<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

展示会のお知らせ「上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界」

来たる10月2日(金)〜9日(金)に、吉祥寺のエスカリエ・セーにてアンティークの旗袍とイラストの展覧会を致します!
「THE GOOD OLD DAYS & GREAT SHANGHAI STYLE 
           上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界− 」

※詳細や変更点などは随時こちらに書き足してまいります!
※10月4日(日)のトークイベントは既に満席となっております。なお、大変恐縮なのですが、会場にゆとりがないため、トークイベント中参加者の方以外はご入場いただけません。
(14:00開始/15:30頃終了予定)


 ●広岡今日子のサイト:「大上海糖果號」
  広岡今日子の著書など:amazon.co.jp
 ●小野寺光子のイラストサイト:「MITSUKO ONODERA」  
 小野寺光子の著書、イラストを描いた本など:amazon.co.jp

また、Facebookのイベントページも作成いたしました。アカウントをお持ちの方はぜひご覧ください。
  →→ https://www.facebook.com/events/1695846963977320/
-----------------------------------------------------------------------------------

1920-30年代は、旗袍(チャイナドレス)の全盛期。年ごとに流行はめまぐるしく変化し、より美しく旗袍を着こなそうと、女性たちがデザインの工夫に妍を競った時期です。

その流行の最先端が、外国人居留区「租界」をもつ上海でした。そこに暮らす女性たちは、本来の美意識に加え、欧州の最先端モードをいち早くキャッチし、旗袍のデザインに取り入れましたが、同時期に世界的流行を見せたアール・デコの影響を色濃く受けた旗袍も少なくなく、そこにはいま見られる「チャイナドレス」の想像をはるかに超えた美が宿っています。

今回は、広岡今日子のアンティーク旗袍コレクションから選りすぐりをご紹介。さらにその旗袍をまとった女性がいる風景を、イラストレーター・小野寺光子がえがきます。
旗袍の本当の美と、「魔都」と呼ばれ、最も輝いていた頃の上海を感じてください。

● 展示内容
1 上海メイドのアンティーク旗袍と、それを着用した女性を描いたイラストレーションの展示
2 当時のアクセサリー、小物類の展示
3 40年代の旗袍を再現した、香雲紗旗袍販売(大変希少価値のある生地で仕立てられています!)
4 小野寺光子オリジナル小物販売
6 広岡今日子と小野寺光子によるトークイベント  イラストと旗袍でみる上海
・ 10月4日(日)14時〜
・ 先着10名 お茶と小さなお菓子付き 
 (量は大変ささやかですが、今回の展示内容と関わりのあるものを、パティシエでもあった広岡今日子と、香港好きの小野寺が作ってお出しします。)

-----------------------------------------------------------------------------------

f0063645_159653.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-23 02:16 | Comments(3)

【お知らせ】ブログ「ONE DAY」と、現在使っているサイトやSNSのご紹介。

(しばらくの間、この記事をトップの次に置いておきます。)

今のところ、私のブログやSNSの使い分けはこんなふうになっております。
ここ「ONE DAY」は、今後は主に香港(または中華圏、アジア)に関わることを中心に、のんびり更新していこうかと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

f0063645_22463460.jpg小野寺光子のイラストはこちら: tumblr


f0063645_22481393.jpg日々の食卓や暮らしはこちら: instagram

⚫︎instagramの画像をまとめてご覧になりたい場合はこちら(ってそんな酔狂な方がいらっしゃるかどうか?) : Pinsta.me


f0063645_22533852.jpg私のお気に入り画像や資料の倉庫 : Pinterest


f0063645_22491144.jpg私のネット上の「ほしいほしい帖」: Etsy


f0063645_22512489.jpgFacebook: Facebook(こちらはアカウントがないと見られないのかな...)


f0063645_2250956.jpg●現在連載中/WEBマガジン"memorandom.tokyo" : 小野寺光子「ジャスミンライスの炊ける匂い」
[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-13 01:08 | ごあいさつ/HPのご紹介 | Comments(0)

張國榮、生日快樂!

9月12日は張國榮/ Leslie Cheungの誕生日です。

f0063645_054870.jpg



⚫︎誕生日を迎えるたび、レスリーと出会わなかったら(知らなかったらっていう意味だけど)、一体私は今みたいにちょくちょく香港に行ったり、アジアのことに興味をもったりしたかしら...と思います。レスリーを知ったことで、どれほど私の世界が広がったことか!
それ以前は、香港はもちろんアジアへの興味、ほぼ無しでした。自分がアジア人だということも自覚しないままだったかもしれません。信じられないことですけれど。
すっごく感謝してます!

f0063645_052827.jpg


⚫︎Leslieは好靚仔だと思っていますが、そのことよりも彼がどんな風にものを見て、考えて、動いたか。何ができて、何が好きでどんな美意識か...みたいなことに興味があります。そしてそれが現れてる容貌がとても好きです。

⚫︎私がレスリー、そして王家衛の映画に惹かれて(ただそのためだけに)初めて香港を訪れた時、香港がこんなところだったなんて!もっと早く来ればよかったと後悔しました。そしてちょっと打ちのめされた。こんなに私の好きな世界だったんだ、香港って、と。勢いのある空の雲や行き交う船、ビル群とか、人々も。初めてだったのに、ただいま!って思ったのでした。

⚫︎私が見よう見まねで香港のご飯や中国料理っぽいものを作るのは、もともと好きというのもあるけれど、人(張國榮とか!)や土地を理解するのに食べ物ってとても大切だと思うからなんです。私には美味しいものを追求する気持ちはさほどないかもしれない。もちろん美味しいほうがいいし、目指してもいるのですが。

料理の素材、作る手の動きの違い、音や匂い、味の傾向…そんなものの全てが、その土地や人々のことを語りかけ、教えてくれる。そういうのを五感全部で聞き取る作業って本当に楽しいです。料理からじゃないと理解できないことってありますよね。
[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-12 23:50 | Comments(0)

家でのご飯 : 9/10「咖哩牛筋」「蠔油生菜」「南瓜麻醬煮」

なんといいますか、Facebookにtwitter、Instagramにpinterestなど、手軽なものに慣れてしまうと、ブログが果てしなく遠く、ハードルの高いものに思えてしまう今日この頃。(やっと更新すると毎回同じことを書いているような気が…)。

ブログだと「一応イラストレーターなんだし、イラストも載せたほうがいいのでは」とか、「レイアウトが気になるなぁ」なんて力が入ってしまって、余計気が重くなる。気楽に、気軽に。...ですよね!?

香港ご飯を作った日なら、以前と同じように「作りましたー」ってホイホイ載せればいいんだ。そうしよう。

では早速。
既にInstagramなどにはアップした画像です。

歯医者で前歯の治療の治療中に 、お腹が空いていたせいか、突然脳内に「咖哩牛筋」がぽっかり浮かんで離れませんでした。急いで牛スジを買いに行き、作ってみたのですが、これがなんと、求めていた味!トロトロでプルプル!ほどほどにスパイシー。私には充分満足のいく出来でした。また作ろうっと!
f0063645_19255897.jpg



その咖哩牛筋に添えたレタスの炒め物オイスターソースがけ(蠔油生菜)。
f0063645_19255980.jpg


これはかぼちゃの花椒・練りゴマ煮(南瓜麻醬煮)。花椒とゴマが好きな私にはぴったりの煮物です。
f0063645_19255996.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-11 19:12 | Comments(0)