「ほっ」と。キャンペーン

memorandom.tokyo「ジャスミンライスの炊ける匂い」更新。今回のテーマはカヤジャムと香港式フレンチトースト

ウェブマガジンmemorandom.tokyoで連載中のジャスミンライスの炊ける匂い」、更新いたしました。第十三回のテーマはカヤジャムと香港式フレンチトーストです。

f0063645_22012182.jpg
詳しくはmemorandomの記事をご覧いただくとして、なぜ香港式フレンチトースト「西多士」の作り方を書くのに、カヤジャムを選んだのかといえば
今はパンの間にピーナッツバターを塗るのが主流ですが、昔はカヤジャムのほうがポピュラーだったと知って興味が湧いたからです。

初期の冰茶檔、茶餐廳の時代は今よりもっと貧しい労働者も多く、とにかく安く早くお客さんのお腹を満たさなくちゃいけない。
そして港町の人々というのは「西洋風」や「外国風」の目新しく洒落たものを取り入れるのが好き、という地域性があります(日本でもそうですねっ)。
だから庶民の店でもパン食やミルクティーが、香港人好みや都合に合わせてどんどん変化して定着していったわけです。フレンチトーストもその一つ!

初めの頃はパンを卵液に浸してジリジリとバターで煎り焼いていたけれど、中華圏お得意の「揚げる」方法ならばすぐできあがる。
そして甘いと焦げやすいから、卵液からは砂糖を抜き、かわりに甘みをパンの間に挟んだり、上からシロップをかけたり。
バターの風味は出来上がったところに乗っければいいや、と。
当時、フルーツジャムは高価でパンに気軽に挟めるものではありませんでした。
それで卵、ココナッツミルク、砂糖があればできる自家製カヤジャムを挟むようになったようです。
カヤジャムも当時、シンガポール、マレーシアから伝わってきて「南国風味」だと話題だったとか。
高度成長期に育った"THE 昭和の子"の私も、香ばしいパン、半分溶けたバターの風味、卵の色やコク、ホットケーキにかかっていたシロップ、
ミルキーのような味のコンデンスミルクの魅力、わかるなー。すごーくわかります。

さて、今も香港には何軒か自家製カヤジャムで西多士やカヤトーストを提供する店が残っています。
○twitterでktmsさんも食べに行ってた維記咖啡粉麵深水埗福榮街62號及66號地下及北河街165-167號地下D號
○「發興茶檔尖沙嘴海防道390號熟食檔
○「泗益赤柱市場道2號 (←「香港女子的裏グルメ」にも載ってます)
などがそうだと思います。
○「麗香園冰廳」では、「ジャスミンライスの炊ける匂い」の記事中でもご紹介したように、自家製カヤジャムの小分けもしています♪
写真だとこんな具合。ラベルもなんにもありませーん。今現在38香港ドル。去年より3ドルくらい上がったかな。
f0063645_21474573.jpg

香港のカヤジャムも、そっと独自の変化を遂げている「港式咖央醬」なので、日本やシンガポールで手に入るものとは少し違います。
一昔前の香港人はシンガポールのカヤの「パンダンリーフ」の香りや緑色になじめない人が多かったので、入れない店が多かったり、
かわりに仕上げにバターを加えたりなど。
(ということは、ですよ。日本でも作りやすいってことです。私も普段は家で作ってます。ココナッツと卵の香る可愛い味になるので、ぜひお試しください。)



[PR]
# by kadoorie-ave | 2016-12-07 23:07 | おいしいもの | Comments(0)

[香港画像ポッと出し]皇后大道中

(※[香港画像ポッと出し]では過去の画像や動画から拾い上げたものを気軽に載せていこうと思います。
なかには以前twitterやinstagramにアップした画像もありますが、どうぞお許しを)

私の好きなビル、まだ健在。まだまだ長生きしてほしい建物。
香港 皇后大道中
f0063645_00515767.jpg
(撮影2016年7月)

[PR]
# by kadoorie-ave | 2016-12-06 01:08 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

港澳式豬扒包 / 香港・マカオ式ポークチョップバーガー

マカオに行ったお友だちがアップしていたポークチョップバーガーの画像を見ていたら、兎に角明日は絶対に自分も食べるんだ!という気になりました。
この間はスーパーで代用になりそうなパンを適当に買って豚肉を挟んだけれど、今回はパンから作りたい。
香港で買った料理本とにらめっこしながら、なんとか「硬豬仔包」(日本語にすると「ハードタイプの子豚パン」?)を焼き上げました。
f0063645_00202229.jpg

香港に伝わってきたフランスパンが、アレンジされて短くなったと、本に書いてありました。子豚パンと呼ぶのはその形から、だそうです。
f0063645_00202388.jpg

豚ロースは筋切りをしてバンバン叩いて広げました。肉叩きはないので、代わりに肉切り用の中華包丁の背を利用。下味をつけてサッと揚げました。
この店のは炒めるんではないのね。おおよその作業の流れはマカオの大利來記のサイトにあった動画を参考にしました。

う、うううう、おいしい(個人の感想です)

もちろん、合わせる飲み物は香港式奶茶/ 香港スタイルミルクティーでっす!


[PR]
# by kadoorie-ave | 2016-12-06 00:03 | おいしいもの | Comments(0)

中秋節の晩ご飯

この日も片道2時間弱のところからヨロヨロと帰宅。
晩ご飯は軽く麺類だけでもいいかな?と思いかけて、そういえば今日は中秋節だったと思い出しました。香港からの月餅もどーんと届いたことだし、さあ何作ろう?

中秋節には満月と円満にかけて、丸いものを食卓に並べたいと思いまして。まずはスープ。思いつきで冬瓜を丸くくり抜いてみました。ベースは鶏のスープ、そこにほぐした干し貝柱と粉末の大地魚。くり抜いた残りの冬瓜どうしよう?これはフードプロセッサーで粗くおろしてスープに入れてしまえば、薄曇りの空に浮かぶ月のようになってよいのではないかと。とろみをつけて、はい出来上がり!
f0063645_08464400.jpg


満月を思わせる中華風茶碗蒸し「蒸水旦」。これは以前ジャニタ先生に習ったもの。
f0063645_08464537.jpg


それにパプリカの肉詰め「赤・黃椒醸肉」。
f0063645_08464759.jpg


豆苗の炒め物。
f0063645_08464827.jpg


デザートはこれまたジャニタ先生のレシピから、葡萄と枸杞の黒酢シロップ漬け。
f0063645_08464939.jpg


さーあ、月餅タイム。これは香港聘珍樓の雙黃白蓮蓉月餅。
f0063645_08465084.jpg

f0063645_08465193.jpg

月餅の有名店・老舗がいくつもある香港で、なぜ聘珍樓?と思われる方も多いと思いますが、たまたまどこの伝統月餅がおいしいかと調べていた時に、とある香港人のかたのブログで高評価だったのがこちらでした。
私もあちこちの月餅を試してみた結果、素材の確かさを感じること、塩卵の周りに餡の隙間もなく、丁寧に仕上げてあること、皮が薄くてちゃんと羊羹のようになっていること…などから気に入って、ここ何年かは香港のお友だちに頼んで送っていただいています。

ジャパナビりえさんがブログで昨年書いていらして首をブンブン振って共感したんですけど、年に一度の中秋節にしかしか食べない月餅。私はこれが大好きです。
ねっとりした蓮の実餡の中に、ほっくりした軽い塩味の黄身。どちらか一方だけでは飽きてしまうので、よい組み合わせだなぁと思います。黄身は薄墨を流したような夜空に浮かぶ満月なんです。
※ジャパナビりえさんのその記事こちら。月餅のことはこのページの後半に書いてあります!

お菓子として食べやすくて美味しい新月餅も大好きですけど、お正月の伝統的なおせち同様、古くからの月餅は大事にしたいと思うんですよーん。

切り分けてみんなで食べるものなので、間違っても大月餅を丸ごと一気食い…なんてことしてキライになったりしないでください。あれ、ホールケーキのようなもんなので。

いつもより少しよい普洱茶を淹れていただきました♪満足。





[PR]
# by kadoorie-ave | 2016-09-15 23:59 | Comments(3)

中秋節快樂!

今日は旧暦の8月15日、中秋節の日でしたよね?確か。香港のランタンと月餅、大好きなんです。そんな私の元に、大きな段ボールが届きました。どーん‼︎
香港在住のwhappinessさんが送ってくださったものです。
f0063645_12183569.jpg

↑わーい\(^o^)/香港の郵便局のこの箱だけでも嬉しいくらいっ
f0063645_12183675.jpg

↑中には素敵な香港の新聞紙の詰め合わせ…

f0063645_12183835.jpg

↑…のさらに中には、香港聘珍楼の大月餅セットとカスタード餡の小月餅セット!そしてレスリーの冊子「共創真善美 LESLIE CHEUNG Love and Charity」RMJのRED CARD2.0

…だけじゃなかった。
f0063645_12183990.jpg

↑この翡翠色の箱は⁉︎なんとGODと泰昌餅家のコラボで出ているミニカスタード月餅ではありませんかっ。whappinessさんとKさんからのプレゼントだそうな。ううう、ありがとうございますっ。

f0063645_12184099.jpg

↑こちらが香港聘珍楼の雙黃蓮蓉月餅と金腿五仁月餅2個ずつのセット。そして売り場で貰ったというサービスの雙黃豆沙月餅1個も付いていました。

f0063645_12184131.jpg

↑これは同じく香港聘珍楼の迷你蛋黃奶皇月餅、つまりカスタード餡の小月餅です。遠くの地に空輸する仕様ではないので、whappinessさんが一つ一つラップでくるんでくれました。

f0063645_12184323.jpg

↑さて、これがGODと泰昌餅家コラボの迷你奶皇月餅。

f0063645_12184518.jpg

私の好きな色合い!
ほんとにほんとにありがとうございました。
周りの人たちと切り分けて美味しくいただきます!ちょうど質のいい普洱茶もあるのよ。ひゃっひゃっ♪

[PR]
# by kadoorie-ave | 2016-09-15 11:52 | Comments(0)