0063645_21571818.jpg
この生地は、(私の聞き間違いでなければ)祖父母が戦前暮
らした上海から日本に戻る際持ち帰ったもののようです。横
浜の家はその後焼夷弾の直撃を受けて全てが灰になってしま
いました。たった一つ、祖母が燃えさかる火の中に飛び込ん
で、引きずり出した行李があります。その中にこの生地が入
っていたとか。(確かそんな話。違ったかなぁ...)

写真は祖父母と母、叔父が上海で撮った家族写真。祖母は明治45年(1912)生まれの97歳。この
写真は、祖父の会社のロッカーにあったおかげで消失を免れました。

さて、以前祖母が作ってくれた栗きんとんが、あまりにも美味しかったので作り方を訊いたところ
「おじいちゃんのあの『雑記帳』にある新聞の切り抜きを見て作っている」とのこと。栗は庭にな
ったものを地中に埋めておいたとか。(えぇーーっ!?)「『あの』雑記帳」というのは、見たこ
とがありませんでした。
見れば、終戦直後の物かと思われる切り抜きが貼ってあります。興味深いので借りてきました。こ
れから、少しずつご紹介していきたいと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松脂はかうして採りませう 横須賀では學童たちも動員
切り抜きを見ていくと、本当に物がなにもなかったのだ...ということがよくわかります。(下の画
像はクリックすると拡大します。)一家の主として、祖父が一生懸命に情報を集め、少しでも不自
由がないように(というより不自由が減るように)手作り・工夫していたようです。


f0063645_22203356.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-01-07 22:39 | 住むこと暮らすこと | Comments(4)
Commented by はな太郎まま at 2010-01-08 12:59 x
おばあさまは戦前の上海にいらしたのですね!うちの祖母も戦前の上海のフランス人租界のクラブでダンサーをしていました。祖母マヌエラのことが書かれているURLを貼り付けようと思いましたが、スパムで引っかかってしまい貼り付けられないようなので時間があるときにでも「上海 マヌエラ」で検索してみてください。いくつか出てきますです。。。
マヌエラおばばは夜の闇に生きてた人だからおばあさまはきっとご存知ないと思うけど、その頃の上海での話しお聞きしたいなぁ。
Commented by kadoorie-ave at 2010-01-08 23:09
>はな太郎ママさま
これは大変!!はな太郎ママさんのコメントを読み始めたとき、(戦前の上海のフランス人疎開のクラブでダンサーをしていたなんて、マヌエラさんしかしらないけれど...まさか!?)と思いました。はな太郎ママさんが本当にマヌエラさんのお孫さんだったなんて!!!びっくり仰天知らなかったなぁ。
マヌエラさんの本「上海ラプソディー」ももちろん持っているし、関連記事のあるサイトも一杯「お気に入り」に入っています。とっても感激!今度、マヌエラさんのお話を聞かせてくださいな。
Commented by はな太郎ママ at 2010-01-09 14:31 x
え”~っ!こちらこそ、kadoorie-aveさんが「上海ラプソディー」読んでてくれたなんてびっくり!うれしいです。結婚3回した祖母でしたが子供は最初の結婚でできた私の母だけだったのです。
Commented by kadoorie-ave at 2010-01-09 21:42
>はな太郎ママさま
内藤○子さんや喜多○舞さんのことは、知っていましたけれど..。そういえばお子さんは娘さんが一人、と本に書かれていましたっけ。それにしても、びっくりでした。当時のフランス租界...どんなに素敵だったでしょうねえ!(私が上海を訪ねたときのことは、ブログのタグ「上海」をクリックすると出てきます。たいしたことは書いていないけれど。)
<< 余談ですが... 今年の「会えたらいいのになあ.... >>