タグ:台湾 ( 74 ) タグの人気記事

台湾の第一印象って....。

私の台湾の知識は、中華圏の映画に夢中になってからの表面的なものです。

香港の返還の頃、アクションやコメディーではない香港映画にビックリ&ゾッコン→
中国本土の映画の色彩が深くて美しいので、心惹かれる。ついでに文化大革命にガーン。
色んな世代の監督の目から見た映画で文化大革命を考える。
そのあと若い監督たちので今の中国を考える→

f0063645_103325100.jpgクラクラしながら今度は台湾の映画。
ホウ・シャオシェン(侯孝賢 )の「非情城市」がしみる。

大慌てで他の作品も見て、ツァイ・ミンリャン映画ほかなんでも見る。→

その間に「中国」「中華」関連で堅苦しくない本は、意地汚く読みあさる、音楽を聴く。
京劇を観たり市民講座『中国を知ろう」に出たり。→
スカパーで台湾のテレビを見る。
(北京の普通話と台湾の北京語って随分発音が違うんだなぁ....と思う)



....という具合。本当のことを言えば、最初は映画で香港の俳優トニー・レオンに興味を持って、
気付けばレスリー・チャン(張國榮)のことで頭がいっぱい。
全ての道はレスリー・チャンに通ずなのです。

芸能情報ではなく、彼のことが理解できるならどーーーーんなことでも知りたかったのです。
ルーツとなる中国文化全体や、彼を取り囲むこと何でも。
(あまり語らないようにしてきたのですが、中華関連のことを話すとつい.....。)

おかげでレスリー・チャンが亡くなるまで、作る料理も週5日中華。特に香港家庭料理を。
あとの二日は純和食、日本人だってことを忘れない為に。またはフレンチ、イタリアンなど。
(今も死ぬほど好きなんですが....張國榮。。。)


f0063645_10155652.jpgハッ!!話がすっかり逸れてしまいました。
台湾のことでした。

とりたてて
台湾映画以外からの先入観もなく、台北についたのでした。
香港に初めて行ったときのように「異国情緒」を感じて緊張するかと思ったら、別に何も......。
南国の空気や色彩ではあるけれど、走る車の様子も、建物もそんなに日本と変わらない。
そこかしこから聞こえてくるのは「演歌」!みたいな曲ばかり。
でも「楽園の憂鬱」のような南国特有の倦怠感みたないのはあるかなぁ....というところ。

香港に初めて行ったときは「帰って来た....!!」という思いがして、
泣きそうになったものでしたが。

台北市内にタクシーで入ったときは....。
建物はみなそんなに大きいものが目立たない。町並みは垢抜けた色ではない。
そんなに古いものも見当たらず、ピカピカ新しい訳でもない。
東京郊外か、地方都市に来ちゃったようなかんじ。

それにしても、なぜみんなこんなに煤けているの?煤けているというより、排ガスまみれの
ねっとりした汚れかたなんですけど.....。どんより淀んでいる。
何もガッカリしないけど何も期待しない、そんな感じ。
(なんせ、もともとPARIS好きです....)

f0063645_10153629.jpg

上は街に感じた基本色。濃いめの緑色とレンガの色、またそれを薄めたような色。黄色。
これがついたばかりの第一印象。(なんですって!なんて怒らないでね台湾好きのお方。)


ただ、不思議なのは緊張しやすい私が、ダラ〜ンと穏やかでいられて
街に、慣れない人を排除するような空気が微塵も感じられない所でした。

さて、この第一印象がどんな風に変化するのでありましょうや?

※追記:greenagainのみどりさん!私が広東語を勉強しようと思ったのはコレ↑ですよ、コレ。
   レスリー・チャンがきっかけですよ〜
大きな声では言えないけど。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-07-19 10:44 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)

ただいまです!15日夜、台北より戻りました。


f0063645_1271299.jpg
たったの6日間でしたが、私には嬉しい6日間。
お仕事と言う大義名分付きで国外に逃亡できるとは!
気温が35度くらいにすぐなってしまうし、
滞在中台風が上陸するしで蒸し暑さに閉口しましたが
帰国してみれば、
台湾となんにも変わらない....ひょえ〜。


初めての台湾の印象は、香港ほど「異国」を感じないということ。
建物もそんなに古くなく、そして新しくない。ビルの背も高くない。
(今の段階で世界一高いという101階建ての「TAIPEI101」というのがあるけれど。)

出会う人が皆人懐っこくて優しい。
優しいというのにもいろいろありますが。
先回りして気遣いして、細々と面倒を焼くというのではなくて
なんかヘマをやっても、小さなことを気にしないしうるさく咎めたりしないといったタイプの優しさ。
(失敗の多い私には助かるのです...)
「謝謝」の発音が上手になって、普段全く使わない英語のフレーズが
滑らかにでてくるようになったころに帰国でした。
なんていうと、英語で話せるみたいですが...僅かなボキャブラリーしかありません。
ただ、環境に合わせてしっかと頭のチャンネルを切り替えてしまう脳味噌みたいです。
ところが台湾に着いた瞬間から、何故か広東語のチャンネルに切り替わってしまい
日本語も英語も出て来にくくなったのは、我ながら可笑しかったです。


f0063645_1262276.jpgf0063645_1265766.jpg

f0063645_126376.jpgf0063645_316564.jpg


いちおう、頭の中に新しく「台湾」というファイルができました。

日本に生まれ育ったので、当然日本が大好きですが
香港や台湾の、0.5度体温が高そうな(少し熱くて濃い)人たちいるところが
多分先天的に合っているのかもしれません。
日本に帰ってくると、しばらくの間、どうしたら日本人として違和感なく思われて
はじかれずに済むか、自分らしさを保ちながら楽しくうまくやっていくには...?と
日本モードに照準を合わせるために気を遣ってしまう。
かなりの怪力で目盛りを日本に合わせなくっちゃ!(でも時々はずれちゃう。哀しい。)
居場所なんてなかったような気がして、ものすごく寂しくなります。

ま、もうすぐ慣れて少ししか寂しくないようになるはずだからいいんだけど。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-07-17 01:39 | 散歩と旅・建物 | Comments(22)

「台灣的再生空間」を眺めながら。


f0063645_12494665.jpg
来週月曜日、あさってからいよいよ出張で
一週間近くブログをお留守にいたします。

行く先は台湾。

どんな物を取材しようか、自分なりの計画を
立ててみています。
(その通りにはならないんですが。)

定期的に仕事でお会いしているSさんは
何度か台湾にご旅行でいらして「いいところですよ〜」と
この本を貸して下さいました。
「(台灣地理百科52)台灣的再生空間」。
(出版:遠足文化 /ISBN9867630-39-4
定価:400元)


日本統治下の建物など、使い手がなく廃墟になりかかっていたものが
ギャラリー、劇場、芸術家村、文学館、レストランなどとして再生。
味わいのある空間の写真が洗練されたレイアウトで紹介されています。

台湾初心者で、まだ全く詳しくないのですが、調べたところによると
近年、台湾では古い建物や町並みの保存、
使われていない場所の有効再利用が盛んだそうです。

いいなぁと思うのは、大掛かりなな歴史的建造物のみならず
小振りのビルや民家までがその対象になっているところ。
良いことばかりではないでしょうし、なにより自分の目で見てみなくては。

まだ荷造り一つしていないのですが....大丈夫なのか、私...
できるかぎり鵜の目鷹の目で楽しんで参りますね。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-07-08 13:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(20)

香港...ではなくて新宿ですが

先日、遅咲きの品種の桜咲く新宿御苑を、今年も一目見たいと出かけました。
チラッとでも見られれば幸せ、と思いほんの一時間ばかりでしたが。

ウコン桜(ウコンのような黄みがかった桜ということですが私には薄〜いグリーンに見えます)や
八重咲きの福禄寿、一葉、松月が大好きなんです。
特に松月の柔らかな色合いや質感は、もううっとり。見飽きません。→コチラ参照

今回は、大急ぎで好きな木に挨拶して回っただけなのですが
何故か今まで気づかなかったものを発見いたしました。
御苑をご存知の方なら皆さんご存知の場所なのかもしれませんが....。

<旧御涼亭(台湾閣)>。
ここは、 昭和天皇の御成婚を記念して、当時の台湾の方々から贈られた建物、ということでした。
設計:建築家、森山松之助。  竣工:昭和2年。   木造平屋建て・本瓦葺き
延べ面積:165㎡
建築様式:中国南方地方(福建省)の建築(ビン南建築)様式。
               (本格的中国風建築の日本における数少ない遺構だそうです。)
平成14年から保存改修工事をしていたんですね!
平成16年度に東京都選定歴史的建造物に指定されました。

で。
私が中国の文化にも興味を持つようになったきっかけは、
映画でこのようなシックで素敵な格子にクラクラ来ちゃったからでした。
身近にこんないいものがあったなんて。
それから私は、「格子」好きなだけでなく、「暗い建物の中から眺める鮮やかな緑」好きでもあります。

大好きな場所がまたひとつ。増えてしまいました。しあわせ♪



f0063645_154815.jpgf0063645_152977.jpgf0063645_16283.jpg

f0063645_163720.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-04-23 01:10 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)