「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中秋節の晩ご飯

この日も片道2時間弱のところからヨロヨロと帰宅。
晩ご飯は軽く麺類だけでもいいかな?と思いかけて、そういえば今日は中秋節だったと思い出しました。香港からの月餅もどーんと届いたことだし、さあ何作ろう?

中秋節には満月と円満にかけて、丸いものを食卓に並べたいと思いまして。まずはスープ。思いつきで冬瓜を丸くくり抜いてみました。ベースは鶏のスープ、そこにほぐした干し貝柱と粉末の大地魚。くり抜いた残りの冬瓜どうしよう?これはフードプロセッサーで粗くおろしてスープに入れてしまえば、薄曇りの空に浮かぶ月のようになってよいのではないかと。とろみをつけて、はい出来上がり!
f0063645_08464400.jpg


満月を思わせる中華風茶碗蒸し「蒸水旦」。これは以前ジャニタ先生に習ったもの。
f0063645_08464537.jpg


それにパプリカの肉詰め「赤・黃椒醸肉」。
f0063645_08464759.jpg


豆苗の炒め物。
f0063645_08464827.jpg


デザートはこれまたジャニタ先生のレシピから、葡萄と枸杞の黒酢シロップ漬け。
f0063645_08464939.jpg


さーあ、月餅タイム。これは香港聘珍樓の雙黃白蓮蓉月餅。
f0063645_08465084.jpg

f0063645_08465193.jpg

月餅の有名店・老舗がいくつもある香港で、なぜ聘珍樓?と思われる方も多いと思いますが、たまたまどこの伝統月餅がおいしいかと調べていた時に、とある香港人のかたのブログで高評価だったのがこちらでした。
私もあちこちの月餅を試してみた結果、素材の確かさを感じること、塩卵の周りに餡の隙間もなく、丁寧に仕上げてあること、皮が薄くてちゃんと羊羹のようになっていること…などから気に入って、ここ何年かは香港のお友だちに頼んで送っていただいています。

ジャパナビりえさんがブログで昨年書いていらして首をブンブン振って共感したんですけど、年に一度の中秋節にしかしか食べない月餅。私はこれが大好きです。
ねっとりした蓮の実餡の中に、ほっくりした軽い塩味の黄身。どちらか一方だけでは飽きてしまうので、よい組み合わせだなぁと思います。黄身は薄墨を流したような夜空に浮かぶ満月なんです。
※ジャパナビりえさんのその記事こちら。月餅のことはこのページの後半に書いてあります!

お菓子として食べやすくて美味しい新月餅も大好きですけど、お正月の伝統的なおせち同様、古くからの月餅は大事にしたいと思うんですよーん。

切り分けてみんなで食べるものなので、間違っても大月餅を丸ごと一気食い…なんてことしてキライになったりしないでください。あれ、ホールケーキのようなもんなので。

いつもより少しよい普洱茶を淹れていただきました♪満足。





[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-15 23:59 | Comments(3)

中秋節快樂!

今日は旧暦の8月15日、中秋節の日でしたよね?確か。香港のランタンと月餅、大好きなんです。そんな私の元に、大きな段ボールが届きました。どーん‼︎
香港在住のwhappinessさんが送ってくださったものです。
f0063645_12183569.jpg

↑わーい\(^o^)/香港の郵便局のこの箱だけでも嬉しいくらいっ
f0063645_12183675.jpg

↑中には素敵な香港の新聞紙の詰め合わせ…

f0063645_12183835.jpg

↑…のさらに中には、香港聘珍楼の大月餅セットとカスタード餡の小月餅セット!そしてレスリーの冊子「共創真善美 LESLIE CHEUNG Love and Charity」RMJのRED CARD2.0

…だけじゃなかった。
f0063645_12183990.jpg

↑この翡翠色の箱は⁉︎なんとGODと泰昌餅家のコラボで出ているミニカスタード月餅ではありませんかっ。whappinessさんとKさんからのプレゼントだそうな。ううう、ありがとうございますっ。

f0063645_12184099.jpg

↑こちらが香港聘珍楼の雙黃蓮蓉月餅と金腿五仁月餅2個ずつのセット。そして売り場で貰ったというサービスの雙黃豆沙月餅1個も付いていました。

f0063645_12184131.jpg

↑これは同じく香港聘珍楼の迷你蛋黃奶皇月餅、つまりカスタード餡の小月餅です。遠くの地に空輸する仕様ではないので、whappinessさんが一つ一つラップでくるんでくれました。

f0063645_12184323.jpg

↑さて、これがGODと泰昌餅家コラボの迷你奶皇月餅。

f0063645_12184518.jpg

私の好きな色合い!
ほんとにほんとにありがとうございました。
周りの人たちと切り分けて美味しくいただきます!ちょうど質のいい普洱茶もあるのよ。ひゃっひゃっ♪

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-15 11:52 | Comments(0)

「湘蓮子杏仁露」蓮の実入り杏仁汁粉

石斑魚が手に入った嬉しさも手伝って、「湘蓮子杏仁露」も作ってしまいました。
ちょうど皮付きの南杏、北杏が長いこと冷凍庫で眠っていたので、皮をむくべく水に浸しておいたのです。煮てからミキサーでガーっとやって香港の冰糖(精製しきってはいない薄黄色の氷砂糖)と、日本の氷砂糖で甘みをつけました。
f0063645_10020674.jpg

とろみは水溶きの糯米粉(もち米粉)適量。仕上げにエバミルクも入れました。トッピングに一晩水に浸してから蒸しておいたホクホクの蓮の実。

んーーいい香り、優しい甘さ。
f0063645_10020805.jpg

f0063645_10020912.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-15 09:50 | Comments(0)

9月12日の晩ご飯。清蒸石斑魚など

帰宅途中に寄った角上魚類でハタを発見。家に連れ帰りました。よって晩ご飯のメインは「清蒸石斑魚」。長崎出身のハタが三種、並んでいたのです。キハタ、アカハタ、黒っぽいハタが並んでいて、「今日は赤ハタが具合いいね」と魚屋さん。

f0063645_09501313.jpg

どーん!38センチくらいのをほぼ卸値で見つけたりしたら、憧れていた石斑魚ですもん、よろめいて買っちゃうでしょ?蒸す時は肉の厚い部分に切り込みを入れ、スライスした生姜を挟み、下にはすのこか筏のようにネギの青い部分を並べ、蒸気が通りやすくします、はい。
f0063645_09501492.jpg

蒸しあがり。あと2分余計に蒸したらもっとよかったかな。でもプリップリの身、コラーゲンでブルブルの皮、作り置きの蒸魚豉油(蒸し魚用のタレ)とネギの香ばしい香の花生油(ピーナッツ油)で至福の美味しさ。
ありがとう石斑魚!!

f0063645_09501530.jpg

スープは前日多めに作った「粟米雪耳紅蘿蔔排骨湯」。
とうもろこし、白キクラゲ、人参のスペアリブスープです。とうもろこしの芯からもじわっと甘く香ばしい出汁が出ていてホッとする美味しさ。味付けはわずかな塩のみなんです。
f0063645_09501610.jpg

他には青梗菜の油菜。セロリとマカデミアナッツの塩炒め。
デザートには「湘蓮子杏仁露」蓮の実入り杏仁汁粉を作ったんですが、それはまた次の投稿で。


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-15 09:25 | Comments(0)

とても小さなオンラインショップをはじめました

以前Twitterで私自身のささやかなオンラインショップを開くとお知らせしましたが、それはレスリーの誕生祝いと中秋節の香港から
戻ってからにするつもりでした。(誰も見に来ないかもしれないけれど、万が一注文が入っても対応できないしね)でも結局日本にいる
ことになったので、9月12日/レスリーの誕生日にそっとオープンしました。こちらです↓

MITSUKO ONODERA online shop
f0063645_02303105.jpg

基本的にオリジナルポストカードを販売していますが、気が向いたら香港のグッズなどもご紹介します。
今、まだ載せきれていないものもありますが、それは追い追い。
ご質問などありましたらショップサイト内のメッセージフォームからご連絡ください。


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-13 02:37 | Comments(0)

哥哥、生日快樂!!

f0063645_02061993.jpg
(↑これは1999年3月28日(日)「『もういちど逢いたくて』完成記念パーティー」の時の写真)
9月12日はレスリー・チャン(張國榮/Leslie Cheung)の誕生日。今年はなんと60歳を祝うということで、香港でのイベントも充実しています。
今頃、香港でみんなと盛り上がって、続けて香港の友人たちと中秋節を祝う…楽しい予定が目白押し、のはずでしたが、一身上の都合で全てキャンセル
しました。日本で静かにレスリーの誕生日を祝いました。
私が香港、アジアに興味を持つようになったきっかけは全てレスリー・チャン。香港に入るドアは巷にたくさんあったのかもしれないけれど、私が入る
ことのできるドアはレスリーだったのだと思う。そこから入ると、それまでなんとも思わなかった香港の様々なもののチャーミングな一面が見えるよう
になる、魔法のドア。多謝、張國榮。生日快樂!!
f0063645_02054808.jpg
(↑こちらも同じく「『もういちど逢いたくて』完成記念パーティー」にて)
f0063645_02180682.jpg
(↑これはその時の旅行で行ったレスリーと皇后飯店の共同経営によるカフェ「爲你鐘情」の店内と砂糖など。
店内の壁の天使の飾りが私の部屋のと同じシリーズで、
お店の人に伺ったらレスリーが自分の家から持ってきたと聞き、ものすごくニヤついた記憶が。)

Leslie Cheung、哥哥、本当に素晴らしい表現者でした。



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-12 23:35 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

anan香港特集号「魅惑の香港」出ました!



8月31日に発売となったanan (No.2018)は、そう!待ちに待った香港特集号です!

f0063645_15403620.jpg

"魅惑の香港 おいしい、アガる、気分はいつも クライマックス"というタイトル。
ほぼまるごと一冊香港の大特集です。表紙には宵闇せまる蒼い香港、そしてたたずむ佐々木希さん。


たくさんの香港通、ライター、香港在住の方々からの情報をもとに、関係者の方々が一夏かけて念入
りに取材してできたのがこの号なんです。もー、たくさんの人の香港愛がギュッと詰まってる。

そして、私も香港情報やコメント、book in book(綴じ込み冊子)の表紙イラスト他、見えるところ
見えないところでちょこちょこと協力させていただきました。



いやー、幸せな仕事でした。






book in bookのイラスト、香港ファンの方には「そうそう、香港ってこういう雰囲気あるよね」と、共感していただけたら
嬉しいし、「香港?知らなーい」という方々には「なになに?なんとなく楽しそう」と少しでも興味を持ってくださるように
...と、心を込めて描きました。自分なりに、ですけれど。


f0063645_16102713.jpg ご覧になった方......いかが......でした.....?

私も発売日の午前中に書店に飛んで行っちゃいました。早く読ん
でみたかったんです。
香港大好きな「読者」としても充実の内容にニヤニヤが止まり
せん。次回、絶対ここに行こう...と付箋をつけ、Google mapの
my mapにピンを立てて準備中です。

ananのサイト、anan「THIS WEEK'S ISSUE」からは、目次
立ち読み、購入もできますよー!

週刊誌なので、気になる方はお早めにご購入を!!







※それからあのー、あんまり似ていないので堂々とは言えないの
ですが、一応ご報告を。今回もイラストの中にそーっとレスリー
・チャン(張國榮)を仕込みました。似ていないからってクレー
ムは受け付けないけど。ごめんね

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-09-02 16:15 | イラストの仕事 | Comments(0)