「ほっ」と。キャンペーン

タグ:映画 ( 20 ) タグの人気記事

<香港・台湾 買い物記録帖>台湾/火金姑のランプ


f0063645_17431649.jpg好好台湾」ほか、青木由香さんの手掛ける台湾(台北)トラ
ベルガイドでよく紹介されている場所の一つに、火金姑工作
」という店があります。 

「好好台湾」からそのまま引用すると...
永康街から外れた静かな住宅地の青田街(チンテンジェ)に、夜になるとポツンと灯りが
点ります。そこは、優しい光のランプをたくさんぶら下げたお店。中には、小柄な台湾版
マイク眞樹のようなおじさんが一人。さっきまで歩いていた台北の喧噪とはまるで別世界
です。
この文章を読んでから、魔法にかかったみたいに、この店に行ってみたくてたまらなかったのです。
由香さんがそういうなら、私もそこに行ったらそのように感じるだろうな...と。ランプを買うことは
ないと思うけれど、ちょっと覗くだけいい。

f0063645_54017.jpg
「この道でいいのかなぁ」雨続きの
夜の台北。静かな住宅街を少し心細
い気持ちで歩いていると、それらし
きあたたかな光がこぼれている窓を
発見。

やあ、ここだ、ここだー!

一瞬、ぼうっと立ちつくしてしまいました。なんというんでしょう、台湾の映画セットの中に居るみ
たいな。「靴に恋する人魚」とか「台北の朝、僕は恋をする」のシーンが頭の中にグルグル甦る。

f0063645_5425850.jpg

f0063645_633795.jpg


店内。

数え切れないほどのランプが、天井から
壁から、棚の上、台の上、テーブルの上
に。

そのどれもが、古いランプやパーツを組
み合わせて、店主の楊[金昆]金さんが生
まれ変わらせたものばかり。

f0063645_6122149.jpg
このコーナーは、そのパーツの一部が、そのぅ...雪
崩をおこしている場所。

古い楽器、なにかの管、アクセサリーの一部...一見
がらくたのように見えるけれど...このままなら確か
にがらくたなんですけれど...これこそが楊さんが古
ぼけたランプに新しい物語を語らせるための、大切
なパーツの山。

f0063645_6211914.jpgひとしきり店内を見ると、楊さんがテーブル
でお茶を淹れてくれます。
それほど饒舌ではないものの、身振りと表情
がチャーミングな楊さん。思わず、「どんな
人なのか、これまで何をしてきたのか」知り
たくなりますが、そこは適当にはぐらかされ
てしまいます。
「前はただ、こういうランプのコレクターだ
ったんだ。ずっとね」なんて。

永康街のゲストハウス「小自在」で手に入れ
た「康青留 旅人手帖」。そこには、火金姑
の楊さんは『土木学出身』とありましたけれ
ど。謎、たくさん。

結局...。
あの魔法の空間にいたら、ふと私の枕元で使っていたライトが壊れていたことを思い出しました。も
し、「火金姑」の灯りを置くことができたら、眠る前の時間が穏やかで幸せなひとときになりそう。

スーツケースにも入りそうな、小さなガラスのパーツを見つけ出して「これで作っていただいたらい
くらになりかすか?」と訊くと、「2500元」とのこと。大体6400円くらいです。思い切ってお願い
することにしました。翌日の夜、取りに来ればよいとのこと。

f0063645_6463053.jpg

台北の夢のかけらは、いま私のベ
ッド(?)サイドに。


枕元を照らす明かりが、ライト
ゃなくてランプになった。

一つだけ困ることは、睡眠導入機
能があるのか、点けたとたんにス
ヤスヤ眠ってしまうこと。眠って
はいけないときにも。





[PR]
by kadoorie-ave | 2011-11-27 06:51 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

2011年、香港。<北角總站のトラム120號(その2)>

トラムの入り口です。

「上 IN ONLY」と書かれています。「上」は乗ること。「上車(seong che)」というと「車に乗
る」という意味になります。反対の言葉は「落」。乗り物から降りること。「落車(lok che)」は
「車を降りる」という意味です。

f0063645_2422532.jpg

f0063645_2424840.jpg


入り口から、車内を見たところ。

f0063645_243927.jpg

乗客が次々に乗り込んで...



そろそろ発車の時刻です。

f0063645_2433938.jpg
ギィッ、バタンとドアが閉まり、Ding Ding ♪
叮叮♪

出発進行。

グ、グ、グィィィ〜ンと音を立てて、120號は行ってしまいました...。(↓この画像はクリックする
と少し拡大してご覧いただけます。)

f0063645_2444063.jpg

120號。いつまでも達者で、香港の街を走り続けてね〜!

<参照>●ONE DAY:2008年 夏の香港紀行13 <トラムに乗って...>

トラム、まだつづく!(ただしこれまでに増して何の参考にもならない内容...)


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-08-06 02:45 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

お知らせ その4<特別展 「かこさとしの世界」>

かこさとし(加古里子)さん。言わずと知れた、こども(しばらく前に子供だった人も含めて)たち
みんなに親しまれてきた、絵本の作者。児童文学者。そうそう、工学博士でもいらっしゃる。
今年は絵本「万里の長城」を出され、さらに国際アンデルセン賞画家賞の日本代表にノミネートされ
たのだそうです。
さらに、現在鎌倉の鎌倉文学館にて
「子どもたちへ、未来へシリーズ1 特別展 かこさとしの世界
が開催されています。

f0063645_2395472.jpg
●期間:2011年7月16日(土)
     〜9月25日(日)
●場所:鎌倉文学館→サイトはこちら

鎌倉文学館は旧・前田侯爵家別邸。場
所は由比ヶ浜で、夏のひととき、ちょ
っと足を延ばして気分転換をなさるの
にも、もってこいかと...。

江ノ電に揺られて由比ヶ浜へ。文学館
で展示を観たあとは、同じく由比ヶ浜
駅近くにあるすてき〜なお店scrumpci
ous
(スクランプシャス)に立ち
寄って、それから海辺までお散歩する
のなんていいでしょうねえ♪うん。

絵本「万里の長城」も頂いて、丁寧に
読みました。
わかりやすく、壮大で、単なる万里の
長城の子ども向け解説本ではありませ
ん。今の時代にこそ、こどもも、大人
にとってはさらに読む意義のある本だ
と思いました。ですのでこれについて
は改めて書きたいと思います。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-28 03:19 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

沖縄 ...といえば映画「恋戦。OKINAWA Rendez-vous 」♪

レスリー・チャン・ファンの方々は、沖縄と聞くとやはり、「恋戦。沖縄/OKINAWA ・Rendez-
vous 」を思い出すかたも多いのではないでしょうか。

f0063645_23281474.jpg

------------------------------------------------------------
「恋戦沖縄」
2000年 香港
監督: 陳嘉上(ゴードン・チャン)
出演: 張國榮(レスリー・チャン)、 梁家輝(レオン・カーフェイ)
王菲(フェイ・ウォン)、 黎姿(ジジ・ライ)
谷徳昭(ヴィンセント・コク)、 加藤雅也、樋口明日嘉
--------------------------------------------------------------

ストーリーや全体の感想などは、ほかの映画評のサイトよりもこちらが的確かと。
  →blog 亜細亜的空間:「恋戦。OKINAWA Rendez-vous」

この撮影のとき、日本各地から沖縄に飛んだファンも多かったようですが、私は行かれませんでし
た。ですから、今回初めて那覇空港に降り立ったときは、「ついにレスリーが前に来た、あの沖縄に
着いた」と思いましたもん。

あの映画は、ラブ・コメディといいますか、ホリディ・ムービーということなんですけれども。本当
に力の抜けた作品です。監督といい、出演のレスリー、レオン・カーファイ、フェイ・ウォンといい
すごいメンバーなんです。もうちょっと若かった頃のレスリーたちならまだしも、すっかり大御所に
なってしまったこの三人を使うだけでもギャラは大変なことになってしまうのではないかと、そっち
が心配になるほどでした。そのかわりに、ちょい役で出ている日本の役者たち(役者だったのだろう
か)など、学芸会よりも棒読みでおもしろかったです。

ストーリーも、ベテランたちが適当に練ればスルリと出来上がりそうなものでしたし、レスリーたち
三人をもってすれば、撮影も滞りなく、あっという間に終わるでしょう。
が。そんなことはこの映画にとってマイナスの要因ではありません。見所は、「あの、
レスリーをはじめとする香港スターたち(平素靴を履いて欧米スタイルでお暮らしのかたがた)が、
日本の普通の民家にあがって、くつろいだり、ちゃぶ台を囲んだりした」ということ
ではないでしょ
うか。これはもう、「わたしんちにレスリーたちが遊びに来てくれたの〜♪」という気分です。

この撮影の前にもしばらく、レスリーがいまひとつ元気がないように見受けられたので、私は密かに
思ったものです。
この映画、もしかしたら陳嘉上(ゴードン・チャン)たちが考えたレスリー・チャ
ン保養企画ムービーなのじゃないか
、と...。『仕事という名目で、レスリー
にのびのびしてもらおう。沖縄っていいところだよ。気心しれたレオン・カーファイとフ
ェイ・ウォンがいればリラックスして遊べるでしょう』っていう...。

そうでなくても、このメンバーで沖縄に来たことで、確かなリラックス&リフレッシュ効果はあった
と思いました。だって、このあとの徳間ホール(@新橋)での「恋戦。沖縄」記者会見でのレスリー
は、ぴっかぴかに元気。このうえなくチャーミングな笑顔でしたもん。
●記者会見の模様はこちらをご覧ください。
 →フウライWEB 先取りシネマ情報:
  お気楽でご陽気な“©ホリデームービー( レスリー)”
 「恋戦。OKINAWA Rendez-vous」先取り情報&記者会見




[PR]
by kadoorie-ave | 2010-09-15 23:23 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(4)

パイレーツ・ロック/THE BOAT THAT ROCK

今日やっと映画「パイレーツ・ロック(原題/ THE BOAT THAT ROCK)を観に行きました。なんとな
く寂しいようなムシャクシャしたような気分を抱えたまま映画館に入ったのですが...
始まったら、大好きな曲が満載♪すっかりゴキゲンに。ファッションもいいし(色がきれい)、ストーリ
ーは単純なのに引き込まれて、いつの間にやらすっかり船の一員の気分に。笑いながら『うううう...よか
った』と涙を浮かべそうになった自分にビックリでした。余計なこと抜きで、おつむ(←オムツじゃない
です頭のほうです)を空っぽにして、さあどうぞ〜。サイコー♪
※ラジオ・ロックの経営者クエンティン役のビル・ナイのカッコよさに感動。リス・エヴァンスも♪ 嬉し
い驚き。みんな「ほんとに馬っ鹿じゃない??」という登場人物ばかりなのですが、なんてったって私、
馬鹿がつく人が好きなんです。(↓画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)

f0063645_23115849.jpg

公式サイト(英語)→ PIRATE RADIO
サイト内に、当時実在した海賊ラジオ局(ラジオ・キャロラインetc.)の話なども載っています。
公式サイト(日本語)→パイレーツ・ロック
スカッとしたいかたは是非。DVDを待たずに、是非劇場で。(普段倹約してプログラムを我慢して
いるのに、プログラムもサントラ盤のCDも買ってしまった...持っている曲もいっぱいあるというの
に。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-11-25 23:27 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(4)

シネマ歌舞伎特別篇『坂東玉三郎・中国昆劇合同公演 牡丹亭』

先日、東銀座の東劇にてシネマ歌舞伎特別篇『坂東玉三郎・中国昆劇合同公演 牡丹亭(ぼたんて
い)』
を観ました。ほんとうは、af_blogの古川泰司さんの「ちっちゃな家」展を観に行くのが主な
目的で、『ついでに何か他にも用事はないかしら』と考えたときに、ちょうど坂東玉三郎の「牡丹
亭」の映画も近くでやっているはずだと思い出したのです。

f0063645_1340659.jpg
『坂東玉三郎・中国昆劇合同公演 牡
丹亭(ぼたんてい)』については、予
備知識もほとんどありませんでした。

ただ、あの有名な『牡丹亭』か!と。

そういえば、映画『華の愛 遊園驚
』(ヨン・ファン監督)の冒頭で
も、ジェイド役の宮沢りえが「牡丹亭
 遊園驚夢」を歌う姿が儚げで、うっ
とりするほどきれいでした〜。

玉三郎氏については、かねてから芸は
もちろん、インタビューでの発言など
にもとても注目しています。中国の人
々や文化についての発言には、ことさ
ら共感するものがあります。
その玉三郎が、昆劇の本家本元、蘇州
で主役として客演する!これは歴史的
にもとてつもなくすごいことなのでは
ないでしょうか?

玉三郎といえば、われらがレスリー・
チャン(張國榮)とも食事を一緒にし
て語り合った仲。「表現」すること・
「芸」への、清冽で真摯な態度には共
通するものがあります。
長い芸歴で色々あったはずなのに、年齢を重ねてからのほうが若い時以上に蓮の花のような美しさ
があります。そういう姿勢や心のあり方が表面に出てくるからだと思うのです。実際、二人の肌の
内側から輝くような透明感といったら!!
...見習えないけど、見習わなくちゃ...(トホホです。)


この映画は二部に分かれています。第1部はドキュメンタリー篇『玉三郎16Days in 蘇州』、第2部
が本編ともいえる舞台篇『牡丹亭』。

●第一部は蘇州での稽古風景を中心に、玉三郎の日々を追った内容。蘇州語の、それも古語で話
し、歌い続けるのですから、玉三郎のような人であっても信じられないような緊張であろうと思い
ます。私は、表現や創作の舞台裏(陰の苦労や辛さを知ること)がこの上なく好きなので、食い入
るように画面を眺めていました。

稽古の合間にも、熱心に取材や講演会をこなしました。南京大学での講演会のシーンになり、あふ
れかえるような学生たちが、期待に胸を膨らませて会場にひしめいていました。質疑応答が始
まるや、突然男子学生から「レスリー・チャン(張國榮)との交流があったそうですが...」という
質問が。

こちらとしては心の準備がなかったのでその名前にドッキリ。
答えは(大体のうろ覚えですが)「映画『覇王別姫』はもちろん見ました。素晴らしかったで
す。」
「チャンは私の舞台を観に来てくれて、素晴らしかったとおっしゃってくれて」
「(覇王別姫は)あなた(←玉三郎氏)がやるべきだったんじゃないかと言いました(笑)」
「あの、チャンは本当にフェアーな人でした」
「チャンと私は色々話をしたんですけれども...」


色々話をしたなかで、こんなことを言ったそうです。
「俳優というのは、たくさんの華を持つことができる。けれども、そ
の華の数だけ、苦しみがある」


私など、取るに足らないようなこと(新しい仕事だったり、個展の準備だったり)でも怯えて腰が
引けてしまうのですが、坂東玉三郎といい、レスリーといい、一人の人間にのしかかるには、想像
を絶するような重圧・不安・苦しさ・辛さなのだよなあ...と彼らの日々を想いました。ほんとう
に、尊敬できる人たち。学生たちが目を輝かせて話を聞く姿が、印象的でした。

●第二部。これはもう、是非映画をご覧頂きたいのです(生の舞台ならさらにいいのに!)。私は
女形というものが大好きなのですが、中国では文化大革命後ほとんど絶えてしまいました。けれど
も、女性の役なら女性がやればいいというものでもない。女形でなくては表現できない女らしさ、
存在感というものがあります。
玉三郎演ずる杜麗娘(とれいじょう)は、伝統を大切に守りながらも、新しい命が吹き込まれたよ
うに生き生きとして感じられました。何度でも観たいなあ...。DVD化されるのだろうか?公演はも
うないのでしょうか?

カーテンコール(?)での観客からの割れんばかりの拍手と、叫び声に近いような歓声に、おじぎ
をする玉三郎の目が、一瞬うるんだように大きく開いたのが印象的でした。


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-06-24 17:25 | イラスト付き | Comments(0)

『ラスト・コーション 色|戒』そして『北菇滑雞煲仔飯』..食|戒...。

昨日、やっと映画『ラスト・コーション 色|戒』を観に行きました。

f0063645_18251513.jpg

李安(アン・リー)監督はもともと人柄も作品も大好きだし、美術・衣装がパン・ライだという
し、楽しみにしていました。
スタンリー・クワン監督の『ルージュ(胭脂扣)』、『フルムーン・イン・ニューヨーク』、『ロ
アン・リンユイ/阮玲玉』『赤い薔薇 白い薔薇』など、私の好きな映画の美術・衣装を確認する
と軒並みパン・ライが担当。原作も、これまた好きなアイリーン・チャン(張愛玲)。

感想は...短編の原作に忠実、なのに158分。しかもそれが短く思えました。緻密で奥行きのある素
晴らしい作品。何度も観たいなあ。時代の空気やそれぞれの性格がよく描かれていました。

写真で見る限り、ワン・チアチーを演じたタン・ウェイの顔は、それほど好きなタイプではなかっ
たのですが、映画の中で動き出した途端、ワン・チアチーに血が通って彼女以外には考えられな
い。衣装の美しさと相まって、アイリーン・チャン自身が描いたイラストが生命を得たようでもあ
りました。
アイリ−ン・チャンが描いた絵、ご存知ですか?これが1930〜40年代に描かれたものかしら?と思
うほど、洒落ていて新しいのです。
これを見ていると↓↓、昔の上海がどんなに都会的で垢抜けたものだったかわかる気がします。

私は声を大にして言いたい!昔のチャイナドレスは(日本の多く
の)みんなが思っている、キンキラ、バリバリの立体裁断
の晴れ着みたいなのと違う
んだって。あの時代のは、それはもうシックで
クラクラするくらいエレガントだった...
と。もちろん化繊のわけもな
く、質のいい滑らかなシルク(フランス製のシルク生地を使ったりもします)。当時の袖は洋服の
ように肩で切り替えて付けず、東洋人の柔らかい肩の線が優美に表現されます。細部まで手縫い
で、全ての線が柔らかい。手縫いなのに、ミシンより細かい縫い目です。胸辺りまではぴったりし
ていますが、ハイウエストで、そこから下にさりげなく緩くなるので、お腹がやたらに苦しいとい
うこともありません。


f0063645_18264240.jpgf0063645_18265550.jpgf0063645_18271087.jpg

f0063645_18272552.jpg画像は、『TOFU MAGAZINE』の中の『mini-tofu』からお借り
したもの。
mini-tofu のページを開いたら、画面を右にスクロールすると、
“mini-tofu no7”でアイリーン・チャン(張愛玲)の非凡な絵をたく
さん見ることができます。ページをクリックすると、次のページを
見ることができます。
 
 *      *      *      *      *

映画の世界をまとったまま、帰宅。オンライン・インターネット・ラジオのMANDARIN RADIO
(無料)でずっと中国語の曲を流しっ放しにして、過ごしていたので夕飯にはつい、こんなものを
作ってしまいました。

f0063645_1848351.jpgこれは、「北菇滑雞煲仔飯」。

鶏肉と干し椎茸と青菜の中華風
釜飯といったところか。


(大雑把な作り方)鶏肉を、先に醤油、酒、生姜たっぷりめ、ごま油、胡椒などで下味をつ
け、(私の場合は)炒めてから、炊きあがりかけのご飯に載せるのです。(醤油の色が濃いように
見えますが、これは『老抽』という色付けようのたまり醤油を多めに使ってしまったため。実際
はしょっぱくない。)

干し椎茸も戻して、醤油少々をかけておきます。私は下煮しておきましたが、炊きあがる前のご飯
に乗せてもいいのかも。
青菜は茹でておいて最後に乗せました。
1:1:0.5の割合の醤油:酒:砂糖でタレを作っておき....全体にまわしかけたら、蒸らして出来上
がりー。

f0063645_190321.jpg
全体をよく混ぜて、いっただきまぁす!
(ちゃんとジャスミンライスなのよ。
映画は渋谷に観に行ったので、
帰りに東急プラザの地下の米屋さんで
買ったのだ。)
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-01 19:11 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(22)

エドワード・ヤンによるレスリ−・チャン主演の「ラスト・コーション」

今日プレノンアッシュから届いた「香港電影通信」(アジア映画ファンの会員に毎月送付される、
タブロイド判の通信)の第一面を読んでいたら、アン・リー(李安)監督作品の『ラスト、コー
ション 色/戒
』のことが語られていました。

f0063645_018593.jpgアン・リーもトニー・レオンも好きですが、なん
と、故エドワード・ヤン(楊徳昌)監督もこの原
作を映画化したがっていたという話が書いてあり
ました。
しかも、主演をレスリー・チャン(張國榮/
Leslie Cheung)で。

f0063645_0351910.jpgf0063645_0422811.jpg←(左:エドワード・ヤン/楊徳昌監督)
(右:レスリー・チャン/張國榮)

もちろんアン・リーの「ラスト・コーション」をとても楽しみにしているのですが、もしエドワー
ド・ヤンがレスリーで撮ったらどうなっていただろう...と、長い時間想像してしまいました。「香
港電影通信」にもあったけれど、かなり複雑な気持ち。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-01-24 00:47 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(14)

「覇王別姫藝術展」によせて

今回、「覇王別姫」の絵を描くにあたりパソコンでも色々資料を検索していたのですが、そのとき
見つけた淀川長治さんの『覇王別姫 さらば、わが愛』のコラムをご紹介。
レスリー・チャン(LeslieCheung/張國榮)ファンの皆さま、映画「覇王別姫〜さらば、わが愛」
ファンの皆さまは、とっくにご存知の記事かもしれません。
私は淀川さんの書かれた映画評が好きなのですが、こんなふうに書いていてくださったんだな...と
嬉しくなりました。
 産經新聞 ENAK『淀川長治の銀幕旅行』「さらば・わが愛〜覇王別姫〜」

この『銀幕旅行』にはほかにチアン・ウエンの「太陽の少年」とか、アン・ホイの「女人四十」
ど、私の中華圏の大好きな映画についてのコラムもありすごく共感。
アジアに妙な偏見を持っていたり、色眼鏡で見ていたりせず、公平なかんじがするところがホッと
します。


(追記)これだけではなんだか愛想がないので、オマケの画像をつけますね。
2001年の張國榮サイン会のときに撮ったものです。ボケてるのはどんどん前に進まなければいけな
かったからです...。(言い訳)
f0063645_19352597.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-21 18:44 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

フルスロットルでお片づけ、再び。


f0063645_11151338.jpgええと....突然なのでアタフタしつつご報告。

昨日。横浜で本日10月20日(木)から開かれるRMJ主催「覇王別姫藝術展」(映
画『覇王別姫 さらばわが愛』に関する展示)の設営会場、神奈川県民ホールに行っ
て参りました。一作ですが、私の水彩画(大体45cm×103cmくらい)の作品
『Legend・蝶衣』を展示させていただくことになって、その搬入に。

香港からたくさんのスタッフが来ていて、日本のメンバーとともに大掛かりな会場設営におおわら
わ。飛び交う広東語、英語、日本語に、今自分がどこにいるのかわからなくなるようでした。皆さ
ん既に疲労困憊の様子。

そこで、香港からいらしている方から香港のテレビ局RTHKが、レスリー・チャン/張國榮の日本ファ
ンの取材をしたい。お宅に伺って、そのファンぶりを撮りたいという提案がありました。
.......ですが、他の皆さんは会場設営でまだまだてんてこ舞い。.......ということで、なぜか私の
家にRTHKが来ることになりました。


f0063645_11162419.jpg安請け合いの小野寺。後から考えて真っ青になりました。私の仕事部屋が中心になると
思うのですが、なんてったってそこはCAOS!!且つブラックホール
なんですから。
アトリエなんだから当たり前...なんて思っていたのですが、魔窟に住むだらしない人が
日本のレスリーファンだなんて思われたら、大変です〜〜。

考えてみれば、レスリ−の影響は台所にも及んでいるし、そう考えると掃除はかなり大変です。
収録は、昨日依頼があって、今日。夕方です。どうする、光子!!?

f0063645_1184832.jpgf0063645_1192323.jpgf0063645_1194258.jpg

....という訳で、申し訳ありません。いただいたコメントへのお返事などがまたもたつくかもしれませんが、ご容赦ください。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-20 11:22 | Comments(18)