<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

季節の中華:咸菜豆瓣(ソラマメと高菜の炒め物)

昨日の夕飯で、ソラマメの出回る季節に必ず一回は作る「咸菜豆瓣」を作りましたので画像をアップ。
f0063645_1595565.jpg

f0063645_1522253.jpg

崩れたソラマメのアンコのように見えるのがソレです。上海の家庭料理。
これだけ作るのに、ソラマメ(サヤ付きで)2キロは使っていると思います。
f0063645_1531520.jpg

本来は、サヤから出して生のまま皮をむくのですが、
なまけものの私は、ごく軽く熱湯でゆでて皮をとりやすくしています。
本来は中華鍋に150ccくらいの油!!を入れ、暖まる前にソラマメを入れて弱火で炒めながら、
ヘラかフォークで砕くのですが、先程軽くゆでましたので油は50ccくらいに減らしています。
(ただしあんまり油が少ないと焦げ付きます。ソラマメが結構油を吸うのです。)
弱火でほっくりと火を通し、油を減らした分、ちょっとだけスープを加えてしっとりさせています。
最後に細かく刻んだ高菜50〜70gと酒少々を加えて出来上がり。

今回は、高菜ではなく雪菜の缶詰があったのでそちらを使いました。

これがねえ・・・うまいんだぁ!ご飯の上に載せたらガンガン食べられるので、危険極まりない代物です。
お試しください♪

その他のメニューは、牛スジのスープ(コラーゲン摂取!)
小松菜のゆでたの(オイスターソース+XO醤+生姜+スープ)です。
f0063645_1544919.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-31 02:06 | おいしいもの | Comments(4)

香港<出発、香港の街へ♪>

・・・というわけで、香港の写真が出来上がって来ました。
ブレブレの写真、ちょっとじゃなくて大層ピンボケの写真が一杯ですけど
気にしないで載せちゃうことにしました。お許しを。

3月24日、朝のANAで香港へ。
九州上空では、友人の実家のある宮崎と、ブログで知り合ったレイコさんのお住まいの鹿児島あたりで
窓にはり付いてどこかなどこかな?とつい、見えるわけもないお家を捜してしまいました。

f0063645_23261437.jpg







f0063645_23372219.jpg
チェプラコック空港からは、空港と市内を結ぶエアポートエクスプレスに
乗って一気に香港島の「香港站(站=駅)」へ。
途中、青衣島あたりにはどんどん新しいマンション群が増えています。

f0063645_2342586.jpg
・・・「ワタシノ オウチハ ドコ?」
















香港島での主な移動手段は、まずは大好きなトラムです。
キキーーーッ、ガッタン。ガタッ、グィーーーーーーン!軋む音もたまらない。
他に沢山乗客のいる中、運転手さん気分でハンドルを握るゴキゲンの大馬鹿者は・・・ダレナンダロウ。
ガタンゴト〜〜ン、ディンディーン♪
(香港では、日本でチンチン電車というように、「ディンディン」とも呼びます。子供の言葉かも・・・)

f0063645_23472085.jpgf0063645_23474128.jpgf0063645_2348074.jpgf0063645_23481631.jpgf0063645_2348361.jpgf0063645_23511376.jpgf0063645_23512914.jpgf0063645_23514834.jpg




























というわけで、明日に続きます。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-30 23:59 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

ちょこっとお知らせ「イラスト会話ブック 韓国」本日発売

JTBパブリッシングより、本日「イラスト会話ブック 韓国」が発売されます。
「旅先で出会う人たちと楽しく会話をしてみたいという方々に向けた、国別の会話集が
『イラスト会話ブック』シリーズです。・・・そして現地の人にこの本を見せながら意思の疎通を
はかってみましょう。・・・」(「イラスト会話ブック韓国」見返しより抜粋)という本です。
ハンディな大きさで、フレーズと単語でイラストや写真を見せながら会話を自由に組み立てることが
できるようになっています。
表紙とコミックエッセイは大田垣晴子さんが担当。イラスト会話ページを私が担当させていただきました。
韓国にいらっしゃる方はもちろん、韓国好きな方も是非どうぞ〜♪

f0063645_1313442.jpg
f0063645_13132046.jpg

f0063645_13133686.jpg
f0063645_13135015.jpg
単行本: 143 p ; サイズ(cm): 19
出版社: JTBパブリッシング ; ISBN: 4533063020 ; (2006/03)















あのう・・・韓国スターの方達のファンの皆様は似顔絵イラストが似てなくても、何の責任ももてません。
怒っちゃイヤですよん。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-29 13:23 | イラストの仕事 | Comments(9)

おまけ。チューカ気分の夕飯です。

只今ニセ香港人になっている私。
夕飯は、中華ソーセージ入り菜飯。辣子炒鶏球(鶏の唐辛子炒めキャベツ添え)
鶏手羽のスープ・・・作っているうちに、ちょっと疲れが出て「白菜のXO醤煮込み」を
予定していたものの省略してしまいました。
f0063645_2131270.jpg

さぁて、3月29日といえば私の好きなポール・ウェラー(ライフログ参照→)の来日公演。
夕方は中野サンプラザに行かなくっちゃーー楽しみっ♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-29 02:18 | おいしいもの | Comments(2)

ただいま〜♪香港より無事帰国。

5月の個展が香港をイメージしたイラストの予定なので、気持ちに火をつける(お尻にも火をつける)ために
現地まで行って参りました。
資料の画像が欲しかったこともあり、カメラ抱えて歩き回りました。
小さくてお手軽なデジカメも持参したのですが、以前肝心のデータが吹っ飛んでなくなっちゃった経験があるので
中心は、前から使っていた普通のカメラ(?)で。
普段そんなに撮らない私にとっては、800枚近い写真を撮るのは結構体力的にも大変でしたが
ひたすら路地を歩き続け、良い経験になりました。
突然行くことにしたビンボー旅行だったので、気軽にカフェなどに入って休むお金がなく
疲労で頭痛・肩こり・動悸・息切れで荷物放り出して地べたに座り込む始末。

現地の友人たちには随分助けられました〜〜〜ANNAさん、TAMMYさん、張さん♪
ザンハイ ムコイ ドーチェ!(本当にありがとうございました!)
そして忙しいスケジュールの中、楽しく一緒にお食事する時間をとってくださったガーベラさん
本当に嬉しかったです!

明日からは、ささやかな体験談をご報告するつもりです。
(ところで、問題は出来上がった写真を引き取るだけの予算があるかどうかです・・・うう・・・。)

f0063645_1192226.jpgf0063645_1194580.jpgf0063645_1202588.jpg
f0063645_1204048.jpgf0063645_12155.jpgf0063645_121353.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-29 01:26 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

ちょいと行って参ります!

どこかの出版社に頼まれたわけではないのですが、自主的にちょっと「取材」に行って参ります。
こうやって自主的に行くのも取材って言うんだろうか、ただの「旅行」ってことになっちゃうんだろうか???
f0063645_22592943.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-23 23:00 | イラスト付き | Comments(8)

春野菜のサラダ

毎年春になると、必ず作りたくなるサラダ。
春らしいと思う、あり合わせの野菜で作るのですが、ウドは必ず入れるかな?
ウドを酢の物にしたのが苦手な方にも、これなら大丈夫なのでは。

何の変哲もないサラダですが。(色は爽やかさを出すため、グリーンと白系に)
今回は、ウド、キュウリ、新ジャガ、カブ、スナップエンドウ、絹サヤ、菜の花、アサツキを使いました。本当は、是非ソラマメも入れたかった.....!!

(1)ウド、キュウリ、新ジャガ、カブはスライス。
   ウドは薄い酢水(今回はレモンをたらした水にしました)に軽くさらします。
(2)新じゃが、スナップエンドウ、絹サヤ、菜の花はそれぞれ、歯ごたえが残るようにサッとゆでます。
   アサツキもほんの一瞬、湯通ししました。長い野菜は、食べやすい長さに切ります。
(3)全体に水気をよく切って混ぜ、オリーブオイル(できればエクストラ・バージン・オリーブオイル)
   を適量回しかけます。
   手で底の方から何度もフワッと混ぜ合わせて、
   オリーブオイルが野菜に万遍なく行き渡るようにする。

f0063645_2355583.jpg
(4)塩少々を振って、同じように混ぜる。
   オイルでコーティングしてから塩を振るのが、
   水っぽくさせないポイントです。
   シンプルな味付けなので、できたらおいしい自然な塩だと
   なおいいです。ここ何年かのお気に入りはこの塩→
  フランスのゲラント地方の海塩で、まろやかで味わい深いです。
  フルール・ド・セル(塩の花)を挽いたのならさらにいい。
   (とはいえ、あるものでオーケー♪)
   胡椒を振る。できればガリガリ挽くと香りが良いです。

これだけ。レモン汁は、食べる直前にお好みで少量。


f0063645_23361266.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-23 00:04 | おいしいもの | Comments(10)

中華料理はお好き?「香港こだわり食材百貨」

私の小さい頃は、両親ともあまり外食するほうではなかったので
デパートの大食堂すらあまり行ったことがありませんでした。

ただ、祖父のお墓が横浜の外人墓地の下の方にあったので
(もちろん、外国人だったというわけじゃなく、元町に向かって下る斜面が
教会の墓地になっているのです。みんな日本人...)
お墓参りにいくと、帰りは必ず中華街でお食事だったので、
外食といえば中華街のイメージ。
f0063645_1183719.jpg

(↑横浜中華街 おいしさネットワーク通信「豆彩」vol.36表紙)


そんなわけで、横浜の港+中華街のイメージが重なるところ
香港は、行ってみたらとてつもなく懐かしい場所でした。

何年間かの間、中華料理やデザート作りに夢中で、中華:和食は8:2くらい。
無理矢理日本にいる、香港人、中国人の友人たちにも食べてもらって
「どう?どう?」と迫る始末。
香港から日本に来てしばらくすると、日本では食べられないあちらの味というのがあって
懐かしくてたまらない。
期待して中華街に繰り出しても、似て非なるものだそうです。
そんな人たちに香港の家庭料理だと銘打って食べさせるなんて、
ずうずうしすぎるというか勇気ありすぎというか・・・でもね

「・・・!!!あ、これ、ホンコンの味デスーーーホントにアナタが作ったの?」だって!
合格、でした。

秘密は、レシピと調味料〜〜〜。技術じゃな〜い!!
日本のもので代用すると、どうしても中華'風'になってしまうこと多し。(いいんですけど)
香港の街の匂い(風味)みたいなものが失われてしまうんです。

f0063645_002461.jpg
もし、香港の料理に興味をお持ちでしたら、
超強力にお勧めしたいのがこの本。→→→
香港こだわり食材百貨」牛嶋直美 著 /双葉社 刊
ISBN: 4575294721 ; (2002/11)

香港にいらっしゃるかたはもちろん、
日本で中華食材を買うときにも
すごくいい道しるべになること請け合いです。

それから、香港に住む人々の食と生活を
知る上でも。

香港にいらして、ひと味違う香港らしくていいものを
お捜しのかたにはもちろんおすすめです。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-22 00:01 | おいしいもの | Comments(2)

....やっとスッキリしました.....

今頃お恥ずかしい限りですが、やっと。
これで、個展の準備に本腰を入れられるかも。↓で、「今朝」と書きましたが、日付が変わってしまったので、これは昨日の朝のことです。
今年は少しだけちゃんとやるつもり。
f0063645_0225861.jpg

[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-20 00:24 | Comments(12)

香港Cerfeuil Cooking Salonのガーベラさん

ちょっと嬉しいことがありました。
香港に興味を持ち始めたのは1977年ごろからと、まだ浅いのですが
いつの頃からか、香港・食・・ということで色々調べていると
よくガーベラさんとおっしゃる日本人のかたのお名前を拝見するようになりました。

今、香港でCerfeuil Cooking Salonの主宰ほか、食にまつわる様々な活動をなさっています。
写真で拝見する華奢で優しげな外見からすると吃驚するほど
香港という地で、着実に根を張って一つ一つ花を咲かせていらっしゃる様子には
本当に頭が下がります。
Cerfeuil Cooking Salonの様子はこちら

このブログを始めてから、いくつかあるガーベラさんのブログを拝見するようになり
先日は、ガーベラさんこと櫻井さんに私の手作りのイラストブックをお送りしてしまいました。

そうしたら、3月17日のCerfeuil dairyで紹介してくださったんです♪♪
ここから

イラストブックの内容の一部は、私のHPでご紹介しているworks内でご覧になれます。

さて。私も仕事ですぐ尻込みしてしまうクセを改めて
ガーベラさんを見習わなくっちゃ!!!   よ、よ、よ〜〜〜し!(ヨロけてます)

文字ばかりでは何なので、昨日の「時間のなかった日の夕飯」の写真を。
ご飯とお味噌汁、鯵の開き、野菜の揚げ浸し、野菜の浅漬けとトマト・・・
f0063645_18455416.jpg

時間のないときは野菜の揚げ浸しは簡単なのに満足できるものなので好きなんです。
レイコさんの揚げ大根を見て、大根も使ってみました。
え?この間の夕飯とパッと見変わらない?
ま〜いいんですいいんです。そんな日もあるさ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-18 18:20 | Comments(2)