<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2011年、香港。<南Y島 2>


f0063645_195176.jpg

南丫島には「家樂径」、つまりトレッキングルートが整備されています。地元のお散歩の人、自然
を満喫しながらちょいと歩こうというグループなどが行き交います。心地よいカフェその他ひと休み
するのにいい店が点在しているし、誰もが無理なく都市生活を抜け出してひと息つける島なんです。

f0063645_110361.jpg
文字以上に、わかりや
すいイラストやマーク
で訴えかけてくる標識
の多い香港。

はい。ここが雨が降っ
たら危ない場所だって
ことは外国人の私にも
わかりましたです。
はい。そうとう怖いで
すねコレハ。

f0063645_1102517.jpg
バナナの木がね、多
いんですよ。この辺
りは。南国にいるっ
てことが実感できま
す。

f0063645_1103675.jpg
かわいい花に埋もれ
る消火栓。

なんでもない風景だ
けど「happy」とい
う言葉が頭に浮かん
できてしまう。

f0063645_1105180.jpg





空を舞う鳥たちを見上げてボーッ。

f0063645_11152.jpg



こんな風にね、個人のお宅が並んでいま
す。


九龍や香港島で一戸建てに住んでいたら
それは相〜当〜な大金持ちですが、ここ
南丫島では多くの人がこういう家に住ん
でいます。沖縄、台湾で見かける家々と
もよく似ています。

↓のんびりした土地名物「道の真ん中でのんびりくつろぐワンコ」です♪

それにしても、どこに行ってもゴミ箱の色が気になって注目してしまいます。日本で見かけるものは
あまりに彩度が高く(鮮やかで明るすぎる、ちょっと安っぽい色)に思えて心が安まらないからなん
ですが...。生っぽい空色やペパーミントグリーンみたいな色が公共の場で多用されるのは日本人の色
の好み?爽やかカラーでステキ〜、とか?日本の伝統色でもないしなぁ。フェンスだの、ゴミ箱だの
を町のフォーカルポイント(=視線がもっとも集まる見せ場)にしたいのかしら...まさかね。こんな
グリーンなら比較的目障りじゃなくていいなぁ思いましたです。個人的に。

f0063645_1111980.jpg

f0063645_1113016.jpg


大きな木とコンクリートにめり込んで身動きのとれ
なくなったベンチの脚...か。

のんびりとした散策のひとときもそろそろお終いです。フェリー乗り場に戻らなくっちゃ。
↓遠くに見えるのは火力発電所の煙突。手前に浮かぶ細長い黄色の船は、ドラゴンボートレース用の
船。

f0063645_1114167.jpg

f0063645_1115328.jpg
フェリー乗り場に戻ってきました。


風にたなびく旗がかっちょえぇ〜。
ねっ。






[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-31 02:18 | Comments(2)

2011年、香港。<南Y島ヘ。1>


f0063645_1353723.jpgf0063645_1358126.jpg







これより、坪洲島から香港
島の中環(Central)に戻る
のであります。


↑ちなみに中環に戻るフェリーの救命
胴衣は、全ての座席の下についていま
した♪)

f0063645_13534613.jpg
中環(Central)に戻ったら...

今度はすぐに南Y島(ラマ島)行きのフェリ
ーに乗ります!!


南Y島のYの字は、アルファベットのワイじゃなくて、似
たような形の漢字なんです。パソコンでは環境依存文字
になってしまうようですが、こんな字です。
        ↓
       

f0063645_1354333.jpg榕樹湾行き。

今調べたら、榕樹ってガジュマルの木
の漢名なのだそうです。フムフム。
ということは、ガジュマル湾行きとい
うことか〜。

南丫島には、一度行ったことがありま
す。香港朋友のAnnaさんの幼なじみ
が住んでいるというので、以前中秋節
のときにお宅におじゃましたのです。
手料理は抜群においしかったし、屋外
でいただいた仔豚ちゃんの焼いたのも
最高でした。思い出すなぁ〜のんびり
したリズムの町と人。

↓フェリーを下りたところの風景。三階建てくらいの家が多いです。店も、住宅も。人通りは結構
ありますが、この先のメインストリートの商店街もずっとこんな細い道です。「人」のサイズの道が
続きます。この島も、自動車の走行は禁止。(ただしこの画像中央にも見られるような、ちょっとし
た小型の車両はたまに走っています。)
f0063645_1832926.jpg

f0063645_13544589.jpg
←ここは、郵便局の建物。

その前にお祭り(かな?)の飾りが出て
いました〜。













↓ディテールをどうぞ。
ウロコのある、龍のような鹿のようなの
は麒麟??

f0063645_1355020.jpg  

↓蓮の花の造花の右下に、生姜のカタマリ発見。表面を紅く染めてありました。これもおめでたい飾
り?どんな意味がある飾りでしょうか。

f0063645_13552233.jpg

↓町のメインの通り。心身共に居心地のよい土地には、欧米人が多く住みますね。昔ながらのローカ
ルな店の間に、バタ臭い(←どうです、久しぶりに使うと新鮮で適切な気のする言葉です)お店もチ
ラホラ。 

f0063645_13554641.jpg

f0063645_13561046.jpg
あっという間に商店街はとぎれて...

さらに先に進むと、こんなに鬱蒼とした
緑の小径がずうっと続くのです。





[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-29 14:21 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)

お知らせ その4<特別展 「かこさとしの世界」>

かこさとし(加古里子)さん。言わずと知れた、こども(しばらく前に子供だった人も含めて)たち
みんなに親しまれてきた、絵本の作者。児童文学者。そうそう、工学博士でもいらっしゃる。
今年は絵本「万里の長城」を出され、さらに国際アンデルセン賞画家賞の日本代表にノミネートされ
たのだそうです。
さらに、現在鎌倉の鎌倉文学館にて
「子どもたちへ、未来へシリーズ1 特別展 かこさとしの世界
が開催されています。

f0063645_2395472.jpg
●期間:2011年7月16日(土)
     〜9月25日(日)
●場所:鎌倉文学館→サイトはこちら

鎌倉文学館は旧・前田侯爵家別邸。場
所は由比ヶ浜で、夏のひととき、ちょ
っと足を延ばして気分転換をなさるの
にも、もってこいかと...。

江ノ電に揺られて由比ヶ浜へ。文学館
で展示を観たあとは、同じく由比ヶ浜
駅近くにあるすてき〜なお店scrumpci
ous
(スクランプシャス)に立ち
寄って、それから海辺までお散歩する
のなんていいでしょうねえ♪うん。

絵本「万里の長城」も頂いて、丁寧に
読みました。
わかりやすく、壮大で、単なる万里の
長城の子ども向け解説本ではありませ
ん。今の時代にこそ、こどもも、大人
にとってはさらに読む意義のある本だ
と思いました。ですのでこれについて
は改めて書きたいと思います。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-28 03:19 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

お知らせ その3<ミニ個展>

埼玉県入間市の建築家、増岡徹さんと陳雅琳さん。お会いするたび、その気さくで温かい人柄に、知
り合えてよかったなぁと嬉しくなってしまうのですが...。
そのご自宅の敷地内に、お二人の新しい仕事場が完成しました。今週末、その見学会があります。
これに合わせたイベントに、私も参加することになりました♪以前倉敷などで発表した絵ではありま
すが、いくつかの作品を展示する予定です。展示数は多くありませんが、「牡丹邸(遊園驚夢)」の
屏風も飾るつもり。それから、手頃な価格のポストカード大の額入りイラスト(プリント)も用意し
ました。
オープンな展示ではなく、MAS/AN増岡設計室の仕事場の「川辺のスタジオ-オープンイベント-」に
合わせた展示ではありますが、ご興味がおありのかたは、お二人のブログをご覧の上問い合わせくだ
さい。
●詳細とお問い合わせはこちら→増庵 Blog(増岡徹さんのブログ)
               YALIN note(陳雅琳さんのブログ)
●増岡設計室のサイト→MAS/AN 一級建築士事務所 増岡設計室
 
f0063645_216296.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-28 02:23 | イラストの仕事 | Comments(0)

お知らせ その2<どつぼ列車第5段「しらさぎ2号」/第6弾「メモリアルしおかぜ」>

あの四国のどつぼさん(坪内政美さん)から、お知らせがきました。企画が二つも相次いで実施され
るとのこと。またしても、命知らずな日程(どつぼさんにとって)だなぁと呆れつつも、内容充実の
企画ですので私からもお知らせします。

まずは。えらく長いタイトルですが...

f0063645_0391237.jpgがんばれ東北!応援大貸切列車
どつぼ列車×株式会社片上鉄道/会津鉄道株式会社
 =「しらさぎ2号」


f0063645_1115893.jpg<以下、どつぼさんのチラシから転載します。>
東北地方大震災に遭遇
私たちは飼い猫の『駅長猫コトラ』とともに、津軽鉄道での
イベントへ参加するため、青森県へ行く途中、山形県旧日中
線熱塩駅にて地震に遭遇しました。無我夢中でその日から3日
かけて広島まで戻りましたが、何もせず、自分たちだけ逃げ
て帰ってきた、という思いが、私たちから離れませんでした。

動物駅長つながりで交流のある会津鉄道さんから、コトラに来てほしい、と呼ばれていった際、『観
光で会津を訪れる人は皆無であり、風評被害は払しょくできていない』との会津鉄道社長の言葉を聞
き、私たちができることは何か?と、自問自答しました。

鉄道ファンができること
鉄道にかかわり、鉄道が大好きな私たちに何ができるか?を考えました。義援金を募るよりも、早
く、直接売り上げにつながってほしい。鉄道会社さんや、周りの観光業の方に、直接気持ちが届く方
法はないか?と考え、鉄道を利用し、周辺の地域のお店を利用することが、地域の方へ、微力ながら
できること、だと考えました。そこで、会津鉄道さんにお願いし、この度、貸切列車を走らせること
となりました。
株式会社片上鉄道ホームページより

●日時:2011年8月20日(土)〜21日(日)
変更になりました。9月23日、24日です!/参加定員 100名
●参加費用:15,000円←貸切列車の運賃・指定料金、特製弁当一食、記念品数点、宿泊費
 (一泊一食付き)、諸経費を含む。
●会津鉄道株式会社 

●会津田島〜芦ノ牧温泉(予定)

詳細は株式会社片上鉄道のサイトへがんばろう東北!-旅行の詳細-

f0063645_1101339.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次のは四国でのイベント。

f0063645_1344159.jpg四国名物 どつぼ列車第6弾 初の予讃線発車!
「メモリアルしおかぜ」


●日時:2011年9月18日
●高松〜伊予西条(予讃線特別ダイヤ)
●参加定員:60名 
●参加費用:12000円(予定)

■往路  高松9月18日日曜日8時ごろ出発。★多度津でも乗車できます。
・随所でバカ停実施※バカ停・・・バカ長い停車のこと。
・途中フォトランバイ実施予定。ボンネットバス出動か?
・高松駅弁料理長の腕の見せどころ、名物特製駅弁登場!
・臨時駅「津島ノ宮」駅徐行運転(ほんとは止まりたい・・)
・愛媛県内なつかしの車販同乗!車販お姉さんの放送を聞き逃すな!
・謎のおおぼけ物産展車内で開催か?
・鉄道文化館入場大見学会  ・記念スタンプ登場
・ボンネットバスでいく水の都めぐり
・伊予西条駅長公認?しおかぜ号留置大撮影会
■復路  ・またもやフォトランバイ実施予定。ボンネットバス出動か?
・途中駅から香川名物乗車予定
・記念品即売  ・歴代どつぼ列車スタンプ大集合
・噛み噛み主催者あいさつ  19時30分ごろ高松着上の名前で検索するとでてきます。
その他懲りずにサプライズ思案中!

ご注意
●フォトランバイ(先回り撮影)にかかる費用(他の列車を利用を含む)は、自己負担でお願いしま
す。
●また、タクシー利用については自らで手配してください。
●今回の沿線道路は大変混み合います。場合によっては列車に追いつかないことがあります。
●乗り遅れについては責任を負いかねます。
●都合により編成・ダイヤ・内容は急遽変更になることがあります。
●お座席は基本自由席とします。ご希望に添えないことがあります。

申し込みは dotsubo7@gmail.com(左記のアドレスの全角@を、半角の@に換えてメールをお送り
ください。)
締め切りは2011年9月10日です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<補足>どつぼ列車 オリジナルのチラシはこちら
お知らせ 補足<どつぼ列車第5弾「しらさぎ2号」/第6弾「メモリアルしおかぜ」チラシはこ
れだ!> 


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-28 00:18 | イラスト付き | Comments(0)

お知らせ その1<新刊「香港○○的裏グルメ」が出ます!>

こももさんこと、池上千恵さんのブログ「お江戸から芝麻緑豆」で、既にご存知のかたもいらっしゃ
ると思いますが、池上千恵さん・著、小野寺光子・イラストの新しい香港本、
 
「香港○○的裏グルメ」が9月上旬に発売されることとなりました!
これはもちろん、前作「香港女子的裏グルメ」に次ぐものなのですが...○○の部分は、まだナイショ
です...。

今回は、私も取材に同行。香港は、やっぱりしみじみ好きな街でした。歩いた場所は自分だけで行く
ときとは少し違う場所。だけれども、大好きなテイストの場所ばかりなのでした。
スタッフの皆さま、ほんとうにお世話になりました。
実際に行っただけのことはあると誰もが思う絵になっていたならよいのですけれど...ドキドキもので
す。(心細い。)香港の魅力、私がいいなぁと感じるニュアンスがイラストから少しでも伝わったな
ら、うれしいのですが。(ああぁぁぁ心細い!!!)
追記:大事なことを書き忘れました。私がいいなぁと感じるニュアンスが出ることも、も
ちろんですが、その前に、こももさんが「いいなぁ」と思う香港のイメージがちゃんと出
ているかどうか、それがたいせつなんです〜はてさて。どうかなあ。
こももさんの「香港○○的裏グルメ」についての記事はこちら。
                    →blog:お江戸から芝麻緑豆「どもども

取材の合間に、香港在住の友人・知人...香港人だったり日本の人だったり...ともお会いしました。短
い時間だったのに付き合ってくれてありがとうございました。イラストには、取材の時間に加えて、
そんなひとときの愉しかった記憶も盛り込まれている...ハズ。そうだといいなぁと希望します...。

香港好きのかた、池上さんファンのかた、香港をあまりしらないかたも、是非お楽しみに!

↓こちらは既刊の「香港女子的裏グルメ」の表紙とイラスト。さて、今度の本はどんな表紙になるの
かな〜?(私もまだ知りませぬ。)

f0063645_23543672.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-27 23:56 | イラストの仕事 | Comments(6)

2011年、香港。<わたしが今ほしいもの>

ひと山の仕事を終えたら、ひと休み...といきたいところですが、まだまだお山はいくつもあって(仕
事をバリバリこなしているとか、そういう華やかなことではありませぬ)簡素な脳みそと重たい体を
併せ持つ私は今も混乱中です。一つ一つは楽しいことややりがいのあることなので、どうこなしてい
くかにかかっているのですが。

今日もまだそれほど暑くはなくて、のぼせやすい私は助かります。が、これから本格的に来るわけで
すよね?暑さ!こわい、こわいよう、暑いの苦手、湿度の高いのもっと苦手。台湾や香港のような蒸
し暑い地方に住む人たちのさまざまな知恵に学んで、なんとか健やかに夏を乗り切りたいです。

で、考えました。
自分の普段着。綿・麻混紡の藍色の無地の布。襟の高さの低いチャイナカラーのシャツ。そしてパン
ツ(←下着のほうじゃなくてズボンのほう)も同じ布で、膝丈でウエストはゴム。ゆったりしている
けれど、着ぶくれしない形で。
 着るものはこれを上下3〜5着ずつ、これだけでいい。
靴は清朝スタイルの功夫靴。刺繍なんてない、黒い布製・革底のもの。
以上を身につけていれば、服を着るウキウキした気持ち(色・形)、体が楽ちん&涼しいことなど、
私の気持ちの全てを満たすことができそうです。これがあればあんまり、色々いらないの。

....でも、どうやって希望にピッタリのモノを手に入れたらいい???まさか自分で縫うしかないと
か...?できるけど、時間ない・体力ない・めんどうくさい...コマッタナー

それから、紫外線には日焼け止めを塗ってはいますが、ときには帽子もほしい。そんなときは
是非、これ↓をかぶりたい!!色々考えたけど、この形がいいんです、私には。はいっ。香港では、
お掃除のおばさんがかぶっていることが多いみたい。

f0063645_1363133.jpgf0063645_1373375.jpg

....でも、どこで買ったらいいの?????ほしいんだけど。

次回、香港ネタの合間ではありますが、「お知らせ」しなくちゃいけないことがたまってしまいまし
たので、それを載せることにいたします〜。どつぼ列車、かこさとしさんの本や展覧会の話、私のミ
ニ個展(今週末!)など。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-26 13:12 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

2011年、香港。<坪洲島へ行こう 8>

ご無沙汰いたしました。
とりあえず「いま取り組んでいること以外、考えられな〜い。没頭したい」という状況は一段落。ブ
ログに復活する次第です。
一仕事終えて思ったのは、今回「イラストを描いても描いてもちっとも進まない、仕上がらない。
やけに時間がかかる」ということ。これは歳で体力が落ちて、描いているつもりでたいして腕が動い
ていないのか?集中しているつもりで、少しも集中していないのか?
が。描き終えたイラスト全部を見返してわかりました。そりゃ、体力や集中力のこともあるでしょ
う。けれど、なによりの原因は、イラストのテーマに思い入れがあるものだから、必要以上に丹念に
描き込み過ぎていたから、のようです...。「イラストを見た人に、私が感じたことを間違いなく伝え
たい」「あの雰囲気も、こんなニュアンスも伝えたい」と肩に力が入りすぎて...??
必要以上に描き込まないで見た人の想像力をかき立てる。余韻を残す。サラリとした軽さ...そんなも
のが大切だっていうのは重々わかっているのに〜!由々しきことだ〜。コマッタナ〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
では、途中になっていた坪洲報告。
長い滞在ではありませんでしたが、懐かしさに満ちた島ですっかりリラックスいたしました。名残惜
しいけれど、香港島に戻らなくては。港...というか船着き場に戻りま〜す。

f0063645_0344654.jpg

私が乗る船ではありま
せんが、こんな楽しげ
な船も泊まっていまし
た。

珊瑚海小輪有限公司の
喜靈洲行きの船。

露坪街坪洲渡輪碼頭(フェリー乗り場)に行くと、うらぶれ〜たゲーム機が並んでいました。まだだ
れか使う人はいるのでしょうか?

f0063645_035914.jpgでもこれ、ゲーム機っ
ていう代物なのかな?
UFOキャッチャー?
それとも自動販売機?


マジックでなにか書かれています。落書きじゃなくて...メモ?いえ、多分何かの説明書き...。
似たような光景をどこかで見たような...そうそう、坂出@香川県の新旧自販機立ち並ぶ怪しい「世界
のたばこ」。それと沖縄取材で見かけた古いゲーム機だわ..。

↓中にはどんなおもちゃが入っているのかな?...と思って近づいたら...

f0063645_0353714.jpg
種類はただ一つ。
「きりんさん」のみ
だった。....だれか使
う人はいるのかなぁ..
...。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-24 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

近況メモ

ひゃ〜前回の投稿から、また何日も経ってしまいました。
更新もできず、なによりコメントをくださったかたに御返事も書けず、まことにごめんなさい。
只今仕事や用事にてんてこ舞い中。パソコンに近寄るのは資料調べの検索に使うときばかりのこの頃
で、寂しい限りです。香港の続きを読みたいと思っているかたがいらっしゃるのかどうか、わからない
のですけれど、私には書きたいことがあるー。とにかくがんばります〜。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-15 17:35 | 思ったり、考えたり... | Comments(2)

2011年、香港。<坪洲島へ行こう 7>


f0063645_16535789.jpg

前回の石造りの家をご紹介して思い出しました。
船から下りて、天后廟までの露坪街。この露坪街にも、石造りの建物はあって、こちらは百年ほど
経っているのだとか。香港三級歴史建築に指定されています。
坪洲石屋/TRADITIONAL GRANITE HOUSE」
地図はこちら→2011年、香港。<坪洲島へ行こう(1)>
住所:坪洲永安街46-49號 (個人所有)
1936年には既にここに有ったようです。花崗岩で造られた石屋。



[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-07 17:24 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)