<   2008年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2008年 夏の香港紀行55 <蓮香樓 その2>

わ〜ん、香港のジーッと人を見る視線には慣れているというものの、半径3mくらいの人々がみんな
手を止めて射るように睨まれるのには慣れていません。
でも、常連さんからしたらいつものゆるりくつろげる時間に紛れ込んできたよそ者、異物でしかな
いわけで...。(早朝6:30〜7:00の地元常連客の朝食タイムだからだと思います。座席も、顔ぶれ
もほぼ毎日定番のようです...!日本人客もよく来ているはずの有名店だから店員さんは愛想も良く
て慣れていますが、特別扱いをするわけではありません。)

こんなときはやはり礼儀正しく「恐れ入ります、ちょっとおじゃまさせて下さいね」な態度でいく
しかありません。目上の方ばっかりだし。
「早晨(お早うございます)...」とテーブルのかたがたに挨拶すると「おおっ、日本人が広
東語で喋ったー!」「早晨って言ったぞ」
と目の前で話題にしてうなずき合います。
お店の人にお茶を何にするか訊かれて「普洱茶(ポ〜レイツァー)」と答えれば相席の人たちは
「おい、日本人が普洱茶って言って注文したぞ!」「ほんとだなー」という具合。「唔該、一個大
包」というのも小さな声で言ってみた...。


f0063645_1820428.jpg
そしてカチャカチャと並
べられたのがこのお茶
セット。昔ながらの茶樓
なので、大きめのボウル
で湯呑み茶碗を「洗杯
(サイプイ)」
しまぁす


...どうやるんだっけ...。

(左奥に見える台形のボ
ウルが洗杯用の盅/チョ
ン。)

f0063645_18354138.jpg

※注文を聞くと、こういう紙をテーブルにはさん
でいきます。注文するたびにスタンプして、あ
とでレジで精算するのです。


f0063645_1839133.jpg
不安に思ったことは人に訊くのが一番と思って顔を上げる
と、みんな私が次にどうするか身を乗り出して見ています。
(もう、コメディー映画ばりの光景...!)

隣のおじさんに「どうするの?」と手振りで聞くと、こうし
てお湯の中で湯呑みを回して...といそいそ教えてくれま
す。

そこからは堰を切ったように、みんな交互に「広東語を話せるのか?」「香港は好きか」「何回香
港に来たことがあるか」...など質問が飛んできます。知っている限りの広東語(すごーく少ない)
で返事したり説明したり。

すっかり和んだ空気になりました...が、あなたにも少しばかり超ローカルな場の空気をおすそ
わけしましょう♪(↓クリックすると、大きくなります。大きくすると、わずかですが臨場感が違う
のであります。)

f0063645_192318.jpg

なかなか「大包(大きな中華まん)が来ないなあ...とキョロキョロしたら、3人そろってお店の人に
「この人に早く『大包』持ってきてあげてね!」と声をかけてくれました。

f0063645_19112836.jpg
きたきた...でかっ!
ほっかほか〜。

More....『大包』の中身はどうかと言うと...♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-29 19:25 | 散歩と旅・建物 | Comments(18)

2008年 夏の香港紀行54 <蓮香樓 その1>

さて、翌朝...つまり香港の4日目です。

.............................................................................................................................
最近、ますます会う人ごとに「ねえねえ、ブログに今書いてる香港紀行って、あれ何日くらい行っ
てたの?」と聞かれます。ああ...自分でもいつまで書いているんだろ...と、恥ずかしくなってきて
いるのですが、ええと、滞在期間は3泊4日。それも初日は夜到着だったりしますから、実質3日とい
うところか...。
「2008年 夏の...」というタイトルも急に冷え込んできた今日この頃。これもどうしよう、変え
ちゃおうか「夏の」は取っちゃおうかと更新するたびに迷います。早く終わらせたい気もするん
ですが、やっと4日目になりましたので、もう少し我慢して下さいませ...。
...........................................................................................................................

さて。4日目は帰国する日。12時になると魔法が解けてしまいます.....
(byシンデレラ)。(昼の12時、ですけど。空港に向かう時間がその頃。)数日間の滞在では、でき
ることは限られています。こたびの旅行で今回こそ必ず行こうと思ったのは、一つが「陸羽茶室」
の飲茶。もう一つが「蓮香樓」の飲茶です。陸羽が有銭老(ヤウチンロウ/富裕層)向けだとす
れば、蓮香樓はローカル色の濃い、庶民の集う昔ながらの茶樓。創業1925年の老舗であります。
本当は誰かと一緒に行きたかったんですが、今回もチャンスがありませんでした。(いつだって誰
か気のおけない人と一緒がいいと思うのですが、都合の合う人はそういないし、泣く泣くひとり
ぼっちで動いています...。日々オロオロ。)

「だからね、帰る日の早朝に一人で行こうと思うんだな」
そういうと、香港人はみんなちょっと「え!?」という顔をします。
「一人で?」「だめ?」
「だめじゃないし、い、いいと思うよ...」
「大丈夫、朝は6時からやっているしね。9時過ぎるとすごく混む。」

ホテルのマネージャーAgnesさん、Craig Au Yeung(歐陽 應霽)さんも、AnnaさんやTammyさ
んも、皆同じような反応なのがおもしろい。

「そうだ。一人だと入りにくいかもしれないから、時間がなかったら有名な『大包』だけテイクア
ウトすればいいんじゃない?」
「そうか、お店に入ったらなんて言う?えーと...」
「『唔該、一個大包、打包!(ムコイ、ヤッコーダイパーウ、ダーパウ!)』って言えばいい。」
「そうだそうだ」
...というので、何度も声に出して反復練習。Agnesさんとも、Annaさんとも、Craigさんとも...練
習した。それぞれ皆真剣に私の言うのをちょっと心配そうに見守ってくれて、有り難い...。旅先で
人に甘えるのほどウットリすることはありません♪いひひ。


f0063645_236044.jpg
だからその朝は早起き!

5時50分に起きて、消防隊員の
出動のごとく、テキパキ身繕い
しましたっ。



f0063645_2472790.jpg


「蓮香樓」はホテルの
ほぼ斜め前!!

勇気を出して、とことこと入り口の階段を上って行くと、広い店内はほぼ満席。ムンムンしてい
ます。旅行ガイドには「常連のお年寄りから若い女性客まで客層も広く、早朝からにぎわう」と書か
れていましたが......

「若い女性客」なんて、見渡す限り...一人もいません。まだ7時前だからか!?
ここで、『大包』だけ買って帰るのは、やはりもったいない。超ローカルな雰囲気を味わって帰ら
なくっちゃと少々の勇気を出しました。お店の人に「一人」だと告げると、手近な席に案内してく
れました。(香港では庶民的な店は相席が基本。)
               ・ 
               ・
               ・
              が。

私はちょっと甘かったのかもしれない...。

More...だって座った途端にこんな...!!!
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-28 23:46 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

2008年 夏の香港紀行53 <J Senses/ 酒廚世界>


f0063645_1123219.jpg『The Pawn』はいくら待っても席は空き
そうにないし、かといって灣仔中レストラ
ン求めて歩く気力もなかったので、とりあ
えず隣にあった派手目のビルをのぞいてみ
ることにしました。
今思えば、このビルと『The Pawn』『祇
月』の入っている和昌大押の建物も、J
SENSESというところの経営だったのね。

J SENSES:全体の風景がよく分かりま
す。

SHOP&DINE:インテリアショップと各レ
ストラン紹介ページ
酒廚世界/ Deluxe Wine:とにかく美味し
ければ何でもいいやと入ったのがこの店。
日式西菜(Western-style Japanese)で
すから...なんというか、バブル期の六本
木...みたいな気分?

f0063645_113650.jpgf0063645_1143322.jpg

f0063645_1132059.jpgどれもお味はバッチリです。

東京のダイニングで修行したという感じの、妙
にこなれた日本語を話す店員さんもいます。
微妙な姿勢やお辞儀のしかたまで東京気分で
あった...。

f0063645_1133733.jpgいかにもデート用...といった、お二人様専用ソ
ファーのコーナーもございます。
(個人的には『酒廚世界/ Deluxe Wine』を予
約するようなカレよりは、和昌大押のほうを予
約してくれるカレのほうがいいような....。屋台
での食事じゃないんなら...あら、いけない完全
な妄想。)

商用にも...是非どうぞ。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-27 23:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

2008年 夏の香港紀行52 <それで和昌大押はどこへ?>

すっかりキレイにリノベーションされたTHE PAWNを眺めながら、はて、ではもともとここで長
年質屋を営んでいた本物の「和昌大押」はどこへ行ってしまったんだろう。立退料でもたくさんも
らって、廃業してしまったのだろうか??それともどこかへ引っ越したのだろうか?...と、ちらり
と気になりました。

たまたまなんとなく、「THE PAWN」の脇の道に入ると...
あれ?あそこに見える見慣れた文字は...?

f0063645_22534016.jpg

f0063645_2256351.jpg


もとの場所では50年以上営業してきたという「和昌
大押」。

引っ越してもすぐそばで、続けていくんですね。

f0063645_22582898.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-26 23:13 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

2008年 夏の香港紀行51 <祇月 OVOlogue>

「和昌大押」が改装された「THE PAWN」の建物ですが、G/F(=1階)には別のレストランが入っ
ています。ここも入ってはいないのですが、とても素敵だときいているので、一応ご紹介しておき
ます。(自分が行きたいので書いて気を紛らわせているような...。)

f0063645_9295466.jpg

「祇月 OVOlogue」:ウェブサイトは→こちら。(音が出ます)
次々現れる店の様子が素敵。そこかしこに美術品があることでも知られているようです。

<その他のリンク>
装苑 ファッションポータルサイト:『湾仔エリアにオープンしたレストラン"祇月"』
ちゃいなび/香港グルメ情報OVOlogue 祇月(地図もあります)
J SENSES:祇月 OVOlogue
『JSENSES 』はこの『祇月 OVOlogue』『THE PAWN』と、隣にできた新しいビルの経営をして
いる会社のようです。なんという商売上手....。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-26 09:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

2008年 夏の香港紀行50 <THE PAWN>

灣仔/Wan Chaiに行くたび眺めていた、お気に入りの建物が、改修されて生まれ変わったと聞いて
ここまで来ました。元の建物は1888年に建てられたコロニアル建築でいい味を出していましたが、
さすがに老朽化して、いつ取り壊されるのだろう...それとも歴史的建造物として保存されるのだろ
うか...と心配していたのです。変にきれいになり過ぎて、セットのようになっていたらいやだな
あ...。

元の姿はこちらです。↓

f0063645_22563980.jpg

そして。生まれ変わった姿が...こちら! ↓↓

f0063645_231721.jpg

わぁ、すてき〜♪
そうか、香港の多くの唐樓のベランダ(テラス?)が、窓をつけて部屋として使われているよう
に、ここもそうだったんですね。それを、元の瀟洒なベランダに戻したようです。昔ながらの趣き
を上手に活かしながら、洒落たブリティッシュ・パブ&レストランに生まれ変わっています。やる
なあ....

元の建物には「和昌大押」の文字の通り、質屋が入っていました。この文字を建物の個性として残
し、新しくできた店はその名も「THE PAWN」(質屋の意)。

f0063645_23174265.jpg

f0063645_23432620.jpg

↓中に入ってみると、エレベーター脇の壁には、古い木材が使われていました。もし、改装前の建物
に使われていたものを再利用したのだったらおもしろいけど、違うのかな。

f0063645_2351987.jpg

店内には欧米人があふれ、空いている席はありません。1樓(2階)はブリティッシュ・パブ、2樓
(3階)はレストランになっていてかなりロマンチックなんですけど...。座れない...。週末ですし予
約が必要でしたねえ。残念。

f0063645_2353070.jpg
3樓(日本風に言うと4階)のベランダに忍び込
んで下の通りを眺めました。

f0063645_23471230.jpg
仕方ない、ペコペコのお腹を抱え
て、他を探しましょう。次回はきっ
と、ゆったりここに滞在しますか
ら!
.....................................
"The Pawn"
住所:62 Johnston Road,
  Wanchai, Hong Kong
電話:(852)2866-3444
レストラン“Dining Room”:
  11:30-14:30/
  18:00-22:30(L/O)
パブ(バーラウンジ)“Living
Room”:
11:00-02:00(月~土)
11:00~23:00(日・祝)
WEB SITE:
www.thepawn.com.hk
....................................

オマケ:↓こんな動画を見つけました。
  『香港トラム・和昌大押/Hong Kong Tram - The Pawn』



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-25 23:43 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

マダム・チャンさんの日記から

よく拝見しているブログ、「マダム・チャンの日記」(9月22日)のエントリーは「 中国人の壮絶
な1日」というタイトルでした。『中国人の自虐ネタ、珍しいので翻訳して転載します』とあり、確
かに珍しい...と思い読んでみました。

これが、可笑しくてなかなかクール。
自ら(の世相)を皮肉るのって、精神にゆとりがないとできないことだし、マダム・チャンさんが
コメント欄で書いていらっしゃった『この文章には食品不安だけでなく、インフレ問題世相、地に
堕ちた人情なども盛り込まれていて、それを笑いのめす精神がすごいですよね。』『こういうした
たかな精神がある限り、「中国人死不了」と思います』
というのに同感...。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-24 06:03 | 思ったり、考えたり... | Comments(0)

2008年 夏の香港紀行49 <トラムは走る、はしる。>

Tammyさん、Annaさん、私の3人は、銅鑼灣/Causeway Bayから灣仔/Wan Chaiまでトラムに
乗って移動中。ひどい手ブレのスナップ写真の羅列ですが、トラムの2階の窓からの風景の移り変わ
りや、夜の風を浴びながらグォォォンと走る臨場感が伝わったらいいなあ...と期待しつつ。


f0063645_3454599.jpg
私たちの乗ったトラムのすぐ前にもトラム。ググゥ—ンと唸ってどちらも走り出す。

f0063645_3461163.jpg
キキィーと軋みながら、少しずつスピードが上がる、走る、走る...。前のトラムが離れていく。

f0063645_3463473.jpg
仕事帰りの人も急ぎ足...

f0063645_3465568.jpg
追いついて、追い越す。

f0063645_3472062.jpg
次の停車場へ。

f0063645_3474368.jpg
隣に停まったトラムの、中の人をそれとなく眺める...発車しまぁ〜す。

f0063645_348820.jpg
私はこんな席から撮っています(12/Annaさん撮影)。ちょっと澄ましているけど、このとき以外
はほとんど車に乗った犬状態。外の風景がうれしくて、風を浴びながらキョロキョロしている。

f0063645_4142058.jpg
明かりの灯った部屋では、みんなテレビでオリンピックを観ているのかなあ...。(@8/9)

f0063645_4144578.jpg
質屋さんのネオンが輝く。「押」は質屋のこと。右に、曲がりま〜す!

f0063645_4151697.jpg
そろそろ下りなくちゃ。灣仔が近付いてきました。(すこぉ〜しだけ、トラムに乗っている感じが
伝わりましたでしょうか...?)...お腹が空いた、この日の夕飯は灣仔で...と。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-23 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

2008年 夏の香港紀行48 <夜のLOUIS VUITTON>


f0063645_0223325.jpg
夜のリー・ガーデンズ(Lee
Gardens/利園)。1階にはルイ・
ヴィトンが入っていて、夜はひとき
わ輝きます。

AnnaさんとTammyさんの店のある
ビルはこの先。
希愼道/Hysan Ave.のリー・ガーデ
ンズの華やかさの横を、一人プラプ
ラ歩くのが好きです。





この人工的で綺麗な光は、東京にも
あるようで、少し違う。

利園/Lee Gardens
希愼道33/ 33Hysan Ave.
(MTR 銅鑼灣 F出口)

f0063645_0225323.jpg


f0063645_0231292.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-22 23:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

2008年 夏の香港紀行47 <cafe/AFTER SCHOOL>

すっかりとっぷり日が暮れて、いそいで向かうはカフェ“AFTER SCHOOL”。

そのカフェは...今回香港に行く前に、『香港のアーティストやクリエーターが出入りするような
ギャラリーやカフェで、いいところはないかなぁ』と周囲の人たちに尋ねて回ったのです。
8月のアタマ、世田谷ものづくり学校で、上海の法子さんの新プロジェクトfactory-tshirt.net
画発表会
がありました。終了後、一緒にピクニックをしたとき。Benoitさん、法子さん、カナダ人
で現在は日本在住のSandyさんも、それぞれ「ああ、ATER SCHOOLならいいね。あそこはおも
しろいよ、すごく」
と薦めてくれたのです。

f0063645_1334174.jpg

さらには、Craig Au Yeungさんまで、「AFTER SCHOOLに行くの?あそこはいいよね。自分も
よく行きますよ」
とのこと。
........................................................................................................................
場所がちょっとわかりにくい。銅鑼灣/Causeway Bayの雑居ビルの中にあって、目立つ看板も出し
ていないのです。ここですが...。↓
住所 : 2/F, 17 Yun Ping Road, Causeway Bay, Hong Kong

f0063645_203145.jpg

↑ええと、"HOMELESS"と書いてあるところじゃなくて、その上の階です。(この"HOMELESS"
は、上環にあった店の支店です。お洒落なインテリアグッズやユニークな雑貨がたくさん!)

f0063645_2122149.jpg




まずは階段を上りましょう。うねる脊椎のよう
な、力強いラインの手すりが気に入ってしまい
ました。

f0063645_2163624.jpg
この扉が、先程外から見えた「ライフスタイル
グッズ」の店、HOMELESSの入り口。
(1/F...日本風に言うなら2階です。)


さらにもう1階上がったところが、目指
す"AFTER SCHOOL"。


●何人かの人が思い思いにくつろぐ店内の写真を
撮るのは、なんとなく憚られたので、雰囲気を
知りたい方はこちらをどうぞ。
http://www.pokit.net/

WISEPOLICY/Hong Kong Blog
こちらはオーナーPokit Poonさんのブログ。日
本語訳付きです。

店内は、古い学校の木の机や椅子が置かれ、懐かしい教室の雰囲気。穏やかで落ち着けます。カウ
ンターには、雑誌ART ITや、アート/演劇関連のフリーペーパーなどが並んでいます。
ここは、写真家、インテリアおよび展示建築デザイナー、ブランド・コンサルタントなど幅広い活
躍をするPokit Poonさんが、クリエーターどうしのつながりや仲間の広がり、そこから生まれる可
能性を信じて創設した、カフェ兼デザインスタジオ。

私がコーヒーを飲んでいると、オーナーのPokit Poonさんが話しかけて来てくれたので、Craigさん
のところに持って行ったポートフォリオを見せてしばし歓談。柔らかな笑顔と人なつっこさが印象
的な人でした。Pockitさんからも「この雑誌の記事はボクが書いたんです。読んでみて」と見せてい
ただいたり、「プレゼントをあげる」と、オリジナルのポストカードをいただいたり。

もっと話したいことがあるのに、言葉が不自由過ぎてもどかしいーー!もっと自由に英語か広東語
が話せれば....。
たっぷりくつろいで、結局チャージ料も免除されて(※土日に限りチャージ料が100ドルかかりま
す!)、コーヒー代のみ払って温かな気持ちでカフェをあとにしました...。

※このチャージ料って、多分、興味本位で『キャー雑誌に載ってたねー♪』みたいなノリでむやみ
に混雑するのを避けるためのもののような気がします。看板もないし...。でも、とても温かく迎え
てくれるお店です。



f0063645_36537.jpg





この一角を眺めながら、香港の魅力の一つ
は「明暗」「新旧」などのコントラストが
際立っているところかもしれないな、と思
いました。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-21 23:57 | Comments(2)