<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

香港に、行って来まぁす!多分。

何が多分って、あと3時間もしないうちに家を出なければいけないのに、まだお仕事をやっているん
です。出発前にあと二つの仕事を済ませないと...。
まだ何も荷造りしていない〜。どうなるんだろう、私!?頑張ろう、ワタシ!

けれど、出発前に桜も満開。お見送りしてくれているようで幸せです。
今年は一気に(いきなり)パアッと咲きましたねえ。たまにほのかに香ってきたりします。帰って
来たら遅咲きの桜を観に、新宿御苑にでも行きたいなあ...。

(そういえば帰って来たら翌朝から締め切りが二つあるのだった....。体力を温存して帰って来なけ
れば。ああっ、でも仕事があるのって幸せだ...すごくね。)
では、行って参りまぁす♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-30 03:35 | 思ったり、考えたり... | Comments(15)

週末は香港へ

週末3月30日から数日間香港へ行く予定です。

理由は、レスリー・チャン・ファンならご存知の通り。

ですが、いつか、まだどんな形でかはわからないけれど、ささやかでも香港に繋がる仕事をするこ
とで、レスリーや香港の友人たちに恩返しをしたいと思っているワタシ。(それが、私なりのファ
ン活動...?)今回もイラストにする香港の風景やモノをもっともっと観たい気がします。
そんな折、私が香港から帰る前夜、香港のことならこの人に聞け!なこももさんが香港入りすると
いうので、ナビしていただいて午前中のみ郊外にロケハンしに行くことになりました。
「ショッピングとグルメの香港」でも「エキサイティングでエネルギッシュな街、香港」でもな
い、「ボーッとくつろげる香港」「鄙びた香港」はどこかに落ちていないでしょうか。


f0063645_23521756.jpgところで、こんなふうに書いているのはいいけれど、出発前に済ませておかなく
てはいけない仕事や用事をいくつも抱えており、頭を抱えています。
.....そのうえ、明日はフランス語教室。まだ勉強をしていない。(実は最近、
調子に乗って、学生の頃からやりたかったフランス語を習い始めてしまっ
た。)←写真はエスカリエ・セーからお借りしました。フランス語の新しい先
生、サブリナ♪


f0063645_23582554.jpg発音はまあいいのですが、記憶力に大きな問題が。どうやら私は『話せるように
なる』『理解できるようになる』ことより、ちょっと喋って『ウケる』ことや
『舌や口の動きを工夫して、いろんな発音ができること』に興味があるようで
す。困ったなあ....
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-27 00:15 | 思ったり、考えたり... | Comments(16)

朝日新聞社 広告月報(2008年2月号)

さて、広告月報2008年2月号の「That's NEW」です。

f0063645_223754100.jpg
f0063645_22384540.gifこの回はコンビの新しいベビーカーアンプレッソの取材でし
た。

輸入のベビーカーが人気ですが、アンプレッソは日本の事情に
合うように細部まで工夫してあるのがウリだと思います。
ハンドルの高さは、輸入物よりさらに少し高い位置にあって、
押す人の姿勢が崩れません。さらには、「ほんとうに」3歳の子
どもの座高でも、頭を支えられる背もたれになっています。

実際にさわらせていただいて、なるほどねぇと納得いたしまし
た。

f0063645_22575117.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-25 23:09 | イラストの仕事 | Comments(6)

朝日新聞社 広告月報(2008年3月号)「TASPO」

ここしばらく、仕事で描いたイラストの掲載が滞っておりました。


f0063645_018524.jpg
f0063645_0182324.gif最近は毎月掲載(最初の頃は隔月掲載のページだったのです)
となっている「広告月報」の"That's NEW"
毎回新商品、新サービスの取材で様々なお話を伺えるので、な
かなかエキサイティングです。
この「That's NEW」ページの2、3月分、そしてそれ以前に
うっかりブログに載せ忘れた月も発見したので、順に掲載して
いこうと思います。

それにしても毎度のことながら、取材で伺ったお話で、心に
残ったこと...つまり新商品、新サービスを世に出すまでの想
い・苦心したこと・その優れたところ...などを、どうしたらう
まく伝えることができるだろうかと思いあぐねます。
自分がお話を伺って、本当に心が動いたこと、その印象を描き
終わるまで保ち続けるということが、私には一番大事なことな
のかもしれません。
...それってなかなか大変なことです...。描くことだけでいっぱいになってはいけないから。

f0063645_0374281.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-23 23:57 | イラストの仕事 | Comments(14)

鶏足と私。

解凍したその鶏足は、冷蔵庫のちょうど目の高さくらいのところにありました。
何か飲むものを....と、ヨロヨロと扉を開くたびに、かなりのカサの色白の足たちが「まだぁ?」と
私に迫る(ような気がする)のです。
見なかったことにしよう...と布団に戻るも、気分はこ〜んなかんじ。↓↓

f0063645_2248532.jpg

なんてったって、足ですから。34〜6個、単純に計算して17〜8羽分のニワトリさんです。無駄にせ
ず食べたい気持ちもあるけれど、病人らしく寝ていたくもある....。だってダルい。
結局、気にしているよりはさっさと作ってしまったほうがスッキリした気分で眠れるというので、
立ち上がったのでありました!

それにしても、10代の頃はイカの目玉が怖くて、一生イカなんか調理しないだろうと思っていた
のが懐かしい...。


ところで、以前書いたかもしれませんが、某・老舗中華料理店『H珍樓』のオーナー夫人J子さん
(*注)とお話ししていてとても心に残ったことがあります。
(*注):J子さんは、オーナー夫人としてのお仕事の他、エッセイストとしても御活
躍中。以前、マンガ『美味しんぼ』の編集者だった方です。とってもチャーミングな女
性!
中華料理では、日本ではあまり馴染みのない素材を扱ったり、生きているものを捌く場面もかなり
多く目にします。たとえ少々動揺しても、J子さんはそれを何一つ顔に出すことはないといいます。

「見たことのない素材や味、匂いでも、その土地に根ざした料理だったら、多分ほとんど好き嫌い
なく大丈夫かも」とか、「もし、自分の国や土地の伝統の料理に、外国から来た人が『ゲェーッ、
いやだぁあんなもの食べて』と言われたらどんな気持ちがするかなあ。慣れていないから、食べら
れないということはあるかもしれないけれど、それを軽蔑や批判の気持ちにすり替えたりするとお
互い友達にはなりにくいですよね」というような話をしていたとき。
J子さんが「それが『食べ物』かどうかというのは、その人が頭で決めていることでしかないんで
す」
ときっぱり。

ほんとだな、その通りだな...。
そういえば、自分が作り慣れない料理に挑戦する理由は、ただ日々の食事に変化を付けたいからで
はなくて、自分の価値観とか常識の枠をちょっと押し広げてみたい....枠の一歩外に出てみたい....と
いう興味からだったことに思い当たりました。今まで無自覚だったけれど。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-21 23:58 | イラスト付き | Comments(24)

ヨロヨロしながら『豆豉鳳爪』を...。

ああこれは完全に風邪だなあと、ぐったり横になったところで思い出したことがありました。
冷蔵庫で、もみじ(鶏足)を解凍していたのだった!

私は『もみじ(鶏足)の豆豉蒸し=豆豉鳳爪』が大好きなんです。が、レストランではお皿の上に
ちょっとしかのっていないし、お値段も『おかわり!』といえるほどは気軽なものではないので、
素材のほうを買って参りました。
新宿・池袋などにある『知音』のような中華食材店や、『肉のハナマサ』チェーンには冷凍物があ
ります。ちなみにとりたま本舗では、785円/5kgでございます。あ、そんなに要りませんけ
れど。『知音』では小分けして売っています。

f0063645_1221455.jpgで、冷蔵庫でその鶏足35個ほどが料理されるのを今か、いまかと待っていたのです。
これを駄目にしたら、鶏足の恨みを買いそうな気が....。

そういうわけで、まだ熱も下がり切らないときに、フラフラしなが
ら鶏足を調理いたしましたよ。。。



WARNING!:これより調理実況写真入り。草食系のかた、生の状態が駄目な方は、見てから私に
モンク言わないで下さい...。


続きを読む.....『豆豉鳳爪』の作り方。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-20 13:14 | おいしいもの | Comments(28)

風邪だったのか...(今日のはただの独り言です、すみません。)


f0063645_2313789.jpg
何も考えずに存分に眠りたいなどと願ったためか、それ
がまた叶えられてしまいました。

おとといの夜突然の“軽い”悪寒。なにかの思い違いで
は...と思ったけど、風邪でした。高熱も出ないかわり
に、なかなか下がりもしません。お陰さまで存分に眠っ
ています。

台灣で、アンナさんに「いつもリラックスしていない」と言われましたが、さすがに今はダラリと
リラックスしきっています。これまでテレビもあまり観ていなかったけれど、今日は「ハチミツと
クローバー
」の最終話もしみじみ観ました。(←相当ドップリ浸って...。)

昼間、ぼうっとパソコンの前に座って、久しぶりによしもとばななさんのサイトを読んだりも。
(好きなんです。よしもとばななさんの日記が。)
そうしたら、よしもとさんの1月26日の日記
私は人と急に知り合うのが嫌いで、こんなふうにじっくりとちょっとずつ自然に親しく
なっていくのが好き。仕事では静かに地味に確実に働いている人が好きだ。いっちゃん
もそういう感じで、いつのまにかそばにいた。そういう人たちをいちばん信用でき
る。勢いよく自分から急に来た人はやりたいほうだいやって急に去っていく、これまで
の経験だと、そんな感じがする。
静かに、認められなくても自分の責任を全うしている
人がいちばん強い。
というくだりがあって、「勢いよく自分から急に来て、やりたいほうだいやって急に去ってい
く」って私みたいな人かなあ...と心配になって、ちょっとしょぼくれました。
認められなくても自分の責任を全う....するタイプでもないなぁ.....。

ああ、やっぱり風邪なんだなあ...ショボショボした気分は。(こんな気分も風邪の愉しみの一つだ
けれど。)
再びおやすみなさい。ハチクロの夢を見ることにしようっと♪(っていうか、大学時代の夢...。)

p.s そうだ、おととい会ったK.HさんとT.Hさん、風邪がうつっていたらごめん。全然自分が風邪だ
とは知らなかったんですよう。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-18 23:36 | Comments(18)

ねむたくて、ねむたくて...

あまり夜型なのもよくないと反省して、可能な日はできるだけ12時前後、遅くても午前2時には眠ろ
うと努めています。時には9時間くらい眠ったりしているのに倒れそうなくらい眠いんです。
電車でも、座った途端に目を開けていられない。困ったなあ....。

ここのところ、仕事のほうのご報告が滞っておりました。次からはここしばらくのイラストの仕事
をいくつかアップしていきたいと思います。

とりあえず、今日も眠らなくては。苺のショートケーキの画像をここにアップしてお布団に入り
ま〜す。
春はやっぱりこれがなくちゃと、去年と同様に作ったもの。
スポンジ生地の卵を泡立てが大の苦手なのです!(泡立てる時間が、電動ミキサーを使っていると
いうのに実に長〜く感じる。)スポンジはふんわり黄金色に焼けました。でもクリームは見事に雑
でこてこてな飾りのショートケーキの出来上がり。
だけどね、思う存分食べられますよ〜!おっきいんだもん。たっぷりの紅茶でどうぞ♪

f0063645_030383.jpg



おやすみなさい。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-17 00:41 | おいしいもの | Comments(8)

わらしべ台灣旅行26<しみじみ思い返す>

今回の台湾旅行は、実はやんさんのお店『やんcafé』(@岡山)オープン準備と、私のあるもの
(まだ内緒)のサンプル
を作るための下準備(打ち合わせ)という目的がありました。
私のサンプルのほうは、まだまだずぅぅぅっと先の長い話だと思うのですが、『やんcafé』の方
は、オリジナルで思い入れたっぷりの中国家具の注文や商品の仕入れなど、着々と進んでいます。

やんさんとは、それこそブログで知り合った仲。いつの間にか、こんなふうに手を取り合って(手
を取っていただいて...かな)力を貸し合うようになるとは※。
 注:2008年3月14日現在、私の力はまだちっともお貸しできていない状況。今後
の力の発揮が期待される...。

そして、今回は滞在中したいことはいくつかやんさんにお伝えしていたものの、スケジュールは全
てやんさんまかせという、私としては脱力し切った旅行でした。(やる気だけ満々。)
ああ、それなのに.....
私のイラスト、オリジナル・ポストカードとの交換その他で、皆様からこんなにたくさんのお返し
(?)やプレゼントまでいただいてしまった....。

f0063645_23214647.jpg

でも、なにより大きなお土産は、私一人では会ったり話したりするはずもなかっ
た、沢山の方たちとの出会い。
当たり前ですが、どの人も私と違う才能、私と違う性格....私ができないことが誰かさんにはでき
て、その人ができないことで私ができることもあるかもしれない。

こんなふうに↓ゆる〜りと手を取り合っていたら、ある日一人ではできないおもしろいことができた
り、いつか素敵な化学反応が起きたりすることもあるかもしれないなあ...と思いました。

f0063645_23223280.jpg

f0063645_2330464.jpg
さてと。

九份で買った、タロイモ餡の中華パイ(芋
頭酥?)とお茶で一息つきますか〜。

やんさん、morimamanさんをはじめ、
皆さんほんとにほんとにありがとうござい
ました!

私の懐にごっそり溜まっている
「HAPPY」を、私もいっぱい配って回れ
るといいのだけれど!
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-14 23:47 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)

わらしべ台灣旅行25<再見!台湾>

四日目、雙城街での腹ごしらえを終え、飛行機までの限られた時間を有効に使うべく、やんさんが
先導してくれました。

途中、老舗の林田桶店の前を通りましたら、おじいちゃんが今も奥で仕事をしていました。そのす
ぐそばに、前回は見かけなかった新しい木製品のお店を発見。月餅の型もありました。YALINさん
にあとで聞いたところ、彼女はここで木型を買ったんだとか....。(と、書いたら、なんと、YALIN
さんのブログに今回その店のことがエントリーされたいました。→コチラから。

『兆元印社』に立ち寄る。
兆元印社は、やんさんがとっても頼りにしている印鑑のお店。
字画や顔相、手相などをみて刻印する開運印鑑のお店...とガイドブックにはあります。穏やかで背
の高〜〜いご主人と、人を見通すような目で暖かく話を聞いて下さるアンナさんのお二人のお店。

まず、お店に展示してある印鑑の、上品な美しさに見入ってしまいました。美術館にいるようで
す。何か、澄んだ明るい気を発しているようにさえ見えるのです。印鑑を見て、初めてきれいだな
あと本気でため息をつきました。

アンナさんの占いは当たることで有名。というと、当たるも八卦当たらぬも八卦的な占いを想像し
てしまいますが、アンナさんの存在感には清々しくてしかも礎のようなしっかりした何かを感じま
す。彼女のアドヴァイスなら、信じて大丈夫だと、一目見て思いました。
(アンナさんは美大の出身。色の感覚も洗練されていて素敵なんです。それから、前にやんさんが
持っていった『シノワさん人形』を見て、気に入って下さっていたそうです。やあ、照れるな
あ....)

私は、自分の作る物・描くもの、方向性に自信が持てなくて、焦るあまり自滅しそうになるし、そ
の気持ちと闘って自分に自信を持たせるのが容易ではないのですが、アンナさんからもその点を指
摘されました。でもね、気休めでなく「もっと自信を持っていい」と言われて、何だか気が楽にな
りました。「わかっている人」からの真っすぐなアドバイスは効きます。
謝謝、アンナさん!!!

『新純香』でお茶を。
以前「ハッピーハッピー台湾」の取材でも伺ったことのあるお茶屋さんです。YALINさんに頼まれ
ていたお茶もあるし、私も是非寄って自分用のお茶を仕入れたいし....というので、みんなで向かい
ました。

f0063645_2363059.jpg

こちらは、日本語がある程度通じますし、試飲も遠慮なくさせていただくことができます。

f0063645_2373570.jpg
中国茶にも紅茶があります。二種類、飲み較べ。
そうするとやはり、個性の違いが際立ちます。


こちらのお店の素晴らしいのは、責任感と誇りを持って、良心的に経営をしていること。
そして、お茶だけでなく、お茶請けも質が良くて本当においしい!お茶の試飲の時も、お茶菓子も
何種類もいただきました。


スーパーで調味料購入!
ホテル近くのスーパーで、大急ぎでお買い物。
頼まれていた「壺底油」(油と行いっても醤油の仲間?)や、黒こしょうなど。黒こしょうは、日
本で手に入るものと微妙に香りが違うようで、これをサッサと振ると、台灣の匂いがそこに....。お
一ついかがでしょう。


空港へ
ホテルに戻って荷物を持ち、また車で空港まで送っていただきました。そして来た時と同じよう
に、やんさんがお見送りに来てくれました。
うう.....心強い。慣れない空港は緊張しますから。

f0063645_2392690.jpg

空港は農暦新年(春節/旧正月)を迎える準備もばっちり。

f0063645_2393839.jpgやんさんが、最後の最後まで、
私を楽しいことで一杯にしてく
れようとしているのがわかりま
す。

たとえば.....ほら♪
マトリョーシカが目印のアイス
クリーム屋さん。
ナチュラルでコクもあってニッ
コリの味。でも、やんさん.....
そのマトリョーシカと私が似て
いるって.....嬉しいけど、体の
線がっ.....。


三泊四日。あっという間のような、楽しくて中味が濃いので長〜い滞在だっ
たような。
..........................でもついに帰国です.......................。

三日だったと思っていたのに、日本に着いたら300年も経っていたらどうしよう...。竜宮城から帰
るような気分。鯛さん平目さん、カエルさん、またね。
                 再見!!

次回は、台湾旅行の小さなまとめを書こうと思います。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-13 00:30 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)