タグ:イラスト ( 296 ) タグの人気記事

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2)

(↓click/放大)
f0063645_15193295.jpg

待續...


【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 17:11 | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1)

やっと、香港で失くした手帳とタクシーの運転手さんの話の広東語バージョンを仕上げました。

もちろん、私にこのような広東語の能力があるわけはなく、香港の友人Cさんが全て翻訳してくれました。ここには「C妹」として登場しています。香港在住の日本人のお友達MさんとCさんのお住まいに時折泊めていただくのですが、Cさんの日本語能力、本当にすばらしいです。日本人の間に入っておしゃべりしていても、ネイティブの日本人以外の人が混ざっているとは全く気付きません。もちろんその語学力を活かした仕事に就いていますが、時折翻訳の仕事もしているようなので、気になる方は小野寺までご連絡ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


食完醉雞鍋之後就好滿足咁返去今次住宿嘅地方。唔係酒店,而係借宿喺香港住嘅日本人朋友,M小姐嘅屋企,佢都有一齊食醉雞鍋。

M小姐(呢度叫佢做M妹)係同一個香港人C小姐(C妹)一齊住喺一間又光猛、又女仔嘅屋入面。


放低重重嘅行李鬆一鬆先。聽日開始要好好享受香港假期。好,睇吓本schedule先!同邊個有約呢?有D咩要買嘅呢?

全部都寫晒喺本schedule度啦!

Schedule…schedule,咦?

(↓click! /放大)
f0063645_02413084.jpg

岩岩先黎到香港,竟然咁快就唔見野…

不過只係本schedule姐!又無寫個人資料!

雖然會唔記得最近工作上嘅開會內容,不過同對方道個歉再問多一次應該ok()

...待續...


【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 02:30 | イラスト付き | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (その7) あれ?アレがない! その3

香港に着くなり失くしてしまった手帳の顛末。
香港右往左往 2016年2月(その2)銅鑼灣へ

香港右往左往 2016年2月(その5)あれ?アレがない! その1

(※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます)

f0063645_05181023.jpg
こうして、無事私の元に帰ってきた手帳。
私にとっては大切だけど、貴重品でもないものを、なんでわざわざ!?それだけに、嬉しくて嬉しくて。

人でごった返している広いレストランのホールを、運転手さんが迷いもせずに、私めがけてズンガズンガとやってきたのにもびっくりしたなぁ。お客の私の容貌を、なーんとなーく覚えていたのでしょうか。偉いものですなぁ!

おかげでその晩の食事は楽しいが上にも楽しく、美味しいが上にも美味しく食べられました。

偶然が重なっているのだとは思いますが、20年近く香港に通っていても、これまでに決定的に嫌な目には遭ったことがありません。それどころか、あちこちで香港の人から親切にされまくっていて、どうやって恩返ししたらいいかわかりません。
今回の運転手さんをはじめ、出会った香港の皆さんにとりあえず言っておきますが...
本当にありがとう!!

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-27 06:04 | イラスト付き | Comments(4)

香港右往左往 2016年2月 (その6) あれ?アレがない! その2

前回の続きです。

前回、Mさん、Cさんのことを「M姐」「C姐」と呼ぶことにする...と書きましたが、香港朋友によると、この場合「M妹」「C妹」と書くほうがふさわしいのだそうです。それで、今回はM妹と書きます。ちなみに「姐」は「じぇ」、「妹」は「むい」と発音します。

※画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。

f0063645_04311389.jpg
f0063645_04275523.jpg

タクシーの運転手さんのおかげで、無事手帳は私の元に戻りました。ものすごい安堵感。そして感謝の気持ち!
まさに、「お武家さま、お名前を!」状態。

でも、でもでも、あの運転手さんはどうやって私が蓮香樓で食事をしていると知ったのだろう?
そういえばC妹がタクシーの遺失物サイトに書き込んでくれたから、タクシー会社→C妹に連絡。C妹が私の予定を知っていたので、居場所を伝えてくれた...→会社からの指示で運転手さんが持ってきてくれた。
そういうことかな???

それから、混み合う広いホールの奥のほうにいた私に、迷うことなくまっすぐやってきて、手帳を渡してくれたけれど、なんでわかったの?

ああもう、謎ばかり。

気を利かせたM妹が、運転手さんを追いかけて、1階まで付いて行ったのですが...ここまで書くのに思いの外時間がかかって疲れてしまったので、続きは次回に。すみません

まだつづく



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-25 04:52 | イラスト付き | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (その5) あれ?アレがない! その1

酔っ払い鶏鍋で満ち足りた気分で今回のお宿へ。ホテルではなく、香港在住日本人のお友達、Mさんのお宅に泊めていただくことになっていて、酔っ払い鶏鍋も一緒に食べたのです。
Mさん(ここではM姐と呼んでおこう)は、香港人のCさん(C姐)とシェアして、明るくすっきりした女の子らしい部屋に住んでいるのです。

重たい荷物を下ろして、やれやれ。ほっと一息、明日からは目一杯香港を楽しもうではないか。さて、スケジュールは?誰といつ会う予定だったっかな?買い物の予定はなんだっけ?...
手帳にきっちり書いてあるもんね。
手帳...手帳、あれ??
(※画像をクリックすると拡大して表示されます)
f0063645_320271.jpg


香港に到着早々、物をなくすなんて....
でも、手帳ですしね。個人情報も書き込んでいなかったし。
この間の仕事の打ち合わせの内容がちょっとわからなくなってしまったけれど、平謝りで先方に確認すればなんとかなるか(涙)

つづく

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-15 17:10 | イラスト付き | Comments(2)

memorandom.tokyo連載「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新のお知らせ

f0063645_1922210.jpg

webマガジンmemorandom.tokyoで連載している「ジャスミンライスの炊ける匂い」が更新されました。第十回は「皮蛋(ピータン)」です。
皮蛋を使った中華粥「皮蛋痩肉粥」の作り方も、イラスト中心にご紹介しています。
できるだけ簡単に、でも本格的な味になるようにしたつもりですが、どうかな...。是非お試し下さいね。
お薦めの皮蛋のお店も紹介しています。

※もしタイ米のジャスミンライスがあるなら、日本の普通のお米に何割か混ぜると、香りよし、艶よし、トロみよしのお粥ができますよ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-09 19:25 | イラストの仕事 | Comments(0)

謹賀新年! 2016年

皆さま、明けましておめでとうございます。

2015年が秒速で過ぎていき、もう2016年。秒速といっても、よく考えたら充実していた...のかも。素敵な出会いも多かった。人に恵まれているなぁとしみじみ思った一年でした。いろんな形で恩返しできますように。

今年もやりたいことはある。ちゃんとそれを形にできるといいな。迷いながらも(ここのところ迷走しっぱなし)ジリジリっと好きな方向に歩き出せるといい。

では今年も何卒よろしくお願いいたします!

(今年もまた聘珍樓のニューイヤーカードのイラストを描きました。これまでのイラストは聘珍樓横濱本店の1階エレベーター前の壁面に飾ってありますので、横濱中華街にお越しの際は是非眺めてやってください。)
f0063645_19383727.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-01-02 19:39 | Comments(0)

展示会のお知らせ「上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界」

来たる10月2日(金)〜9日(金)に、吉祥寺のエスカリエ・セーにてアンティークの旗袍とイラストの展覧会を致します!
「THE GOOD OLD DAYS & GREAT SHANGHAI STYLE 
           上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界− 」

※詳細や変更点などは随時こちらに書き足してまいります!
※10月4日(日)のトークイベントは既に満席となっております。なお、大変恐縮なのですが、会場にゆとりがないため、トークイベント中参加者の方以外はご入場いただけません。
(14:00開始/15:30頃終了予定)


 ●広岡今日子のサイト:「大上海糖果號」
  広岡今日子の著書など:amazon.co.jp
 ●小野寺光子のイラストサイト:「MITSUKO ONODERA」  
 小野寺光子の著書、イラストを描いた本など:amazon.co.jp

また、Facebookのイベントページも作成いたしました。アカウントをお持ちの方はぜひご覧ください。
  →→ https://www.facebook.com/events/1695846963977320/
-----------------------------------------------------------------------------------

1920-30年代は、旗袍(チャイナドレス)の全盛期。年ごとに流行はめまぐるしく変化し、より美しく旗袍を着こなそうと、女性たちがデザインの工夫に妍を競った時期です。

その流行の最先端が、外国人居留区「租界」をもつ上海でした。そこに暮らす女性たちは、本来の美意識に加え、欧州の最先端モードをいち早くキャッチし、旗袍のデザインに取り入れましたが、同時期に世界的流行を見せたアール・デコの影響を色濃く受けた旗袍も少なくなく、そこにはいま見られる「チャイナドレス」の想像をはるかに超えた美が宿っています。

今回は、広岡今日子のアンティーク旗袍コレクションから選りすぐりをご紹介。さらにその旗袍をまとった女性がいる風景を、イラストレーター・小野寺光子がえがきます。
旗袍の本当の美と、「魔都」と呼ばれ、最も輝いていた頃の上海を感じてください。

● 展示内容
1 上海メイドのアンティーク旗袍と、それを着用した女性を描いたイラストレーションの展示
2 当時のアクセサリー、小物類の展示
3 40年代の旗袍を再現した、香雲紗旗袍販売(大変希少価値のある生地で仕立てられています!)
4 小野寺光子オリジナル小物販売
6 広岡今日子と小野寺光子によるトークイベント  イラストと旗袍でみる上海
・ 10月4日(日)14時〜
・ 先着10名 お茶と小さなお菓子付き 
 (量は大変ささやかですが、今回の展示内容と関わりのあるものを、パティシエでもあった広岡今日子と、香港好きの小野寺が作ってお出しします。)

-----------------------------------------------------------------------------------

f0063645_159653.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-23 02:16 | Comments(3)

香港で人に会う(その1) HKLFさん、YUICHIさん、whappinessさん

4月の頭に約一週間、香港に行ってまいりました。その前にも何回か香港には行っているので、少しずつアップしていけたらいいなぁと思っています。

今回はいつもより少し余計に『一度お会いしてみたかったかたと会う』『ゆっくり話したかった友人知人と会う』が実現できました。思えば私の香港行きの特徴を無理に挙げるとすれば、人との出会いや関わりが比較的多いということかもしれません。
そんな嬉しい出会いの中でも、今回、個人的な理由からちょっと特別だった出会いがありました。そんなわけで、他にもあった嬉しい出会いをすっ飛ばして(ごめんなさい)、気持ちの鮮度がいいうちにそのことから書きます。(長いです!
______________________________________


f0063645_1582317.jpg香港大好き!というかたなら、すでにこのブログをご存知のかたも多いのでは。
「香港ライフファイル」http://hongkonglifefile.com

香港にまつわる魅力的なブログは多々ありますが、このブログが現れた時には3センチ分くらい躍り上がったのを覚えています。最初の頃は「情報を提供する」というノリだったのだけど、文章のリズムはいいし、そういったサイトにありがちな...、んーなんていうのだろう。ヤニっぽさというか余計な魂胆がそっと付いてくるような、そんなものがなくて、スカッと清潔な印象だったのです。
回を重ねるごとに、だんだん"自分の目から見た香港""香港ってなんだろう?"という内容が増えていって、これがまたおもしろい。ライターやジャーナリストではないことはわかるのだけど、文章が上手ーい。さりげないように見えるけれど、偏ったフィルターがかかった物の見方なんてしていないし、読む人々への配慮も幅広く効いている(これでカチンとくるようだったら、自分の読解力か心の狭さのほうを疑ったほうがいいと思う)。さらにはクスッと笑わせてくれる。(人を笑わせるのって大変なことです!)内容も毎回、首をブンブン縦に振りたくなるほど共感してしまうんだな。

これは誰?どんな人が書いているんだろう?更新されるたびに気になっていました。


f0063645_1593547.jpgさらに、彼は香港について書くブロガーを集めたサイトまで作ってしまいましたよね。
「叉焼包 (Cha Siu Baau)」 http://cha-siu-baau.com

このアイディア、なんて賢いんでしょうか!? 「香港ライフファイル」と「叉焼包」。楽しみが増えました。
そしてある日たまたま「叉焼包」を開いてみたら、HKLFさんの記事が目にとまりました。
ん?『香港人にトラムでぶらり女子旅をさせてみる vol.1』ですと!?


こ、これはっ。池上千恵さんと永田幸子さん、そして私とで作ったあの「香港トラムでぶらり女子旅」のことではないの。(まだのかた、買ってね♪)
読んでみてさらに感動。だって心の中で「この本はこんな風に楽しんでいただきたいな」と考えていたことが、そのまま実行されていたんですもん。この本を手に取ってくださった理由なんてあなた、テストだったら100満点を超えて120点は差し上げたくなるくらい。うぇーん、嬉しいよう。
_____________________________________

...と、そんなことがあった後だったので、香港に行くと決まったときに、『どんな方なのだろう。できることならお会いしたいなぁ」という気持ちがムクムク。HKLFさんとも私とも面識のあるwhappinessさんにお願いして、声をかけていただきました。

*   *   *   *   *   *

場所は美孚(めいふー)のとあるレストラン。お気楽な旅行者の私と違って、皆さまお仕事帰りなのでちょっと申し訳なかったです。が...ついに、お会いすることができました!
メンバーはHKLFさん。そしてTwitterに日々、食周りのことをアップしているYUICHIさん(写真も素敵なんですよ)とwhappinessさん。そして私の4人。

私だって初対面の方には緊張して胃が痛くなったりするのですが...しかし...。HKLFさんもYUICHIさんも、へへへというような笑いを浮かべて固まっている。なにこのおとなしさ!というかHKLFさんはどちらかというと壁側に減り込んでいくような座り方、普通に見たら「ドン引き」しているように見える....
食事をしているうちに、場の空気は次第に緩んでお話もちゃんとできたので少し安堵いたしました。お会いして嬉しいのと、話の空白ができるのがこわいのとで、いつもに増してしゃべり続けてしまったのを、今も後悔しています。
それともう一つ。HKLFさんに出身地のことを伺ってしまった。どちらでしたっけ?なんて。返事を聞いて、そうだったブログにそう書いてあったじゃないかこれではまるで読んでいないみたいじゃないかなどと焦ったけれど後の祭り。ごめんなさいね、物忘れが激しいだけなんです。ほんとです。
____________________________________

嬉しい気持ちと微妙な反省の気持ちで日本に戻ってきたわけですけれど。その後こんなサプライズが。(読んでね
香港ライフファイル「Meet at 美孚」: http://hongkonglifefile.com/meet-at-美孚/

誰のことでしょう、私のことか!?????
日頃イラストを描いていても、一人部屋に引きこもって仕上げるばかりで、なかなか仕事の感想を聞かせていただく機会もありません。何かのイベントなどでお会いした方が褒めてくださったり、ブログなどで素敵な取り上げ方をしてくださったりなど、幸せなことも多々あるのですが、このかたほど微妙なニュアンスまで正確に読み取ってくださった方はなくて、大感激です。(私のこと褒めすぎではあるのですけれど。)これまたピンポイントで(この辺りは私の長所かもしれないんだけど、誰か認めてくれないかなー)なんていうツボを突かれたら、もう思い残すことなんてありません。

綱渡りのように心細い気持ちで絵を描いてきた私ですが、背筋伸ばしてシャンとする元気が出てきちゃった♪ちょくちょく読み返しては、弱気になりがちな自分を励ましています。もっといい絵を描こう。

最後になりましたが、三人の似顔絵を付けておきますね。似ているかどうかは...ご想像にお任せします。
 

f0063645_12451270.jpg

あと追伸。HKLFさん。私は「先生」なんて立派なものじゃないので、どうぞよろしく。
[PR]
by kadoorie-ave | 2015-04-21 15:03 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

キャセイパシフィック航空「オリジナルポストカード」プレゼントキャンペーン。今月末まで!

2014年10月から始まった、キャセイパシフィック航空の「オリジナルポストカード」プレゼントキャンペーン。
「香港スタイル」ツアー参加者、日本発香港行往復航空券(「エコ得」、「ビジ得」などの公示運賃)をご購入の方に、キャセイパシフィック航空オリジナルポストカード5枚組をプレゼントするというものです。ポストカードは、普通のハガキ代より一回り大きなサイズです。(Facebookなどでは以前お知らせしたましたが、この5枚組カードのイラストを私が担当いたしました。)私の周囲でも、キャセイのカウンターで手にした!というご報告がちらほら。気に入っていただけたなら、最高に幸せ。

それがついにこの3月で終了となります。
それまでにキャセイ航空をご利用になるかたは、忘れずに「香港スタイル」のサイトからご応募くださいね!
http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/tour/postcard/

※キャセイパシフィック航空のウェブサイト、旅行会社でご購入の場合は、上記サイトからお申し込みください。キャセイパシフィック航空 予約・発券センターにてお電話での購入の場合は応募は不要とのことです。
※日本~香港間往復を、キャセイパシフィック航空/香港ドラゴン航空の機材で運航している便に、CXまたはKAの便名でご予約してご利用のお客様のみ。


f0063645_2334066.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2015-03-04 02:42 | Comments(0)