<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

川島小鳥「未来ちゃん」

すごく評判で、売れに売れている写真集だから、別に私が買わなくても...本棚も一杯で、蔵書の整
理・処分中だし...と、買わない理由を急いで挙げてみたのだけど、すぐに写真集の放つ強い輝きに負
けて、本を抱えて家に帰りました。
写真家川島小鳥氏の「未来ちゃん」

f0063645_230798.jpg

価格: 2100円
単行本: 204ページ
出版社: ナナロク社 (2011/3/22)
言語 日本語
ISBN-10: 490429209X
ISBN-13: 978-4904292099
発売日: 2011/3/22
商品の寸法: 22.6 x 15.2 x 3 cm

『デジカメWatch』というサイトに、今月24日に終了した渋谷パルコ パート1での川島小鳥写真展
「未来ちゃん」
のレポートがあります。

元始、女の子は実に、どろっぱなを垂らす太陽であったんだね ♪ (cf:平塚らいてう...すみません)
大人になった女のひとだって、周りの目だの、処世術だのを気にせず、すっぴんの性格になってしま
えば、ほんとうはこういう生き物なんだけどね...って思いました。

あ、そうそう。装丁はあの祖父江くんなので、本を実際に手にとっていただければ楽しさ倍増です!
手にとって、カバーもカバーをとったところも、み〜んな見ないとだめですよう!祖父江くん、素晴
らし♪
<どうでもいい追記>そういえば、この女の子、絵本作家片山健さんの描く子供みたいな顔してる。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-30 11:36 | | Comments(10)

街の灯りがとてもきれい...ならいいな。

出かけると、街のあちらこちらで、節電のため工夫をこらして電気を消しています。地震の直後か
ら、以前よりは格段に暗くなりました。けれども、これで案外悪くないような気がします。
こういうのをどこかで見たような...そう、ヨーロッパの街みたいだ、と思ったひと、多いみたいで
す。twitterでデザイナーの原研也さんもそんなことをつぶやいていたっけ。ヨーロッパだけではあり
ませんよね。夜景を誇る香港だって、メインストリートから一本入っただけで、結構な薄暗がりの通
りになります。あれ、いいなぁ。私は香港のギンギラの明るさを好いているのではなく、ぼんやり暗
い路地と、そこにある人の暮らしのにおいが感じられるところが、好きです。

別段、コンビニは真夜中にまでビーム照射かと思うほど煌々と輝いていなくていい。自動販売機も、
あそこまで明るくなくていいです(←都のだれかさんに言われて自販機を規制するのはいやですけれ
ど)。全部が全部明るいこと、やたらに便利を追求することは、「豊か」ということの証しではな
い。

とはいえ、応急処置的に電灯を消してしまったため、今、足りないものは、街全体で計算された『美
しさ』ではないでしょうか。それに、暗すぎて足元があぶなっかしい階段や、よく見えない表示も多
い。

...というわけで、今の私が(心の中で切に)願っているのは、節電モードにおさえたまま
街の灯り全体をデザインし直せたらいい
のに...っていうこと。
街を根本から
  「今までより暗いけれどそれを感じさせない美しいバランスの照明」で
  「安全のための要所要所は満足いくように照らす
というふうにできたらどんなにいいだろう。

ひたすらどこもかしこも明るいなんて、大体が日本の文化でもないはず。パリのレストランじゃない
けれど、女の人が美しく見える灯りになったらいいのに♪(男のひとの精神にも必ずやよい影響があ
るはず。)女のひとが、青ざめて疲れたように見え、シワが一層深く強調されるような光はご免だ。

人間には美しさというビタミンはいつだって必要だし、美しければ満足できること、我慢できること
ってまだまだたくさんある...よね?




[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-29 23:55 | 住むこと暮らすこと | Comments(2)

近頃の夕飯<生煎>

最近、仕事で「生煎(shengjian)」の絵を描いたら、ただちに自分でも食べたくなってしまいまし
た。
生煎は、日本では「焼き小籠包」と呼ばれることも多いようですが、小籠包を焼いたのとはちょっと
違います。生地は、小籠包の皮に近いものもあるようですが、多くは発酵させた小麦の皮で包み、中
の肉餡には、煮こごりのスープがたっぷり。大きさは肉まんよりグッと小さいです。これを香ばしく
蒸し焼きにしたもの。フワァ〜ッと上がる湯気、底の部分がカリッとして中から肉汁のスープがたっ
ぷり...

ああ、食べたいなあ。

そうなると、頭の中にはそれしか浮かんできません。もう、作るしかないですよね ♪
塊肉をスライスしてから、とんとことんとこ、包丁でたたいてひき肉状にします。そこに、鶏ガラ
スープにゼラチン(寒天でもいい)を加えて冷やしておいたものを細かく刻んで混ぜ込んで(詳しい
作り方は、「生煎 作り方」とか「生煎包 レシピ」で検索してみると出て来ると思います)、イー
ストで発酵させておいた皮を、水餃子の皮の要領で丸く広げます。それで肉餡を包む。

↓こんなふうに。
※写真が二つ横に並んでいるものは、クリックすると拡大してご覧いただけます。)

f0063645_1751513.jpg

f0063645_17512840.jpg
こうやって、まずは焼き付けて...

f0063645_17521533.jpg
熱湯をジュウウ〜ッと加えて蓋を
し、蒸し焼きにします。

お湯がなくなってきたかな?まだあるかな?ちょっと蓋を開けてみました...。

↓あとちょっと。

f0063645_1753159.jpg

f0063645_1755583.jpg
そろそろOK!

↓で〜きたっ!!

f0063645_17591123.jpg

反省点はあります。皮で包んだあと、他の用事で少し時間がかかってしまいました。それで、必要以
上にふっくらしてして大きい!
けれど、味はまあ....大丈夫。おいしい。

その他の、メニューは次の通り。

f0063645_1843131.jpg
ビンボー蝦なし酸辣湯(サンラータン)
トマト入り


f0063645_1811592.jpg

青梗菜のミルク煮 枸杞入り

f0063645_18123238.jpg
セロリの塩炒め

味付けは塩のみ。
セロリが鮮やかな色になったら、炒め終
わり。胡椒は入れない。歯ごたえがいい
です。

f0063645_18143192.jpg
生煎が上海のものなので、もうひとつ上
海家庭料理を付けましょう〜。

そら豆と高菜漬けの炒めたものを。
咸菜豆瓣
そら豆を崩しながら炒めます。そら豆と
漬け物がこんなに合うとは...と、毎回感
心します。この時期限りの鮮やかな翡翠
色。



[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-27 18:22 | おいしいもの | Comments(14)

メモ(放射能について私がチョロチョロ見ている参考資料)

●ご存知、「team nakagawa」
東大病院放射線治療チームによる、原発事故に関して正しい医学的知識を提供しようとするブログ。

科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体 FOOCOM.NET/専門家コラム 編集長の視点
  :超訳・放射能汚染1〜疫学が示す「年間100mSv未満は大丈夫」
  :超訳・放射能汚染2〜毒性学の建前は「極力低減」
科学ライター松永 和紀さんによるリスクに関する情報と解説。丁寧でわかりやすく、頼もしい記事。
なぜ、安全と言いきってくれないのか不安に駆られた人には特におすすめ。この連載はまだ続く...の
かな?好きなサイト。

●文部科学省による都道府県別環境放射能水準調査結果のサイトはここ

●こちらは地表100cmでのモニタリングを集めているサイト
   :放射線・原子力教育関係者有志による全国環境放射線モニタリング


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-27 02:03 | 住むこと暮らすこと | Comments(0)

今更ながら...<謝謝台湾計画>

もっと早くにこのブログにも掲載すればよかったのですが...。

どの国よりも、隣人として...というより、身内のように、震災の後、世界一援助してくれている台
湾。ところが、日本政府の出した海外7誌への義援金のお礼広告にも、中国に対する政治的配慮か
ら台湾へはお礼広告無しでした。人と人として、ということなのに、なんだか寂しいなぁ..というこ
とで、民間の有志から台湾の新聞に御礼の広告を出すという計画があります。
「謝謝台湾計画」です。資金を集めて、余剰分は日本赤十字社へ、というもの。

概要はこちら→ Pouch:「謝謝台湾計画」で寄せられた募金、想定外の膨大な金額集まる!!謝謝台
湾計画」で寄せられた募金、想定外の膨大な金額集まる!!」

募金は18日から集め始め、本日26日の15時で締め切り...すみません。

 ●「謝謝台湾計画」ブログ→「謝謝台湾計画の趣旨と概要
     →「振り込みの前に必ずお読みください

ご存知の方も多いと思いますが、台湾は今回の東日本大震災のため、いち早く救援隊を派遣してくれ
ました。政治上の問題から待たされ続け、「自己責任」「民間組織から」という条件付きでの派遣で
した。
また、ネットで中継をご覧になったかたも多いと思いますが、3月18日には4時間半に渡る「相信希
望 Fight & Smile 賑災晚會
」という震災チャリティー番組がありました。国家元首から各地の市
長さんたち、たくさんの芸能人、経済界のかたたち、ふつうの人たち総出で、熱い励ましの言葉の
数々、歌声、そして巨額の義援金を寄せてくれました。こういうときの素早い行動力、直球の温かさ
は本当に心に響きます。義援金は番組の間だけでも21億円を超えました。その後も止まることはあ
りませんでした。
台湾は九州くらいの大きさ、人口2.306万人平均年収150万円くらいと聞きます(正確でなかったら
ごめんなさい、訂正しますから教えてください)。そこから、4月17日の時点で義援金の総額が140
億円を超えました。
膨大な支援物資や、「地震が落ち着くまでステイして良いですよ、旅費も出しま
す」などの親切な呼びかけも絶えません。金額の問題ではなく、気持ちが、ほんとうに嬉しいので
す。謝謝台湾!

 ●<参照>ブログ「F4迷のひとりごと るるるF4♪」
       :台灣のみなさま 世界各国・地域のみなさま ほんとうにありがとうございます 1

※それにしても...「相信希望 Fight & Smile 賑災晚會」でも聴くことのできた費玉清の歌声には、本
当に心が洗われる...。流行とか、全く関係なく、何度聴いてもいい。誠実であたたかく、清らかな川
の流れのようです。うん。(ね、*やん*さん♪)





[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-26 12:16 | 思ったり、考えたり... | Comments(8)

直前のお知らせですが<すざき ちえ シャンソンの夕べ>

私の、大好きで大切なお友達の一人、すざきちえさんが、またシャンソンのライブを行います。

f0063645_1172380.jpg

今回は、ライブ決定後に大震災があって、歌なんて唄って良いのか...と落ち込んだそうです。けれど、
ピアニストの中上香代子さんから「今唄えないなら、唄い手なんかやめちゃいなさい」という一言に力
づけられ、チャリティーコンサートとして唄う、と決めたそうです。当日の収益はカリタス
ジャパンを通じて被災地に義援金として送られます。

シャンソンに限らず、テクニックはすごくても「唄い手と曲のイメージがどことなく合わない」とか
「うそっぽい」と感じさせられるとイヤなものですが、彼女は人柄も、人生もまさにシャンソンその
もの。なんというんでしょう、色々なことがあっても(多分ね)、純粋でいやしさがみじんも感じら
れない人。フランス語ではなく、日本語で歌うのですが、さまざまな人生が、ものがたりや映像に
なって見えてくるような気がします。今回は、チャリティーということもあり、恋愛ものの歌は少な
いというように聞いていますが、今回はどんなすざきさんか、楽しみです。

お時間の都合のつく方で、ご興味がおありになるかたは下記にお問い合わせください。
  ●すざき ちえ: chikorinn★gmail.com(★の部分を@に置き換えてメールしてください。)
  ●またはこちらのコメント欄に鍵のコメントで書き込んでくださっても大丈夫です。
会場:Ginza Visse銀座一丁目サロン
 東京都中央区銀座1-14-4 プレリー銀座ビル2F
03-3538-1591

f0063645_1175079.gif

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-25 01:23 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)

駅構内の表示

節電のために、駅構内の「○○番線 ○○方面」なんていう表示の電気が消えていますね。遠くから
だとよく見えなくて、近寄ってじーっと見たりしています。近寄っても読みにくいなあ。通勤通学で
通い慣れた人はいいけれど、初めて駅を利用する人は緊張してしまいますねきっと。(そういう人の
ために案内表示はあるはずなのですけれど。)
いえ、煌々と明るくしろと言いたいのではないのですが...昔っから、案内なのによく見えないとか、
みんなに話しているはずなのに聞きとりにくい小さな声とか...そういうのが苦手なんです。
節電するならば...いっそ、昔のホウロウ看板(なのかな?よくわからないけれど)みたいな表示のほ
うがどれだけ読み取りやすいか、と思ったりします。私にはあれで充分、夜になったら電灯で照らし
てくれればいいです。きっとそれではダメだから、今の形になったのだとは思うんですが。

それにしても、あのウルトラマリンかコバルトブルーの地に白抜きの文字、またはその逆のあの表示
は、なんと読みやすいのでしょうか。遠目でもわかりやすいし、ウツクシイナァ。まあ、私は単なる
ホウロウ看板好きなのかもしれない。(下の画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。)

f0063645_23305544.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-24 23:35 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

近頃の夕飯<清蒸鮮魚>

元気の出る食事、というと中華料理です、私には。それも、香港や台湾あたりの、新鮮であっさりし
た中華料理がよいんです。そこで..

近くの角上魚類に行ってみたら、ぷりんぷりんの黒い魚が目に留まりました。クロソイという
魚です♪カサゴ目フサカサゴ科メバル属...なんだそうです。店では「煮魚によい」と書いてありまし
たが、クロソイは私を見つめて『蒸してください、ねえ、お願い!』って、言っていました、いえ、
ほんとうですってば。私はまだクロソイを食べたことがなかったのですが、どう見ても、むっちり柔
らかな食感が期待できる容貌。頭の中で香港の「石斑魚(セッバンユイ)/ハタ」を思い浮かべつつ
買い物籠へ...。


f0063645_2371468.jpg
直径30cmのセイロから、どーん
と出てしまう。
このボリューム♪
魚の下には、ネギの青い部分など
を縦半分に切ってスノコのように
並べます。そうすると、上記の通
りがよく、ネギの香りも移るとい
う寸法。

結局、蓋をかぶせながら、クロソ
イにはシャチホコかヨガのような
ポーズをとってもらい、それでも
閉められなくて、シッポに骨折し
てもらいました...。

f0063645_240517.jpg

はぁい、蒸し上がった!ことなく目が恨めしげに見えるのが気になりますが...まあ、いいか。
蒸し上がったら、蒸し汁と紹興酒、醤油などを合わせてタレを作ります。
そして、フライパンで煙があがるほどに熱した油を、白髪葱の上からジュウゥゥゥゥッとかけて
来上がり。清蒸鮮魚です!


f0063645_2443021.jpg
涼拌四季豆/さやいんげんの生姜和え

さっと茹でたさやいんげんを、醤油・
塩少し・砂糖・ごま油と細切りの生姜
とで和えたもの。

f0063645_2441159.jpg
XO醤青瓜/きゅうりのXO醤和え

軽く塩をしてしんなりしたきゅうりに
XO醤を加えて和えるだけ。
XO醤にもともとコクもうま味も油分
もあるので、これで和えるだけです。

キュウリを、もっとコロコロに切って
も歯ごたえがあっておいしい。

f0063645_014044.jpg
魚に添えた青菜(これはかき菜だった
か?)の葉先はスープの青味に。
春雨・椎茸・ねぎなどで適当に作った
スープなので名前はとくになし。
干し椎茸を水に浸したものが冷蔵庫に
常備してあるのですが、その戻し汁と
鶏ガラスープで結構よい味になります。

f0063645_2451570.jpg

ロ査 ロ窄彩り豆のおしるこ

マレーシア風おしるこ。
何種類もの豆で作るあっさりした甘さのおしるこ(糖水)。ええ〜なんてえらいんでしょう、光子さ
んたら、何種類も豆を煮たの?と思っていただけたでしょうか?ウケケッ。ほんとうは、茹でた数種
類の豆の冷凍パックと、ゆでたひよこ豆の缶詰をちょっとの間甘く煮ただけです ♪
仕上げにココナッツミルクをタラリと加えます。豆とココナツミルク好きの私には堪えられないデ
ザート。

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-24 02:49 | おいしいもの | Comments(6)

義援金・支援先いろいろ

日本赤十字社はもちろん、だれもが思い浮かべる義援金の窓口でありましょうから、これは各自でお
調べくださいね。
こちらには、私が個人的に「この活動を支援したい」「共感する」というものを挙げてみました。既
にご存知のかたも多いかもしれませんが...。
 
LIFE311
新聞でも紹介されていましたね。岩手県住田町に木造仮設住宅をつくるプロジェクト。住田町は、陸
前高田市、大船渡市、釜石市に隣接する林業がさかんな自治体です。

「被災地周辺の地域産材を活用した木造仮設住宅を、被災地に暮らす人たちとともに作ります。東北
の森のリソースを活用しながら、被災地に新しい雇用を生み出します。外部からの支援だけではなく
地域の力で地域を復興していくための支援を実行します。自治体、業界団体、企業、生活者にいたる
まで、あらゆる方面のネットワークを構築します。「働」を生み、「住」をつくり、そして失われた
「LIFE」を再生します。」(サイトより引用)

くわしい内容はサイトをご覧ください。→LIFE311 more Trees被災地支援プロジェクト 
 
こちらは、一口500円から募金できます。目標支援額3億円!!

仮設じゃない「復興住宅」プロジェクト(by NPO天然住宅バンク)
「復興の際には、家の材料になる木材や建設のための人材は被災地の中で賄い、地域の雇用や産業に
つながる仕組みでなければなりませんし、居住環境も可能な限り快適なものにすべきです。しかし、
今進められている復興計画や仮設住宅は、残念ながらそうではありません。それならば、私たちので
きることを実行し、あるべき理想像を作ってみよう!その想いから、『仮設じゃない「復興住宅」プ
ロジェクト』を立ち上げました。」(サイトから引用)
こちらの出資・寄付は5万円からです。

多田自然農場/多田克彦さんの活動
辰巳芳子さんがとても信頼していらっしゃる、岩手県遠野市の多田自然農場/多田克彦さん。こちら
の農場のヨーグルトやバター、納豆などを注文してみたら、あまりのおいしさに目がまん丸になって
しまいました。農場そのものが、ここに運ばれてきたのではないかと思える新鮮な野性味を感じるの
です。それで、ブログを拝見するようになりました。
今は釜石市を中心に支援活動にも尽力されています。日々刻々、また避難所によっても、支援しなけ
ればいけない内容が変わる...というのはよく聞きますが、ブログをさかのぼってずうっと読んで
いく
と、そのことがリアルに伝わってきます。
多田克彦さんの活動を支援したいかたは...

① みずほ銀行 市ヶ谷支店
口座番号   1801466
口座名    多田克彦
② 郵便振込
口座記号番号  02320-7-28113
加入者名    多田農場
※新しい口座が開けない為に、多田さん個人の口座が、活動支援金の振込先となっています。
●多田さんのブログ:多田自然農場「東日本大震災 最前線レポート」
●<参考>辰巳芳子さんのスープ教室のブログ「鎌倉スープ通信」から
 2011/4/11 「食は生死を分かつ」〜久し振りの鎌倉教室で 
 2011/4/15 送り先:多田自然農場と、森は海の恋人運動の活動支援

NPO酒蔵環境研究会
被災地の日本酒を飲んで、復興支援!
これはexite.ニュースで知った活動。国分寺の酒蔵環境研究会(酒蔵研)による、被災した酒蔵を支
援するもので「飲み手が被災した地域のお酒を飲み、その酒蔵の支援をする活動のこと。『お酒を呑
んでボランティア』を略してネーミングされた、その名も『呑みボラ』の参加者を、現在募集中」だ
といいます。

私が「あっ」と思ったのは、「呑みボラ・東北編の第二弾として受け付けられているのが、「男山本
店」(宮城県気仙沼市)とあったからです。だいぶ前になりますが、学生時代からのすてきな友だち
乃くんとサトミさんが気仙沼に住んでいるので、遊びに行ったことがあるのです。港のすぐ脇に、随
分立派な造りの建物があって印象的でした。「男山本店」とありました。
●男山本店のブログはこちら。→男山本店のウェブログ
●その中に、社屋の現況を写した画像がありました。→社屋はこんな状態なりました。
もしや、Googleのストリートビューならば、被災する前の店の様子が写っているのでは...と思った
ら、やっぱりありました。気仙沼港の美しい風景のなかに。ここも行った、歩いたなぁと、画像に見
入ってしまいました。

f0063645_2125746.jpg 
男山本店のサイトは
 →こちら







[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-24 02:19 | 住むこと暮らすこと | Comments(0)

避難所での簡易間仕切り「ボランタリー建築家機構」によるプロジェクト/その後

2011-03-25のエントリーでご紹介した「避難所での簡易間仕切りプロジェクト」ですが、サイトが
更新されて、その活動の様子が具体的に載っています
 新しい”キャラバン”レポートはこちら
  →→http://www.shigerubanarchitects.com/SBA_NEWS/SBA_news_5.htm#report_1

本日4月23日夜のTBS「情報7daysニュースキャスター」でも取り上げられていましたね。
こんなに避難所生活が長引いているのに、着替えは他人の目があるから布団をかぶってする、とか、
夜中でも始終だれかが通路を行き来しているからおちおち眠れない、休んでいるそばを人が歩くたび
床の埃が舞い上がる...なんていう生活が続くのは、耐え難いことです。少しでも改善されれば!

引き続き、応援していきたいプロジェクトだと思っています。

明日4月24日(日)にも、18時から日テレ「真相報道バンキシャ!」で活動が紹介されるそうです。
お時間の都合のつくかたは是非。
支援したいので振込先を知りたいというかた。上記「避難所での簡易間仕切りプロジェクト」のサイ
ト内に記載されていますので、活動の内容もご覧になって、なるほどと思われたら是非!
訂正!>このプロジェクトの放映日ですが、間違った日付(46日とか...意味のわからない日付)を
書いておりました。訂正いたしました!いま太字になっている部分です。失礼いたしました。

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-23 23:57 | 住むこと暮らすこと | Comments(2)