<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「六畳二間庭付き一戸建て・借家」の思い出 6


f0063645_1062869.jpg
その後もガチガチの土を、コツコツ掘り返し続
けました。見る見るたまるガレキの山。その中
から、大きな石と、ただのブロックの破片や鉄
筋を分けていきました。

美しさを見いだせない建築資材のゴミは裏庭の
角に。小さな富士塚のようなものができてしま
った!

大きな石は、花壇の縁に使おうということなん
です。素敵な煉瓦を買ってこようとか、木の柵
でもつけて...なんていう乙女っぽい発想は、な
い。というか、“タダ”のものを利用。


掘り返した土は、↑イラストのような塊になっていて、崩していくのも一苦労なのでありました。
『土ふるい』を買いに行くのも面倒なので、両手でもんだり握ったりして粉砕〜♪

f0063645_1065286.jpg
作業に夢中になって、全身どろまみれでかがんでいたら...

低い塀越しに「もしもし、すみません。御主人...こちらのお宅
の御主人ですよね?ちょっとお話を...」という声が。

顔を上げると、セールスマンの男の人が立っていました。

目が合うと慌てて「あ、御主人じゃなかった、ど〜もすみませ
んっ!」と訂正していましたが、そんなに男らしい後ろ姿だっ
たのか、私。身長152センチ、ぽっちゃり型の御・主・人ね、
ケケケ。

何を勧められたのかは、すっかり忘れてしまいました。

f0063645_1071053.jpg
苦労の末、モミジの木の周りと、縁
台の脇に小さな花壇のスペースを作
ることができました。

(花を植える前、ご近所中の猫が
『おや、いいトイレができてるじゃ
ないの』と集まってきては用を足し
おかげで室内にはずっと濃密な猫フ
ンの臭いが漂っていました。それに
は閉口しましたけど、今では懐かし
い思い出。雨が降ったあと、クリー
ミーになったそれを素手で握ってし
まったときは...哀しかった。)

f0063645_107505.jpg
一仕事終え、縁台に座ってお茶を飲みつつ、素敵な植物や庭造
りの写真集をながめるのは、気持ちのいい時間でした。道路か
らはその様子が丸見えなんですが、あまりそういうのは気にな
らない性格なので。

それより、近所の人たちは庭の様子をよく見ていて、しょっち
ゅう話しかけてきてくれました。塀が低いのも、なかなかいい
もんです。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-28 10:54 | 住むこと暮らすこと | Comments(4)

「六畳二間庭付き一戸建て・借家」の思い出 5

借りた家には、老朽化その他の理由で手を加えなければいけない部分が山ほどあり、やりがいがある
というか、奮起しなければいけないというか....な状態でした。ただ、北側3畳の台所は、白い土壁と
古い木の床の簡素なかんじがよろしく、私には修道院の一隅のように見えました。寒々としていると
いうのは、私にとって大変好もしいことなのであります。『よし、台所から少しずつ手を入れていく
ぞ!』とスケッチブックにイラストで計画をメモしていきました。

メジャーで測ってはメモ、思いついたアイディアをメモ...でもまあ、メモはたった今実現するという
わけにもいかない。まずはここを借りる決め手となったの手入れを先にしようか。花壇を作って
花でいっぱいの可愛らしい庭にする準備をいたしましょう!と、すぐにスケッチブックを閉じる落ち
着きのない私。
スコップ(剣先スコップというやつです)は、私が常備している暮らしの必需品。これで、とりあえ
ず庭を掘り返して土を柔らかくしよう
...それができたら、腐葉土を買いに行こう...と。

f0063645_0274699.jpg

f0063645_0281086.jpg
掘ります。

スコップに足をかけ、ザクッ...あれっ!!???
土にスコップの先が入らない。かたい、固いです!!
力一杯やっても、2センチくらいしか入らない。

f0063645_0283229.jpgなして、土さ こんが かってんだいね!?※(=どうし
て土がこんなに固いのですか!?)」

※これは多摩美の漫研の先輩、ターカさんが「タンマ(漫
研の漫画雑誌)」に描いていたマンガのセリフ。なぜな
のかわからないけれど、ずっと心に残るほど可笑しかっ
た...。固い土やアスファルトを見るたびに思い出しま
す。ターカさん、勝手に使ってすみません。)


まず、土そのものが湿って固まりきっていました。それでも意地になって掘っていると、地面からほ
んの2〜3センチのところに、もっと硬いものが当たります。直径5センチくらいの石か...?と、わっ
せわっせと掘っていくと、なぁんと、大きなブロックだの、建築資材だのがでてくるではありません
か。あと、割れた茶碗とか。花壇を造ろうと思っていたところ全体に埋まっているようでした。

f0063645_0285755.jpg
ううう...私は負けない。

また次の日から頑張るのだ。

可愛い花が咲きみだれる庭目指
して!





[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-26 23:56 | 住むこと暮らすこと | Comments(8)

「六畳二間庭付き一戸建て・借家」の思い出 4

結局庭がゆったりしていることに惹かれ、小さな六畳二間の一戸建てを借りることにしました。庭の
向こう(南側)は4m道路です。
お向かいは、結構大きなお宅で、二階が住居。一階はがらんどうですが、オーナーは仲卸の八百屋を
しており、そこを作業場兼車庫兼倉庫にしていました。残りのスペースは花屋さんが作業場として借
りていました。(花屋さんは主にここでお葬式で使う花の準備をするのです。だから樹脂製の軽い岩
なども置いてある。)八百屋さんも花屋さんも、朝から道路で作業している...とのこと。

さて、朝起きて寝ぼけ眼で木の雨戸をよっこらせと開けますと...あらほんとだ。
    ↓ こんな風景。↓

f0063645_2223119.jpg
庭にはほとんど植木がない
しブロック塀も低い。さら
に、普通ならブロック塀の
低くなっているところに入
っているはずの柵もない。
網戸だってない。

...そんなわけで、窓を開け
たらそれはもう、ほとんど
道路に立っているかのよう

なのでありました。

道路には(というか目の前には)、いつも男の人が3〜5人、忙しく立ち働いているので、朝イチ、
雨戸を開ける際にも“そこそこおしゃれなルームウエアー”程度の服は着ていなくちゃいけないってこ
とか...と思いました。ましてや、スケスケのネグリジェなんか着て雨戸を開けてはいけないんですよ
!...持ってないばかりか見たこともないからそんな心配はいらないけれど。

...そういうわけで、最初から何かと新鮮な驚きに満ちた暮らしが始まったのでした。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-24 23:12 | 住むこと暮らすこと | Comments(0)

近頃の夕飯 <れんこんとスペアリブの煮もの>

ご無沙汰しております(ぺこり)。ブログに書きたいことは山ほどあって、<「六畳二間庭付き一戸
建て・借家」の思い出>なんて、いつ終わるのかわからないほどたくさん思い出すことがある(たい
した内容ではないけれど)のですが、時間の都合で書けません。テレビはあきらめていますが、早く
人間らしく4、5時間以上寝たり、郵便局や銀行に行ったり、髪を切りに行ったりしたいです。が、要
領の悪い私はしばらく無理か...。
近所に住んでいて、私の様子をよく知る友人は、私がブログに料理の写真を連続してアップしている
と「あ〜、ここのところだいぶ忙しくて煮詰まっているね?」と言います。わぁ、よくわかったね、
その通りだわ。てんてこ舞いの日々には、お料理をブログに載せることが多くなります。体調に合っ
たちゃんとしたものを食べないと、土台からぐらついてしまうような気がして、夕飯は案外まとも。
それにブログに書くにも、料理のネタは気楽に書けます。...というわけで、借家の話をちょっと置い
ておいて、昨日の夕飯を記録することにします。

メインは↓れんこんとスペアリブの煮もの
心身共にしんどくなってくると、よく引っ張り出すのが平松洋子さんの料理の本。れんこんとスペア
リブの煮もの、そしてサラダは、「簡単でおいしいから今日もまた。」という本から。

f0063645_2232978.jpg
蓮根は皮もむかずに
大きく乱切り。
味付けはナンプラー
(魚醤)とにんにく、
酒だけ。
手間がかからず、必
ずおいしい♪時間は少
しかかりますが、ひ
たすらコトコト煮る
ばかり。
口の中で、スペアリ
ブはホロリと崩れ、
蓮根はほっくほくで
す。

f0063645_22323226.jpg
ガルバンゾ(ひよこ豆)と野菜のサラダ
味付けはこちらもシンプル。オリーブオイルと
塩、レモン汁だけ。これが、シャキシャキ、ホ
クホク噛んで楽しいし、野菜の甘味が際だって
新鮮・ジューシー。

f0063645_22325134.jpg
こちらは鶏ガラスープに春菊、豆腐という、
り合わせのスープ
です。


これとご飯という夕食でした。ふう。


さあて、絵を描かなくちゃ描かなくちゃ。集中力、根気、忍耐力、持久力(←自分に持ち合わせのな
いもの)カモーン!


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-23 22:00 | おいしいもの | Comments(0)

「六畳二間庭付き一戸建て・借家」の思い出 3

大家さんとの面接
不動産屋さんの話によれば、前に借りていたのは若い二人の女の子たちで、夜な夜な友達が押し寄
せ、路上に何台もの車が駐車。周辺の、仲卸の仕事で早朝から車を出さなくてはいけない人や、静
かに眠りたいお年寄りからの苦情が絶えなかったのだとか。それで、大家さんは次の入居者には必ず
面接をして、気に入った人しか住ませないと決めたのだそう。

私は私で、下見して、大家さんに確かめたいことがいくつもありました。
「お風呂場のガラス窓(結構大きなすりガラスの窓)が割れているから直して欲しい」
「外壁のペンキがはがれているが、多少塗ってもいいのか?」
網戸が一枚も入っていないが、入れてもらえるのか?」
「ブロック塀に柵がはいっておらず、門には門扉がないが、今後入れる予定は?」
「壊れている部分がかなり細かくあるがその補修は?腐りかけているデコラ張りの風呂場のドアは直
してもらえるのか?」などなど...

さて、大家さんのお宅に伺いました。顔を合わせるなり、人の良さそうな奥さんが「まぁ〜あ!初々
しい!いい感じのかたでよかったわ、ねえあなた!」甚だ真面目そうな御主人が「そうだね、本当
だ。よかったよかった」と、喜んでくださいました。

f0063645_0374872.jpg


あまり喜んでいただくと

なんだか言い出し
にくくなるな...


それでも、大切なことなので、修理の件など質問を致しましたよ!心の中で『だってもう、めっちゃ
くちゃボロボロですし!住める状況じゃないですし!』とつぶやきながら。

そしてその返事は....
「はい♪あの家は大変立派な家ですから、直すべきところはありません!もしどうしても手を入れる
というときは、勝手に直さないで、必ず報告してからお願いします。自分でやったりしないで、どん
なに小さな補修でも、必ずプロの職人さんに依頼してください。
さらに立派に、キレイにしてくださ
いね。これから何十年も保たせるんですし」..と。

なんですってぇ〜〜〜!??あそこまで徹底してボロボロなら、「好きなように改装していいです
よ。あなたが出たら、あとは取り壊す予定ですから」っていうのが、よく雑誌とかに載っているパ
ターンではありませんかっ。なんで壊れている箇所の修理を、私が職人さんに頼む(支払う)の!?

...と、思ったけれど。

大家さんご夫妻があの家を「大変立派な家」と言っているのは、本気のようなのでした。だって
ねえ、都立高校の教諭だという御主人と、人の好い奥さんの暮らしは、今の世の中の人とは思えない
ほどつつましーーーいものだったから。お金がないのでは(もちろん)なくて、それが2人の常識の
ようなのでした。
ガックリです。
「自分で家を改装する」という夢が、電ノコ振り回す夢が、ここに潰えたのでありました。。。

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-16 01:03 | 住むこと暮らすこと | Comments(10)

「六畳二間庭付き一戸建て・借家」の思い出 2

当時、住まいを探すにあたり、とりあえずの条件は「郊外の庭付き一戸建て」「古くて安い」という
ことでした。それまでマンションには住んだことがなく、壁で隔てた集団生活をちゃんとこなす自信
がなかったのです。それに、小さくても庭があれば、電ノコや電動ジグソー、サンダーなどを振り回
したり、金槌をコンコン打ったりもできる。ささやかでお粗末な花壇も造りたかったし、様々なこと
を自分で案配できるのは、望ましいことだったのです。

不動産屋さんにも、「とにかく、ボロボロでいいからどこかないでしょうか」と訊ねたのです。探し
ていた沿線にはなかなかありませんでした。イメージとしては、美大なんかもある地域だったので、
そういう家がゴロゴロありそうだったのですが。中央線沿線か、福生辺りまで行かないとないのか
なぁ...。

がっかりしていると、「あ、一軒ありました。駅から結構歩きますが。大家さんとの面談も必要で
す」と不動産屋のおじさん。それそれ、それを見せてくださいな!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
...と、ここで、『前に住んでいたあの家はどうなったかな』とGoogleのストリートビューに住所を入
れてみたところ...。すごいです。以前も一度見たことはあったのですが、画像が新しくなっていまし
た。東南が道路なので、ぐる〜り家の真後ろ以外全て丸見え。家の外壁を茶色からクリーム色に塗り
替えたようです。築何年になるのだろう...ひゃ〜。当時、庭の角には紅葉の木やアジサイが植えてあ
りました。私が植えたブルーベリーの木もあったはず。そういうのはすっかりなくなってしまったん
ですね。ふむふむ。 ※下の画像は、ストリートビューから拾ってきたもの。以前の画像では人が住
んでいて、鉢植えの花の種類までわかった。新しい画像では、住み手がいない模様。(雨戸に借り主
募集の看板が立てかけてありました。)今はどうなっているかな....?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0063645_022334.jpgf0063645_0225670.jpg当時すでに、そこかしこが壊れていました。
これなら「自分で好きなように手直しして住
んでいい」と大家さんは言ってくれるハズ♪と
踏んで、ここを借りることにしました!


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-15 00:19 | 住むこと暮らすこと | Comments(0)

「六畳二間庭付き一戸建て・借家」の思い出 1

今住んでいるのはマンションなのですが、その前に(若い頃)住んでいたのは六畳二間の一軒家でし
た。そこを借りてりていました。
三畳の台所、それに和式トイレと昔ながらのガス釜で沸かす風呂場がある。とてもじゃないけれど、
あれは「キッチン」だとか「バスルーム」なんて呼ぶものではなく。
普通の住宅街にあって、周囲には17坪とか19坪くらいの土地に二階建てというお宅が多いのに、そ
こだけ30坪ほど。小さな平屋がポツンと建っていました。塀も低くて開放的で、東南角地。4m道路
に囲まれ、どこからも見下ろされている...そんな家に住んでいました。
隙間風はひどいし、湿った地面だったし、何もかもボロボロで...古い家に期待される趣も皆無。
粋ボロ家
でしたけれど、最近妙に懐かしいのです。

f0063645_10271187.jpg
それで、その頃の思い出を、少し書き留めておこうか、
と思います。

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-12 10:28 | 住むこと暮らすこと | Comments(6)

寒い、寒い〜白菜と大きな肉団子の鍋にしよう。

ここのところ急に冷え込んで、机に向かっていても寒くてそわそわしてしまいます。こんな日の晩ご
飯は、湯気がモウモウと立つ鍋物がいいなあ。ちょうど、大きくてみずみずしい白菜があるもの♪

...そうだ、久しぶりにピェンロー(扁炉)がいいんじゃないかな?...と思ったのですが、豚バラがな
い。冷蔵庫にあるのは豚ひき肉。仕方ない、肉団子のピェンローにしてみるか♪豚ひき肉に、戻して
粗みじん切りにした干し椎茸、みじん切りのネギなんぞを加えまして...ここで塩かしょうゆで塩分
を...というところですが。
そういえば、長く漬けすぎた自家製鹹蛋(しおたまご/咸蛋)があるのですが、その白身なんかどう
でしょう?ふと思いつきました。ひき肉のつなぎに、いずれにせよ卵も加えますし。鹹蛋ならちょっ
とした風味もつきそうです。ボウルの中で材料を混ぜて、ひき肉に弾力が出るように、同方向にずっ
とかき混ぜ続けるのはいつもの通り...なのですが....ん!?なんでしょう、鹹蛋の白身を入れた途端、
感触が違ってきました。全体がいい感じにまとまってきて、弾力が出てきたような。
これをかなり大きめの直径5〜6センチほどの団子にまとめました。表面だけ固めたいので、他の鍋で
軽く下茹でしました。

そしてできたのが...

f0063645_8491235.jpg

ジャーン♪

f0063645_8501841.jpg
こちらです。

扁炉よろしく、鶏もも肉のぶつ切りも入っています。ついでに手羽中の半割もあったので入れました。
熱湯で戻しておいた春雨も加えたら、コトコトコト...白菜が柔らか〜くなるまで静かに煮込みます。

何種類かのタレを用意して...いただきま〜す!まずは、具をタレに付けていただき、スープは塩味を
つけていただくもよし、あとでご飯を入れておじやにするもよし。肉の旨味とたっぷりの干し椎茸の
出汁、白菜の甘味、そしてごま油の香りが一体となって、いいスープになってます♪
ところで、肉団子ですが!ちょっと奥さん、大変よ!自分で作っておいて言うのもナンですが、めっ
ちゃ美味しくなってる!食感がプリップリのブリッブリ。
素晴らしい弾力。どうしたことでしょう。
噛みしめると深い味わい。鹹蛋の白身のおかげでしょうか?理由がわかりません。研究しなくては。

f0063645_9235998.jpg

豚肉から出る脂はこの鍋ではとくに、美味しさの素です。が、これは日々の料理なので多少体のこと
も考えて、アクと一緒にある程度取り除いています。かわりに、さきほどごま油と書きましたが、脂
を洗い流してくれる油でもある「えごま油」を仕上げに回しかけました。ですから、案外さっぱりし
た仕上がりであります。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-12 04:05 | おいしいもの | Comments(4)

あわてて作ってあわてて食べた、海南鶏飯(海南チキンライス)

要領の悪い私が、目の前のしごとや用事をこなそうとすると、決意して「パソコンにあまり近づかな
い」ということになります。(メールチェックはしておりますけれど。)
パソコンのそばに行くと、ついブログを書きたくなりますし(書いた方がいいのですが)、書き始め
たらすごく時間がかかるタチですし。文字の入力だけでなく、推敲にも異常に時間がかかります。そ
のうえさっぱりした文章も書けません。さらには「知らない言葉」が気になると、そこからずっと検
索し続けてしまう。困ったことです。
さて、パソコンに近づかないで、家の中をウロウロ動き回っては、「はて、私はなんの為にウロウロ
していたのだっけ!?」と立ち止まり宙を見つめる...。気持ちばかりがあせるあせる。
そんなとき、ふと頭の中に「ジャスミンライス」の香ばしい香りがふっと甦りました。「ジャスミン
ライス
...そういえばここのところ何ヶ月も切らしたままだった。食べたいなあ。今の私にはあの香り
と食感が必要なんだ!」...というわけで、パソコンに駆け寄って、あっという今にお米を注文してし
まいました...。仕事部屋に籠もっているときには、確かにネット通販は便利ではありますが...いいの
かなぁこんなことで。

f0063645_2213218.jpg

外に出かけない。

だけどそのジャスミンラ
イスで海南鶏飯(という
かカオマンガイのような)

を食べたくなった。
...となれば、自分で作る
しかありません。

さぁ大あわてで作ろう。


●鶏もも肉または胸肉に軽く塩をして休ませます。
鶏肉がパサつかないようにゆでます。つまり沸騰したら火をごく弱め、80〜90度くらいで中心まで
火を通す。生姜やネギ、紹興酒も一緒。このゆで汁でジャスミンライスを炊くのです。だから、ポッ
プコーンのような香ばしいかおりに、鶏のだしも効くわけです。ジャスミンライスは、浸す必要もな
いし、すぐに炊きあがるのもいいところ。

●その間にタレを3種用意する。
生姜のタレ老抽(中国たまり醤油=色は濃いけれど、塩辛くない)のタレ、そしてスイートチリの
タレ
も作っておく。先ほどの鶏のゆで汁でのばすので、すぐにできる。
●ゆだった鶏は乾かないように、皮にごま油を塗っておきました。少し冷めたら、適当な大きさに切
っておきます。添える生野菜も切っておいて...ありゃ。急に思い立った料理だから、キュウリがな
い。香菜もない!でも、買いに行くのも面倒なので、あり合わせの材料でがまんする。
●スープも、さきほどの鶏のゆで汁の残りを利用して作りました。残り野菜やシメジなんか入れて。

あわてて作って、あわてて盛りつけ、あわてて食べました。....すっかり幸せになりました。よっし
ゃ!


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-09 22:29 | おいしいもの | Comments(4)

好きで好きで好きな暮らし

アンリ・マティスのアトリエ。
藤田嗣治の住まい。フランスに残る終の棲み家も、日本に居たときの住まいも。
それと、名古屋市近郊にある津端修一さんと英子さんの住まい。

ぶれず、寸分ずれない私の理想、憧れ。理想といってもはるか遠くでピカピカ・キラキラの存在では
なくて、「ただいま」とつぶやきたくなるような親しみやすさがある。暮らしの厚みが感じられて尊
敬したくなる、でも洒落ている。読み込んだ愛読書のようなたたずまい。
丹精を込めて、その人らしい住まいに育ててきた結果にできた、棲み手にとって動きやすい空間。ど
こかで見た「素敵」のイメージを寄せ集めでもなく、その人から生えてきたような、そんな家。
(「断捨離」の価値観とも遠く離れた...。)

そういうのがいい。いいよなぁ。

…なんてことを、つらつらと考えてしまったのは、今、仕事中に集中がふと途切れたからでした~~。
(大汗)

いかんいかん。さ、さ、仕事に戻ろ♪


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-01-05 23:35 | 住むこと暮らすこと | Comments(0)