カテゴリ:散歩と旅・建物( 471 )

「OLD TOWN CENTRAL ー舊城中環ー」、なんと日本語版が出ました! 

5月にこのブログでお伝えした香港の中環(セントラル)を紹介する「OLD TOWN CENTRAL ー舊城中環ー」
香港でしか配布されておらず、もちろん日本語ではないし、日本ではPDFをダウンロードするしかありませんでした。
うーん、残念。紙の冊子がやっぱりほしい。
日本語版を出していただけたらうれしいなぁ、
いやたとえ英語版のままでも、写真とアドレスなどのデータがあればその場所に行かれますし。

香港をよく知らないという人に見せても、へぇ楽しそうな街だね、行ってみたくなった♪と興味を持っていただけることが多かったんです。
デザインいいし、薄くて威圧感ないのもいいかな。
リピーターにとっては何度行っても新鮮な愛しい場所がたっぷりだし、注目すべき新しい場所もちゃんと紹介されています。
薄いのに中身が濃い。
香港の人の目で見て紹介したい”中環”がそこにある。

このまま訳した日本語版もあればいいのに、とつぶやき続けていたら、なんと出ました!日本語バージョン!!
日本の香港政府観光局の皆さま、ありがとうございます!!
これで、日本でも手に入れられますゼ♪

ぜひ手にして、
香港好きな方は、周囲の方々への香港宣伝工作にもお使いくださいませっ。

f0063645_02082427.jpg

f0063645_02082590.jpg
追記: この日本語版の入手先は
●香港政府観光局の東京オフィス
●下記サイトの公式ガイドブック郵送窓口から申し込む(送って下さるそうです)
http://www.discoverhongkong.com/jp/about-hktb/contact-us.jsp 
●9月のツーリズムEXPOにて、ご来場のかたがたに配布
※その後の大量配布の予定は香港政府観光局にお問い合わせください


とのことです!ご参考まで


[PR]
by kadoorie-ave | 2017-07-14 02:04 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

[香港画像ポッと出し] 西環の好きな風景 第三街から見るIFCビル

わざわざ取り上げるほどでもない、ささやかだけど好きな場所。
ここ、西環の第三街の坂の下。
坂を下ってきて振り返ると、セントラル(中環)にあるIFC(國際金融中心・第二期)のビルのてっぺんがチラリと見えます。
ただそれだけなんですけど
このダイナミックな構図がまさに港のある街、坂の多い街を感じさせてくれて、ジーンとするんです。
変な達成感というか、清々しさすら感じる場所。
f0063645_15271939.jpg
IFCを拡大すると、こう。↓
f0063645_15272789.jpg
行くたびに、ここで立ち止まって一度はこの風景を確認します。
この場所から↓
f0063645_15273243.jpg
ブイーンとセントラルが見える。カッコええ!!(あくまでも個人の感想)
f0063645_15511295.jpg
それだけ。



[PR]
by kadoorie-ave | 2017-06-03 16:00 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

5月27日−28日は関空旅博!(香港政府観光局主催のアガる香港セミナーでトークします)

今月27日(土)と28日(日)は関西国際空港で「旅博」が開催されます!
香港に限らず、"国内外の観光局や航空会社、旅行会社などが一挙集結"しますので、旅好きの方、これからどこかに旅したい方はぜひ関空へ。
詳細はこちらのサイトをご覧ください。→→ 関空旅博
f0063645_16294791.jpg
さて、その旅博では、香港政府観光局による「アガる香港セミナー」関西空港会議場にてわたくし、小野寺光子がトークを務めさせていただくこととなりました。
参加者の募集は香港政府観光局がtwitterで呼びかけるや否や満席となってしまい、受付終了となりました(ひゃー!!)
久々の大阪、嬉しいですヽ(´▽`)/....が、文字どおり「アガるセミナー」になってしまい大失敗なんてことがないように祈るばかり。
参加申し込みをなさった奇特な皆さま、どうか温かな目で見守ってやってくださいませ。45分という短い時間ですが、一緒に楽しいひと時を過ごせたら、と思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。
f0063645_16444868.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2017-05-11 16:16 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)

MADE IN HONG KONGの駱駝牌水壺(3)黄埔の義達工業大厦 駱駝牌工場へ

f0063645_04183157.jpg
何ヶ月ぶりかの香港。その目的の一つが、駱駝牌(唯一冷熱水壺廠)を訪ねること。
九龍灣の新駱駝大厦は誰にも話を聞くことができなさそうなので、稼働中だという
義達工業大厦(@黄埔)の工場に行くことにしました。
(工場に電話をかけて、同行してくれた香港朋友、ありがとう!!)
これがそのビル!やや古く、それがまたなんともモダンに見えるビルです。
f0063645_13502566.jpg

ビル入り口にあるポストをチェックして、駱駝牌の名前あるかどうか確認。あった!いざエレベーターで上へ。
f0063645_11294950.jpg
工業ビルらしく素っ気ない(←そこが好き)エレベーターを降りるとそこには....おぉぉぉっ、「唯一冷熱水壺廠」の細い文字が美しく輝いているじゃありませんかっ!
この文字好きすぎる!できるものなら抱きつきたいくらいっ。
しかも何でしょう、背景のチャコールグレー。一見黒に見えますが、実は微かにグリーンや青が潜んでいるような、シックで繊細なチャコールグレー。
細い金の文字と合う!!ビル全体の外観にもアガりましたが、その外観ともピッタリ合うすてきなセンスです。さらに好もしいのは飾り気のなさ。
工場だから当たり前なのかもしれませんが。
進んでいくとガラス扉の奥には、砂漠と駱駝のイラストで有名な会社のトレードマークが光っていました!(上記イラストの右側に拡大して描きました)。

対応してくださったのは広報担当ではなく年配の社員の方でしたが、前回書いた宏光街の新駱駝大厦がホテルになる話etc.etc...が事実だと確認がとれました。

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
さてここで少し、CAMEL VACUUM FLASK/駱駝牌「唯一冷熱水壺廠」についての説明を。

香港での魔法瓶生産は1933年ごろから始まり、次第に需要が拡大。
実業家 梁祖氏は真空フラスコを香港で安定生産しようと、1940年に「唯一冷熱水壺廠」を創業します。
そして創業後たった6ヶ月で第二次世界大戦が始まり、日本の占領で全てを失います。終戦後不屈の精神で1945年に生産再開。
f0063645_17193404.jpg
梁祖卿氏は円筒形のまっすぐな魔法瓶に、丸いラクダ印の商標プレートを付けたデザインを考案します。「駱駝牌/ Camel Brand」の誕生です。
(ウェブサイトの動画では、二代目の梁立仁氏がラクダの名を採用したとあるけれど、この点については未確認)
ラクダをトレードマークにしたのは、砂漠の旅にあって、ラクダはコブに水分を蓄えて粘り強く持ちこたえることができるから。
しかもこの商標ラベルを付けることで本体が変形しにくくなり、手から滑るのを防ぐこともできるという実用面の利点もあるそうです。
ボディに溝を入れて強度を出したNo.147のほか、美しい製品を次々生み出して順調に事業は発展していきました。
電動で真空にする機械や塗料の噴霧器なども導入。魔法瓶は各家庭の必需品となって1日400ダースも生産していた時期もあったそうです。
また哺乳瓶として使える弾丸型の小型魔法瓶も人気を博しました。
劇場でのアイスクリーム、アイスキャンディーの容器もほとんどがキャメル製品。ホテルのためのコーヒーポットも作りました。
70年代には東南アジア、ヨーロッパやアメリカにも輸出されていたといいます。

さて現在
香港には数多くの日本や海外産の魔法瓶が並んでいます。軽く性能も良いうえに、オートメーションによる大量生産が可能。
香港の工場の現状はというと、その多くが中国国内へ移転してしまっています。あるいは香港で生産していても、部品は中国国内からの調達が常識です。

駱駝牌は今でも把手からボディなど、すべての部品を自前で作っていて、時間もかかるし純利益はさほどではないといいます。
ウェブサイトの動画を見ればよくわかることですが、機械化といっても多くを職人の手作業で行っているのですねー。

そんな状況が大変のは想像に難くありませんが、なぜ持ちこたえられたのかな? ...と思って調べたら、答えは不動産でした。
香港で残っていくには、この才能は不可欠だと何かに書いてあったっけ。

梁家は不動産にも目が効き、最初の工場のあった大咀角の棕樹街の土地を早期に購入(香港は土地定期借地権)、これは'90年に1億2千万HKドルで売却。
’47年に6万HKドル超の予算で洗衣街の土地を購入。
'09年に市建局の波鞋街(旺角の登打士街〜亞皆老街にかけての俗称。洗衣街付近)買収計画により、1億HKドルを超える収入
'81年に九龍灣に購入したビルは「新駱駝大厦」と名付けて工場とした。そして5年前にここをホテルとしてリノベーションすることを申請

「これで私たちは香港で駱駝牌のロゴプレートを放棄せず、今後も継続して製品を製造することができます。
ウェブサイトも整備します」三代目の梁澄宙氏談。スピーディーに実現してる....




[PR]
by kadoorie-ave | 2017-04-02 19:21 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

MADE IN HONG KONGの駱駝牌水壺(2) 駱駝牌の古い工場がホテルになるって!!??

九龍灣宏基街3號にある古い工場はこれ。Googleのストリートビューから拾った画像です。こういうのが好きな人には沁みる建物だと思うのだけど...
f0063645_02280409.jpg
場所は九龍灣宏基街3號 新駱駝大厦!
f0063645_02281367.jpg
f0063645_02281086.jpg
建物を向こう側の宏光道から見るとこんな外観。↓
f0063645_03263866.jpg
宏基街側の屋上に近い部分の壁には、駱駝牌のマークが大きく入っていてかっこいいんです、あぁたまらない!入口の「唯一冷熱水壺廠」の文字もいいなあっ!
そうこれが駱駝牌製品を作っている会社の正式名称です。建物の中に入れなくても外側だけでも見たいものです。取り壊されていないでしょうね...?

そこでHandsome Co.のかた(以下Handsomeくん)に確認してみました。
『九龍灣宏基街3號にある古い工場は、まだ稼働しているのでしょうか。そこではもう生産はしておらず、九龍馬頭圍道の義達工業ビルが中心に稼働している状態?』
九龍灣宏基街の新駱駝大厦を見学することはできますか』

Handsomeくん:『今はここは工場としては稼働していません。この建物は改修されてホテルに生まれ変わります。
        工場は安全が確保できないので、立ち入ることはできません。』

な、な、なんと!!ホテルになるとな!??
枯れきった工場の状態で見たかったーーー!でもホテルに生まれ変わるんなら壊さないということか?

『どんなホテルになりますか?』
Handsomeくん : 『ホテルは、新駱駝大厦のオリジナルの特徴の多くを残しています。それは会社の歴史をそこに留め記念するものになると思います。
        壁のアートからカーペットまで、すべては駱駝牌とは何かを物語っています。
        いくつかの部屋や廊下を駱駝牌古いパッケージや製品のイラスト(←私が製作します)で装飾する予定です。
        工場だった頃の様子がわかるように、ホテルの壁の一部はむき出しのコンクリートのまま残されます。
        近い将来、あなたもホテルを訪れることができますよ。』
そうだったのか。知ーらーなーかーったーーー!
調べてみたら、既にホテルのサイトも出来上がっていました(サイト内に未完成の部分はありましたが) : CAMLUX HOTEL 君立酒店
結構美しいホテルじゃぁありませんかっ。ベッドに付いているランプの傘が魔法瓶の頭でできていたり♪
f0063645_03492691.jpg
GoogleMapのほうも既に「君立酒店」になっています。宏光道サイド、こんなふうになったんだー!
f0063645_03361173.jpg
そんなわけで、これは実際に香港で駱駝牌の人に会って確認しないといけないな...と思ったワタクシでありました。
(MEMO : 3月31日に確認した時は予約はまだできない状態で部屋の価格も無かったたのに、4月1日には予約できる状態になっていました。早っ!
     お会いした駱駝牌のおじさんの言ったこと、または通訳してくれた友達が間違っていなければ、三ヶ月後をめどにオープンしたいって言っていたような...
     違ったのかな。三日後だったの???)



[PR]
by kadoorie-ave | 2017-04-02 03:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

[香港画像ポッと出し]香港上環 彭裕泰茶莊 (Pang Yu Tai Lung Kee)

(※[香港画像ポッと出し]では過去の画像や動画から拾い上げたものを気軽に載せていこうと思います。
なかには以前twitterやinstagramにアップした画像もありますが、どうぞお許しを)

彭裕泰茶莊 (Pang Yu Tai Lung Kee)
創業は1893年。この時代の建物が好きな私にとっては、できるだけ長く残って欲しいお店。生きた博物館
...と言っている間にも、結業または取り壊しになってしまったのではないかと、いつもヒヤヒヤしているんだけど。
今、どうなっているかな。

営業時間:10:00~19:00 (日曜 休)
香港 上環文咸東街113
TEL: 2542-2150
f0063645_00514613.jpg
f0063645_01000602.jpg


(撮影 2016年2月)

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-12-14 00:56 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

[香港画像ポッと出し]窓の向こうに虎豹別墅(タイガーバームガーデン)が

(※[香港画像ポッと出し]では過去の画像や動画から拾い上げたものを気軽に載せていこうと思います。
なかには以前twitterやinstagramにアップした画像もありますが、どうぞお許しを)

何回かお邪魔している香港のお友達の家。
この間泊めていただいたのはいつもと違う部屋だったのですが
ふと窓の外を見たら、あれ?あそこに見えるのはもしやタイガーバームガーデンの建物?
思えば友人の家は大坑にあるから、確かにあれがそうなんでしょう。
以前は背後の土地もその敷地だったはず。
f0063645_16503845.jpg
閉鎖後は老朽化が進んでいる...と聞いてはいますが
中を見てみたいなぁ。
f0063645_16552915.jpg
※2010年に公開されたときの様子が香港ナビで垣間見られますね。

虎豹別墅 / Haw Par Mansion
香港銅鑼灣大坑道15號A
(撮影2016年7月)

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-12-12 16:57 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

[香港画像ポッと出し]香港上環 源興香料公司とその周辺

(※[香港画像ポッと出し]では過去の画像や動画から拾い上げたものを気軽に載せていこうと思います。
なかには以前twitterやinstagramにアップした画像もありますが、どうぞお許しを)

香港上環東街19號
大好きなスパイス屋さんの一つ、源興香料公司とその周辺

f0063645_12093693.jpg
(撮影2016年7月)


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-12-08 10:28 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

[香港画像ポッと出し]皇后大道中

(※[香港画像ポッと出し]では過去の画像や動画から拾い上げたものを気軽に載せていこうと思います。
なかには以前twitterやinstagramにアップした画像もありますが、どうぞお許しを)

私の好きなビル、まだ健在。まだまだ長生きしてほしい建物。
香港 皇后大道中
f0063645_00515767.jpg
(撮影2016年7月)

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-12-06 01:08 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)

7月の香港(4)香港航空のラウンジ

さて、香港國際機場(香港国際空港)にある香港航空のラウンジ「Club Bauhinia 紫荊堂」のこともご紹介します♪
シャワールームやミーティングルームがあるのはもちろんですが、ここで特筆すべきは空港を飛び立つ直前まで香港の食を楽しむことができる
っていうこと。焼売や叉焼包(チャーシューまん)などの点心はもちろん、私の好きな奶皇包もあります。さらに麺は車仔麺雲呑麺もありま
す。おやつとしては豆腐花雞蛋仔まであって、That's Hong Kong!小食充実!!これは長くいても胃袋が楽しそう...  

(※以下、画像をクリックすると、拡大して表示されます)
f0063645_17520206.jpg
f0063645_18203220.jpg
それなのに、ギリギリまで街中をウロウロしていたために隅から隅まで試す時間がなく、このような軽いもので小腹を埋めることとなったの
は今も後悔するところです。一番右は「お時間がなくてもこれは是非試してください。おいしいんですよ、私たちがここでお勧めする生姜のお
茶です」とスタッフの方が持っきてくださった温かいドリンク。生姜の風味も甘さも柔らかくてやさし〜い味でした。
f0063645_18101594.jpg
ラウンジ全体は、幅(奥行き)については特別広くありませんが、駐機場に向かって窓が横に長く広がっているのです。出発階から一段下に降
りた階なので、ちょうど飛行の鼻面と向き合う高さ!つまり向かいに操縦室(小さくしか見えませんけれどね)♪これは新鮮でした!
それともう一つ。これは行き帰りの飛行機で感じたことと同じなのですが...、スタッフの方たちがとってもフレンドリーなんです。笑顔が多いの
で、ちょっと聞きたいことがあるときにも話しかけやすい。話しかけると親身。おかげでとーってもリラックスできました。

ということで、初・香港航空全体の印象は、香港らしさがそこかしこに散りばめられていて、スタッフはフレンドリー。リラックスできて楽し
い...という印象でした。


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-08-15 19:07 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)