<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

手作り飲茶 (後編)

さて、後半はデザート編です。

f0063645_15553286.gif

漬けておいた鹹蛋(塩たまご/生のまま香り付けした飽和食潜水に漬けた卵)がいい頃合いだったので、「奶皇包」(鹹蛋の黄身入りカスタードまん)を作りました。
f0063645_15554774.gif

カスタード餡と塩たまご(鹹蛋)の味は幸せの味!でもどの本にこのレシピが載っていたのか、今では全く思い出せません(涙)。

(これは見てくれの悪いのを切ってみたもの。皮の底が厚くなってしまっています。でもいいの。)

f0063645_16352734.gif

さあ、これはなんでしょう。

左にあるのはシロップ。

f0063645_16362684.gif

これは「豆腐花(タオフゥファ)」

日本生絹ごしよりもずうっと柔らかく儚い、青臭くない豆腐のデザートです。

f0063645_16392052.gif

薄くすくってお茶碗に入れます。
そこに、ほんのり生姜を利かせたシロップをかけます。

温かくしても、冷たくしていただいてもおいしい。

f0063645_1640529.gif

最後は、お客さまのお持たせの、甘くてジューシーなさくらんぼをいただいて、ああ、よく食べました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
ところで↓この翡翠菜餃(翡翠餃子)の写真も同じ日に撮ったものなのですが、これをお出ししたかどうか記憶が定かではありません。先ほど客人に確かめたところ「いただいていないわ〜♡人の名前はまったく覚えられないけど、食べ物の記憶力だけは、ある。気がする。」との返事。
ありゃりゃ?どしたんでしょう?同じ日の晩に勢い余って作ってしまったのでしょうか??....大丈夫かな、私の脳みそ。

...あ、思い出しました。餡まで作ったのだけど体力も時間もなくなって、お出しするのをあきらめたのでした。夜になって皮を作ったのです。

f0063645_15572213.gif

↑これは蒸し餃子なんです。皮の生地は浮き粉や片栗粉で作ります。温かいうちに加工しなければいけないので作りながらもドキドキします。中身はニラやキクラゲ、プリプリしたエビ、タケノコ、ニラなど。

たまには思い切り料理するのもいいですね。さて、明日は何を作ろう???
[PR]
by kadoorie-ave | 2013-03-26 16:51 | おいしいもの | Comments(2)

手作り飲茶 (前編)

明日はランチに5人のお客様が遠路はるばる来て下る。さぁて、何を作ろうかな?(中華系の路線ということは決まってる。)...はて、前回我が家にいらしたときは何をお出ししたのだったっけ?と、iPhotoで過去の写真を探してみました。
ついこの前のことだと思っていたら、なんと一年近く前のことでした、あれまぁびっくり。
しかも、今回予定していたメニューの候補は、昨年とほぼ同じものだったことがわかりました。なんと記憶力のないことよ!

まぁそれはともかく、こうして過去の写真を見てみると、去年は『飲茶の点心』を作ろうといつになく頑張ったようでです(覚えてない)。前日と当日にかなり奮闘したらしいです。
中国人ではないし料理講習に通った経験もなく、日々の‘おさんどん’ばかりの私にしてはよくやった気がします。それで今更ながらブログに載せてみることにしました。
でもゆめゆめ香港の飲茶の店の点心なんかと比較なさいませんよう。

f0063645_14572034.gif

まずは、回転台の上にいくつかの点心を並べたところ。腸粉・酔鶏(酔っぱらい鶏)・小鶏粒批(チキンの中華パイ)・青菜の炒めもの・とっても甘いプチトマトなどが見えます。
ほかにも...

f0063645_1591482.gif
これはジャスミンライスに薄皮をつけたままの空豆、臘腸(香港の甘からい味のソーセージ)、自家製叉燒を加えて炊いた煲仔飯(土鍋ご飯)

f0063645_15123559.gif



これはオーブンから出したばかりの小鶏粒批(チキンの中華パイ)


↓半分に割ったところも。

f0063645_15143645.giff0063645_15145510.gif

f0063645_15161679.gif
お待たせしました〜はい、こちらが腸粉。いきものの腸を使っているわけではありません。形からついた名前です。中身はこれまた自家製の叉燒(だったと思う...)。甘辛生姜味のタレをかけます〜

f0063645_15192678.gif
肉というものは80度くらいでじっくり火を通すとパサパサにならないわけですが...酔鶏(酔っぱらい鶏)もそれを利用した料理。火を通したら紹興酒たっぷりで花椒の香りのするタレにつけて一晩。
下にキュウリを敷いて供します。

f0063645_1665797.gif
そうそう、スープを忘れちゃいけません。解暑の薬膳スープ「清補涼輔煲鶏湯」。薏苡仁(ヨクイニン=はと麦)が入っています。

これでお食事は終了。後編は食後のデザートです。
[PR]
by kadoorie-ave | 2013-03-26 16:29 | おいしいもの | Comments(0)

またもや香港の動画紹介「Hong Kong in 7,000 pictures」

立て続けに香港の動画ばかり紹介しているのもどうかな...と思いつつ。
これは写真7000枚分を使って作った動画。手法そのものは目新しくないのですが、香港好きとしてはちょっと胸がキュンとする作品です。

忙しいおもちゃみたいな街、生きている町。

香港って相変わらず『ものすごい高層ビル群密集の都市』『ネオンがすごい都市』『スピードと喧噪の街』という印象のかたが多いのかもしれない。
そういう面もあるけれど、香港は都市らしい高層ビル群のすぐ近所、ほんのわずか移動するだけで、大自然があったり、のんびりした島の暮らしや、伝統を感じる場所がある。何より人々の暮らしがある。
この動画は、そんな香港の様々な表情を垣間みるのによいかもしれない、です。




[PR]
by kadoorie-ave | 2013-03-26 12:10 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

動画「So long, My Hong Kong 再見香港」「 Homeland - with my DIY motion-dolly , Hong Kong」

こんな動画を見つけました。単なる観光案内としてもいいし、香港好きならば香港に行きたい気持ちが募る...かも。


こんなのも見つけました。「[ Homeland ] - with my DIY motion-dolly , Hong Kong」
なんでも速く動く、真新しさとやるせないような古さが同居、人懐っこくて元気、でも都会っ子らしい繊細さも持ち合わせている...そんなところが好きなところ。もちろん救いがたい面もあるけれど、それはどんな町にもそれぞれにあるもの。



[PR]
by kadoorie-ave | 2013-03-18 15:56 | Comments(0)

「aruco台北」最新版が出たそうです♪

お久しぶりです。
昨日、「aruco台北」最新版が発売になりました...と、Suzieさんこと「地球の歩き方aruco 台北」の編集担当、富永直美さんからお知らせをいただきました。ひゃっほー♪うれしいな。

f0063645_16454874.jpg以下はその富永直美さんからのメッセージ。
『前回の改訂を上回るページ数をリニューアルし、より女子目線で魅力あふれる台北をご紹介しています。新たに台北在住経験があり、中国語堪能な阿多静香さんという力強いパートナーを迎え、よりパワー&クオリティアップした「aruco台北」になったと自負しております』
もともと、ハンディなのに中身は濃くて、鮮度のいい情報満載のaruco台北は大好きなんですが、これは期待が膨らむなぁ。

早く本屋に走らなくては。今のところすぐに台湾に行く予定はないのですけれど、まずはaruco台北を読んで気分に浸ろうと思います。細かい記事をじっくり読み込んで行くうちに、テンションが上がってくるんですよね。それが楽しい。

まずはこちらのブログをどうぞ。
地球の歩き方編集部 取材&日記
→地球の歩き方 aruco3 台北:内容詳細
→(地球の歩き方ガイドブック編集部
→富永直美さんが書かれた「地球の歩き方編集部 取材&日記」一覧はこちら

雑誌名:「地球の歩き方aruco 台北」'13~'14最新版
配本日:2013年3月15日(金)
定 価:1260円(税込)
発 行:ダイヤモンド社


[PR]
by kadoorie-ave | 2013-03-16 17:06 | | Comments(0)