タグ:台湾 ( 74 ) タグの人気記事

<國際中文版「世界的乳酪蛋糕」>

先日、ぼうっと台灣の誠品書店のサイトを眺めていたら、どこかで見たような名前を発見。なんと
「JTBイラスト会話ブック 香港」のことではありませんか。そうか、JTBは「日本交通公社 出版事
業局」ていうのね、忘れてました。少しでも、台灣の方の目に触れているのかも...と思うと、嬉しい
ものですねえ。

f0063645_221732.jpg

これを眺めていたら、以前にも台灣の出版関係で偶然幸せなことがあったのを思い出しました。
1998年だから、もう十年近く前になります。

「世界のチーズケーキ」(世界文化社)という本のイラストを担当させていただきました。

f0063645_2155050.jpgf0063645_21372627.jpg

※sweet tableシリーズ
 「伝統の味とオリジナル26レシピ世界のチーズケーキ」鈴木博士 (著)
 定価:1,365円(本体1,300円)  ISBN:4-418-98302-3
 B5変型判 88ページ


丁度1997年の香港の中国返還で、雑誌も香港情報で沸き返って、私も香港をはじめとする中華圏の
映画を知った頃。レスリー・チャン(張國榮)に夢中になって、映画館やビデオで映画を観まくっ
ていた頃。(中国古典音楽にも惹かれ、中国を知るための市民講座なんかも受けていた頃です!)

あるとき、世界文化社から「この本が、正式の契約を経て台灣の豐鶴文化という出版社から<国際
中文版/繁体字>として出版されることになりました!」という知らせが入りました。
担当者も「ここ数年で、台灣から(いつの間にかの違法コピーでなく)正式の契約を結ぼうという
オファーが来るようになったんですよ〜♪嬉しいですね。ですから丁寧に接したいと思うんです!」
と。そういえばそういう過渡期だったかな。
去年行った台北の誠品書店には、みうらじゅんとか日本の本の中文翻訳版がたくさん並んでいたっ
け。直輸入の本もたくさんあって、商品の並べ方の知的なこと、観やすさ、充実度に感動したので
した。(あちらのほうがずうっと進んでいる感あり。)

台灣で出たのはコレ!!↓

f0063645_22123469.jpg
f0063645_22165252.jpg


で、すかさずレスリー・チャンへのファンレターに「あなたのお陰で中華圏に興味を持つことがで
き、こんな本も台灣で出版されることになりました!!」と書いて送ったのでした。(本の写真入
りで♪)
え!!?たまたま、偶然じゃないかって?いいんですよう〜〜
レスリー・ファンになってから中華圏との素敵な偶然が次々あって、「縁」を感じずにはいら
れないんですから〜。

さて、明日9月12日は張國榮Leslie Ceung
の生日(お誕生日)であります。

香港に行きたかったな。一日中、レスリーを想って過ごしましょう...って、それじゃいつも通りか。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-09-11 22:54 | イラストの仕事 | Comments(4)

やんさんから<台灣洗脳パック>が!!!

「やんcafe」のやんさんから、先日メールが届きました。関東地方で暴れて行った台風を心配する
内容に加え、「宅急便を送りたいのですが、明日届いても大丈夫でしょうか?」と!
9月7日のエントリーで、ブログで知り合った方々からは有形・無形のいただき物がたくさんあると
いう話をかいたばかりですのに。メールには、届くのを楽しみにしていますとお返事しました。

翌日ピンポ〜ン♪の音にドアを開けてみれば....(゜ロ゜;)ひょえぇぇ!!
持ってきた宅急便のお兄さんの顔が隠れるほどの大きなつづら!!否、大きな段ボール箱!
ドキドキしながら開けてみると、ありゃりゃりゃ...

f0063645_23344929.jpg
ゾロゾロゾロゾロ...
出てくる出てくる。どうしましょ♪
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
一番奥のは暗くてわかりにくいですが
立派な岡山名産のブドウ
         「ピオーネ」!
 



その手前のビンは「マンゴー果汁」♪


すご〜い。
          
          
 
だが、しか〜し。
中に入っていた紙にこんな文字がっ。
f0063645_23522949.jpg


なんなの!?これは?

これは実は......
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-09-09 23:57 | Comments(10)

台湾取材の集大成?「ハッピーハッピー台湾」配本。

今回、こうして台湾旅行報告をエントリーできるのも、双葉社から出ている海外旅行ガイドブック「ガール
ズ・トラベラーズ・ファイル 『ハッピー』シリーズ」の取材班の一員に加えていただいたおかげです。
このシリーズ、グラビア主体のガイドブックが多い中、読むこと主体でなかなかディープな内容です。
「ガールズ」と銘打ってはいるものの、男の人が読んでも必ずおもしろいはず。
元々、香港旅行の時もガイドブックで特に好きだったのが「ハッピー香港」。イラストが多く、いつかこの
本にイラストを描けたらなぁ...と、密かに思っていました。
で....それがなぜか叶いました♪本当に幸せ者です。


f0063645_2201465.jpg
この「ハッピーハッピー台湾」、出版社の紹介文から引用してみます。

※女の子による女の子のための、読む海外旅行ガイド本「ハッピー」シリーズ。
2000年の立ち上げから5年たった2005年夏より、続編の「ハッピーハッピー」
シリーズがスタートしました。「ハッピー」シリーズで特に人気があった都市を
順番にとりあげ、再取材をかけ、すべて新ネタとして執筆&編集しています。
新シリーズ「ハッピーハッピー」第5弾は「台湾」。グルメ、夜市、お茶、
買い物、美容、ホテル情報、台北郊外のショートトリップ、さらに今が旬!の
台湾鉄道旅&主要路線別ガイドも掲載。カバー裏には中山北路の写真館の
完全攻略マップも付いています。※


f0063645_221298.jpg
..というわけで、私は全体のイラストや
カバー裏のイラストマップを担当させて
いただきました。見開きのイラストペー
ジや、文を担当したページもあります。
←こんなふう。

(なお,表紙はシリーズ通して小渕暁子さん。
また、台湾でも活躍するイラストレーター
おおのきよみさんのイラストルポもあります。)

f0063645_2211862.jpg
取材班の他のスタッフは、強者揃い。
ここでリンクさせていただいている香港
在住の食のスペシャリスト、 Luscious
Delicious
のガーベラさんも、記事を書い
ていらっしゃいます。

どうぞよろしく!
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-20 22:16 | イラストの仕事 | Comments(22)

台湾<九份から帰るバスで....またやっちゃった!!>

この日、本当ならば九份でゆっくりしたかったのですが、取材班は台北の某ホテルロビーに
20:00集合ということになっていたので、すぐさま帰途につきました。
それに、台風の影響でそれはすごい風が吹き荒れていたのです。帰りは九份のバス停から、
最寄り駅の「瑞芳」へ向かうことにして、バス停に立っていましたが...時折、ドバーーッと吹き付
ける風にあおられて、飛ばされそう!!(私が風を受ける面積が大きいとか、そういうことは考え
ないように...!!)   こんなふう!↓↓↓  早くバスは来ないかなぁ。。。


f0063645_1262776.jpg
雨風がどんどんひどく
なるので、もう頭の中
は、早くバスに拾って
もらうことだけ。
わ〜ん、早く来てくれぃ!


やっと来たバスにヤレヤレと
乗り込みました。
が!
し、しまった〜〜。
またやっちゃいました。。
お金が、ない!
いえ、正しくは
「細かいお金がない!」


バスはもう走り出して
いるし、運転手さんも
「え!?ないの??」と
ただ困った表情...。
(小銭も持たずにいて
いうのもなんですが、
台湾では、こんな時に
イライラ人を軽蔑した
ような顔をする人を
見かけなかった...)


f0063645_1204627.jpg
「いくらなら持ってる?」
と運転手さんに聞かれて
50元玉を見せると
ああ...と首を横に振って
私を見ます。料金は20元!
(私が悪いんですけど、
お願いだから前見て運転
してくださいよぅ...、
カーブの多い坂道につき。)

「小姐!」と後ろから声が
するので振り返ると....
なんと!


バスの中の皆が、それぞれにお財布開いて、両替えしてくれようとしてました....!!

ひぇ〜〜〜お〜あ〜り〜が〜と〜う〜ご〜ざ〜い〜ま〜す〜〜
優しい皆さんになんと言ってお礼を申し上げたらよいのか...。本当に嬉しかったです。

で、どうしたかというと...
運転中の運転手さんが,自分の小銭入れをポケットから出して、「いいよいいよ、ボクがくずし
てあげるから」と両替えしてくれました。片手の指の先だけでハンドル動かしながら...。

あの時の皆さん、謝謝!心から。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-19 02:04 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)

台湾<九份/天空之城>


f0063645_20395796.jpg
豎崎路の階段から、ちょっと脇道に入って
みました。
そこで、何の建物だろうと目を引いたのが
この建物。九份のことをあまり調べないで
来てしまったので、そこが人気のカフェ&レ
ストランとは知りませんでした。
「天空之城」。
斜面に建っているので、入り口のある階と、
その上下にワンフロアーずつ、三階分ある
洋館です。お店の方に伺うと、まだ出来て
10年くらいの新しい建物だとか。わざと古
めかしくしているわけでもないのに、周囲に
よく馴染んでいます。

f0063645_20402575.jpgf0063645_20404278.jpg中は、趣味の良い書斎やリヴィングルームに
招かれたような、くつろげる雰囲気。
今は無くなった、白金台の「サントル・フ
ランセ・デ・ザール
」をふと思い出しまし
た。お金をかけただけではできない、オーナ
ーの確かな目や、この空間への愛情を感じ
るからかなぁ。
....と思ったら、前にエントリーした「九份
茶坊」と同じ画家がオーナーでした。


f0063645_20425129.jpgf0063645_20411987.jpg













窓の向うは、ほら!
こんなパノラマが広がっています!ほんとはもっと
息を呑むような迫力のある風景だったのですが
こぢんまりしちゃいましたね。。。

f0063645_20442634.jpgf0063645_20454785.jpgf0063645_20465275.jpgf0063645_20471249.jpg

f0063645_2048495.jpgf0063645_20492521.jpg









私はこの席で、お茶と手作りお菓子のセットを
いただきました。サツマイモでできた....
お芋の餡の焼きまんじゅうとスイートポテトを
合わせたようなお菓子。焼きたてでおいしい!

f0063645_20495817.jpgf0063645_20494292.jpg












照明一つとっても、それぞれのコーナーに、
しっくり合っていて和めます。
例えシンプルなモノトーンのようなインテリア
だったとしても、色を使える人がしつらえた
場所というのは豊かなものを感じるし、こなれ
ていていいなぁ.....!


<ところで、店内はいいけど、外はもう雨まじりの突風が吹き荒れてまぁす!>
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-15 22:36 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)

台湾<九份/豎崎路>

小吃のお店やおみやげ物やさんが建ち並び、細くくねる基山路から、さらに細くて急な階段の
坂道を降りると....そこは侯孝賢の映画「非情城市」のロケで一躍有名になった豎崎路です。


f0063645_21183271.jpgここから、海が見えます。
この階段には誰もが郷愁と
哀愁を感じるのでした。
階段の両側には、昔の面影を残す
茶藝館が並びます。
お茶請けも素朴で上品なものが
多いので、是非休憩を。

f0063645_21314841.jpg←非情城市、の漢字の横には
ひらがなで「ひじょうじょうし」と。
f0063645_2140783.jpg

f0063645_2141765.jpgf0063645_21453649.jpg

f0063645_21455614.jpg
奥にあるのは、随分前に廃墟となった映画館。
看板は侯孝賢の「戀戀風塵」。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-13 21:50 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)

台湾<九份/九份茶坊>

10月5日のエントリーで、一つだけ画像を載せた「九份茶坊」。

金鉱の街として栄えた九份に100年くらい前に建てられた邸宅。廃鉱後に一時廃れたこの街
でしたが、侯孝賢の映画「非情城市」の舞台として再び脚光を浴び、人気の観光地になりまし
た。この建物も、画家がオーナーとなり、調和のとれた心地よい空間となって復活したそうで
す。
急勾配の土地に建てられていて、窓の向うに突然海と山が広がっています。絶景!
建物は、階段状に三層くらいになっていたのだったか?ちょっと複雑で、図が描きにくいです。
はげかかったペンキの色がなんともノスタルジックなのですが、昔のままを活かしているそう
です。茶館らしい落ち着きだけでなく、空間全体が甘く懐かしいような色で、一つの絵の中の
ような統一感があり心地いいんです。
小さい頃、母の本棚で「みずゑ」のマティスやピカソ、猪熊弦一郎の部屋を、いいなぁと思って
飽かずながめていましたが、それは有名無名を問わず、どこか絵を描く人に共通する空気の
ように思いました。茶目っ気があるところも。

残念ながら、エントランスの部分しか撮影が許されていません。ほんの少しでも奥のほうにカ
メラを向けると、店員さんが「あ、そっちはだめなんです、ココマデネ」と小マメにチェックが
入る...!(理由はよくわからないけど『商売上手』という言葉も頭にチラつく...けど、嫌な感じ
はしない....心地よく過ごしてもらおうという心遣いのほうが、もっと感じられるから。)

f0063645_23295429.jpgf0063645_23301943.jpgf0063645_23303467.jpg

下のほうの階に、オーナーやその仲間の油絵ほかの作品を展示したギャラリーもあります。


「九份茶坊」のHPの他に、いい画像はないかなぁと、検索したのですがコチラや→<
→いつも読ませていただいているともたびさんのブログTomotubby’s Travel Blog、いかがでしょう。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-08 00:48 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

台湾<九份へ>バスの中でお世話になる。その2


f0063645_14534241.jpg
九份に行く基隆客運バス(終点:金瓜石....確か...)に
乗り込んで、揺られること30分。
そろそろ、「いつ降りるんだろう?」ということで頭の
中が不安でいっぱいになってきました。その日九份に
宿を取っているというなら、間違って終点まで行っても
いいのですけど、夜7:00には台北で取材班の他の
面々と落ち合う予定。シンデレラに間違う時間はない
んですよぅ。

で、ここは人に聞いたほうがいいと後ろを振り返ったら
座っていたのは顔色の悪い無表情且つ特殊アイメイク
気味の女性でした。一瞬この人に聞いていいのかどうか
迷いましたが、目を盗み見たら善良そうな暖かいものを
感じたので、ガイドブックの目的地の文字を指差し、ま
だ先かどうか質問。(身振り手振り語にて。)


「まだまだ。自分が降りる時に教えてあげる」。安心するようにと、私の肩をポンポンと叩いて
くれました。ほぅら、いい人だった。乗ってから45分くらいしたとき、「自分も降りるから、いっしょ
に降りよう」と私を促して下車。ちゃんと目的の道のほうにいくかどうか見守ってくれていまし
た。本当にありがとう〜。

で、基山路。うへぇ、こ、ここは....。賈さんったら、オーバーだわ昔の面影がないなんて、多少
観光地化されてるだけでしょ...なんて思ってた私が、間違っておりました。
小さな坂道と階段の街の真ん中を通る基山路。えーーと。ここは江ノ島?鎌倉の小町通り?
いややはり真夏の軽井沢、清里..えーと...。

こんな物を見に、台風迫る中ここまで来たんじゃないよぅぅぅぅぅ!

時折激しく降る雨の中、ヨレヨレになったガイドブックを見たら、もうすぐ「九份茶坊」という趣き
のある店が近いことを確認。きっと、こういう観光地は、古い店の中に入ったほうがいいのでは
ないかと。で、飛びこんでみたら、こんなふう!

f0063645_15473491.jpg

よーーし。これですこれ!(つづく)
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-06 15:51 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

台湾<基隆から九份へ>バスの中でお世話になる。その1


f0063645_2359352.jpg
「老鶏蘢懐舊館」の賈裕祖さんに、「これから急いで九份に行かなくては」
と言うと「九份ねぇ...」と、困ったような顔。
「10年くらい前は、本当に趣きがあってよかったんですよ。でも今は
ねぇ..」首を横に振る賈さん。私が、「侯孝賢の映画『非情城市』が大好き
なので是非一度行ってみたいんです。観光地化されて混んでるんでしょ?」
「ああ、そのうえ、街並はもう古いものじゃない。昔は本当によかったの
に。その頃見てもらえればよかったんだけどな....!!」と実にくやしそう。
「では、バス停がすぐ裏だから送りましょう。それで基隆駅まで戻ってバス
を乗り換えればいいから。バスは終点まで乗らないでここで降りてね。
そのほうが乗り換えやすいから」と、地図を書いてくれました。
(←賈裕祖さんが書いてくれた、基隆駅周辺のバス乗り換え地図♪)

旅するたびに、何かしら失敗しては現地のかたにお世話になってしまうバス。バスに乗る直前
に、ピッタリの小銭を持っていないことがわかり、賈さんが大慌てでバス停前の作業場?にいた
知り合いに「くずしてくれよ!」と頼んでくれてホッ。コチラのバスは、おつりが自動的に出た
りはしないので、乗る時は細か〜いお金をちゃんと準備しとかないと!...世話の焼ける訪問者
でごめんなさい。

f0063645_23595766.jpg
乗ったはいいけど、車内の
放送を聞き取る自信ゼロ。
オロオロしながら、そばに
いた中学生らしき一団に、
すがりつきました。
先程もらった地図のメモを
見せて英語で「このバス停
はまだ?あといくつのバス停
でしょう?」と聞くと、女の
子たちは普通話(標準中国
語)で「キャー!イヤッ
ダー!ねぇ、今の英語だよ、
エイゴ。どーする〜??
答えられないじゃん!

だれが説明するのよー!」と大騒ぎ。......なんつー素朴な反応.......。それにしても中学生っ   
て、ピーピーキャーキャーどこに行っても同じような感じなんですね。

だいぶ駅に近づいてきたら、中学生たちがそわそわ。私と外の風景を見比べてドキドキしてい
る模様。車内で案内が流れはじめた途端、座っていた子たちまでガバッと立ち上がるので、「こ
こで下りるの?」と聞くと、また「キャー!!違ーう!駄目降りちゃー。私たちが降ろしてあげる。」
目的のバス停が近づくと、「次降ります」のボタンは押してくれるは、ドアが開いたら肩を抱え
て押し出してくれるは....。
小さな子どもになったような気分でした。私っていつもこうだな。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-10-06 00:00 | イラスト付き | Comments(6)

台湾<新純香/秀珍菇酥餅>

基隆の次、早く「九份」の報告を書きたいと思うのですが、忙しくてちょっとまとめられないの
で違う報告を。
台北に「新純香」というお茶のお店があります。親切で、日本語ペラペラの洪さんに、丁寧に
お茶をいれていただき飲み比べて買うことができるので、満足のいくお茶が買えること請け合
い.....。私は「東方美人茶」の中でも、とくにハチミツのようなコクのある香りの強い質の良い
ものを買って帰りました。ハチミツのような、といっても香料ではありません。

・東方美人茶=発酵度70%(青茶)茶葉の害虫ウンカをつけて赤茶色になった茶葉を製茶した
もの。良質な物は、水蜜桃やハチミツのように甘く、豊かな香りがします。

で、そのお茶が気に入ったのはもちろんですが、お茶請けに買ったものがすごくよかった!「秀
珍菇酥餅」。エリンギのスナック菓子といいましょうか。キノコをフリーズドライにして軽く揚
げたようなかんじ。他にしいたけチップもあります。うすい塩味とかすかな甘みがついていて、
軽い食感。日本でも通販で買えるところを一つ見つけましたが....→ココ。いーーーっぱい欲しいよう。
これ、癖になりますよ!

※...などと書いているのは、夜中に仕事しながら一人で台湾から買って帰ったエリンギチップ
を空にしてしまったからです。エリンギチップに油をつかっていないというなら最高なんだけど。
おしゃれの季節だわとか言いながら、冬に備えて肥えてどうする!!
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-09-30 00:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)