大谷芍薬園の芍薬

昨年も注文しようと思ったけれど、しそこねていた「大谷芍薬園」の芍薬。楚々とした花も好きだ
けど、本格派の美人という感じの芍薬もだーい好きなんです。清朝のお姫様を家に招いたような...
そんな気になります。いつも近所の花屋などで買っていました。

see→●大谷芍薬園:ウェブサイト
   ●大谷芍薬園ブログ:湘南の芍薬

   ●びお: 立てば芍薬、花づくりの現場から。
   ●aki's STOCKTAKING: 芍薬(しゃくやく)
   
で、届きました!!荷姿と、開けてすぐの様子です。画像では見えづらいかと思いますが、葉も茎
もシャンとして力強い。採りたての野菜のように葉がピカピカしています。

f0063645_160578.jpgf0063645_161960.jpg

f0063645_1621177.jpg
ああ、だけどよく考えたら私
はこれに合う花器なんて持っ
ていななかったんだった。
テーブルの上を見たら、お気
に入りのすり鉢と目が合った
(すり鉢にも目はあるんです
よ...多分)ので、これにも生
けてみることにしました。

f0063645_1625623.jpg
箱から取り出してみたら、花の分量がかなり多いので、あの容器この容器...と四苦八苦して試しま
した。その作業中のテーブルです。なんとなく光景が気に入ったので、そのまま写真に撮ってみま
した。







ありあわせの器に分けて生け、こんなふうになりました。


f0063645_16113157.jpg
これは昔買ったドイツかどこかのビールのビン
をとっておいたものです。

f0063645_16133157.jpg

テーブルの上の様子。メープル材の
テーブルの明るさが今ひとつ気にな
るので、あとでテーブルクロスをか
けましょう。(とはいえ、合うテー
ブルクロスがないような...。)




まだ、大きな白い花瓶に生けたのが
あるのですが(それが一番本数が多
い)、画像を撮り忘れて出かけてし
まいました。

さて、一日経ったらつぼみが開いて
どれほど華やかになるでしょう...?
[PR]
by kadoorie-ave | 2009-05-12 16:23 | 住むこと暮らすこと | Comments(14)
Commented by pikapika3 at 2009-05-12 20:10 x
すり鉢だなんて、言わなきゃ全然分からない!ナイスです。
これだけ沢山の芍薬・・・お姫様というより女王様かしら・・・真っ白な大振りの花器がぴったりですね。と書きながら、シノワさんがとっても気になる私です。
Commented by あんみつ at 2009-05-13 12:22 x
芍薬、好きな花の一つです!
前の住まいでは花を飾る場所さえなかったので、「切り花を飾る」は長年の夢(鉢植えの花は枯らしてしまう危険があるので私のような不精者には向かないんですぅ。)
引っ越して1ヶ月。予定では今頃は花のある生活ができているはず、だったのですが…まだまだ荷物が片付かず、ひどい状態です…ナサケナイ。
大量の芍薬に囲まれて、「女王様の館」みたいですね!
いいなあ~!
Commented by ayam7281 at 2009-05-13 21:26
芍薬と牡丹いつもまちがえるayamです。
それにしてもシノワさんに芍薬はとても似合いますねぇ。
Commented by yurimtmt310yyy at 2009-05-14 15:58
お久しぶりです。。。。。といっても覚えていらっしゃるかしら?というくらいご無沙汰しています。
きれいな芍薬ですね。花びらたっぷりの芍薬、大好きな花の一つです。
大きなすり鉢に飾られて。。。なんか風情があっていいですね。
芍薬園に行ってみたくなりました。
Commented by time2007 at 2009-05-14 23:31
とても素敵
とても贅沢
とてもお部屋にお似合い・・・です
Commented by nimunimu at 2009-05-15 01:31 x
すり鉢に芍薬、素敵です♪
お花を飾るとお部屋の中がぱっと明るくなる感じ。

そーいえば、すり鉢って右手で擂るようにできてるんですよね。
わたし(左利き)がいくら擂っても擂ってもなんか擂れないなぁ~と
ず~~~っと思っていました。かなり大人になるまで。。。
ある日、右手で擂ってみると・・・あらあら不思議、こんなに簡単に擂れるのね・・・って。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 11:43
>pikapika3さま
ううう、やっと倉敷から戻りました。
このすり鉢、気に入っていつもテーブルの上に出しっぱなしです。
今日はどんなお料理を盛ろうかな、とか、折角『すり鉢』なんだからたまにはゴマをすろうかなとか
日々柔軟に私の思いつきに付き合ってくれているなかなか『いいヤツ』です。
芍薬が華やかな色なので、渋めの器を捜したのですが、ほかにはあまりありませんでした。
実はほかに二つの花瓶にも飾って、部屋は花園のようでしたよ、こんな情景珍しいです。
Commented by la-couleur-k at 2009-05-19 11:47
牡丹とは少し違う芍薬・・
まんまるの芍薬の蕾が可愛くて素敵ですね♪
芍薬をまだ飾ったことがないので
どんな香りがするのでしょう・・♪
すり鉢と芍薬!合っていますね~( ´ー`)ノ
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 11:48
>あんみつさま
あの『家』だったら、飾り甲斐がありますねえ!!!うらやましくて倒れそうです。
私も毎年芍薬は買っていたものの、大谷芍薬園の芍薬はさっき庭から切ってきたような
野性的な匂いすらする素晴らしいものでした。
このあと大きく開いて、どれもすごいボリュームに...。
こういってはなんですが、大変お値頃でございましたよ、はい。来年など是非。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 11:56
>ayam7281さま
芍薬を見ると、中国のお姫様を連想する私は(シノワさんにも似合うなあとうらやましく思いつつ)、
花が届いた時長い枝がついたまま、鏡の前でそうっと自分の顔の横にあてがってみました♪へっへっへ...
(人には見せられない姿であります...。)
ayamさんも是非...お試しください。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 12:16
>yurimtmt310yyyさま
こちらこそご無沙汰しております〜。
Google リーダーにyurimtmtさんのブログを登録していて、ちょくちょく拝見しています♪
大谷芍薬園の芍薬、しっかりしていて枝や葉に輝きがありとても元気です。
開くと同じ色の花だと思っていたのに、中心の色が違っていたりしていろいろな種類の芍薬が入っていました。
私も芍薬園に行ってみたいです。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 12:18
>time2007さま
家が狭いので、いつも写真に撮ることができるのは
このテーブルの上と、飾り棚にしているテレビの棚の上だけです♪
部屋中花で一杯になってしまいました!
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 12:26
>nimunimuさま
花を飾ると、部屋中がみずみずしく華やいだ感じになりますね。ことに芍薬は。

あ、nimuniumuさんって左利きでしたっけ。
最近は少しずつ左利きの方用の道具も増えてきましたけどまだまだですね。
そっか...すり鉢というのも気付かない点でした。なるほど〜。
すりこぎについては、辰巳芳子さんオリジナルの、すり鉢にあたる面の広いものがあって
それを使ったらさらに楽になるかなあ、欲しいなあと思ってます。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 12:33
>la-couleur-kさま
la-couleur-kさんっ、こんにちは〜。
芍薬のつぼみって,コロンコロンしていて本当に可愛らしいですよね。
花が開くと何にも負けない華やかさで、これに例えられる美人っていったいどれほどなんだろう
私も会ってみたいなあ...と、心から思います。
きれいなものは、いいですよねえ。

香りですか?花が散るより少し前に、うっとりするような濃密な匂いが部屋中にたちこめます。
濃密だけど、爽やかさやはかなさも感じられる、うっとうしくない香りです。
空気の流れに乗ってふうっとやってくるのです。
<< またまたちょっと倉敷へ 「国宝 修羅展」を観に行った >>