2008年 夏の香港紀行63 <油麻地 ほっつき歩き>

ここのところ、お仕事にてんてこ舞いでうれしい悲鳴...。
問題は、
「暇なら色んなことをしてウロチョロ→アクティブ」なのですが
「忙しい→朝からドアを開けることもなく合計16時間以上座っている×毎日=運動量は基
礎代謝分すら怪しい。→→なまくらな体」

......嗚呼.....
どうしましょ〜。このままだともうすぐナマコになってしまいそう(既になってる)。ついで
に言うと、不夜城ならぬ『不夜人(?)』になってるかも。

だれか私をつかまえて強制運動(ただしぎっくり腰や心臓マヒにならない範囲で)させてく
れないかなあ。当方、自慢ではありませんが自己管理能力が....ありません。

f0063645_037133.jpg ..........................
さてと。油麻地・ほっ
つき歩き
は続く。

開店前の時間とはい
え、発見は多いです。
たとえばこの立て(掛
けてある)看板。
白地に赤ではなく、反
対ですが「繁体字(旧
漢字)の山」!大好物
です。

少しずつ、この界隈で
働く人たちの人通りが
多くなってきました。

f0063645_0374968.jpgf0063645_0383897.jpg

↑(左)ファンの多い「角の丸い香港の古いビル」。(右)これが中国式のお棺です。


↓ナイスな看板を見つけました。「男 女」と書かれていると、トイレかお風呂屋か...と思い
ますが、床屋兼美容院です。

f0063645_6161875.jpg


お店を正面から見てみました。「上海」と謳っていますが、経営者が上海出身なのか「上海」
がトップモードの証であった時代からやっているのか...。
いずれにせよ、こざっぱりとした外見のわりに、クルクル回る床屋の目印が4つもついてい
るところなどにそそられます。
さすがに「私もちょっとカットしていただきたいわ」と入る勇気時間はありませんでしたけ
ど...。

f0063645_6164376.jpg


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-14 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)
<< 人んちの冷蔵庫を覗いてまわる。 横濱本店聘珍楼で飲茶 2 >>