カテゴリ:イラストの仕事( 169 )

講談社「温故知新的生活vol.7『昭和の掃除術でササッときれい』」イラスト


f0063645_2234553.jpg
PEARL BOOK 温故知新的生活 Vol. 7が出ていま
す。

これまでお料理の特集が多かったこのシリーズで
すが、今回は「気づいた人から実践! 暮らしま
わりの・知恵袋
」と題して、掃除、洗濯、料理...
日々尽きることのない家事を、グルリ見直すことの
できる内容です。

私が取材に同行したのは、お掃除のページ。「昭
和の掃除術でササッときれい」だなんていうと、
堅苦しくて古くさいような気がするでしょうか。

お邪魔したのは昭和のくらし博物館
館長の小泉和子さんから、お話を伺い、掃除の仕方を教えていただきました。実際にお会いするま
では、(二言目には『昔はよかった』『和の暮らしが一番』と言い出しそうな小うるさい先生だった
らどうしよう...)と不安で一杯でした(逃げ出そうかと!)。
実際にお会いしてみた先生は、ポンポン厳しい言葉で指導なさるけれど温かく、ちっともこわくな
かった。心の中にしっかりとした柱が一本通っていて、清々しいようなかんじのするかたなのでし
た。
↓下のイラストは、どれもクリックすると拡大してご覧いただけます。

f0063645_22442037.jpg

縁側に坐って、実際に先生に教えていただきながらハタキを作りました!緊張のあまり、普段の上
を行くトンチンカンぶりを発揮し、先生に呆れられてしまいましたけれど。(でも多分、ほとんどの
若造はみんな呆れられちゃうと思うけど。)
でもね、手を動かしていたら、幼い頃母を手伝ってハタキを作ったときの感覚を思い出しましたよ♪

f0063645_22444948.jpg

本当に手ぬぐいで頰被りして、割烹着をつけて掃除をしました。
私、かねてから、エプロンやスモックではなく、昔ながらの割烹着がいい。欲しいなと思っていたん
です。割烹着をシンプルにアレンジしたお洒落な物も不要、この割烹着がいい。サッと身につけら
れ、袖の太さにゆとりがあって、手首にうっとうしい袖先が落ちてこない。着たら、思わずかいがい
しく動いちゃいます。

f0063645_22453261.jpg
んで、じつは写真にも登場して
しまいました私。

写真を見た友人から「京塚昌子
だ」って言われた。

↓こんなふうに、縁側で先生にお話を伺いながら作業しました。昭和の、私の子供時代に抱いていた
「大人」のイメージにぴったりの小泉先生。ほんとうは、もっともっと、お話を伺っていたかったな
あ。

f0063645_22451466.jpg

ハタキのことをちょっと。>電気掃除機が普及するや、「ハタキというのは、埃を舞い散らせるば
かりで効率が悪い。ほうきもしかり。電気掃除機で吸い取ってしまうの一番」と言われ、前近代的な
道具として多くの家庭から姿を消しました。
とはいえ、ほうきについては、掃除機を出すのが面倒なときに使ってみると、じつに手軽で便利。ご
ちゃごちゃ狭い日本の住まいには勝手がよい...とは思っていました。
ではハタキは?小泉先生からの説明にハッとしました。曰く、
埃をそのままにしておくと、料理でも目に見えない油煙や湿気なんかが出るでしょ?それで埃が定
着しちゃうんですよ。ハタキっていうのは、それを手軽に払って、吸着させないようにするわけなん
です。
毎日やってれば、大掃除だっていったって騒ぐことないのよ」と。

あの取材の後から、私の掃除は変わりました〜!この怠け者が、毎朝ハタキをかけ、チリを掃いて、
ササッと雑巾がけをしています。掃除機でやらなくちゃと思っていたとき、あんなに億劫だったの
に!雑巾のいいところはね、上から順番になんでも拭いてツルツルに保てるところ。ハタキをかけて
いるおかげで、埃が積もってしつこい汚れになっていませ〜ん。あっさり拭けば大丈夫。もともと、
雑巾掛けは嫌いではありませんが、ハタキの一手間のお陰で俄然ラクに拭くことができます。

今まで私、なにしていたんだろ?


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-08-09 23:32 | イラストの仕事 | Comments(4)

「タビ ノ カケラ」展に香港朋友御一行様がやってきた♪

先日、香港から来日中だった朋友(パンヤウ)Annaさんと陳さん一家が、個展を見に来てくれまし
た!Annaさんは日本に何度となく来ていますが、陳さん一家は初来日。それなのにわざわざ平塚に
宿をとって平塚、大磯の両方を見てくださって感謝感激です。
陳さんの奥さんはAnnaさんの幼なじみ。幼稚園からの仲だそうです。香港の南Y島(ラマ島)という
島に住んでいて、私も以前お宅にお邪魔したことがあります。香港島の会社には船で通勤しています
(片道30分くらいでしたか....?)。さらに大変な料理上手でもあります。お宅に伺ったときは(あ
れは2003年あたりだったか...?)丁度中秋節で、家族・親戚が集まる食卓に次々繰り出されるご馳
走に目を丸くしたものです。

f0063645_1235038.jpg
これは平塚の「design+cafe gallery
Little party」で撮ったもの。

一番右がAnnaさん。
その隣の三人が陳さん一家。
御主人は海が大・大・大好きと伺って
いましたが、香港ではなんとドラゴン
ボートレースにも出ているのだそうで
す!

f0063645_1271763.jpg
息子のKenくんは、前に会ったときは小学生だったのに...!
(この写真は2003年頃に南Y島の家で撮りました。)

f0063645_12254944.jpg

↑「カフェぶらっと」の展示風景が少〜しだけわかる写真。こちらはAnnaさん撮影。
テーブルの奥に座っているのは「小さな鉄道旅日和」の取材でお世話になっている、乗り物フォトラ
イター杉崎氏。駅舎については特に詳しいかたです。この本は、二見文庫から6月に出た「訪ねてお
きたい名駅舎 絶滅危惧駅舎」
です。おすすめです♪

今回の大磯での展示は、私のイラストだけだと、その鉄道がどんなものなのかわかりにくいので、杉
崎氏が解説と小さな写真を添えてくださいました。...というか、搬入から展示、香港からの友人のも
てなしと、何から何までお世話になってしまいました。大磯に足を向けて眠れません。



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-07-31 12:23 | イラストの仕事 | Comments(2)

セブン&アイ出版「おかずラックラク!真夏 2010年7-8月号」イラスト

セブン&アイ出版「おかずラックラク!真夏 2010年7-8月号」の真ん中にある二色(2c)ページ
に、今回もイラストを12〜13点ほど描きました。
今号は「夏の冷えは『薬膳』の知恵でやっつける!」という内容。中国伝統の中医学が元になってい
るのをいいことに、全体に中華っぽいイメージで描いてしまいました。よろしかったら、覗いてみてく
ださい。(画像をくりっくすると拡大してご覧いただけます。)

f0063645_16463429.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-07-09 16:46 | イラストの仕事 | Comments(2)

講談社「温故知新的生活 Vol.6」魚料理イラスト

講談社PEARL BOOK「温故知新的生活」Vol.6が出ました!

このシリーズは、“今こそ「暮らし」を見つめ直す”と銘打って、2〜3ヶ月(?)くらいの間隔で
出版されています。これまでの号は、どれも本当に豊かで美味しそうな料理の特集でしたが、今回
「食の目利きに学ぶ!シンプル とびきり おかず」もこれまた一層内容充実。食のプロのかたが
たからの知恵の数々に「な〜るほど〜!」とうなってしまいました。(料理専門のシリーズという
わけではなく、今後「暮らし」まわりのこともいろいろ取り上げて行くのだそうです。)

これまで、私はわりあい「食」にまつわる本や雑誌の仕事を多くしてきましたし、もとより料理本
を買い集めるのが趣味とうか、習性...。数だけはたくさん見てきたと思います。なかでもこのシリ
ーズは地に足の着いた、充実した内容だと感心しています。

...あ、そうそう。
それで、このVol.6の「築地魚河岸・濱長 福地ネエサンの初心者大歓迎!簡単!魚のおかず」
p110〜125にイラストを描かせていただきました。さばき方や料理の手順などを、イラストで説明
しています。モノクロのイラストですが、作品点数はけっこうあります。描いていて、とても楽し
かったです!

f0063645_23403464.jpg
このページで活きのいい文章を書き、魚料
理を伝授してくれたのが福地享子さん。フ
リーのライターをなさっているのですが、
1998年に築地市場の仲卸「濱長」のチラシ
づくりを引き受けたのがきっかけで、この
店で働くことになったというめずらしい経
歴のかたです。取材や執筆活動も続けなが
らですから、いやもう感心するばかり...。

そもそも、マガジンハウスクロワッサン特
別編集「大人の東京案内」
の築地取材でお
会いしたのが最初でした。(あれは楽しい
経験でした!福地さんのおかげですっかり
築地が好きになりました。)それで、私を
覚えていてくださって、今回の仕事と相成
ったわけです。
わ〜い♪

f0063645_23405533.jpgf0063645_2341825.jpg

f0063645_23412896.jpg
   ↑
ページの雰囲気と、イラストを一部ご紹介します。
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

f0063645_23413915.jpg

魚料理のページだけでも、読んでみると目から鱗、魚料理がワンランクうまくなってしまう知恵が
たくさん詰まっています。私のイラストがどうの、というよりも、料理が楽しくなる本なので是非
一度書店で手に取ってみてください♪オススメです。

●「食の目利きに学ぶ!シンプル とびきり・おかず (温故知新的生活) (ムック)」→amazon.com


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-05-27 23:43 | イラストの仕事 | Comments(6)

セブン&アイ出版「おかずラックラク!夏」(2010年5-6月号)イラスト

少し前の仕事ですが...セブン&アイ出版「おかずラックラク!夏」(2010年5-6月号)のイラストを
ご紹介します。
この雑誌には、ちょくちょく描いておりまして...雑誌のちょうど真ん中あたり、二色刷りのページのと
ころです。今回のテーマは「食べ方&運動のルール」です。「太らない力」の基礎知識があるかどうか
をチェックし、正しい知識を身につけるという内容。

あまり小ぎれいに画像を処理していなくてごめんなさい。徹夜続きだったので今日は気力が萎え気味...
お許しを〜。

f0063645_2321940.jpg

実感がこもっているイラストです。
これまでも、ダイエットの正しい知識の本や記事へのイラストは、幾度となく描いてきました。こ
ういっちゃなんですけど、知識なら、かな〜り豊富です。原稿を読みますし、イラストを描くため
には、自分でも勉強しますので。

もんだいは、知識じゃなくて実践のほうなんです〜〜。

普段だったら無駄なおやつも食べないし、とりたてて変な食欲がもわきませんが...忙しくて部屋に
缶詰めになったり、絵が思ったように描けないなんてことがありますと、始終何かを口に持ってい
きたくなるのです。空腹かどうかは関係ありません〜。ほんとうに、どうしたことでしょう?
無事、入稿を済ませたとなると、憑き物が落ちたように正常な食欲に戻ります。
健康だし、辛いわけでもないんですが、困ります。一ヶ月忙しかったら3キロは確実に増量します。
(増量するのは困るけど、かといって仕事がないのはもっと困りますー。)似たような職業のか
たに伺ってみると、同じ『症状』の人は結構いらっしゃいますね。
体重の管理、みんなどうしているのかなあ。。。


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-05-20 23:49 | イラストの仕事 | Comments(2)

JCB「J-B Style」小さな鉄道旅日和ー阪堺電気軌道

ちょっと遅くなりましたが、JCBの旅の情報誌「J-B Style 4-5月号」で連載中の「小さな鉄道旅
日和」のイラストを一部ご紹介。乗り物・旅のベテラン・フォトライター杉崎行恭氏による、愉快
で味のある文章と写真、そして私のイラストによる珍道中鉄道旅の連載です。4-5月号では、大阪
阪堺電車(阪堺電気軌道)の小さな旅。(イラストの画像をクリックすると、拡大してご覧いた
だけます。)

f0063645_2234547.jpg

ああ、あのとき堺で食べた深清鮓(ふかせずし)の「穴子のにぎり」と本家小嶋の「芥子餅」...も
う一度食べたい...。

f0063645_224816.jpg

そういえば、住吉大社へもこの取材で初めて行ったのですが、立派なのに気取った感じがなく、可
愛らしい華やぎが感じられて、すっかり好きになってしまいました。

[PR]
by kadoorie-ave | 2010-05-09 22:59 | イラストの仕事 | Comments(6)

イラストの仕事<朝日新聞の本日朝刊に小さなコラム>


f0063645_10301992.jpg
本日(2009年3月3日)の朝日新聞朝刊の中に、月
一回の予定で「Bon Marché」という女性向け広告
特集ページができました。

今回ですと19ページから22ページにあたる4ペー
ジ。この4ページのうち真ん中の2ページは全国版
1ページ目と4ページ目は地域別の情報となってい
る...ハズ。

私が描かせていただいたのは、最初のページの東京
圏向けのページ
です。というわけで、残念な
がらほかの地域のかたにはご覧いただけないのです
が、とりあえずブログでご紹介しておきま〜す。
(一応、このコーナーには『ブロガー』として採用
されているのでございますよ...。汗)

当初の予定より、スペースが小さくなってしまった
ので、直に新聞をご覧になるかたにはイラストが、
少々ゴチャゴチャして見えるかもしれませんが。

    


それにしても何年、何十年(?)やっても、自分の
描いた絵が、印刷されて掲載されるって、楽しいこ
とですね。絵&印刷&紙好きなのでイラストレータ
ーになった、単純な私であります。






春のウキウキ気分が少しでも伝わったらいいなぁ。

<オマケ>春のお便り代わりに、大きくご覧いただける原画からの画像↓も付け添えておき
まーす♪
 ※More...をクリックしてご覧ください。


↑クリックしていただけると、励みになります。(それだけなんですけど、嬉しいです。)

More....続きはこちらから
[PR]
by kadoorie-ave | 2010-03-04 10:16 | イラストの仕事 | Comments(14)

イラストの仕事<『府内町家』日本ハウジング・町の工務店ネット>

最近の仕事もご紹介しなければ。

大分の日本ハウジングによる、「府内町家」のパンフレットのイラストです。パンフレ
ットというのが正しいのかどうかわかりません。というのも「住まいネット新聞 びお」でおな
じみの町の工務店ネットが編集した冊子で、紙質がよく、印刷も美しい、レイアウトものびのび
した
ものです。最近ではそういうものはかなり減りました。手に取るだけで、なんだか気持ちが
いいなあと感じる冊子です。写真やイラスト(何人ものかたの魅力的なイラストが添えられてい
ます)も豊富で、わかりやすい。
その中から、私のイラスト部分だけ、ご紹介します。

※画像をクリックすると、大きめに表示されるものも...あります。

f0063645_15584991.jpg

f0063645_16121812.jpg

f0063645_16123083.jpg

まだまだあって長いので、続きをご覧くださるかたは「More...」をクリックしてください。↓



More....続きはこちらから
[PR]
by kadoorie-ave | 2010-03-02 16:17 | イラストの仕事 | Comments(2)

JCB「J-B Style」2010年2-3月号『小さな鉄道旅日和ー樽見鉄道』

毎度おなじみ、隔月刊のJCB会員向け旅の情報誌「J-B Style」での連載です。旅の様子は以前の記
「閑話休題。岐阜への小さな旅のご報告。」をご覧ください。...ああ、あの取材旅行は去年の10
月のことになるんですねえ。送られてきた見本誌を眺めながら、なんだか随分前の思い出という気
がしました。

本来なら同行の師匠、旅と乗り物(殊に駅舎)のベテラン・フォトライター杉崎行恭氏の文と写真
を一緒にご紹介したいところ。とてもテンポがよくて面白いんです!が...自分の仕事の部分しかお
見せできないのです、残念。
※上から1番目と4番目のイラストは、画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

f0063645_017451.jpg

f0063645_0172595.jpg

f0063645_017462.jpg

f0063645_0181312.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-01-26 23:58 | イラストの仕事 | Comments(4)

HAPPY NEW YEAR! 謹賀新年 2010年

皆様、明けましておめでとうございます!年が明けて2010年となりました。
昨年中は、ブログに遊びに来てくださってありがとうございました。振り返ってみたら、2006年の
2月にこのブログを始めたようなので、4年近く書いてきたことになります。確か飽きっぽかったは
ずの私が、こうして続けられたのも、ひとえにブログを見に来てくださる方、コメントをくださる
方、WEB拍手をクリックしてくださる方...そして、実際にお会いしたかたの温かい励ましのおかげ
です。心から、御礼申し上げます。
なにより嬉しいことは、知り合いが日本中に増えて、世界も大きく広がったことです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶に、イラストを二つ載せてみました。

f0063645_593018.jpg

↑このイラストは、聘珍樓のクリスマス&new year用グリーティングカードに採用していただいた
作品。ここ数年、イラストを描かせていただいています。横濱中華街らしくておめでたい雰囲気を...
と思って描いた、聘珍樓本店の外売り風景です。(画像をクリックすると拡大します。)

f0063645_5144156.jpg
←こちらは、今年の自家製年賀はがき用
のイラスト。

竹林で凶暴そうな虎と出会った少女の図。

だけど、このあと虎は竹のまわりをグル
グル・ぐるぐるまわって、ついに溶けて
バターになってしまう予定です♪

...って、どっかで聞いたような気がしま
す?私にとっては、あの話は今でもうっ
とりする、大好きな話なんですもん。
(ただ、子供心に、バターの中に溶けき
っていない虎の毛があって、歯に挟まっ
たりしたらいやだなあ...ということだけ
は心配なことでしたけれどね。)


2010年。皆様に佳いことがたくさんありますように。本年もどうぞよろしく♪

[PR]
by kadoorie-ave | 2010-01-01 05:31 | イラストの仕事 | Comments(20)