2008年 07月 18日 ( 1 )

このようなものを作ったのでした。

あの箱のようなものは、くるりとひっくり返してこんなふうになる。

f0063645_23354471.jpgこのひき出しの中身は大半が洋服。ところどこ
ろに鞄だったり、絵の道具の一部のひき出しも
あります。
この板の厚さなら、仕切りの板が中に入ってい
ることと、ひきだしが支えになることもあって
なんとか使える強度ではないでしょうか。
さて、これは何かと申しますと、
ベッド...じゃない、『寝台』な
んでありま〜す!


f0063645_2336514.jpgこの部分は、ふたを開けると、季節品や旅行の
バッグ等が入るようになっています。

この「寝台」は、仕事部屋に置かれていまして
上にとりあえず布団を敷いて使います。
(とりあえず「布団」しか置いていないので、
これはベッドではなくただの「寝台」、という
わけです。)
椅子からすぐに移って休めるようにしました。
睡眠時間を、以前よりはとるようになりまし
た!

※(追記)あとで読み直したら、どうにも哀れな感じなので言い訳を。
<開発者は語る>
椅子をアーロン・チェアにしたのはよいけれど、徹夜中、椅子に座ったまま熟睡してしまうことがありま
す。以前の椅子でそんなことはなかったから、いい椅子なんでしょうけど....。起きるとさすがに疲れ果て
ていて、体がきつい。けれど、仕事ができていないのに休む決心はつかないし...というので考えた!椅子
のすぐ背後に休むところがあれば横になって眠れるんじゃないか...と。
仕事部屋は本や資料でいっぱいなので、収納できるもので、スペースぴったりのサイズにというのでこの
形になった次第。.....って、やっぱり哀れな感じですか!??ありゃっ、すみません。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-07-18 23:58 | 住むこと暮らすこと | Comments(4)