<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

見たこともない世界を描くこと

図鑑ではないけれどそれに準ずる本などにイラストを描く時。私が依頼を受けるときは、大抵『資料的な正確さが欲しいのだけど、堅苦しくなりすぎるのもどうかと思う。少し楽しげな雰囲気で、見てきたように描いてほしい。』編集者からはそんな希望が多いような気がします。

資料も一応いただきますが「正確」さが必要だとすると、図版がぼけているとか途中で肝心な部分が切れていてわからないとかいうことが多くて、結局自分で徹底して調べないと描けない。私の専門の世界という訳ではないので、基礎知識もなく毎回途方に暮れます。なんとな〜く...のイメージを描けって言われたんじゃないんだもんね。
(鉄道も大変だけれど、これは現存しているだけに画像はそれなりに集められます。ただ空想で適当に...が更に許されないので、また別の意味で気を遣います。)

平安時代、古代ローマ...資料(何十枚あるいはもっと多くの画像や文献)を集めるだけで何日も何日もかかるわけですが、最近思うのは、自分はしみじみ不器用なのではないかということです。

舞台が昔であればあるほど実際に描き出すまでに熟成させる時間が必要。つまりたくさんの資料を理解して、すっかり自分自身がその世界に入り込めないとイメージが湧かないのです。
平安時代の絹を重ねた服の重みや夜の暗さ、登場人物の血の通ったリアルな容貌。古代ローマのレンガの色、町の空気感。その世界にすっかり入り込んで、それが頭の中の大きなスクリーンで動画として動き出したら、ここだと思うシーンで止めてそれを描き出すようなかんじ。

なんだかめんどくさいヤツだなあ...。職業イラスト描きとしてはこれではいかんと思うのだけど。もっと割り切ってサッサと描けないといけないんだと思う。

コマッタナア。

あの〜、解説イラストも非常に面白いし、やりがいもあるのですが、たまには気楽なものも描きたいです...ってちっちゃな声で言ってみる。



[PR]
by kadoorie-ave | 2012-09-26 18:00 | イラストの仕事 | Comments(4)

世界文化社「ビジュアル世界史1000人」古代ローマ人の1日:イラスト

久しぶりに、携わった仕事のことなど書いてみたり。
世界文化社の人気シリーズ「ビジュアル1000人」に「ビジュアル世界史1000人(上巻)」が登場しました。

f0063645_021353.jpg
ビジュアル世界史1000人(上巻)
単行本: 224ページ
出版社: 世界文化社
ISBN-10: 4418122362
ISBN-13: 978-4418122363
発売日: 2012/9/11
商品の寸法: 25.6 x 18.4 x 2.2 cm


世界の歴史でよく話題に上る人物1000人が取り上げられ、わかりやすく解説されています。図版が多いので歴史上の人物が身近に感じられると思います。小学校高学年から大人まで、勉強に、歴史小説やドラマを見ながら「この人どんな人だったっけ?」と手近に置いて活用できるのではないでしょうか。

f0063645_0323424.jpg

この中で、私は「古代ローマの人の1日」をイラストで追うページを担当しました。一つ一つについて調べながら描きます。一番感動したのは集合住宅のインスラ
だってほら、イタリアやパリのアパルトマンの基本的な造りが、この頃にもう出来上がっていたのですから。1階は商店。2階以上の住居部分は上の方に行くほど経済的に余裕のない人々が住む部屋になります。汚水を通りにぶちまけるのだって、オスマン男爵の大改造以前のちょいと不衛生だった頃のパリのやりかたと変わらない。
知れば知るほど面白い。さすがは古代ローマ!

f0063645_0405254.jpg

大浴場では地下で沸かした蒸気を壁面の中の穴を伝わせ、全館スチーム暖房にしてあったり。それは当時大量の奴隷の労働力で賄われたので、今ですとこれが電力などに取って代わっているのだな、とか。
大浴場についてネットで調べると、ヤマザキマリ氏の漫画「テルマエ・ロマエ」とその映画の情報ばかりが出てきました、時節柄。
下↓はローマの市街。
イラストに正確さが必要とされる仕事(鉄道とか、有職故実、そして今回の古代ローマなど)は、下調べと勉強の時間がかなり必要で、絵の仕上がりまでの道のりが呆れるほど遠いのですが、描かなければ知ることのない発見が多くワクワクします。(体はボロボロに...)

(※↓画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。)

f0063645_0524561.jpg

f0063645_0531628.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2012-09-20 23:50 | イラストの仕事 | Comments(4)

張國榮、生日快樂‼

f0063645_22161193.jpg

今日、9月12日はレスリー・チャン/張國榮のお誕生日です。
Twitterでも、Facebookでも、レスリーファンが盛り上がっています。
香港でもRED MISSION主催のお誕生を祝うパーティーが開かれ、
その様子がネット上にアップされるのを、ワクワクしながら眺めています。
私も、しみじみレスリーの写真を出してきて、思い出に浸ったり。
この画像は、私がいつも持ち歩いていたフォトブック。
お気に入りの厳選写真が30枚ばかり入っています。この辺とか↑の写真、好きだなぁ。
そういえば、私設ファンクラブであった「翼之会」がレスリー自身にお願いして撮ってもらったという、プライベート写真がありましたっけ。
これです。↓

f0063645_221612100.jpg

自身の車で撮ってもらったもの…だったはず。
使い捨てカメラを渡して、何かご自分で撮ってくださいと頼んだのだったかな?
(違っていたらごめんなさい。)
オフのときは、かな〜り力の抜けた服を着ていたという話も聞きましたが、
トニー・レオンといい、あの当時、妙にみんなこういうチェックのシャツを着ていたっけ。
表情が特別好きということではないのですが、レスリーが身近に感じられる一枚で、お気に入りです。
あ〜、こうして眺めていると、またハイになってトリップしてしまうなぁ♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2012-09-12 22:00 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(6)

お久しぶりです。

f0063645_832635.jpg

ご無沙汰しておりました。疲れもとれてきたし、そろそろ再開してみようかな…と。
Facebookでの投稿があまりにも楽なので、ついそちらに走りがちなのですが、ブログでないとまとめられないこと、書ききれないことも多いです。
(FacebookやTwitterだと、読んだかたからの反応がすぐにあるので書きたくなるというのも確かですが。でも、それって友達からがほとんどですもんね。)
さてっと。再開するなら、最初の一歩はスマホから簡単お気楽に投稿してみることにします。うまくいくかな?

こちらは昨晩届いたぶどう!わーい♪
自分で買うぶどうは安くて小さめが多いので、こんなに立派なのは滅多に食卓にのぼらない。
Iさん、ありがとうございます〜。倉敷のご実家に帰ったときに手配してくださったと。
岡山は果物美味しいもんね〜
\(^o^)/

…倉敷ときいて、進めなきゃいけないあの仕事のことを思い出した。ドッキリ。(それを忘れたことはありませんが。)
話し合って判型を決めないと一歩も先に進めない気がする。好きにやっていいって、ホント、大変だ…。
[PR]
by kadoorie-ave | 2012-09-11 07:35 | 住むこと暮らすこと | Comments(1)