<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

次に必要なもの「やせる旅」 その2

昨日ご紹介したお気に入りの本、やせる旅(筑摩書房)。今日はその中身について少々。
表紙もイカしてましたが、中を開くと巻頭にいきなりこの写真。

f0063645_2152201.jpg
都築響一:172センチ、90キロ。理想体重
より20キロオーバー、48歳
(2004年当
時)....だそうです。

←その20キロ分の豚の脂肪を前にして、決
意を新たにしているところ。
よく「5キロの米袋○つ背負っているのと同
じよ!」なんて言いますが、そのくらいの
表現では甘いのかも。さすがは都築響一、
リアルに迫ってくる写真なのでした。


この本のあとがきを読むと、今回の挑戦の趣旨がとてもよくわかるので、抜粋してみます。

 「にくはがし—あとがきにかえて」
旅情を誘う港町だの、いちどは上って見たい名山だの、とにかく美しく気持
ちいい記事ばかりが並ぶ航空会社の機関誌で、中年男が日本や海外のあちら
こちらをさまよいながら、一年間でどれだけ痩せられるのか試してみよう、
なんて無謀な企画が通ってしまったのが、そもそもの始まりだった。
 (中略)
しかし女性雑誌を見れば、後ろ半分くらいは減量の広告なのだ。飲んで痩せ
る補助食品から、最後の手段の脂肪吸引まで、初心者から上級編に至る各段
階の情報があふれているのに、男性メディアはどうかというと、情報量の点
ではなはだしく劣っていると言わざるを得ない。目につくのは「寝る前に腹
筋百回」なんて体育会系の指導ばかりで、たとえばエステって気持ちよさそ
うだなー、とか思っても、オヤジが一人でいっていいものかすらわからない。
男だって、痩せたい人はたくさんいるのに!きれいになりたいのに!


うんうん、わかるわあぁ。「きれいになりたいのに!」ってなんて素直で健気な言い回しなんでしょう。
で、彼はどうなったか...というと、ちゃんと20キロ落としたらしい。もちろん取材のときだけでなく、一年
間日常でも努力し続けたみたい。そしてこうなった。↓くびれを手に入れたのです。

f0063645_22411110.jpg(ボケた写真でごめんなさい。携帯でザラザラしたビニールカバーの
裏表紙を撮ったもので。)

でも世の中にこれだけダイエットの記事が氾濫しているのは、痩せ
るのが難しいんじゃなくて、痩せるのがおもしろくないから。言い換
えれば、痩せ続けるのが難しいから。
...(中略)...でもね、つらいこ
とを成し遂げるには、がんばるだけじゃダメなので、おもしろがらな
きゃ続かない。
今回はたまたま減量だったけど、それって人生そのものだと思いませ
ん......なんて大げさですよね、すいませんでした。」と著者は結んで
います。

ああ、沁みるなぁ。一言一言が....。


筑摩書房『やせる旅』のサイトですでにご覧になったかたもおいででしょうが、著者からのメッセージもお
ススメです。→コチラ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-30 23:10 | | Comments(6)

次に必要なもの「やせる旅」

春眠暁を覚えず。ねむたいねむたい。

実は4月に入ってから早寝早起き「朝型」の生活にシフトしようと挑戦中。そのせいか、正午あたりから朦
朧としていて、午後はずうっとボーーーッとしています。
朝型などというヘルシーな生活は私の体に合わないのではないでしょうか。思えば中1の頃からすでに「夜
型の帝王」だったので、そう簡単に慣れるわけはないんでした。

(弁解しておきますと、これまでは夜型とはいえ深夜〜明け方に眠って朝7時には目を覚まし、昼寝もせず
に活動...というのが定番でした。だから単に「眠らない生活」というのが正解かも...。となると、なぜちゃ
んと眠っているいま、朦朧としているのか疑問。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、深夜以降仕事をしているとき問題なのは、大量のコーヒーやお茶、それに少々の「お茶の友」がない
といられないというところです。仕事をしていると昼間でも、「ちょっとしたもの」は欲しくなりますが、
夜は一段と体に深刻なモンダイを引き起こします。。。
 
私は最高に燃費の良い体質なのです。余った栄養はすぐに備蓄されます。

周囲には、見かねて私に「正しい栄養の知識」や「ダイエットの方法」などを教えてくださる親切な方もい
らっしゃるのですが、実は私はそういう知識も大変豊富なのであります。
単行本や雑誌のダイエット特集、栄養学の本、料理本にも随分イラストを描かせていただきました。(その
ためにかなりお勉強もしているわけでございます...。正しい知識がないお馬鹿さんではなく、正しい知識が
あるのに痩せられないお馬鹿さんなので深刻。)
もちろん巷にあふれるダイエット情報だって、率先して目を止めてしまいます。

いままでに「健康的に大幅重量ダウン」したことも何度かあります。おかげで昔、とある人気ファッション
誌の編集室で「どうやってサイズダウンしたか?」と聞かれそのまま拉致。無理矢理カメラマンに顔を撮影
されて「私のダイエット体験」ページに顔を出させられたことだってあ〜る。(イバレない....。)

今のモンダイは、本気になるためのきっかけが何もないことです。ちょっとくらい服がきつくても、多少動
きにくくても、元気いっぱい辛くないのであまり気にならない。○月○日までに真っ当な体になっていないと
恥をかくという予定もない...あ〜あ、「強い決心」をしたいなぁ。


f0063645_019521.jpgところで、先日本屋の店頭でこの本を見つけました。
やせる旅(筑摩書房)
単なるダイエット本なんて今さら読みたくありません
『TOKYOSTYLE』などの著書で知られる都築響一
氏の本だし、この生暖かく気味悪い(すみません...)
表紙にもグッときました。


即買い!と思いましたが、私には『本棚のスリム化』
という課題もあることに気付き、図書館から借りてま
いりました。


案の定、おもしろくてあっという間に読み進めてしまいました。共感しまくり、です。同病相哀れむともいう。

内容は ねむたくなっちゃったのでまた、明日。今日は文字ばかり多過ぎますしね。

※「都築響一」氏の名前のところから行かれるリンク先を『はてなダイアリー』から『カフェ・グ
ローブ』に変えました。自分でクリックしたらうまく飛べなかったため。それとカフェ・グローブの
ほうが内容がおもしろかったから。

[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-29 23:59 | | Comments(13)

思い出したように....上海<国際礼拝堂>


f0063645_22301869.jpg
川俣しのぶさんと一緒に旧フランス租界を散歩したとき、立派な
教会が目についたので立ち寄ってみました。教会の周りではどこ
か華やいだ雰囲気で人々が慌ただしく動き回っていました。
「あ、結婚式かな?」

f0063645_22303587.jpg

重そうな扉に近づいて、そっと小さな窓に顔を近づ
けてみますと....

ほうら、ね!やっぱりそうだった♪

f0063645_22305062.jpg

シンプルですが、随分立派な教会です。
そ〜っと、扉を開いて中を覗いて見ましたよ!
↓ ↓ ↓

f0063645_22353677.jpg国際礼拝堂(The Community Church)
衡山路53号・地下鉄1号線「衡山路」駅北東側。

衝山路と烏魯木斉(ウルムチ)路が交差する角にある、大きな新
教(プロテスタント)の教会。(ちなみにカトリックは天主教と
いいます。)上海に行くと、大小沢山の教会が目につくのですが
新教系と天主教系を合わせると、佛教寺院の倍ほどもあるそうで
す。
総敷地面積:7300平方メートル、建築面積1372平方メートル
1400人を収容できるということです。写真正面にも見える窓の
ガラスは、当時は美しいステンドグラスだったたそうですが、文
革時代に全て破壊されてしまいました。

いつもの『上海歴史ガイドマップ』から引用しますと...
1920年東湖路に設立された協和礼拝堂が、1925年3月ここに新教
会堂を建設、移転。アメリカ人を主とする各国信徒の共同礼拝堂
として運営された。上海最大規模のプロテスタント教会建築。ゴ
シック風英国調建築。新中国成立後は、中国人牧師のもとで宗教
活動を継続。上海市優秀近代建築。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-24 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)

カメラが壊れちゃった

先週の金曜日、ついに私のデジカメが壊れてしまいました。
取材に行って、肝心の写真を撮ろうとしたらなぁんにも見えない。私が撮る写真なんて、単なる記録でしか
ないので携帯で撮ってもちぃとも困らないのですが。

f0063645_045677.jpg

一眼レフならいくつかちょこちょこ持っ
ているものの....やっぱり撮った写真を
ブログにすぐにアップしたいときは困る
なぁ。

『凝らない』ことに僅かなこだわりがあるので、これも店で見て『イヤじゃない』『とりあえず撮れる』と
いうことで選んだだけですが...使い勝手だって良くなかったのですが....物がダメになるって寂しい。いま
目を回しているだけでしょうか、目を覚ましてくださいな、カメラさん!(買い直す予算がないんですって
ば。)
イラストを描いていても超アナログな仕事っぷりなので、いまの今までデジカメは仕事と関係ないし...と
思っていましたが、よく考えたら今や商売道具の一つになっているのかもしれないと気付きました。やや
や、早く何か買い直さないといけないのかしら???
(ひとりごとのつぶやきですみません。)
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-23 23:56 | イラスト付き | Comments(8)

ネット上オリジナルTシャツ<Tシャツメーカー>

いつも楽しみに拝見しているともたびさん(そして時々Petさんも登場)のブログ「Tomotubby's
travel
」で、Petさんが「これ流行っているみたい」と書いていらしたTシャツメーカーというのを、
私も試してみることにすなり。

小野寺光子Tシャツ

小野寺光子Tシャツ

□の中に『人の名前やサイト名などを入力するとTシャツが表示され』るというもの。色々な名前や言葉を入
れて試した挙げ句、最後に自分の名前を入力したところ、こんなTシャツができてしまいました。なにか心
当たりがあるようなないような....(心当たりありすぎ?)『本製品について』のラベルにどっきり。
(そして日本製なり。)
しかし『駅前の楽園』とは!?私らしいロゴのような気がしないでもない.....けど。

さらにお値段はたったの398円とは!Petさんのは498円だったのに!フランス製だったからかな。

(追記)ちなみに"ONE DAY"Tシャツはコチラ。→ONE DAYTシャツ
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-21 22:39 | Comments(13)

ビーコーその後

ビーコーが台湾生まれの料理なのか?
それではビーコーは元々どのような料理で、漢字で書くとどのような字なのかが疑問です。
そこでちょっと検索してみました。
一つめ。ビーコーといえば宮崎の山菜などの粽(ちまき)のことをビーコーと呼
ぶようです。
さらに、宮崎で粽をビーコーと呼ぶのは、戦前に台湾に住んでいた日本人が、当時あちらで食べていたもの
を思い出して作ったそうで、台湾での呼び名をそのまま使っているんだとか。
→参考までに宮崎のビーコーはこんなかんじ。

では、「台湾での呼び名をそのまま」という、元の台湾での文字は??

さらに検索したところ、こんな記述が見つかりました。
『清水(Chheng-chui/チェンツイ)鎮は大甲渓河口の南の海沿いの町。...(中略)...清水は台湾風
おこわの米糕 bi-ko/ビーコー)が名物料理
』と!
→引用はこちらからです。「台湾の声」【台湾の旅】(48)台中県その4より。

そこまでわかったので、台中は清水の『米糕』はどんなものかしら?と捜してみましたよ♪
こんなものだった。

f0063645_0195092.jpgf0063645_020211.jpgf0063645_0201963.jpg

(画像はコチラからお借りしました。→鄉鎮美食(六)台灣台中清水米糕

ということは、クロワッサン『惣菜は創造』に乗っていたビーコーは、もしやこのトッピング部分(具)
だったのかもしれません。

参考までに、他にフィリピンのビーコーというものもありました。
フィリピンに昔からあるお菓子!だそうです。誕生日、お盆、お祭りなどで食べる物。
餅米をココナッツミルクで炊き、砂糖と少量の水をキャラメル状にしたものを混ぜて固めるそうで、トッ
ピングにココナッツミルクをかけます。あま〜い餅米のお菓子。
台湾のビーコーときっと繋がっているんでしょうね。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-19 23:56 | おいしいもの | Comments(4)

台湾生まれの、『ビーコー』

私が一番よく使ったお料理本は、「暮らしの手帖版 おそうざい十二ヵ月」(暮らしの手帖社)と、この
クロワッサン読者のオリジナルなおかず250種 惣菜は創造」(マガジンハウス)です。

f0063645_0513527.jpgもう、こんなにボロボロ。元はカバーが
あったのですが、お煮染めのようになった
挙げ句ちぎれてなくなってしまいました。
ついでに背表紙も取れてしまいました。本
棚のどこかから、背表紙を探し出して早く
手当てしなくては。

「惣菜は創造」には大さじとかカップいく
つというような指示がありません。だの
に、きっちりおいしいものが出来上がりま
す。作り手ごとの味付け加減の微妙な感覚
の違いで、その家らしい味となって定着す
るのではないでしょうか。今は絶版なので
残念、若い人にもお薦めしたいのに。

「こんにゃくと豚があるけど何作ろう?」と、材料別索引を眺めていて、そういえばこのメニュー最近作っ
ていなかったなと作ったのがこれ。
「台湾生まれのビーコー


f0063645_0581498.jpgもうちょっと、細かく切るのが本当かも。
こんにゃく、豚肉、そしてゆで卵。味付け
は醤油・酒のほかに、ニンニクが入るあた
りが台湾っぽいのかな。作りたてよりも一
日置いて味がしみたほうがしみじみしたお
いしさ。単純な作り方のわりに、複雑でク
セになる味です。ごはんに載せずにはいら
れない!
今回は個人的な好みで干し椎茸を細かく
切ったものも入っています。

ところで...これは本当に台
湾生まれの味なのか?


(確かに魯肉飯を思い出すような味ではあります。)
それならば、『ビーコー』っていうのはどんな漢字を書くのだろう??

※(訂正しました):ずっと『ビーゴー』だと思い込んでいたのですが、今よく本を読んだら『ビーコー
でした。本文中の言葉を訂正いたしました。

[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-18 00:04 | おいしいもの | Comments(14)

上海<椅子・いす・イス・・・外の椅子!>

上海の露地のそこかしこにある椅子。
きっと誰かさんが、いつもそこに座っている指定席。
薄暗かったり、狭かったりの室内にいるより、ドアの前やいつもの露地でいつもの仲間とたわいない話をす
るのかもしれない。
「最近○○さん見ないけど、足の具合はどうなのかしら...?」とか、「もぅぅぅあったまきた!うちの□□っ
たらさぁ〜〜!!」なんてやってれば、ちょっとは気分が軽くなるでしょう。


f0063645_21103516.jpg

きちんとした身なりで、何か深いものを感じさせる知的な人。椅子もちょっと立派だったりする。


f0063645_21104840.jpgf0063645_21113971.jpg

(左)みどりの椅子は、店員さんがちょっと一服..っていうときの、休憩用でしょうか。
(右)里弄の中央辺りにある小さな広場。井戸があって、そのとなりが物干しスペース。

こちらの椅子は......More
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-16 22:27 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)

輝くような春の午後♪

用事があって通り抜けた、近所の公園。きのうは爽やかな風が吹き抜けて、強い日差しで公園中が輝いてい
ました。子どもたちの歓声が響き渡り、元気一杯走りまわっていて、いつになくにぎやか。萌黄色の公園で
足取りも軽い午後。

f0063645_1323832.jpg
思わず、携帯であちこち...

f0063645_133933.jpgf0063645_1332216.jpg
撮ってみました。

f0063645_1333613.jpgf0063645_1344673.jpg
ここまでキラキラしている公園も、

f0063645_1345932.jpgf0063645_1352447.jpg
久しぶり。
なかなかない。

f0063645_1353979.jpg
子どもも、お年寄りも、犬も、明るく挨拶し合って、どこか夢のよう
でもありました。

ただ、それだけ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-15 01:43 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)

山田五郎との共通点!?

f0063645_054953.jpg
先日。仕事中、つけっぱなしになっているラジオから聞こえた山田五郎(→この人ね)の話に
ハッとして、絵を描く手が止まってしまった私。
なんと、山田五郎と私に共通点があったとは。
(ちなみに、彼については普段とくになんの感慨もないのですが....)

それは。電話をかけるのがに・が・て!ってこと。確か、話のテーマは「就職して良かったと思えること」
かなにかだったはず。もともと人に電話をかけることが極端に億劫だった彼は、講談社に入社したお
かげでそんなことを言っている場合ではなくなり、人並みにちゃんとできるようになった...ということで
した。
電話するくらいなら、直に会いに行ってしまうほうが気が楽だし、もし留守だっていいんだというくらい
「いやだった」そうで。
わかる、わかるわ〜〜!

たった一言「うん」と言えばいいだけの電話でも、気が重〜い。暗い気持ちというほどではないのですが、
小さな漬物石が心に乗っかったよう。
必要な電話をかける時は『よし、今からかけるぞ、かけるぞ〜』と気合いを入れて。
少々返事の遅れた友人には「うちの電話の受話器は2〜3トンあって持ち上がらないんだよう!」などと苦し
い言い訳をしています。


f0063645_0311975.jpg
電話しようと決意するのが少々大変なだけで、かかっ
てくるのはまったく構わないし、仕事上必要な電話は
かけてますー!本当です。社会生活ができないほど重
症ではないんです。
ですが、心の中ではできることなら直接会いに行った
ほうが気楽だなぁと...。そうですねえ、距離はここ、
多摩地区から神奈川県くらいまでの範囲なら移動オッ
ケー♪

人とのコミュニュケーションは大好きなのに、なんで
でしょう??


知り合いの皆様。時折、私からの電話連絡などが遅れることがあっても、決してあなたを避けているんでは
ありません。
お電話好きな人がうらやましいです、まったく。
(私は電話を使わない、野良犬みたいなものになりたいな。)


でも、山田五郎さんもそうだったならちょっと心強いや。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-04-15 00:00 | イラスト付き | Comments(2)