タグ:イラスト ( 292 ) タグの人気記事

memorandom.tokyo「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新のお知らせ

ウェブマガジンmemorandom.tokyo「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新されています。第14回は『南北杏』。杏仁とそれを使った美容によいスイートスープの簡単レシピ、香港で売っているお店をイラストでご紹介しています。
f0063645_01364376.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2017-01-29 01:28 | イラストの仕事 | Comments(0)

本年もよろしくお願いいたします


寒中お見舞い申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い致します!
f0063645_12530032.jpg
今年も聘珍樓の年賀状イラストを担当させていただきました。
聘珍樓横濱本店の一室をモデルに描いたものです。



[PR]
by kadoorie-ave | 2017-01-07 12:57 | イラストの仕事 | Comments(0)

anan香港特集号「魅惑の香港」出ました!



8月31日に発売となったanan (No.2018)は、そう!待ちに待った香港特集号です!

f0063645_15403620.jpg

"魅惑の香港 おいしい、アガる、気分はいつも クライマックス"というタイトル。
ほぼまるごと一冊香港の大特集です。表紙には宵闇せまる蒼い香港、そしてたたずむ佐々木希さん。


たくさんの香港通、ライター、香港在住の方々からの情報をもとに、関係者の方々が一夏かけて念入
りに取材してできたのがこの号なんです。もー、たくさんの人の香港愛がギュッと詰まってる。

そして、私も香港情報やコメント、book in book(綴じ込み冊子)の表紙イラスト他、見えるところ
見えないところでちょこちょこと協力させていただきました。



いやー、幸せな仕事でした。






book in bookのイラスト、香港ファンの方には「そうそう、香港ってこういう雰囲気あるよね」と、共感していただけたら
嬉しいし、「香港?知らなーい」という方々には「なになに?なんとなく楽しそう」と少しでも興味を持ってくださるように
...と、心を込めて描きました。自分なりに、ですけれど。


f0063645_16102713.jpg ご覧になった方......いかが......でした.....?

私も発売日の午前中に書店に飛んで行っちゃいました。早く読ん
でみたかったんです。
香港大好きな「読者」としても充実の内容にニヤニヤが止まり
せん。次回、絶対ここに行こう...と付箋をつけ、Google mapの
my mapにピンを立てて準備中です。

ananのサイト、anan「THIS WEEK'S ISSUE」からは、目次
立ち読み、購入もできますよー!

週刊誌なので、気になる方はお早めにご購入を!!







※それからあのー、あんまり似ていないので堂々とは言えないの
ですが、一応ご報告を。今回もイラストの中にそーっとレスリー
・チャン(張國榮)を仕込みました。似ていないからってクレー
ムは受け付けないけど。ごめんね

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-02 16:15 | イラストの仕事 | Comments(0)

トークイベント「真夏の香港愛的夜晩」(スキップレイン主催)無事終了

7月29日(金)の夜神保町の学士会館で開かれたトークイベント(スキップレイン主催)、無事(かな?)終了いたしました。本当にありがとうございました!
私は香港時間カフェのビクターさんの子ども時代、学生時代の話がとても楽しかったです。香港人ではないし、過去にだけはどんなに頑張っても潜りこめませんものね。「豆腐花売り」や「包丁研ぎ屋」の呼び声が広東語ではなかったと聞いて「へぇぇぇ」とちょっとびっくりしました。

ご来場のみなさまには、ずいぶん昔から繰り返し香港に行っている方や、毎月のようにいらしているかた、めちゃめちゃ詳しい方など、「かわりにトークしてください」とお願いしたくなるような香港マスターがゾロゾロでしたので、「どうしましょう」と焦っていましたが、「香港が好き、香港のことを話題にするのが好き」というかたの集まりでもあるので空気は和やかで温かいものでした。
香港愛を遠慮なく語れるというのは、なかなかによいものでありました。また何か気軽で楽しい香港イベントができたらいいナァ
f0063645_20382740.jpg
f0063645_20274114.jpg
f0063645_20273586.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-08-01 20:47 | イベント | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4)

(↓click!/ 放大)
f0063645_16331907.jpg

就係咁,本schedule就重新返左黎我嘅手上。

雖然對我黎講好重要,但又唔係D咩貴重野,點解佢可以特登拎黎俾我!?淨係呢樣野我已經好開心好開心。


喺一間又大又多人既餐廳入面,司機大佬竟然可以毫不猶疑就行埋黎我果度真係嚇左我一跳呀!可能係因為客人嘅樣貌,佢都會大概有少少印象掛。佢真係好叻呀!


因為呢件事我地今晚食得比本來更開心,亦都覺得D野食比本來更好食。


雖然係有少少偶然或者撞彩,我迷上香港旅行差唔多20年,咁耐都未試過遇到D真係好大鑊嘅事。

唔只係咁,相反我仲得到好多好多親切嘅香港人嘅款待,真係唔知點樣報恩先好。

今次嘅司機大佬同埋一路以來喺香港認識嘅朋友,我要向你地講一句…

真係好多謝你地!!


【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 21:39 | イラスト付き | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3)

(↓click!/ 放大)
f0063645_15552445.jpg

因為呢位的士司機先生,我本schedule又返返黎我手上。非常之安心。同埋非常之感謝。

簡直好似「敢問大俠尊姓大名?」咁嘅狀態。


不過、不過不過,呢位司機大佬係點樣知道我喺蓮香樓食緊野呢?

唔通係因為C妹喺網上登記左的士失物,的士公司→聯絡C妹,C妹知道我今日嘅行動,就話左俾佢地知我喺邊度…→的士公司俾order司機大佬叫佢拎黎返俾我。

係唔係咁樣呢??


仲有,間餐廳咁多人我又坐到好入,司機大佬都可以完全冇猶疑咁行入黎俾返本schedule我,究竟點解呢?


呀~~好多謎團。


好識做嘅M妹追住司機大佬,跟左佢落去樓下。。。


待續...

【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 20:12 | イラスト付き | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2)

(↓click/放大)
f0063645_15193295.jpg

待續...


【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 17:11 | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1)

やっと、香港で失くした手帳とタクシーの運転手さんの話の広東語バージョンを仕上げました。

もちろん、私にこのような広東語の能力があるわけはなく、香港の友人Cさんが全て翻訳してくれました。ここには「C妹」として登場しています。香港在住の日本人のお友達MさんとCさんのお住まいに時折泊めていただくのですが、Cさんの日本語能力、本当にすばらしいです。日本人の間に入っておしゃべりしていても、ネイティブの日本人以外の人が混ざっているとは全く気付きません。もちろんその語学力を活かした仕事に就いていますが、時折翻訳の仕事もしているようなので、気になる方は小野寺までご連絡ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


食完醉雞鍋之後就好滿足咁返去今次住宿嘅地方。唔係酒店,而係借宿喺香港住嘅日本人朋友,M小姐嘅屋企,佢都有一齊食醉雞鍋。

M小姐(呢度叫佢做M妹)係同一個香港人C小姐(C妹)一齊住喺一間又光猛、又女仔嘅屋入面。


放低重重嘅行李鬆一鬆先。聽日開始要好好享受香港假期。好,睇吓本schedule先!同邊個有約呢?有D咩要買嘅呢?

全部都寫晒喺本schedule度啦!

Schedule…schedule,咦?

(↓click! /放大)
f0063645_02413084.jpg

岩岩先黎到香港,竟然咁快就唔見野…

不過只係本schedule姐!又無寫個人資料!

雖然會唔記得最近工作上嘅開會內容,不過同對方道個歉再問多一次應該ok()

...待續...


【翻訳:C妹】

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version1): http://oneday55.exblog.jp/25208311/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version2): http://oneday55.exblog.jp/25209432/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version3): http://oneday55.exblog.jp/25209507/

香港右往左往 2016年2月 (廣東話version4): http://oneday55.exblog.jp/25209599/


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-05-07 02:30 | イラスト付き | Comments(0)

香港右往左往 2016年2月 (その7) あれ?アレがない! その3

香港に着くなり失くしてしまった手帳の顛末。
香港右往左往 2016年2月(その2)銅鑼灣へ

香港右往左往 2016年2月(その5)あれ?アレがない! その1

(※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます)

f0063645_05181023.jpg
こうして、無事私の元に帰ってきた手帳。
私にとっては大切だけど、貴重品でもないものを、なんでわざわざ!?それだけに、嬉しくて嬉しくて。

人でごった返している広いレストランのホールを、運転手さんが迷いもせずに、私めがけてズンガズンガとやってきたのにもびっくりしたなぁ。お客の私の容貌を、なーんとなーく覚えていたのでしょうか。偉いものですなぁ!

おかげでその晩の食事は楽しいが上にも楽しく、美味しいが上にも美味しく食べられました。

偶然が重なっているのだとは思いますが、20年近く香港に通っていても、これまでに決定的に嫌な目には遭ったことがありません。それどころか、あちこちで香港の人から親切にされまくっていて、どうやって恩返ししたらいいかわかりません。
今回の運転手さんをはじめ、出会った香港の皆さんにとりあえず言っておきますが...
本当にありがとう!!

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-27 06:04 | イラスト付き | Comments(4)

香港右往左往 2016年2月 (その6) あれ?アレがない! その2

前回の続きです。

前回、Mさん、Cさんのことを「M姐」「C姐」と呼ぶことにする...と書きましたが、香港朋友によると、この場合「M妹」「C妹」と書くほうがふさわしいのだそうです。それで、今回はM妹と書きます。ちなみに「姐」は「じぇ」、「妹」は「むい」と発音します。

※画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。

f0063645_04311389.jpg
f0063645_04275523.jpg

タクシーの運転手さんのおかげで、無事手帳は私の元に戻りました。ものすごい安堵感。そして感謝の気持ち!
まさに、「お武家さま、お名前を!」状態。

でも、でもでも、あの運転手さんはどうやって私が蓮香樓で食事をしていると知ったのだろう?
そういえばC妹がタクシーの遺失物サイトに書き込んでくれたから、タクシー会社→C妹に連絡。C妹が私の予定を知っていたので、居場所を伝えてくれた...→会社からの指示で運転手さんが持ってきてくれた。
そういうことかな???

それから、混み合う広いホールの奥のほうにいた私に、迷うことなくまっすぐやってきて、手帳を渡してくれたけれど、なんでわかったの?

ああもう、謎ばかり。

気を利かせたM妹が、運転手さんを追いかけて、1階まで付いて行ったのですが...ここまで書くのに思いの外時間がかかって疲れてしまったので、続きは次回に。すみません

まだつづく



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-25 04:52 | イラスト付き | Comments(0)