タグ:建築 ( 70 ) タグの人気記事

高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷 美観地区/北田証券』

翌朝。倉敷国際ホテルの1階レストランで気持ちよく朝食。ホテル内の空間はどこもゆったりして
いて、昔から知っている場所のような雰囲気。落ち着きます。スタッフの方たちも丁寧な応対なの
はもちろん、眼差しが温かく「営業なんです」というせかせかした感じがないので話しかけやすい
のです。(助かります〜、緊張しやすいんですワタシ。)
なにもかもが、素っ気ないほどシンプル(お節介なところがない)、でも満ち足りていて温かい....
これって私の理想〜♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

意気揚々と朝の散歩に出かけます。
倉敷国際ホテルは、観光の中心地「美観地区」にあって、すぐそばにあの「大原美術館」がありま
す。便利です。(でも今回は大原美術館はあえて観ません。時間がかかりそうだし...東洋館と工芸
館、そして建物としてはそ芹沢銈介館にはかなり後ろ髪を引かれるものの、今回は端折ります。)

で、名所を素通りして歩いていました。ふと振り返って観たときの風景がこちら↓。

f0063645_125684.jpg好きだなー。

なんだか好きだなこの風景。

けれど,なんで好きなのだろ
う?色々頭の中を探ってみた
のですが、どうやら私、
 「石が好き」
らしいです。それと、このく
らいの高さが、威圧感がなく
てよい...と感じたみたいで
す。
そうだったのかー、自分。

さらに行くと...

f0063645_13171610.jpg
塀に小さな看板が。

「北田証券」....?




ずんずん進みます。と...

f0063645_13213256.jpg
「北田証券」はこのような建物です。
「北田証券発祥の地」とか「記念館」と
かいうのでしょうか。

←何か書いてありますね、手書きで。

拙者が近付いて確認いたそう!
(OH〜!思わず言葉遣いまで変わって
しまうわ♪)

f0063645_13274212.jpg
  
 ┃
 ┃
 ん
!!!


ここ、現役の「証券
会社」です。


先程調べましたが、北田証券株式会社の本社として、普通に営業しているのでした。『昭和23年に
白壁の街倉敷に会社を設立』っていうじゃありませんか、あたしゃ、吃驚しちまいましたよ。

...するってぇと何かい!?ここにゃあ、チョンマゲ姿の証券マンが働いているってえわけかい?.....
な、わけはなく、普通のスーツ姿のかたたちがお仕事しているようですね。ふ〜む。いいですね
え。(そもそも、昭和23年じゃチョンマゲのはずありませんでした。)

んなわけで、私もクラシカルな姿で北田証券の入り口に佇んでみることにいたしましたよ。

こんなふうに...。↓↓

f0063645_13415957.jpg
なんか...





すぐにお縄
なってしまいそ
うだけど。



[PR]
by kadoorie-ave | 2009-04-28 13:54 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)

高松〜倉敷〜岡山の旅『中国銀行倉敷本町支店(旧・第一合同銀行倉敷支店)』

本町通り(ほんまちどおり)。子どもの頃読んだ日本の童話集にでも出てきたような通りです。そ
の頃見た夢の中を歩いているようでもあるのですが、全部『ほんもの』だというのが不思議。

f0063645_21561619.jpg
通りを進むうちに、立派な建物が目に留まりま
した。
やさしげなステンドグラスからこぼれる明かり。

これは何?なんの建物だろう?

「中国銀行倉敷本町支店」とあります。

f0063645_21563137.jpg
「明かりがこぼれている」という感覚って、久
しぶりのような気がしました。懐かしい。だっ
て、今は深夜ですらコンビニや自動販売機が光
り輝いていて、これでもかというほどギンギン
明るいのですから。

この繊細で美しい窓を眺めていると、中では人
がどんなふうに働いているのだろう...と想像し
てしまいます。どんなふうにっていったって、
銀行なんだから銀行員の人たちが普通に仕事し
ているだけ、なんでしょうけれど。

ここに立って周りを見渡していたら、頭にふと
「人の大きさに丁度よい街」という言葉が浮か
んできました。
(「私の大きさに丁度よい」と言ったほうが正
確なのか?)世界各都市の旧市街も同様ですが
これくらいが、人の暮らしにとってなんとか手
に追える規模の街なんじゃないかと。

東京・横浜・大阪...大きな街だけに、明治〜昭和初期に建てられたビルでも「威容」という言葉が
ピッタリの立派なものが多い。そういうのも大好きですが、二階建てながら充分手を掛けられたこ
の建物は...威張った感じがしません。
子供が「お父さん(またはお母さんでも)」がここで働いています、今日は働いているところを見
学に来ました...というときでも、職場の中での仕事ぶりが子供にもなんとなく理解できる...といっ
たような規模。(実際にはそんなに単純なわけはありませんが。)

それにしても、なんてロマンチックな窓なんでしょう。
この建物について、ちょっと調べてみました。「旧・第一合同銀行倉敷支店」として大正11年に竣
工した建物で、設計は薬師寺主計。大原美術館や有隣荘など,大原家関連の建物の多くに関わった
建築家だそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。→倉敷市文化財保護課 登録有形文化財のページへ

More.....翌日、明るい時間に見たときの写真はこちら。
[PR]
by kadoorie-ave | 2009-04-15 22:05 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)

謹賀新年、2009年!

というわけで、あっという間に年が明けてしまいました。みなさま明けましておめでとうございます。今
年が穏やかで愉しい一年になりますように。

さて、大晦日のエントリーのガラス窓からの画像の続きです。

f0063645_252692.jpg

窓全体はこんな
ふうです。
よいでしょう?

f0063645_272318.jpg

↑ここに行ったのはしばらく前、昨年の11月のこと。銀座のモッズヘア・パルティでワンポイントメイク
をしに、連れ立って行ったあの友人Kと一緒に。

f0063645_2103386.jpg

洋間に入る出入り口は、引き戸の
ガラス戸なのでした。
ドアじゃないのよ♪

f0063645_215271.jpg
こんな料理もいただきました。これに炒飯とかスープ
とか。

一口食べて「ああっ、そうだった。この味だった」と
何十年ぶりかで脳の奥でシナプスがつながりました。
そう、昭和の頃の中華街の味ってこんなだったと。懐
かしいような、「暮らしの手帖」に載っていた中国料
理をきちんと再現したような...そんな味。


f0063645_2191735.jpg

↑ついでに、奥にあったトイレもご紹介。(クリックすると少し画像が大きくなります。必要ないかとは
思いますが。)



More...というわけで、ここがどこかというと。
[PR]
by kadoorie-ave | 2009-01-01 02:55 | 散歩と旅・建物 | Comments(26)

今年も大変お世話になりました。

あと少しで日付が変わり、新年を迎えます。
今年も、沢山のみなさまにお世話になりました。直接お会いできた方...ほんとうにうれしかったで
す。ブログで知り合ってまだお会いしたことのない方、このブログに遊びに来てくださってひとと
きを共有して下さった方...ありがとうございました!コメントをくださったりweb拍手ボタンを押
して励まして下さった方も!どれほどうれしかったことか。

さて、今年最後のエントリーはこんな写真を。

f0063645_23481033.jpg



とある古い窓の中から通りを行
く人を眺めていました。それだ
けなのに、なんだか不思議なか
んじでした。











過去の世界からぼんやりと未来
を眺めているようでもあり、実
は未来にいて過ぎ去った時間を
眺めているようでもあり...。

ここは、どこなんでしょ?答えはまた来年...♪

f0063645_23483799.jpg

ではみなさま、良い年をお迎えくださいませ。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-12-31 23:59 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

三重(伊勢)への旅 2 ・製材所見学

前回のエントリーから随分間が開いてしまいました。 毎日見に来て下さった方、ごめんなさい、そ
して、ありがとうございます。忙しさは...私としてはめずらしいことに、途切れずまだしばらく続
きそうです。フリーランスのイラストレータ—として、これが本来当然の(普通の)忙しさで、今ま
でが暇だったのか...やはり私は忙しいのか...?時間の使い方が下手なのか、そうでもないのか。集
中力が足りない?そんなことない?自分ではよくわかりません。
「もー疲れたなあ」なんて言ったら、うちに何人も居るに違いない願いを叶えてくれる小人が「あっ
そー、じゃあしばらく仕事はいらないね?」なんてすぐさまそれも叶えてしまいそうなので、このま
ま突っ走ることにします。いつか、8時間とかまとめて眠る日を目指して。

あっという間に11月になろうとしていて、それにも吃驚です。今年の仕事のことををチラリと振り
返ると、ものすごく(ますます)出会いと人に恵まれた一年だったように思います。何百回感謝して
も足りないくらい。お世話になっている皆さま、本当にありがとうございます。若い方から大先輩ま
で、なんて素敵ないい人なんだろう、世の中にはこんな人がいるんだなあ...と、(そこのあなたで
す!)いつも感心しています。もっとたくさんお話していたい...というわりに自分ばかり話してい
たんじゃないかその人は楽しかったのかと、人と別れたあとは必ずどんよりと暗〜〜〜い気持ち
なりますけれど。

..............................................................................................................................

さて、三重です。三重に行ったのは「仕事の打ち合わせ」が目的なので、いわゆる観光はして
いないのです。今回は「住まい」と「木材」の見学が主。製材所を本格的に見学したことはなかった
ので、目はまん丸、深呼吸しまくり(木の香りが素晴らしいので)の一泊二日でした。


f0063645_23445061.jpg

山の中の集落。


この一帯は家々と
山、石垣と川が穏
やかなリズムを織
りなしていて、と
ても美しい。

f0063645_23454077.jpgf0063645_2346175.jpg

さして広くはない道路沿いに、その製材所はありました。
迫力があります。製材所っていうのはすっごいかっこいい!のね。

f0063645_23462395.jpg


K池一三氏は、念願の新しいカメラを手にそれはそれは嬉しそうでした。

f0063645_23473214.jpg

どこを見ても、美しい。



More...製材所の画像は続きます。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-27 23:57 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

2008年 夏の香港紀行62 <上海街/永安號>+シノワさんニュース

まだ開いていなかったし時間もなかったのですが、「永安號 木器製品飲食用具」も気になる店。業
務用・家庭用の木製品を扱う店です。ずっと前に豆腐花の木桶が欲しくて覗いたことがあるのですが
それっきり。(日経BP・旅名人ブックス「香港雑貨店ガイド」にも紹介されていたはずなので、ご
覧ください。)

f0063645_136010.jpg

店が営業中だと、モノに気を
取られて見落としがちですが
...この店の建物ももいい味出
しています。薄汚れた白い壁
と、ハゲかかった赤い文字。

次回こそ店内をじっくり見てみ
たい。

『永安號』
G/F.,335 Shanghai St.,
Yaumatei

..............................................................................................................................
さて。話は変わりますが。大好きな台湾グッズを扱うお店(実店舗)を開くべく、仕入れや内装の準
備にずっとずっと東奔西走していたやんcafeのやんさんが、ついに夢を叶えました!
2008年10月11日「やんcafe」GRAND OPEN!!@岡山。
わーい、ぱちぱちぱち!台湾への愛がいっぱい詰まった、素敵なお店です♪台湾での価格を知ってい
る人にはびっくりの、良心的な価格だと聞いています。台湾でセレクトしたおすすめの小物中心に、
香港や中国のグッズもある...はず。お茶もいただけます。(詳細はやんさんに直接お問い合わせく
ださい。)

そして、もうひとつおまけのニュース。
私のオリジナル・グッズ「シノワさん人形」の新作ができました。
"特注の箱"入り娘です。

この箱入りシノワさん、5体はやんcafeに旅立ちました。岡山周辺にお住まいの方で、実物を見たい
という奇特な方は是非、やんcafeに遊びに行ってみてください。

f0063645_1381276.jpg

サイズはそんなに大きくはありません。箱のサイズが約32.5×12.5cmほどで、そこにスッポリ入る
大きさです。ディテールは下の画像でご覧ください。中に一枚、上海にいるシノワさんのカードがオ
マケとして入っていま〜す。

f0063645_13333546.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-12 13:44 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)

2008年 夏の香港紀行60 <油麻地の騎樓・おまけ>

油麻地の気になる騎樓の写真を大きくして眺めていたら、少し先の「陳枝記老刀荘」(ここにもよ
くお世話になります!)の看板についている飾りがかわいかったので載せておきます。↓

f0063645_133924.jpg
.............................................................................................................................

↓そして、こちらは参考資料として。上海街の一本隣の通り、「廟街」1930年頃の写真です。この
辺りは当時は油麻地遊郭の中心地。
すぐ隣の通りだけあって、上海街に残る騎樓と似たような大きさの建物が並んでいます。

f0063645_13395322.jpg

............................................................................................................................
さらにおまけ。↓こちらはもっと新しく...1960年代くらいでしょうか?トラムが走っているので、
香港島側の風景ですね。この頃に行ってみたかったな。

f0063645_13402477.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-10 14:09 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)

2008年 夏の香港紀行59 <油麻地の気になる騎楼>

以前から気になっていた騎楼ですが、さらに『風格』が増してしまったような気がして、いつまで
保つのか心配です。とりあえず写真に撮ってみました。大きな建物ではないので、騎楼の柱部分も
細め。そしてやはりここでも「白地に赤い繁体字」。


f0063645_22102389.jpg
 
  *    *    *    *    *


せっかくなので、ディテールがわかるように拡大してみました。(ここに住む人のプライバシーの
侵害かも...関係者の皆様お許しください〜。)

f0063645_22171446.jpg

↑この建物は3階建て+屋上に足してしまったのでしょうか?それとももともと4階建て?
小さな場所で洗濯物を干す工夫様々。

f0063645_2218076.jpg

↑建てた当時は小洒落たベランダだったと思われる、2階部分。東南アジアの湿気とたくさんの雨を
吸ってかなりモロモロになっています...。

f0063645_22181738.jpg

↑ジッと見つめていると、なんとなく頭の中に映画「花様年華」にも使われていた『夢二のテー
マ』(作曲:梅林茂)が流れはじめてしまいます。

f0063645_22323755.jpg



脇の面だけを縦長に切り取ってみました。








既に遺跡のよう...。


f0063645_22332634.jpg
反対側からも
眺めてみる。

f0063645_22334293.jpg


...あ、上の階の手摺(柵?)の部分もなかなか可愛らし
かった。







[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-09 22:44 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

2008年 夏の香港紀行50 <THE PAWN>

灣仔/Wan Chaiに行くたび眺めていた、お気に入りの建物が、改修されて生まれ変わったと聞いて
ここまで来ました。元の建物は1888年に建てられたコロニアル建築でいい味を出していましたが、
さすがに老朽化して、いつ取り壊されるのだろう...それとも歴史的建造物として保存されるのだろ
うか...と心配していたのです。変にきれいになり過ぎて、セットのようになっていたらいやだな
あ...。

元の姿はこちらです。↓

f0063645_22563980.jpg

そして。生まれ変わった姿が...こちら! ↓↓

f0063645_231721.jpg

わぁ、すてき〜♪
そうか、香港の多くの唐樓のベランダ(テラス?)が、窓をつけて部屋として使われているよう
に、ここもそうだったんですね。それを、元の瀟洒なベランダに戻したようです。昔ながらの趣き
を上手に活かしながら、洒落たブリティッシュ・パブ&レストランに生まれ変わっています。やる
なあ....

元の建物には「和昌大押」の文字の通り、質屋が入っていました。この文字を建物の個性として残
し、新しくできた店はその名も「THE PAWN」(質屋の意)。

f0063645_23174265.jpg

f0063645_23432620.jpg

↓中に入ってみると、エレベーター脇の壁には、古い木材が使われていました。もし、改装前の建物
に使われていたものを再利用したのだったらおもしろいけど、違うのかな。

f0063645_2351987.jpg

店内には欧米人があふれ、空いている席はありません。1樓(2階)はブリティッシュ・パブ、2樓
(3階)はレストランになっていてかなりロマンチックなんですけど...。座れない...。週末ですし予
約が必要でしたねえ。残念。

f0063645_2353070.jpg
3樓(日本風に言うと4階)のベランダに忍び込
んで下の通りを眺めました。

f0063645_23471230.jpg
仕方ない、ペコペコのお腹を抱え
て、他を探しましょう。次回はきっ
と、ゆったりここに滞在しますか
ら!
.....................................
"The Pawn"
住所:62 Johnston Road,
  Wanchai, Hong Kong
電話:(852)2866-3444
レストラン“Dining Room”:
  11:30-14:30/
  18:00-22:30(L/O)
パブ(バーラウンジ)“Living
Room”:
11:00-02:00(月~土)
11:00~23:00(日・祝)
WEB SITE:
www.thepawn.com.hk
....................................

オマケ:↓こんな動画を見つけました。
  『香港トラム・和昌大押/Hong Kong Tram - The Pawn』



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-25 23:43 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

朝日新聞社『広告月報』2008年8月号<That's NEW /BESS(アールシーコア)>


f0063645_2324444.jpgこちらでご紹介するのが随分遅くなってしまいました。8月号です。

f0063645_23364623.gif朝日新聞社「広告月報8月号」"That's NEW NO.193"はロ
グハウスで有名なアールシーコアの木の家ブランドBESSの取材
でした。

渋谷にあるアールシーコア本社にお邪魔して、すごく印象的
だったこと。
フロア全体、木が多用されていました。壁も間仕切りも丸太
(?)でできていて、ログハウスの中にいるよう。一歩入った
途端木の香りに包まれて、寝不足で体や頭の奥にあったチリチ
リした疲れが、一気にフワァッと消えてなくなりました。これ
ほどリラックスできるとは♪
質実剛健は好きだけど、無骨はちょっとねえ...なんて思ってい
たのに、週末「ハンドヒューンログハウス」の別荘で思う存分
眠りこける自分を妄想してついニヤケてしまいました。

f0063645_23391013.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-12 00:07 | イラストの仕事 | Comments(0)