タグ:クラフト ( 17 ) タグの人気記事

粤東磁廠の記事

「香港右往左往」シリーズの途中ですが、香港在住の喜喜さんが、「小野寺さんもこの食器屋さんに行ってましたね」と香港の新聞記事の画像を送ってくださったのでご紹介しますね。
f0063645_12330695.jpg

九龍灣にある食器の店、粤東磁廠についての記事です。
最初、すわ結業(閉店)の話かと青ざめましたが、そうではなくてひとまずホッとしました。
問題は絵付け職人に後継者がいない、という話。何処も同じかぁ…。(後継者に困っているとなるとやっぱり香港に行くたびに行っておいた方がいいかな...??)

粤東磁廠:http://www.porcelainware.com.hk/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yuettungchinaworks

広い店内なのに、天井から床まで食器でびっしり、歩く隙間も僅か。少しでもよろけたりすると、積まれた食器たちもブルブル震える、器の魔窟状態です。そんな中からお気に入りの食器を見つけ出すのは本当に楽しくて、時間を忘れてしまいます。
そして時折ほんの少し視界が開けたと思うと、絵付けをしている職人さんの姿があるのです。記事の冒頭を読むと1928年の創業のようですから、それ以来ずっとこうして絵付けをしてきたお店なのかな。ペニンシュラホテルの食器も担当していて、そのB級品が手に入るということから、日本人が比較的訪れる店でもあります。

いらっしゃる場合、手は埃まみれになります。手荷物はコンパクトなほうがよいです。器好きのかたは時間を忘れてもいいように、ゆとりを持ってスケジュールを組んだ方がいいかもしれません。



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-04-23 09:03 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

香港のポップアップ・グリーティングカード

先日、ブログでご紹介した香港の天星小輪/ スターフェリーの立体カード。すべて紙製ですが、レトロなスターフェリーの雰囲気がとてもよく出ていて、すっかり気に入ってしまいました。
家の中は既にモノで飽和状態だと思っているので、香港グッズだからといってもうあまり増やしたくないよ…といいながらも、仕事の資料になるものと、私にとって抗えない魅力のものだけはつい買ってしまいます。できるだけ抑えてはいますが。

そんな私に、これは久しぶりに素敵な刺激。もう一度お見せします。これです。
f0063645_19205504.jpg

真上から見ると、こんな具合。↓
f0063645_19205520.jpg


他に、ミニバスも拝見しましたが、これも味わい深かった!欲しい、私のと交換しないけれど欲しい。

そう思ったら、こちらのサイトで通販しているのだと教えていただきました。
アレンシー楽天市場 手作り工房: http://item.rakuten.co.jp/aremssy-gift/c/0000000278/
コーズウェイベイにお住いの日本人の方が、一つ一つ手作りされているそうです。
少し時間がかかるそうですが、香港から届くカード。それだけでもちょっと夢があるなぁ。自分へも、香港好きの方へのプレゼントにもよさそうで。
どんな方が作っていらっしゃるのかなぁ。気になります。

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-02-29 19:04 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

<買い物記録帖>I LOVE ひょうたん!(番外/日本編)


f0063645_1172086.jpgせっかくの「I LOVE ひょうたん!」シリーズなので、ついでに
香港とも台湾とも、ぜーんぜん関係ないひょうたんをご紹介いた
しましょう。

題して「風流なわたくし」。ホーッホッホッホ。

f0063645_1363034.jpg

ジャーン!繊細な松の模様が描かれた、どことなくユーモラスな表情の小湯呑み。...でもどこがひょう
たん
なの?

それはね...このトレーが「ひょうたん」なんです。

f0063645_1334829.jpg

仕事でちょっと休憩、というとき。気分転換をしなくては、というとき。この小湯呑みでお茶をいただ
きます。トレーは桐でできております。向こうにある「盆栽」を愛でつつ、風流なわたくしはボーー
ーーッとするのでございます。

f0063645_144222.jpg
真上から見たところ。
湯呑みの底に「顔があってもいいじゃ
ないか(BY 岡本太郎)...じゃなくて、
えーと、飛んでいく二羽の鳥の姿があ
ります。

f0063645_1443928.jpg
湯呑みは脇に置いて、このように黒豆
大福なんぞを置いて悦に入るというの
も...楽しいことでございます。

このとぼけた表情の桐のトレーは、金沢にある金沢桐工芸 岩本清商店のもの。サイトのHP(表紙のと
ころ)は至極真面目で由緒正しい感じなのですが、その中の二つのブログは、飄々としていてちょっ
とリラックスモードです。
 ●ピロリ君観察日記:http://blog.kirikougei.com/
 ●できたてのしな:http://blog2.kirikougei.com/
銀座三越8F リミックススタイルを足早に通り過ぎようとしていた(なぜならtoiletに急いでいたので
す)とき、何かが私に呼びかけたような...気がしたのです。振り返ると、ひょうたんトレーや、可愛
らしい桐火鉢だの、私の好みの小さな蒔絵が施された「ちょこっとトレー」なんかが、一斉に私に話し
かけてきたような気がしました。
説明をしてくださったかたも、美大のときの仲間たちかと見間違えてしまいそうな雰囲気で、妙に親
しみを感じてしまいました。どうやら、それが、ピロリ君観察日記に「2004年春、泳げない湘南
ボーイ・ピロリ君が東京からやってきた」と書いてある、ピロリ君だったようです。

さらに、一緒に組み合わせて展示されていた九谷焼の器も、どこかとぼけたセンスで可愛らしく、ど
れもこれもぜーんぶ欲しくなってしまうほどでした。
この一連の器は中川豪さんと美穂さんのお二人による工房あめつちの器なのだそうです。
「工房あめつち」で検索すると、通販サイトも結構出てきます。器もいいし、盆栽シリーズもいい。

金沢桐工芸 岩本清商店と、工房あめつちの作品に会うために、金沢に行くっていうのもいいなぁ。
どちらも好きで好きで大好きなんですもん。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-12-05 00:16 | 住むこと暮らすこと | Comments(2)

「伏見眞樹・佐藤智洋 漆工展」@茅ヶ崎

以前「温故知新的生活」の取材でお世話になった伏見眞樹さん。(そのときの様子はこちらをご覧く
ださい。)
伏見さんの漆の器は、和洋どちらにも合い、スッキリしていて誠実な感じのする器。評判のスプー
ン・フォークも、実際に使うと、その心地よさ、使い勝手の良さにうっとりしてしまいます。
その伏見さんと、伏見さんのもとで修行を積んで独立された佐藤氏の「漆工展」。場所は茅ヶ崎(神
奈川県)。お近くのかたや漆の器がお好きなかたは是非。

f0063645_13444999.jpg
伏見眞樹・佐藤智洋漆工

クラフトショップ俊
電話/ 0467(88)2550
2010.10.23(土)〜11.7(日)
10 : 00〜19 : 00
最終日は17 : 00まで。
(休)月・火曜日
 

伏見さんについて、詳しいことは...
●handmade Japan.com 日本の手しごと→伏見眞樹さんの竹と漆
 →続・伏見眞樹の竹のスプーン&フォーク 世界中ここにしかない ベビースプーン&フォーク
●ジャパンうるしネット→主張しないという主張
●工房をウェブカメラで見ることができます。時間が合えば、作業中の伏見さんの様子を見学できる
かも。→伏見工房ウェッブカメラ
●作業の様子を動画で見たいかた→You Tube/ Baby spoon,bamboo (1) (fushimiurushikoboで検索)

[PR]
by kadoorie-ave | 2010-10-18 14:19 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

石川昌浩さんのガラスのコップ


f0063645_2393878.jpg
前回「ゴーヤーしりしりーヨーグ
ルト」を入れたガラスの器をご紹
介しますね。

岡山県・倉敷でガラス作りをして
いる石川昌浩さんというかたのコ
ップです。

石川硝子工藝舎 石川昌浩のガ
ラス器


民藝の店などでちょくちょく見かけていましたし、また昨年個展を行った「夢空間(サロン)はしま
や」の店内で使われていたコップも石川さんのものでした。いいなあとは思ってはいましたが、器コ
レクターでもないし、いつかそのうち...と、ほしいほしい帖にメモするだけにとどめていました。

ある日、私が「夢空間はしまや」に行ってみると、その石川さんがお見えでした。(おっきな人で
す!)店内で使うコップの追加を納品しにいらしたようでした。
...やっぱりいいなーと、その場の勢いで、いくつか買ってしまったというわけです。

もちろん、いいと思ってはいましたが...使ってみると、だんだん、どんどんますます
きになり、手に取るだけで小さなしあわせ♪ほんとに。
私の食器は全部ふだん使いの「日用品」ばかり。条件は「使いやすい」「洗いやすい」「できるだけ
なんでもない」「でもどこか気が合う」ものということくらいです。研ぎ澄まされた美しさは、素晴
らしいと思うけれど、私には縁がないという気がするし、器に威張られたくないような...。
このコップは、そういう、なんでもなくてきれいなコップだなあ...と、使い始めたわけです。薄すぎ
ず、厚すぎない。トロンとした吹きガラスの質感。手に馴染む大きさ・形。光が当たったときの、水
の揺らぎのようなキラキラした影。使えば使うほど、良さが伝わってくるのです。

f0063645_2395274.jpg
大きさは、蕎麦猪口と並べるとこ
のくらい。

大学時代に、仲間とお喋りしていたら、誰かが言ったのです。「ガラスのコップを思い浮かべたとき
に、それを形容するならどんな言葉?」
よくある、たわいのない性格診断みたいなやつです。それぞ
れ「冷たい」「ガチャガチャした」「壊れやすい」だなんて答えたのですが、ある友人だけが「あた
たかい
」と言いました。思わずみんな「えー!あたたかい!?」と聞き返しました。
その人は「うん、だって家の中でみんなが使って、洗って置いてあるようなあの感じね」と答える。
「それってさ、吹きガラスみたいなコップ?」「うん、そうそう。」
...そうしたら、最初に質問した友人曰く「今みんなが答えたのがね『あなたの家庭』のイメージなん
だってさ」と。

石川さんのコップを使っていたら、ふとあの時の会話を思い出しました。

[PR]
by kadoorie-ave | 2010-10-16 00:48 | 住むこと暮らすこと | Comments(4)

ベランダのゴーヤと室内

もう、朝晩は冷えてカーディガンが手放せません。10月なのですから、当たり前と言えば当たり前で
すが、あまりにも夏がガガーンと居座っていたので、なんだかきょとんとしてしまいます。日が随分
と短くなりました。
こういう寂しいかんじ、好きです。

f0063645_13453560.jpgこれは、玄関をあけたとき、廊下
の向こうに見える室内の風景。


窓の向こうの明るい緑。夏の日差
し除けに茂らせた朝顔とゴーヤの
ツルの名残です。

名残と言っても、夏の植物である
彼らにすら、厳しすぎる暑さだっ
たようです。花が勢いよく咲き出
したのは、なんと9月に入ってか
らでした。

おかげで9月下旬からゴーヤが次
々と実をつけました!
...が、ここのところ急に涼しさを
増したせいか、ゴーヤの実がなか
なか大きくなりません〜。
大きく育て、ちびゴーヤ!(はや
く食べたい。)


それにしても、うす暗い室内から眺める、外の緑の鮮やかさには、いつだって小さく感動させられま
す。たとえこんなショボショボした緑でも。ああ、幸せだなあ...。
来年の夏も、きっと植えます。ほんとうに日をさえぎって涼しいし、風を良く通すので。


f0063645_13455476.jpg画像の大きなゴーヤは市販のもの。ベランダ
でなるのは下のちっこいやつです。それでも
うれしい。
それにしても。この夏は虫が少なかったです
ね!ゴーヤは雄花と雌花に分かれて咲くので
虫が来てくれないと受粉できません。例年な
ら、花が咲くとうるさいくらい小さな虫がや
ってくるのに、今年は皆無!
雌花が開くのを毎日見守り、すかさずニンゲ
ンの私が手入れしたのでした。
蚊も少なかった。あまりの少なさに、びっく
り。



f0063645_1346977.jpgちょうど、壁にこの焼き物の白
い飾りが写っているので、こち
らもご紹介。

これはatelier de la paix/鹿児
島 睦(かごしま まこと)
さんと
いうかたの作品。

はじめて鹿児島さんの作品を見
たのは、私が昨年、倉敷で個展
をしていたときでした。
通りかかったギャラリーのショ
ーウィンドーに並ぶ器に惹かれ
展示を拝見しました。

マットな仕上がりで、ひっかいたような味のある線の絵が施されていました。可愛らしいけれど甘す
ぎず、いい具合に生活感があったので「ほしいなぁ、ひとつでもあったら生活が楽しくなるなぁ」と
思いました。でも倉敷で買って、東京に戻る交通費がなくなったら困ります。それであきらめたので
した。

そうしたら、今年の6月、松屋銀座を歩いていたら懐かしいあの質感、絵の陶器に再会したのです。
今回も欲しいお皿がありましたけど、一枚ではなく数枚はほしかった。それで、あきらめました(予
算的に、何枚もはちと無理で...)。
そして、私の部屋の壁に似合うと思い、こちらを連れ帰りました。この形、質感、私らしいと思う。

(さらに、オマケでご紹介しますと、左に見えているのは其の昔、南仏の工芸芸術とスミレの村
トゥーレット・シュール・ルーで買った十字架です。素朴でシンプル。気に入っています。買うとき
に、お店のおばさんから「あなたはキリスト教?十字架の意味はわかるの?大切にする?逆さにしな
いで持ち帰ってくれるか...?」と心配されました。だいじょうぶ、一応これでもカトリックで、洗礼
名はTherese(小さき花の聖テレジア=テレーズ)っていうんだと説明しましたっけ。フランス語、
できないのに。。。)
[PR]
by kadoorie-ave | 2010-10-09 13:47 | 住むこと暮らすこと | Comments(4)

講談社 「温故知新的生活 Vol.8」伏見眞樹さんの漆の器イラスト

f0063645_23203090.jpg
PEARL BOOK 温故知新的生活 Vol. 8が出ています。

今回の内容は『器は料理の着物だから。 料理とうつわの・
いい関係』です。

このムックの好きなところは、本当に一冊丸ごとその特集内
容だということです。そして、「温故知新」と銘打っている
とおり、「ふるきをたずね」るのだけれども、そこからちゃ
〜んと、今の暮らしにふさわしい「新しきを知る」になって
いるところもいい。
もちろん、しっかりおいしい確かなレシピは、今回もたくさ
ん載っていました。

この号にも、イラストを描いています。
「髙森寛子 漆の器を日常使いに」というページです。(p73~86)
髙森さんは、もと婦人雑誌の編集をなさっていたかたで、エッセイスト。そして、「スペースたかも
り」では、漆の食器を主体に展示会を主宰していらっしゃる。特別な時のもの、扱いが面倒なものだ
と思われがちな漆器を、是非ふだん使いに...というページです。
なんと、髙森さんが日頃から進行のある塗師、伏見眞樹さんを訪ね、工房見学から、器で食事をいた
だき、洗うところまでレクチャーしていただこうという贅沢な企画でした。

f0063645_021279.jpg
f0063645_0212289.jpg

伏見眞樹さんの作る漆の器は形も技法も伝統的なものですが、どこかスッキリとモダンで、見るから
に使いやすそう。伏見さんがお好きなスパゲッティやカレーがよく合うのです。
とくに、スプーン、フォークなどカトラリー類は、ご自身で裏山から竹を伐り出し生地作りまでなさ
る。大変人気で手に入りにくいというのもよくわかります。
伏見眞樹さんの漆器については、こちらのサイトをご覧ください。
               →日本の手しごと『伏見眞樹さんの竹と漆』

f0063645_0214413.jpg
f0063645_022238.jpg

竹や木を使ったフォーク・スプーンは巷にいくらでもありますが、手にしっくり馴じむ柄、さわり心
地もすべすべと気持ちよく、何より口に入れたときウットリするほど滑らかです。唇のどこにも当た
りません。食べ物もしっかりすくうことができます。ここまでのものは、はじめて!

f0063645_0222020.jpg
取材風景。
丁寧に説明してくださる伏見さん。穏や
かで、いかにも誠実なお人柄が、作る物
に反映されている。


f0063645_0223277.jpg
(左)(中)手前は撮影中のカメ
ラマンのかた。
(右)テーブルの上に、シンプル
で美しい器がたくさん並ぶ。
料理を盛って、撮影。そして私た
ちも実際に食事してみました。



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-10-02 23:54 | イラストの仕事 | Comments(0)

沖縄 行きたかったところ「玩具Road Works」(その3)


f0063645_1154248.jpg「玩具 Road Works」の店内は、私には
ワクワクするワンダーランドでした。

そしてさらに、豊永さんのご厚意でアトリ
エ(作業場?工房?...なんといえば?)ま
で見せていただけることになりました!

わ〜い。

入り口付近から見た、全体の様子です。
何人かのお仲間がいくつかの工程に分かれ
て作業をしていました。


ここにいると、美大時代のアトリエの空気
を思い出してしまいます。特有のあの雰囲
気は、私の母が美大生だった頃も、私の頃
も、そして今も、どこに行っても、共通し
ているものがあると思う。

続きは下の「More...」をクリック♪

More...アトリエの様子・続きはこちらから。
[PR]
by kadoorie-ave | 2010-09-08 14:35 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

沖縄 行きたかったところ「玩具Road Works」(その2)

では今日は「玩具Road Works」から連れ帰ったもの(簡単にいうと『買った』んですけど)をご紹介。

f0063645_22251149.jpg

↑ちっちゃなシーサー!横向きと斜め前から見た姿です。悪霊退散!ガルルルルル...


f0063645_22283623.jpg

↑こちらはなんと、沖縄のステキなモノレール「ゆいレール」の張り子です!一人ひとりの表情がたまり
ません。「ゆいレール」の外箱は、買ったときに豊永盛人さんご自身が筆ペンでヒョロヒョロッと描
いてくれたもの♪


f0063645_2231235.jpg

これは「沖縄どうぶつサブレ」。

表のラベルも、サブレの種類も、色々あります。

箱に「土人形入り」と書いてあります。
このクッキーを買うとき、小さな棚に並んでいる何種
類もの沖縄の生き物の中から、好きなのを一つ選んで
入れることができるんです。

私が選んだの箱の中身は、こんなふう。

↓↓↓

f0063645_22354723.jpg


クッキーそのものもおいしそうでしょ
〜?








箱の底には、沖縄どうぶつの土人形、
全種類のイラストをプリントした紙が
入っています。好きなのを選んで入れ
ると、レジでその生き物の説明書きも
入れてもらえます♪

私が選んだのは琉球犬とヤドカリ。

f0063645_22434082.jpg

こちらは絵はがき。

たまりませんねえ!


早速土人形や張り子を書斎に飾ってみました。以前からあったものは、(左から)中国のクリスマスオー
ナメント(20年以上前の頂き物)、昔パリで買ったババール、奥の方にあるのはやはり昔渋谷の文化屋雑
貨店で買った中国の鉛筆削り、一番奥は中国の子どもの靴(豚の形)。

f0063645_22534454.jpg

たのしい♡

f0063645_2342092.jpgf0063645_2373148.jpg






あ、そうそう。
じつはこんなTシャツも買ったのだった。
(注:持っている手は私じゃありません。)
首の後ろ側にもブリーフの絵が...ちょっぴり恥ずかしがりな
がら着ます。

次回もまだつづきます
工房(アトリエ?作業場?)も見学させていただいたのです。

[PR]
by kadoorie-ave | 2010-09-06 22:44 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(4)

沖縄 行きたかったところ「玩具Road Works」(その1)

沖縄で、行ってみたかったところ...それは。
海もいい、市場には強烈に惹かれる、色々なところに行ってみたい....けれども、気になっていたのは
一軒のギャラリーショップ。「玩具Road Works」です。
このお店、以前「張り子」についてネットで調べていたときに、豊永盛人さんの作品や活動を知り、
さらには沖縄の首里城の近くにギャラリーショップもあることがわかったのでした。もともと、張り
子のひょうひょうとしてのびやかな表情が大好きでしたけれど、豊永さんの琉球張り子は、伝統的な
物のほかにオリジナルのとぼけたものが色々あって、ご縁があったら是非沖縄のショップに行ってみ
たいものだなーと思っていたのです。
(作品やグッズは、都内でも個展をなさることがあるので、サイトをチェックしていれば見に行くこ
とが出来ます♪沖縄はもちろん、日本中にファンがいっぱいの豊永さん。是非彼の名前で検索してみて
ください。)

ただ、今回沖縄に行くことになったのは、あくまでも「仕事」で、です。一泊だけですし、なんだか
んだ言っても、沖縄は広い。しかも取材の通りがかりの道沿いでなければ無理。
...「玩具Road Works」の住所を確認したところ....ゆいレール「首里」駅近くにあるようです。で、
取材は...おお、なんと「首里」を中心に歩き回る予定とな!ぃやっほー♪

そういうわけで、立ち寄ることができました〜。

f0063645_23343094.jpg
見えてきた、見えてきた。

ずっとホームページで眺めてた、黄色いお店。

f0063645_2336066.jpg
この看板、最高。

こんな看板が下がっていたら、誰だってお店
に吸い込まれてしまうと思う。

お店の方にお断りして、店内も撮らせていただきました。↓この画像は、クリックするとかなり拡大し
てご覧いただけます。

f0063645_23362358.jpg

f0063645_23364924.jpg
愉快でときめいてしまう店内♪

写っている帽子の人は取材のリーダー杉崎氏であ
ります。杉崎氏が気を利かせてくださったお陰で
ゆっくり店内を見ることができました。

f0063645_23371546.jpg


ああ、私もこんな屋台みたいなショーケースがほ
しい。
自分で作りたいけど、作る場所と、置くところが
ない。気兼ねなく、電ノコ振り回したり塗装した
りすることのできる場所、あったらいいなぁ。マ
ンションだと限度がある。

f0063645_23381465.jpg

屋台(?)の中には、布にペイントしたオブジェ
も、たくさん。

f0063645_2337589.jpg
ちびすけのシーサーたち。

f0063645_23373624.jpg
伝統的な張り子もあります。

うれしくて、チマチマとお買い物
をしてしまいました。何を買った
のかは、また次回に。



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-09-05 23:50 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)