2008年 07月 24日 ( 1 )

ついに咲いた! 咲いたのですが....<朝顔>

「団十郎」という朝顔があります。『キセの濃茶無地(えび茶がっかった色です)・日輪抜け』の
朝顔が本来の団十郎だと言います。縁が白いものなど似ている朝顔も、団十郎と言って売ってしま
うことが多いそうです。大輪で浮世絵を思わせる色彩の粋な風情がステキで、ため息。
 江戸時代に二代目市川団十郎が好んだ茶色が団十郎茶として流行ました。その団十郎にちなんで
つけられた名前です。その種を、特別に5粒ほど頂戴しました。(すぎさんありがとう!)こりゃ大
変!大切に大切に育てなくちゃ!

けれど、種をまく段階ですでに失敗してしまいました...(しょんぼり...)。
発芽しやすくするため、種にかすかな傷をつけるか、水にしばらくの間浸すかするといいと知り、
かすかな傷を付けた上に水に浸したところ、4つがふやけ過ぎて駄目になってしまいました。(すぎ
さん、本当に申し訳ないです...。勉強になりました。)
残る一つは、とにかく立派に育て上げなくては!行灯仕立てが雰囲気があっていいと思ったのです
が、部屋の中にいても花が見えるほうがいいと、急遽麻ひもを結んで、妙なネットを作りました。
全部の種を発芽させることができたら、「緑のカーテン」になったでしょうに。。。

さて、ぐんぐん伸びて、沢山のつぼみを付けました!つぼみが膨らんで、今朝はいくつも開花...!!
が、おや? 色が渋くない.....。そういえば、葉も美しい斑入りです。団十郎は斑の
ない葉だったような....。

f0063645_18383730.jpgf0063645_1836937.jpg

↑こんなふうな、ヘンテコなネットです。必要とあれば、また麻ひもを繋げて広げるつもりです。
(byクモ女)
根元付近に、花の色素と同じ系統の色が出ると言います。えび茶がかっている気がしたのですが...

f0063645_1835468.jpgf0063645_18363937.jpg

f0063645_18395947.jpgf0063645_1843281.jpg

大輪で繊細、えび茶ではないけどもう可愛くて可愛くて。室内から美しい葉や花が揺れるのを眺め
るのがこんなに新鮮だとは。
それにしても、どうしてこの色に?交雑したものか?(種屋さんから買っても、朝顔はある程度違
う色の朝顔が混ざるそうです。)...ということは。私が失敗してしまった他の種が団十郎であった
か!?....もしかすると、団十郎なのだけど、育てた人間の浅さや薄さとかが
影響して渋さが抜けちゃったとか!!??
(でもいい花に囲まれて幸せです...。)
ところで、白いつぼみもいくつか出てきましたよ。

More...私のベランダで元気なファミリーとは...
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-07-24 18:45 | 住むこと暮らすこと | Comments(4)