<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2008年 夏の香港紀行70 <東京へ>


f0063645_22415315.jpg
帰りは、キャセイパシフィック
CX500便。15時発。
乗り込みます...

f0063645_2242974.jpg

機内食です。(飛行機は普通にエコノミーです。)
折角キャセイに乗っているのだからと、中華料理に。ご飯の下に野菜の炒め煮が敷き込んでありま
す。見た目以上に、結構おいしい。キャセイは食事が楽しみ。

(他に機内食で思いだすのは、フィンエアー/フィンランド航空のトナカイのシチュー。あれはおい
しかったな...。)


f0063645_22422427.jpg
眠たくてしょうがないはずなの
に、本を読んだり考えごとをし
ているうちに成田空港に着いて
しまいました。


..............................................................................................................................

大変長い間、『2008年 夏の香港紀行』にお付き合いくださってありがとうございました。
なんてったって、8月7日〜10日のたった三泊四日の滞在だったのです。が、たまにはブ
ログをご覧のかたがたと一緒に香港を歩き回るように書いてみたいと思いたち、詳細に報告しているうち
に11月を迎えてしまいました!ひゃぁ〜寒い。(呆れてものも言えないという方が、多分そこに
も、ここにも、あっちにも.....。)

お金を持って行けば誰にでも買えるもの、手に入るもの、体験できることというのがわかりやすいの
ですが、できたらそのどれでもない何か...うまく言い表せない香港の魅力が少しでも伝わったらい
いなというかすかな期待がありました...。力不足でお伝えしきれなかったと思いますが、リピー
ターのかたはもちろん(おススメしなくてもどんどんいらっしゃると思いますが)、香港未体験の方
が一人でも香港を訪れて下さったらとても嬉しいと思いました。

ずうっと前に、レスリー・チャンへのファンレターに書いたのでした...。
「レスリーに直接何かをしてあげることはできないけれど、香港や香港の人たちにできることがあれ
ばレスリーだと思ってできるだけのことをしますね」と。彼が目を通したのは確かでも(よくある、
サイン入りの返信あり)、そんな一文に目を留めたとは思えないけれど、約束は守りたい...のであ
ります。


今後も、折にふれて香港のことを書いていくつもりですので、香港ネタにしか興味がないというかた
もたまには遊びにいらしてくださいね。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-11-06 23:21 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)

2008年 夏の香港紀行69 <香港国際空港 ビジネスラウンジ>

あっけないくらいスムースに、エアポートエクスプレスの香港駅(中環駅/Centralのすぐそばにあ
る駅)でチェックインも済ませ、手荷物だけで電車に乗り込みました。

香港国際空港は広いけれど、レストランやフードコート、カフェの類いも素晴らしい充実ぶりだ
し、ショッピングもブランド・ショップ(縁がない)、香港ならではのグッズや食品の店など何で
も揃う楽しい空港なので、ギリギリまでフラフラします。トランジットで香港を訪れたとしても空
港だけでかなり濃く「香港」を味わえるとすら思います。

気持ちのいい空港♪私はこの空港が大好き♪

この空港を観ていつも思うのは、香港の人たちは決断すると、早く、思い切りよく大胆に新しい物
を造り上げるなあということ。中途半端ではないし、すっきりスマート。商売上手で気持ちよく人に
(ポンポン)お金を遣わせてしまう...。やるなあ。(私は『榮華月餅』とプラスター版のタイガー
バームしか買わないんだけれど。)

今回は成田と同様、ここ香港国際空港でもビジネスクラスのラウンジを使うことができます。この
ラウンジは2002年には英国・スカイトラックス社が発表する、世界最優秀エアラインラウンジに輝
いたことでも有名。
さあ、こちらです。↓


f0063645_23212233.jpg

....とはいえ、お昼過ぎてもあまりお腹が空いていなくて、これくらいが精一杯だったのは残念なこ
とでした。ザ・ヌードルバーは、ラーメンが色々食べられるので人気。

f0063645_23224412.jpg

(左) THE SHORT BAR (このほかに名物の THE LONG BARもあります。)
(右)シャワールームもあるのです。


f0063645_2323362.jpg

インターネットはこちらで。拙ブログ「ONE DAY」をここからもチェックしたりして。
ゆったりした気分で休んでいたら、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

f0063645_23232419.jpg
これから乗る飛行
機が見える...あ〜
ついに帰るのね。



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-11-05 23:43 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)

2008年 夏の香港紀行68 <そろそろ帰らなくっちゃ>


f0063645_13334674.jpg
三泊四日の4日目は、午前11時くらいまで、とい
う限られた時間のわりに結構充実したひととき
を過ごすことができました。我ながらなかなか
段取りがよかったな〜。


そろそろホテルに戻らなければ。地下鉄に向か
う途中に←こんなものみっけ。
そーです、サトウキビです。私は広州で教え
てもらって、丸ごと齧りついて...っていうのも上
手ですが...

f0063645_13341184.jpg
ここでは齧りつくのではなくて
ジューススタンドで使うのでし
た。

いいなあ、寄ってみたいなあ...
と心は動いたけれど、もうお腹
には水一滴だって入りません。

f0063645_13343833.jpg
街がにぎやかになってきまし
た。

それを横目で見ながら、地下鉄
の入り口を下りて行きます。

f0063645_13345640.jpg香港の地下鉄は大分前から、ホ
ームにガラスの壁と自動ドアが
あってどんなに転落したくてもで
きません。

これを見ていると、日本の転落
防止対策の扉はなんとな〜く中
途半端なものが多いように思え
るんだけどな。しかも設置した
側も「本当はこんなの使いたく
ないんだよね〜」と思っていそ
うな...どうしてだろ。色々事情
があるのかもしれないけれど。

やるならやる(効果が上がるように)、やらないならやらないがいい。
(以前たまたま一番前の車両に乗っていて、人身事故...つまり乗っている電車に人が飛び込んだ...
という経験が三回もあります。警笛、長い必死のブレーキの音とか、鈍い大きな音とか...忘れるこ
とはありません。一番前の車両でなければほかにも二件、同様の体験が。この扉を見るたびに考え
込んでしまいます。)

無事、ホテルの部屋について荷造り。これだけはいつも早いです。(あまりモノがないとも言えま
すけど。)

f0063645_13333011.jpgホテルのスタッフの方達にもご挨拶。
お名残惜しいです。
とっても居心地がよかったです、あり
がとう。

(このホテルにお泊まりになろうと思われる方へ : このホテルでは、説明書や注意書きなどは
最小限にしてあるということです。それはどんな小さなことでもスタッフに気軽に声をかけていた
だくようにしているからで、質問など遠慮はなさらないで...ということでした。)

出発はホテルが出してくれるバスに乗るので、あちらこちらのホテル前に寄り道するような時間の
ロスがありません。

さあ、出発〜。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-11-03 14:26 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)