タグ:香港 ( 372 ) タグの人気記事

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1)

やっと、香港で失くした手帳とタクシーの運転手さんの話の広東語バージョンを仕上げました。

もちろん、私にこのような広東語の能力があるわけはなく、香港の友人Cさんが全て翻訳してくれました。ここには「C妹」として登場しています。香港在住の日本人のお友達MさんとCさんのお住まいに時折泊めていただくのですが、Cさんの日本語能力、本当にすばらしいです。日本人の間に入っておしゃべりしていても、ネイティブの日本人以外の人が混ざっているとは全く気付きません。もちろんその語学力を活かした仕事に就いていますが、時折翻訳の仕事もしているようなので、気になる方は小野寺までご連絡ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


食完醉雞鍋之後就好滿足咁返去今次住宿嘅地方。唔係酒店,而係借宿喺香港住嘅日本人朋友,M小姐嘅屋企,佢都有一齊食醉雞鍋。

M小姐(呢度叫佢做M妹)係同一個香港人C小姐(C妹)一齊住喺一間又光猛、又女仔嘅屋入面。


放低重重嘅行李鬆一鬆先。聽日開始要好好享受香港假期。好,睇吓本schedule先!同邊個有約呢?有D咩要買嘅呢?

全部都寫晒喺本schedule度啦!

Schedule…schedule,咦?

(↓click! /放大)
f0063645_02413084.jpg

岩岩先黎到香港,竟然咁快就唔見野…

不過只係本schedule姐!又無寫個人資料!

雖然會唔記得最近工作上嘅開會內容,不過同對方道個歉再問多一次應該ok()

...待續...


【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 02:30 | イラスト付き | Comments(0)

粤東磁廠の記事

「香港右往左往」シリーズの途中ですが、香港在住の喜喜さんが、「小野寺さんもこの食器屋さんに行ってましたね」と香港の新聞記事の画像を送ってくださったのでご紹介しますね。
f0063645_12330695.jpg

九龍灣にある食器の店、粤東磁廠についての記事です。
最初、すわ結業(閉店)の話かと青ざめましたが、そうではなくてひとまずホッとしました。
問題は絵付け職人に後継者がいない、という話。何処も同じかぁ…。(後継者に困っているとなるとやっぱり香港に行くたびに行っておいた方がいいかな...??)

粤東磁廠:http://www.porcelainware.com.hk/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yuettungchinaworks

広い店内なのに、天井から床まで食器でびっしり、歩く隙間も僅か。少しでもよろけたりすると、積まれた食器たちもブルブル震える、器の魔窟状態です。そんな中からお気に入りの食器を見つけ出すのは本当に楽しくて、時間を忘れてしまいます。
そして時折ほんの少し視界が開けたと思うと、絵付けをしている職人さんの姿があるのです。記事の冒頭を読むと1928年の創業のようですから、それ以来ずっとこうして絵付けをしてきたお店なのかな。ペニンシュラホテルの食器も担当していて、そのB級品が手に入るということから、日本人が比較的訪れる店でもあります。

いらっしゃる場合、手は埃まみれになります。手荷物はコンパクトなほうがよいです。器好きのかたは時間を忘れてもいいように、ゆとりを持ってスケジュールを組んだ方がいいかもしれません。



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-04-23 09:03 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

香港右往左往 2016年2月 (その9) 南丫島住民のバス遠足に混ざるの巻1:陶氏休閒生態農莊

香港に旅立つ前に、香港朋友Annaさんから「こんな催しがあるけど、参加したいですか?」とお誘いを受けました。なになに?「離島区議会賛助、ラマ島北段郷事委員会主催、『新春耆青同樂日』ですって?」新春というのは旧暦新年のこと。老いも若きも一緒に楽しむバス遠足!!??
自分では行かないところに行くのもいいし、ラマ島の、いわば町内会バス遠足ってどんなのでしょうか。そりゃ参加しなくちゃ。(つまりその、ラマ島に行くんじゃなくてラマ島の人たちが遠足にやってくるんです)
f0063645_12055996.jpg
2月27日、朝8時半に中環でAnnaさん、もう一人の香港朋友Mayさんと落ち合い、中環碼頭(セントラルの埠頭)へ。行ってみると南丫島から着いた船からわらわらとたくさんの人が。年配の方と私と似たような年齢の人たち、それに幼い子供を連れた若いご夫婦が中心で、さすがに独身の若い子はいなかった模様。観光バス4台に分乗しました。
しゅっぱーつ、進行!!

最初の目的地、オーガニック農園「陶氏休閒生態農莊」へ。最近の香港は、食の安全性、健康的な食生活、自然に触れてホッとしたいなどの機運が一層高まって、オーガニック農園も散見されるようになりました。(こう言っちゃなんですが、ビル群のある地域は香港の面積の1/4ほど。すぐ裏は自然の山野です。週末はウォーキングやトレッキングを楽しむ人が多く、市民農園やベランダ菜園を楽しむ人も増えています。何処も一緒ね)
場所は元朗の流浮山。
f0063645_13534504.jpg
バスを降りる際は、やや若い人が自然とお年寄りに手を貸すし、お年寄りも妙にペコペコしたりしない、お互いに楽しそうなのが香港らしくていなぁと思うところ。
 
f0063645_14054863.jpg
f0063645_14120148.jpg
農場内には古い廃屋を利用した納屋もあります。この家、欲しいなぁ。形が好き。改装して住みたい。↑↓
f0063645_14121805.jpg
↑うかうかしていると古い建物に植物...というか樹木がグイグイ成長してしまうというのもよくあること。郊外のみならず、香港都市部の古〜いビルでもたまに見かけます。凄い生命力だー

f0063645_14081626.jpg
f0063645_14111369.jpg
f0063645_14202427.jpg
香港では苺が人気。みんな嬉々として摘んでいました。「日本には美味しい苺がいっぱいあるんでしょう?」とMayさん。日本の果物、人気あります。
f0063645_14251618.jpg
そして気付いたら、ついレジ袋いっぱいのクレソン(西洋菜)と菜心を買ってしまっていた私。だって、日本の値段と比べたら腰が抜けるような安さだったんですよ。(でも、こんなにどうするのか一体...)

そしてバス遠足は続く...





[PR]
by kadoorie-ave | 2016-04-02 14:46 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

永遠懐念 張國榮。レスリー・チャン、いつまでも。

今年もまた4月1日がやってきました。
エイプリル・フール...のことではなくて、「エイプリル・フールの悪い冗談であってくれ」と、ファンの誰もが真っ暗になったあの日。私たちの大好きだった張國榮/ Leslie Cheungがこの地上からいなくなった日。
彼は日本の桜が大好きだったので、桜の季節になるとレスリーをいつもより一層思い出します。心の中にできた傷口は、以前よりはだいぶましになったけれども、ふとしたことで疼いたり、傷が開きそうになったりします。それと同時に、コンサートやイベントであんなに盛り上がったことを、レスリーの映画を中心にアジアの映画を見まくった日々を。そして彼の生まれ育った街、香港を知って夢中になったことを、暖かい気持ちで懐かしんだりも。
香港にまつわる全ての道はレスリーから始まって、レスリーに通じるといってもいいくらいです。
f0063645_01001120.jpg
今回は(以前もブログ内でご紹介したけれども)なぜか好きでたまらない、レスリーとリザ・ウォン(汪明荃)による「帝女花之香夭」の動画を貼っておきます。歌が始まるのは4分39秒くらいのところだと思います。






[PR]
by kadoorie-ave | 2016-04-01 23:52 | 思ったり、考えたり... | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (その8) 蓮香樓

さて、親切な司機(タクシーの運転手さん)のおかげで沸き立った日本人女性6人でしたが、肝心の食事は何を注文したかといいますと…
f0063645_03364107.jpg


西檸雞(レモンチキン)
f0063645_19103863.jpg


豉油王大蝦
f0063645_03364278.jpg


家郷煎醸鯪魚。出てきたときは一見鯪魚の丸揚げのように見えたのですが、皮一枚をきれいに残して、中身はすっかりプリプリしたすり身になってる!個人的にはこれ、すごく気に入ってしまい、また食べに行きたいくらい。(骨を取るのが嫌だからお魚きらーい、なんて方にもお薦めです 笑)
f0063645_03364314.jpg

f0063645_03364380.jpg


雞蛋焗魚腸
f0063645_03364455.jpg


↓名前失念。【追記】親切な香港朋友Jさんが魚肉蒸豆腐または老少平安ではないかと。また香港の食に詳しいItacoさんも魚肉煎豆腐なのではと教えてくださいました。
f0063645_03364413.jpg


↓同じく食べるのに夢中で名前失念。どなたか覚えてる?【追記】同じく香港朋友Jさんによると鮑汁瑤柱扒西蘭花かな?とのことです。ありがとう(人・∀・)
f0063645_03364562.jpg


↓食べ盛りの日本の一行に、「これはサービスだからね」「おかわりもどう?」とふるまわれたおしるこ。
f0063645_03364575.jpg


↓食べて話してと忙しかったため、お腹がいっぱいになって周りを見渡すと、もう片付けが始まっていました。スタッフの方々からなにかと優しくしてもらった気がします。
f0063645_19103885.jpg


↓一階には売店があるので、ここでいつもお菓子やプーアール茶などを買って帰ります。
f0063645_19103963.jpg

いい夜でした。飲茶には何回も行きましたが、蓮香樓での普通の食事は未体験。夜の食事は昔ながらの香港の料理だと聞いていたので、今回みんなで行くことができてよかった!

蓮香樓
住所 :G/F.,Wellington Street,Central
     中環威霊頓街160-164号
TEL  :2544-4556
営業時間:6:00~23:00(飲茶は17:00まで)


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-04-01 19:11 | おいしいもの | Comments(2)

香港右往左往 2016年2月 (その7) あれ?アレがない! その3

香港に着くなり失くしてしまった手帳の顛末。
香港右往左往 2016年2月(その2)銅鑼灣へ

香港右往左往 2016年2月(その5)あれ?アレがない! その1

(※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます)

f0063645_05181023.jpg
こうして、無事私の元に帰ってきた手帳。
私にとっては大切だけど、貴重品でもないものを、なんでわざわざ!?それだけに、嬉しくて嬉しくて。

人でごった返している広いレストランのホールを、運転手さんが迷いもせずに、私めがけてズンガズンガとやってきたのにもびっくりしたなぁ。お客の私の容貌を、なーんとなーく覚えていたのでしょうか。偉いものですなぁ!

おかげでその晩の食事は楽しいが上にも楽しく、美味しいが上にも美味しく食べられました。

偶然が重なっているのだとは思いますが、20年近く香港に通っていても、これまでに決定的に嫌な目には遭ったことがありません。それどころか、あちこちで香港の人から親切にされまくっていて、どうやって恩返ししたらいいかわかりません。
今回の運転手さんをはじめ、出会った香港の皆さんにとりあえず言っておきますが...
本当にありがとう!!

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-27 06:04 | イラスト付き | Comments(4)

香港右往左往 2016年2月 (その6) あれ?アレがない! その2

前回の続きです。

前回、Mさん、Cさんのことを「M姐」「C姐」と呼ぶことにする...と書きましたが、香港朋友によると、この場合「M妹」「C妹」と書くほうがふさわしいのだそうです。それで、今回はM妹と書きます。ちなみに「姐」は「じぇ」、「妹」は「むい」と発音します。

※画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。

f0063645_04311389.jpg
f0063645_04275523.jpg

タクシーの運転手さんのおかげで、無事手帳は私の元に戻りました。ものすごい安堵感。そして感謝の気持ち!
まさに、「お武家さま、お名前を!」状態。

でも、でもでも、あの運転手さんはどうやって私が蓮香樓で食事をしていると知ったのだろう?
そういえばC妹がタクシーの遺失物サイトに書き込んでくれたから、タクシー会社→C妹に連絡。C妹が私の予定を知っていたので、居場所を伝えてくれた...→会社からの指示で運転手さんが持ってきてくれた。
そういうことかな???

それから、混み合う広いホールの奥のほうにいた私に、迷うことなくまっすぐやってきて、手帳を渡してくれたけれど、なんでわかったの?

ああもう、謎ばかり。

気を利かせたM妹が、運転手さんを追いかけて、1階まで付いて行ったのですが...ここまで書くのに思いの外時間がかかって疲れてしまったので、続きは次回に。すみません

まだつづく



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-25 04:52 | イラスト付き | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (その5) あれ?アレがない! その1

酔っ払い鶏鍋で満ち足りた気分で今回のお宿へ。ホテルではなく、香港在住日本人のお友達、Mさんのお宅に泊めていただくことになっていて、酔っ払い鶏鍋も一緒に食べたのです。
Mさん(ここではM姐と呼んでおこう)は、香港人のCさん(C姐)とシェアして、明るくすっきりした女の子らしい部屋に住んでいるのです。

重たい荷物を下ろして、やれやれ。ほっと一息、明日からは目一杯香港を楽しもうではないか。さて、スケジュールは?誰といつ会う予定だったっかな?買い物の予定はなんだっけ?...
手帳にきっちり書いてあるもんね。
手帳...手帳、あれ??
(※画像をクリックすると拡大して表示されます)
f0063645_320271.jpg


香港に到着早々、物をなくすなんて....
でも、手帳ですしね。個人情報も書き込んでいなかったし。
この間の仕事の打ち合わせの内容がちょっとわからなくなってしまったけれど、平謝りで先方に確認すればなんとかなるか(涙)

つづく

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-15 17:10 | イラスト付き | Comments(2)

香港右往左往 2016年2月 (その4) 銅鑼灣 登龍街

2月25日。ここは旺記飯店の脇の通り。
f0063645_11052683.jpg

f0063645_11052651.jpg




[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-14 10:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (その3) 旺記飯店の花雕醉雞煲

旺記飯店に集まったのは私を含めて女性4人。
注文は常連の方にお任せ、頼りきり。ほどなくして、はいはいやってきました今日の食材!
ジャーン!…頭もキッパリ真っ二つです。(写真の構図からは一応外してあります。私は気になりませんが)
f0063645_14245945.jpg

紹興酒漬けの鶏を、このスープ↓に投入するそうです。ベースは鶏のスープで、そこに枸杞や棗、准山(山薬)など。いかにも冬の体に良さそうです。
f0063645_14250008.jpg

香港の鶏は日本のとは品種も違うので、日本で作ろうとしても、完全な再現は不可能だと思います。鶏肉は確かに香港のは旨い。(美味しいっていうより、旨い!)
f0063645_14250072.jpg

勝手なことをやると台無しだということで、各タイミング、お店のおっちゃんがやってきて仕切ってくれます。(簡単にいうと、余計な手を出すべからず、です。)
鶏肉を入れて蓋をして、沸騰したら火を止め…。しばし待つ‼︎ ゴトゴト煮ないからスープには旨味が滲み出し、肉もパサパサにならないんですね、なるほどー。これでもかっていうほどに、鶏の全身を入れていますしね。

小皿のタレを付けて鶏パクパク。なにこれどうしよう、旨ーい!スープもたまんない!

他にはこんなもの↓を頼んで、香港1日めの夜、満腹。
f0063645_14250197.jpg

翌朝、お肌が艶やかになると聞きました。そうでしょうそうでしょう、期待しちゃうなぁ。
f0063645_14250146.jpg

…みんなにも家で作ってごらんと言われたけど、一体これができるのか?酔っ払い鶏鍋??

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-13 14:25 | おいしいもの | Comments(0)