タグ:個展 ( 92 ) タグの人気記事

展示会のお知らせ「上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界」

来たる10月2日(金)〜9日(金)に、吉祥寺のエスカリエ・セーにてアンティークの旗袍とイラストの展覧会を致します!
「THE GOOD OLD DAYS & GREAT SHANGHAI STYLE 
           上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界− 」

※詳細や変更点などは随時こちらに書き足してまいります!
※10月4日(日)のトークイベントは既に満席となっております。なお、大変恐縮なのですが、会場にゆとりがないため、トークイベント中参加者の方以外はご入場いただけません。
(14:00開始/15:30頃終了予定)


 ●広岡今日子のサイト:「大上海糖果號」
  広岡今日子の著書など:amazon.co.jp
 ●小野寺光子のイラストサイト:「MITSUKO ONODERA」  
 小野寺光子の著書、イラストを描いた本など:amazon.co.jp

また、Facebookのイベントページも作成いたしました。アカウントをお持ちの方はぜひご覧ください。
  →→ https://www.facebook.com/events/1695846963977320/
-----------------------------------------------------------------------------------

1920-30年代は、旗袍(チャイナドレス)の全盛期。年ごとに流行はめまぐるしく変化し、より美しく旗袍を着こなそうと、女性たちがデザインの工夫に妍を競った時期です。

その流行の最先端が、外国人居留区「租界」をもつ上海でした。そこに暮らす女性たちは、本来の美意識に加え、欧州の最先端モードをいち早くキャッチし、旗袍のデザインに取り入れましたが、同時期に世界的流行を見せたアール・デコの影響を色濃く受けた旗袍も少なくなく、そこにはいま見られる「チャイナドレス」の想像をはるかに超えた美が宿っています。

今回は、広岡今日子のアンティーク旗袍コレクションから選りすぐりをご紹介。さらにその旗袍をまとった女性がいる風景を、イラストレーター・小野寺光子がえがきます。
旗袍の本当の美と、「魔都」と呼ばれ、最も輝いていた頃の上海を感じてください。

● 展示内容
1 上海メイドのアンティーク旗袍と、それを着用した女性を描いたイラストレーションの展示
2 当時のアクセサリー、小物類の展示
3 40年代の旗袍を再現した、香雲紗旗袍販売(大変希少価値のある生地で仕立てられています!)
4 小野寺光子オリジナル小物販売
6 広岡今日子と小野寺光子によるトークイベント  イラストと旗袍でみる上海
・ 10月4日(日)14時〜
・ 先着10名 お茶と小さなお菓子付き 
 (量は大変ささやかですが、今回の展示内容と関わりのあるものを、パティシエでもあった広岡今日子と、香港好きの小野寺が作ってお出しします。)

-----------------------------------------------------------------------------------

f0063645_159653.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-23 02:16 | Comments(3)

「香港トラムに乗ってぶらり旅 写真展」本日終了!

5月1日から始まった「香港トラムに乗ってぶらり旅 写真展&香港茶話會」。一ヶ月経つのは早いも
のですねえ、31日、最終日を迎えました。
↓これは展示の撤去作業中のようす。こうして、永田幸子さんの写真の周りで賑やかにはしゃいでいた
イラストたちも、壁からはずされて一休み中。一抹のさみしさが。

f0063645_1341652.jpg

こんなイラストが、写真の上や横で踊っていたのです。

f0063645_138385.jpg

期間中、ご来場くださった方々、茶話会に参加してくださった皆様、本当にありがとうごさいました!
展示を外し終えたら、香港トラム沿線の喧噪はどこへやら、以前の通りの静かなカフェに戻りました。

f0063645_1385331.jpg 

 
[PR]
by kadoorie-ave | 2012-05-31 19:35 | Comments(8)

本日「“裏グルメ”&聘珍樓グリーティングカード 原画展」最終日!

※1月から延長となっておりました聘珍樓横濱本店での原画展。本日2月29日(水)で終了となりま
す。
お食事の際の合言葉によるミニデザートサービスも本日いっぱい実施中です。
あいにくのお天気ではありますが、たまたま近くまでいらっしゃった方、忘れていたわい!というか
た、雪なんてなんとも思わない!というかた...。是非是非足をお運びくださいませー。

詳細はこちらをご覧ください。

f0063645_12505162.jpg
閉店後にみんなで撤収作業!

着くまでにすってんころりん!なんてこ
とがないように、気をつけなくっちゃ!

皆さまも充分お気を付け下さい。
(尾てい骨 骨折経験者@2回気絶の者よ
り。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2012-02-29 12:34 | イラストの仕事 | Comments(1)

速報その2。聘珍樓/原画展+合い言葉でミニデザート♪

※聘珍樓 横濱本店のイベントについてはこちらをご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日から、聘珍樓横濱中華街本店にて「“裏グルメ”&聘珍樓グリーティングカード原画展」が無事
に(?)スタートいたしました。
前夜の22時から、日付を越えて私たち三人のほかに、Tさん、Wさんが助っ人に来てくださってテキ
パキと展示準備をしてくださいました(お二人とも、ご自分の仕事で日本のみならずアジア他飛び
回っているかたたちだというのに...ありがたや〜真係唔該晒!)。
そしてなにより、聘珍樓のF副支配人・設備管理部の方々ほか、何人ものスタッフがずっと一緒に
残って作業を助けてくださいました。なんといってもプロ中のプロ、さすがだなぁと感心してばかり
でした。

ここで、原画展の期間中、絵を見るだけではなく、お食事や飲茶もして帰ろうかな〜というかたに大
切なお知らせ
です


お食事の際、テーブルスタッフに「裏グルメ@聘珍樓」という合い言葉を告げると、
食後にプチデザートがサービスされます!

読み方は「うらぐるめ あっと へいちんろう」です。お忘れなきよう。池上千恵(こもも)さんのブ
ログ「お江戸から芝麻緑」と、ここ「ONE DAY」、またはFacebook「香港路地的裏グルメ 」フ
ァンページ
や池上千恵、小野寺光子のFacebookページをご覧になったかただけの特典です〜♪

なお、「私は一人で聘珍樓に絵を見に行くから、飲茶をしたくても何種類もの点心はムリだわ〜」と
いうあなた!聘珍樓では、そんなかたのために、ちいさなセイロに一つだけの点心というメニューも
ございます。ゆったりした気分で、一人飲茶+プチデザート、いかがでしょう♪(自主的にオススメ
しているだけで、決して回し者というわけではありません、ホントヨ。)

画像は、原画展前日(深夜)の展示準備中の聘珍樓ロビーです。

f0063645_936016.jpg

f0063645_9362818.jpg

↑聘珍樓に入ってすぐ、ソファーのあるコーナーと、↓奥の方にある喫煙コーナーの壁に展示がありま
す。

f0063645_9373344.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2012-01-18 09:43 | イラストの仕事 | Comments(0)

速報。聘珍樓/飲茶トークイベントの特別メニューを発表します♪

※聘珍樓 横濱本店のイベントについてはこちらをご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャジャーン!!
いよいよ明日から、「“裏グルメ”&聘珍樓グリーティングカード 原画展」が始まります。今晩は
作品の飾り付けに行って参ります!

会期中の1月21日(土)に行われます「飲茶と裏グルメ トークイベント」。聘珍樓の点心長考案の、
今回だけのオリジナルメニューだということは、前にも書きましたが...。

今日。その内容が発表になりました。キャッホーイ♪

こちらからのリクエストは、思い切り「香港らしいもの」「旧正月、新春の定番」中心で、というこ
とでした。もしかしたら不慣れな素材があると思われるかたもいらっしゃるかもしれません。案外ク
セもなく、おいしくてお肌にもよい素材が多いんです。この機会に是非チャレンジしてみてくださ
い。新春の定番も、聘珍樓にかかるとどんな感じかな〜♪楽しみです。

f0063645_14431772.jpg


はっ!!哀しいお知らせがあったのでした。池上千恵さんと私は、トークをしているので、ご出席の
皆さまと一緒に食べられない
のです。スライドショーと司会進行をしてくださる写真家の永田幸
子さんも
。間違って、近くのかたのお皿からつまんでしまったらどうしよう、私。


[PR]
by kadoorie-ave | 2012-01-16 14:46 | おいしいもの | Comments(2)

もうすぐです...「香港女子的&路地的裏グルメ 原画展、飲茶トークイベント」

※聘珍樓 横濱本店のイベントについてはこちらをご覧ください。
(※残席は若干名分となりました。参加ご希望のかたはお早めに聘珍樓本店045-681-3001に御
電話下さいませ。満員で締め切り後でもキャンセルが出る場合もあります。お問い合わせ下さい。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いよいよ、16日の夜、聘珍樓横濱本店の閉店後、作品の設営(展示準備)に参ります。作品そのもの
はもとからあるとはいえ、会場に合わせて額を変え、マット加工をし直し...なんだかんだと、準備は
必要。すっかり展示し終えるまで落ち着かない日々です。
ドッキドキするなぁ....
なんといっても、聘珍樓本店ロビーですし。中華街全体が盛り上がる旧暦の新年「春節」ですし。

代官山の原画展に展示した作品のほか、聘珍樓のクリスマス&NEW YEARカードの原画も展示されま
す。デジタルで処理して仕上げるタイプのイラストではなく、透明水彩絵具と鉛筆で仕上げた超アナ
ログ原画ですので、是非、もとの絵をご覧頂けたら、と思います。
(カードの大きさと較べて、案外大きな絵もあるんですよ。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2012-01-14 13:23 | イラストの仕事 | Comments(0)

横浜中華街 春節情報

※聘珍樓 横濱本店のイベントについてはこちらをご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
聘珍樓横濱本店での原画展は、1月17日(火)〜31日(火)。横浜中華街が一年でも最も華やぐ春節
の時期と重なっています。
聘珍樓ロビーでの展示をご覧になったあと(または21日のトークショーに参加なさったあと)は、中
華街を散歩して、大いに旧正月を満喫してお帰り下さい。

横濱中華街の公式サイト内、春節情報はこちらです。
  :2012 春節(旧暦元旦)


[PR]
by kadoorie-ave | 2012-01-12 13:06 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(2)

突然ですが..<『香港路地的裏グルメ』原画展&トークイベント第二弾!のご案内>

『香港路地的裏グルメ』出版記念企画
小野寺光子 水彩イラストで旅する香港
“裏グルメ”&聘珍樓グリーティングカード 原画展&トークイベント



9月に代官山「Space K」で行った原画展に引き続き、第二弾の企画!
1884年創業、日本に現存する最古の中国料理店であり、日本から上陸し香港に定着した唯一の中国
料理店でもある聘珍樓主催による、小野寺光子原画展に加え、著者池上千恵さんとのトークイベント
も開催いたします。
(詳細はこのチラシをご覧ください。画像をクリックすると少し大きく鮮明にご覧頂けま〜す。)

f0063645_2113122.jpg

原画展

今年の旧正月(春節/農歴新年)はちょっと早めの1月23日。中華街も、一年で特に華やかな時で
す。この旧正月をはさんで約2週間、聘珍樓横濱本店(@横浜中華街)の一階エントランスにて、
「香港女子的裏グルメ」「香港路地的裏グルメ」の本の原画を展示します。
同時に、この5年間、小野寺光子が描いてきた聘珍樓のクリスマス&ニューイヤーカードの原画も展
示いたします。こちらは本邦初公開!カードの原画なので、少し密度の高いイラストです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期:2012年1月17日(火)~1月31日(火)
    月~金・日 11:00~22:00/土 11:00~23:00(無休)
場所:聘珍樓横濱本店エントランスホール ウエイティングスペース    
    営業時間中はいつでもご覧いただけます。

小野寺光子オリジナルグッズ(額入り複製原画、シノワさん人形、Tシャツなど)、
書籍『香港女子的裏グルメ』『香港路地的裏グルメ』の販売も行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f0063645_212254.jpg

飲茶と裏グルメトークイベント@聘珍樓
前回『SPACE K代官山』での“クロストーク”。池上千恵さんと私は真剣に香港での体験談や思い出話
を語っていた...はずなのですが...語り終わってみれば、なぜか“掛け合い漫才”」と呼ばれた迷走
香港トーク。今回は食についてのお話をしたいと思います。
今回は飲茶や点心について経験・知識豊富(膨大)なスペシャルゲストもお招きする予定です。


f0063645_1240028.jpg
さらに、写真家・永田幸子さんによる『香港
雀仔街
』のスライドショーも行います♪


雀仔街(バードストリート)最後の日までを追った作品の
数々を、ご本人のトークを交えてお楽しみください。


そして!今回の重要なポイントは「飲茶」ですよね!
このイベントのためだけに、旧正月のこの時期ならではの食材を用いた、特別飲茶ランチをご用意し
ています。聘珍樓のシェフたちが腕をふるうスペシャル点心コースランチです。
聘珍樓は、ずっと以前から化学調味料や添加物を使わず、繊細でごまかしのない味わいで定評があり
ます。是非この機会に(普段のメニューにはない品揃えの)飲茶をお楽しみ下さい〜♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お申し込みは、聘珍樓横濱本店045-681-3001へ「裏グルメトークイベント」と添えて
ご連絡ください。直接お電話でのみの受付となります。
日時:2012年1月21日(土) 11:30~14:00(11:00開場)
場所:聘珍樓横濱本店3階バンケットルーム
参加費:7000円
※お電話の受付は、12月8日(木)より聘珍樓営業時間内 
  月~金・日 11:00~22:00/土 11:00~23:00 となります。

主催:聘珍樓 http://www.heichin.com/
後援:世界文化社 香港政府観光局 キャセイパシフィック航空
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この時期、街並みもひときわ華やぐ横浜中華街。思い切り香港を味わって、一緒に盛り上がりませんか?

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-12-09 02:17 | イラストの仕事 | Comments(8)

「香港“女子的&路地的”裏グルメ 小野寺光子 ILLUSTRATION原画展」無事終了!

『香港路地的裏グルメ』出版記念企画
「香港“女子的&路地的”裏グルメ 小野寺光子 ILLUSTRATION原画展」へのご来場ありがとうご
ざいました。

ドキドキしていた初日と二日目のクロストーク。蒸し暑い日に満員のお客さまときて、冷房も効果な
し。みんなで滝の汗を流しながらの1時間半でした!幸い聞いてくださるかたがみんな温かく、話す
うちにどんどん新ネタ..じゃなかった、エピソードを思いだし、あれもこれもと暴走しそうになりま
した。自分では普通のことを真面目にお話ししたつもりなのですが、なぜか「かけ合い漫才」と複数
のかたに云われました...。これはトークの時間を楽しんでいただけたということに違いない...と、と
りあえず相方と喜び合いました。

池上さんも私も、普段は一人、机に向かって仕事をする日々。イラストの場合はなおさら読者のかた
の感想が返ってくることはないのですが、ギャラリーにいると、直接お顔を見てお話できるので、
とーーーっても楽しかったです。
途中香港を思わせるような台風にも見舞われましたが、それでもバラバラに壊れた傘を下げてびしょ
濡れできてくださるかたまであり、感謝に堪えませんっ。まことにありがとうございました。

それから、今回のイベント&展示には、プロデューサー役からトークショーの司会進行も全て買って
出てくださった、写真家の永田幸子さんの存在があります。
そしてもちろん世界文化社のFさんKさん、香港政府観光局、キャセイパシフィックのかたがたにも
たくさんお世話になりました。受付その他の係を快く引き受けてくださったWさん、Tさん...他にも
たくさんのかたのお陰で、こんなに楽しいイベント&原画展を開くことができました。本当にありが
とうございました。

これからも、引き続き「香港女子的&路地的裏グルメ」のイベントや原画展を催していかれたらいい
な〜なんて考えています。なにかご意見・ご要望やアイディアなどお持ちのかたは、是非お聞かせく
ださい
ねー。

f0063645_2571344.jpgさて。ここでひとつ自分
で自分にがっくり、力の抜け
たことをご報告しなければな
りません..。


先日ブログに頂いたコメントに「原画の価格を一桁間違えて買いそうになりました」とあり、翌日「そ
うね〜絵の価格ってむずかしいなぁ」なんて考えながら、念のため原画のお値段をチェックしていま
した。
ふと目を遣ると、なんとうか...ゼロの数が妙に多いものを見つけました。えっ、私の目は乱視になっ
たのか...?テントウムシがたくさん歩いているように見え、「まさかね〜」と数えてみました。イ
チ、ジュウ、ヒャク、セン、マン...エェーッ!100万円!? 」確かにこの数字を書いたときは眠く
て朦朧としてましたよ。でも...。あわてて消して、お値段を書き直しました。
そこで気を取り直して...その隣はまさか間違っていないよね、いないはず...と見ると、あれぇ?また
もやゼロがゾロゾロゾロゾロ...。「イチ、ジュウ、ヒャク、セン、マン...」あっれー、こっちも80万
円になってるー!結局間違ったお値段をつけていたのはその2点だけでしたが、真剣にこの価格でご
検討くださったかたがいらしたら、本当にごめんなさい。わ〜ん、これじゃ『ぼったくり原画展』だ
よう〜。
以後、このようなことのないよう、気をつけます〜。

頭の中には海綿しか入っていない小野寺より。

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-09-24 03:16 | イラストの仕事 | Comments(18)

香港にいると錯覚するような、台風でした。

今ぱっちり目が覚めました(午前4時)。昨日はいつ寝たのかなあ、記憶が飛んでいます。

代官山のギャラリーを早めに閉じて、みんなで「キャー怖いー、台風が香港並みー!」と飛び出すも
すでに東急東横線も止まっていて、タクシーももちろん捕まらない。唯一の手段、循環バスで渋谷に
出ました。一緒だった人たち、そしてギャラリーに来てくださっていたかたたちは大丈夫でした?
もちろんJR山手線も動かなかったので、渋谷からは銀座線で銀座→丸ノ内線を乗り継いで新宿までた
どり着きました。西武線も不通、のんびり復旧を待つことに。実は渋谷駅にいたとき頭にあったの
は、「こりゃ、お腹の空くことになりそうだな」という心配。神戸屋キッチンでサンドイッチを、自
販機で紅茶を買って、すっかり安心しました♪(鞄の中には小さなクッキーも一つ)。

そして、ここから長く待つことになりそうなので娯楽(というか時間潰し)に、新宿の地下の書店で
文庫本も二冊買い込みました。準備万端♪
新宿ぺぺの階段に座り込んで、ここ数週間得られなかった休息の時間をとることができました。その
前の夜、2時間しか寝ていなかったので、ウトウトすることもできました。お腹が一杯になって、鞄
にあったおやつまで食べて読書。
階段には、私と同じようにカフェにも入れず、かといって駅で立って何時間も待ち続ける体力もない
人がたくさん座ってました。小ぎれいな場所だってことや、待っているのがほとんど日本人というこ
とを抜かせば、東南アジアのどこかを旅しているバックパッカーみたいな気分でちょっとした旅行気
分。

家にたどりついたのは夜10時半過ぎでした。電車が動き出して、最寄り駅到着するも、疲れすぎて一
歩も足が出せない....と気づき、タクシーに乗ったのでした。世の中にタクシーってものがあってよ
かった、日本のタクシーはちと高いけど(それより、台湾や香港のタクシーはなぜあんなに安くてな
んとかなっているのか...)。運転手さんがすごくいい人で得した気分になりました。

帰宅直後からの記憶、ほとんどナーシ。心配してくださったNさんや、渋谷で別れた池上さんにメー
ルを送ろうとしていたはずなのに、携帯を握りしめたまま眠っちゃったみたいです。起きてみたら、
昨日帰ってきたときの服のまま。手のそばに落ちていた携帯にはNさんと池上さんから「無事着い
た?」と心配するメールが来ていました。きゃーごめんなさい。返信は後ほど改めていたしますね。

ギャラリーにお越しくださった皆さま、そして帰宅に時間がかかった世の中の皆さま、おつかれさま
でした。無事、家に着いたでしょうか。保育園に小さな子どもを預けている人なんて、今回も気をも
んで大変だったのだろうなぁ。私自身は気楽なもので、疲れたけれど、小さな冒険みたいでしたが。

さて、今日はイラスト原画展最終日。お客さまはどのくらいいらっしゃるだろうか。最終日につき、
展示終了は午後3時なので、お越しくださるかたは時間にお気をつけください〜〜!どうぞよろしくぅ。



[PR]
by kadoorie-ave | 2011-09-22 05:50 | 住むこと暮らすこと | Comments(14)