よくある痛いこと

ああ、三週間ぶりくらいになんとか仕事のほうもメドがつき、ちょっとほっとしています。
どの仕事も、張り合いのある楽しい仕事ばかりなのですが、これまでの人生で一番てんてこ舞いを
しました。
「この仕事は朝から午後3時までになんとか形にして、午後3時半から6時くらいまでは、こっちの
仕事。夕飯をかき込んだら夜12時までその続きをして....新しく来た仕事はええっと...翌朝から違う
のを描くからその前の...午前1時から明け方までにやっちゃうかぁ〜」という24時間営業予定表。
こういう日々は三日続くくらいなら大丈夫なのですが、息つく暇もなくそのまま三週間...っていう
のは初めて。本物の売れっ子の人は、それが一年中続くのかなあ。

睡眠は、「あ、時間できた!」という瞬間にパッと一時間、とか。ラフスケッチを出した後、その
案でよいかどうかの返事待ちでポカッと4時間空いたときにガバッと眠るとか(幸せで布団にくる
まって笑っちゃいます)。

そんな日々ですと、脳の一部分だけハイテンションで起きていて、他は能力低下。脳味噌に分厚い
フィルターがかかっているみたいになり....
よくあるこんなことになってしまいます。↓


f0063645_1564764.jpg


夕飯のあと、そそくさと仕事部屋に戻ろうと
...体の向きを変えると...(元気があっても
なくても『元気っぽい』勢いだけはありま
す。)

f0063645_157313.jpg


ガツン!と左足の薬指
と小指をぶつけてしまいました。

f0063645_1572776.jpg

ポキッと音がした。

結構な衝撃が頭まで...

f0063645_1574710.jpg

い、息ができない....

ちょっと息ができないってことはあ
るけど...

f0063645_15843.jpg


今回のはキツめ!

f0063645_1581989.jpg
とっても...とっても...

いけない予感。

だってちょっと血の気が引い
ているもん。

記憶のページをダーーッと遡
ると足の小指を骨折したとき
と似ています。
弟に「私の体はこんなに柔ら
かい、ほら足を振り上げると
鴨居に届くでしょう」と自慢
しようとして...方向を間違え
柱に激突したのだった。

f0063645_1583926.jpg

隣駅の前にある病院の整形外科は有名です
が、遠くまで行きたくはありません。夜が明
けてから、朝目の前のクリニックに問い合わ
せたら、整形外科は休診日だそうで。
曲がっていないし痛いだけなので、その日は
一昼夜仕事をして、二日目に受診しました。

痛いけど、痛いけど...

先生に見ていただき甲斐のある、付け根一帯
まで紫色に腫れ上がった指。
レントゲンで撮りました。正面を真上から
と....側面から、指を広げ撮ったのと。


f0063645_1585433.jpg「とってもキレ
イにとれていま
す!」

先生の言葉に気をよ
くする私。それは
「鮮明だ」っていう
意味だってわかって
はいますけど、なん
となくね...。


「こりゃあ痛そうだ!」と同情していただけたのも、うれしい。

けれど、その日は午後から打ち合わせやイラストの納品その他、吉祥寺や表参道など歩き回る予定
でしたので、「せんせー、靴が履けないと困ります」と訴えたら、小さな添え木(のような薄い
板)は家でのみつけることになりました。
外出時は、小指と中指を一緒に巻き付けることで、それが添え木替わり。なんてうまい指を怪我し
たんでしょう〜♪
それになにより......手の指じゃなかったー!よかった...!!ラッキーでした♪歩いてみ
てわかったのは、不自由ですけれど、薬指にはほとんど体重をかけて歩かないということ。

※ところで、側面からのレントゲン写真を見たとき、自分がふと「おいしそう...」と思ったことに気
付きました。なぜそんなことを思ったのだろう??と、一生懸命考えたところ....これを食べた時の
ことを連想したらしいですよ、私の疲れた頭は。
 →<ヨロヨロしながら『豆豉鳳爪』を...。>
なんていう脳なんでしょう、疲れ果てているとはいえ...。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-11-09 02:56 | イラスト付き | Comments(28)
Commented by YALIN note at 2008-11-09 09:52 x
とても痛そう〜!
暫く身体の感覚がおかしくなるかもしれませんね。
早く治るといいですね。
お大事に!
12月中旬に小野寺さんのご近所にあるTさんの自宅(住むに載っていた家)に遊びに行くので、
ぜひご一緒に〜!
またメールしますね!
Commented by Chinchiko Papa at 2008-11-09 11:42 x
くれぐれもおだいじに。
わたしは、左足の薬指をドアにぶつけ、爪と指の間が内出血してひどいめにあいました。片方の足をかばって無理に歩くと、反対側の足をはじめ、身体のどこかに大きな負荷がかかるのか、妙なところの筋肉を痛めますのでひきつづきご注意ください。
Commented by tei0930 at 2008-11-09 14:51 x
うぁぁぁぁぁぁん、
痛いんですよね、わかりますわかります!
私も子供のいすに足をぶつけて右小指の骨を一回、
その前に冷蔵庫を開けたら中から日本酒の小瓶が垂直に落下して
左の小指を一回と
両足の小指の骨を折っていまーす♪
どれほど痛いかまさに文字通り骨身に沁みて知っているわけですが
光子さんのイラスト、痛さがフラッシュバックしました(笑

お大事になさってくださいね。
私は夏だったから一日中ビーチサンダルで過ごせばよかったけれど
これから寒いからそういうわけにもいかないでしょうし・・・
しばらくはご不自由かもしれませんけど。。。

私、○ラキの180円スニーカー(今もあるのか?)を買いまして
折れているところをじょきじょきと切って履いておりましたよ~。
Commented by pikapika3 at 2008-11-09 15:48 x
woo…とっても痛そう!もしや、お会いしたときは既に痛さを我慢していたとか?暫く、不便だとは思いますがお大事にしてくださいませ!
参考にはならないかも知れませんが、娘がやはり足の指を骨折した時は、同じく寒くなってきた季節でしたので、サンダルという訳にもいかず、ルーズソックスを履いておりました。
Commented by fuu-koubou at 2008-11-09 16:02
大変でしたね・・・・お見舞い申し上げます。
手の指じゃなくてよかった~の言葉、同感です!!
だって私も、手を骨折したら、全く仕事にならないですもの!
収入ゼロになっちゃいますものね(笑)
早く完治することを願っています。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-11-09 18:02
ごめんなさい!結末が想像できて〝いけない、いけない!きっと凄く痛いんだから!!〟
と思いながらもイラストの可笑しさに負けてついぷぷぷと^^;
私も昔足の甲を折りました。腫れがひくまでは出来るだけ
足は上げていた方がいいですよ。
あ、違います!Y字バランスするっていう意味じゃありません!!
寒い時の怪我は治りにくい(ような気がします。)。くれぐれもお大事に!!
Commented by tomotubby at 2008-11-09 23:19 x
偶然かな、私も金曜の夜に疲れていたせいか、トイレのドアを閉めたとき右手中指を挟んでしまい、痛たたたたた。爪の中が内出血しております。でも、折れてないから、小野寺さんより軽症。お大事に。
Commented by syo-kunin at 2008-11-10 06:10
小野寺さん、こんにちわ。。。

痛たたたたっっ!!イラスト見てるだけで痛さ感が(笑)
お大事にして下さい~!!∩`・◇・)ハイッ!!
Commented by koike at 2008-11-10 08:50 x
それはそれは災難でしたね。
仕事を急がせた責任を痛感しています。
さぞ、痛かったことでしょう。わたしも転んでおでこが道にぶつかり、立ち上がるなり、みるみる間におでこがピンポン玉のようになったことがあります。目から火花が散って、息ができませんでした。
どうぞ、お大事に。
Commented by りりこ at 2008-11-10 09:43 x
結末を予測しながらも、あまりのことにむしろ感心。
骨折するほどの勢いっていうのもとてつもないものが。
そろーっと過ごしてくださいね、しばらく。
背骨がショックから回復するにも時間がかかりそうですね。
Commented by chiz20 at 2008-11-10 19:52
お久しぶりです!お元気ですか?って、この足の状況では元気にはなれませんね。。。実は私も同じことをした経験があります。あまりの痛さに息できない、、、まさにそのとおり。どうぞお大事に。
それから遅ればせながら、素敵な本の出版おめでとうございます!!近々私も手に入ることになったので、ワクワクしています。たくさんのイラストを見るのがとても楽しみです!!
Commented by riemit at 2008-11-11 14:09 x
むむむ~!なぜか書き込みがうまく行きません(><)
何度がやってみたので、もしかしたら、同じような内容が、
何件も入ってるかもしれません・・・。

足、大変なことになっていますね(><)お忙しい時に、大変でしたね!
わかりやすいイラストのおかげで、その時の臨場感が伝わってきました!
やっと少し、お仕事も落ち着かれてよかったですね。
しばらく不便でしょうけれど、お大事になさってくださいね。

鶏の足~!!私はあれが苦手なんです(><)
香港で飲茶する時、ローカルの人たちはあのメニューが大好きですよね。
コラーゲンもたっぷりで美肌にもよさそうなのですが、
どうしても、あの形状と食感がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(涙)
Commented by アン at 2008-11-11 20:51 x
きゃー!
痛いんですよね…足の指…(´・ω;`)
どうかどうかお大事になさってくださいね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 21:59
>YALIN noteさま
ご無沙汰しています。
おかげさまで腫れは引いてきました。
まだ痛いことは痛いのですが、歩く時の重心は主に親指にかけているみたいで
つい、怪我を無視して歩き回ってしまっています。
12月にはきっとなんでもなくなっていますから、是非Tさんのアノお宅に連れて行って下さい♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 22:08
>Chinchiko Papaさま
ありがとうございます。
湿布やテープの巻き方が上手ではないらしく、巻き直すたびに
痛かったりそれほどでもなかったり...。
ぶつけるまでは、足の指の存在をそれほど感じずに過ごしていましたが
痛むと、ふだんなんでもなく働いていてくれた指に感謝したくなりますね。
...他の筋肉まで痛めないように、気をつけます。
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 22:15
>tei0930 さま
ね、ね、やっぱり『よくある痛いこと』でしょ〜?
日本酒の小瓶が落下...うう、聞いただけで息が止まりそうです。
大きな骨を折ったのではないので、大騒ぎするほどのことではないのですが(してるか...)
思い出した頃に、足の指ってぶつけますよね。
そして、あ、これは尋常の痛さじゃない、やっちゃったかなあ...となるのです。ふ〜
靴は一足だけ、指を圧迫しないで履ける皮のスニーカーがあるので、お出かけはなんとかそれで。
でも、つま先が柔らかい靴なので、踏まれたりしたら大絶叫ものです〜〜ひょえー!
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 22:27
>pikapika3さま
先日はどうも....♪
そうなんです、あの時はちょいとばかりつま先がズキーン、ズキーンと...。
私の場合、小さな折れ方なので添え木をつけて湿布して巻くくらいしかすることがなく
外出時は、湿布と包帯だけでコンパクトにまとめることができるので目立たずにすみます。
(たいしたことないっていうことです...)

そっか...では私はルーズソックスをはいて、
○ラキの180円スニーカーの患部部分に穴を開けたものをはこうかな.....(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 22:33
>fuu-koubouさま
わ〜い、寒くなってきて『あっという間にクリスマスになっちゃうなあ』→クリスマスといえばお菓子
→お菓子と言えばふうさん。ふうさん元気かなあ〜と、ちょうど思っていたところでした!
足の痛みに冷や汗を流しながら考えたことといったら、そう「手じゃないからこのまま仕事を続けられる!
よかった〜〜〜」でした。
お互い、手は大事にかわいがりましょうねえ...。
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:03
>pyontaro-piyopiyoさま
足の甲だなんて...ものすごく痛そうです!
私は顔面蒼白になる程度に痛かったのですが、指の骨折なら以前も経験があったので
息がつける程度になった時「ぷぷぷ、ブログのネタができたあ♪」...と
痛がりながらニヤニヤしてしまいました。
足、高くして寝ています。(ついでにむくみもとれるかな??)
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:07
>tomotubbyさま
いえいえ、手の指は痛いですっ!私もドアにバーンと指を挟んだことがありますが
なぜああいうときに限って思い切りすごい勢いでドアを閉めたのかふしぎなくらい....やー痛いです。
ともたびさんこそお大事に。
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:11
>syo-kuninさま
すみません、ブログで痛いの自慢&同情をひこうとして...。
syo-kuninさんも、手がとっても大事なお仕事ですね。
ちょうど描いても描いても、またさらに次の締め切りが...という時でしたので
怪我したのが手ではなかった喜びのほうが大きかったです...!
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:16
> koikeさま
大変お世話になっております...。けして、決して koikeさんにせかされたせいなんかではありません。
(せかされていませんし...)
すでにオツムがかなり危険な状態だったらしく、スキレットを空焼きしっぱなしで気付かなかったり
その日の日付もわからないし、壁にも激突するし...でした。
『おでこがピンポン玉』で息ができないほうが、ずーーっと痛そうです...。
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:22
>りりこさま
いつも勢いだけはあるので(ヨレヨレでも、病気でも...)
「今日も元気そうね」などとよく誤解されます。
普段から粗忽なのに、ぼーっとすると一層ひどくなりますし...粗忽で勢いだけあるとこんなことに。
足が少々不自由だなあと思うと、試しにウロウロ動き回りたくなるので
調子に乗ってときどき「あいたたた...」なんてやってます。
あ、11月下旬の例の予定は、決行で大丈夫です♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:27
> chiz20さま
ご無沙汰しておりますー。
つま先以外はとても元気なのですけれど...普段意識もせずに歩くことができたことを
とても有り難いことだったと、足の指たちに感謝しています。
「香港女子的裏グルメ」、注文して下さったんですね♪ありがとうございます。
私自身も、こももさん(HN)の魅力的な文と取材先の大ファンです。
よい本のイラストを描かせていただいたなあと、嬉しく思っています!
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:35
>riemitさま
すみません〜〜なぜコメントが入りにくいんでしょう???
困難を乗り越えて(!?)書き込んでくださってありがとうございます。
脳が疲れてくると足の指をぶつけやすいらしいよと、人から聞きました。
けれど、ぶつけた後に「こりゃいいネタができた」などとほくそ笑んでいたりもして。
(すみません..。でも皆さんから優しい言葉をかけていただいて、治りも早そうです。)
鶏の足、あれは....美味しいです。豚足も好きですが。では、鳩の頭...も駄目??
Commented by kadoorie-ave at 2008-11-11 23:37
>アンさま
こんなところに自分のつまらない怪我のことを書き立ててすみません。
たくさんやさしい言葉をかけていただいて、あっという間に治りそうな...気がします!
Commented by *やん* at 2008-11-12 23:40 x
ちょっと目を離した隙に、こんな事件が起きていたナンテ>C<

大丈夫ですか?

無理しないで、ゆっくり治して下さいね!!

Commented by kadoorie-ave at 2008-11-13 22:03
>*やん*さま
てっへっへ〜...なんて言っている場合ではなかった。
そうなんです、そそっかしいものですから、しなくてもいい怪我をしてしまいました。
長く歩くとシクシク、ズキズキ痛みますが、思ったより生活に支障ありません。

それより、「やんcafe」すごく順調そうでなにより〜!早く岡山まで行きたいよう〜。
<< 朝日新聞社 広告月報 2008... 2008年 夏の香港紀行70 ... >>