2008年 夏の香港紀行60 <油麻地の騎樓・おまけ>

油麻地の気になる騎樓の写真を大きくして眺めていたら、少し先の「陳枝記老刀荘」(ここにもよ
くお世話になります!)の看板についている飾りがかわいかったので載せておきます。↓

f0063645_133924.jpg
.............................................................................................................................

↓そして、こちらは参考資料として。上海街の一本隣の通り、「廟街」1930年頃の写真です。この
辺りは当時は油麻地遊郭の中心地。
すぐ隣の通りだけあって、上海街に残る騎樓と似たような大きさの建物が並んでいます。

f0063645_13395322.jpg

............................................................................................................................
さらにおまけ。↓こちらはもっと新しく...1960年代くらいでしょうか?トラムが走っているので、
香港島側の風景ですね。この頃に行ってみたかったな。

f0063645_13402477.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-10 14:09 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)
Commented by itaciao at 2008-10-10 14:39
(たぶんitaciaoって出ます=タダ海です)
教えて下さい。陳枝記も明生と同じような感じの店ですか?
包丁はたぶん買わないと思いますが厨房機器なら興味あります。
どの辺りでしょうか?
Commented by えみりん at 2008-10-10 15:13 x
はじめまして!こももさんの本のイラストが可愛かったので、おじゃましました!大好きな香港の街並みの気づかなかったところの写真が載っていて、楽しませていただいてます。おいしそうな食べ物にはもっと興味を惹かれますが・・・(^^; 杏のジャムはホントおいしそうです。
これからもお邪魔しますので、よろしくお願いします。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-10 15:23
>itaciaoさま
こんにちはー。
陳枝記も明生と同じようなかんじです。
そして大きなものから小さなものまで何でも揃いま〜す。
ウェブサイトもありますよ。
http://www.chanchikee.com/index.html

香港九龍上海街 316-318 號地下
G/F., 316-318 SHANGHAI STREET, KLN.,H.K.
TEL: (852) 2385 0317, 2384 7515 FAX: (852) 2771 5186
Commented by タダ海 at 2008-10-10 22:04 x
ありがとうございます。HP見ただけで欲しいものが。
12月に行くので、寄ってみたいと思います。
ほかの荷物減らさなきゃ。密輸の野菜とか(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-10 23:20
>えみりんさま
はじめましてー!ようこそ。イラストに目を留めて下さってうれしいです。
今回の「香港女子的裏グルメ」は、香港のお気に入りの風景やグッズを描いたので
鼻歌まじりで楽しく描きました。折しも(?)私のブログでも
香港紀行をまだノタノタと続けている最中でしたので、血中香港度はいま結構高いです。是非ちょくちょく覗いてやって下さい。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-10 23:28
>タダ海さま
陳枝記のHP、地味に充実していますよね。
私は今回、肉に刺して吊るすためのS字フックとか、今さらながらのマンゴープリンの型
そして豆腐花をすくうためのおたまなんかを買いました。
密輸したい野菜、いろいろあります。ああ、芥ラン食べたい。
Commented by ちぃやん at 2008-10-11 11:06 x
騎楼いいですね。
イタリアの柱廊もイイなぁと思いますが、同じ湿気(程度は無視)とお箸の国の生まれはですから、香港に軍配を上げてしまいます。

モノクロ写真を見ていると「花様年華」もですが「阿飛正伝」の音楽も聞こえてきそうです。
Commented by vicky at 2008-10-11 20:10 x
蓮香楼でコメントした、vickyです。
いやー、3枚目の写真いいですね。
後ろに見えるは、ピークでしょうか。縦看板の多いこと!
しかも、英語なし!
ホント、私もこの頃に行ってみたかったなぁ。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-12 07:21
>ちぃやんさま
そうなんです。
イタリア、ポルトガル...そして騎樓そのものも東南アジア中に色々ありどれも好きですが
何故か香港の騎樓が特に好きです。
香港のものは私にとって色・形、そして文字の入り具合がなんとも好みなのかなあ...。
「阿飛正伝」...ああ、聞こえてきます〜〜(笑)。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-12 07:26
>vickyさま
いいですよねえ、気に入っています。
もう、ネオンサインもあるのですが嫌みがなく、眺めるほどに切ない気持ちに...。
物語をたくさん感じます。
英語なし...ほんの数十年前だというのに!
トタンにペンキの看板って、味わいがあっていいなあと思いました。それも繁体字だらけの。
<< 2008年 夏の香港紀行61 ... 2008年 夏の香港紀行59 ... >>