2008年 夏の香港紀行58 <朝の油麻地/好き好き看板!>

さあ、まだどの店も開店前。どこにも引っかからずに純粋に歩き回ることのできる時間。キョロ
キョロしながら参りましょう。
キョロキョロすれば目に入るのは大好きな看板の群れ〜♪それも「きらびやかなネオン」で
はなく、少し侘しげな漂うツヤのない看板。きらびやかなネオンは、香港のイメージとして語られ
ることが多いのですが、そりゃ一部です。来るたびに沁みるのは、じんわりとした暗さのほう。侘
しさがカッコよく思えるよな、そういう通りが好きです。

....とはいえ、このワビサビ(侘しくて錆びてる)な通り「上海街」こそ、もともとは油麻地のメ
インストリートであった通り。婚礼衣装の店・厨房用品の店・仏具店が多く並びます。(う〜ん
『結婚する』『(プロも素人も)食べる・食べさせる』『あの世行き』が揃うとは、人生の濃縮版
みたいな通りですね。)

f0063645_12121164.jpg

f0063645_12123876.jpg



観光ガイドブックでもお馴染み
『明生鋼竹蒸籠廠』(住所:
284-F Shanghai St., Yaumatei 
Tel : (852)2780-9765)の看板も
見えます。

私もここでよく御世話になります♪

この辺りの厨房用品の店は朝9時半
頃開くので、周辺を一巡すれば午前
の早いうちに充分にお買い物もでき
るなあという算段です〜♪

f0063645_12131089.jpg

この辺りのビルは、2階が1階より張
り出しているのですが、騎楼だった
のにその脚(柱)をとってしまった
ものでしょうか?それともはじめか
らこの形?


気になります...。(ご存知の方教えて
くださいませ)

f0063645_12135181.jpg


香港では白地に赤、または赤地に白
の看板が多いと前に書きましたが、
向うに見える紅茶館酒店 油麻地
Bridal Tea House Yau Ma Tei

は、建物ごと看板になっちゃってい
ますね〜。

香港でセレブ気分♪もいい、または重慶マンションに泊まることに憧れるバックパッカー体験もア
リだけれど、どちらかといえば多くの香港人の「フツーの暮らし」からは離れたイメージ。
旅行に行くと、その街の市場に行くのが好き!という人が多いのも、見知らぬ街の『普通の暮ら
し』を目で見て、肌で感じることが楽しいからだと思います。自分たちとの共通点を見つけて親し
みを感じたり、違いを発見して自分のちっぽけな常識とか固定観念を覆されたり...。
香港に行ったことのない人(実際行ったらすごく気に入りそうなのになあ..という人も)「香港って
どう?」と聞くと、「あー、ネオンとグルメとアクション映画でアチョーな街?」「パワフル、エ
ネルギッシュ、猥雑、キッチュなところなんでしょ」といわれます。あー、そうなんだけど、あー
もどかしい。そのイメージは嘘でもないし間違ってはいないけど違うんだよぅーーー、うまく言え
ない!
文章で的確に表現できる人とか、目は口ほどにものを言う...見るだけで香港の風情を伝えられるよ
うな写真を撮ることができる人をうらやましいなあと思う今日この頃です〜。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-10-07 14:06 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)
Commented by tei0930 at 2008-10-07 21:44 x
光子さま
先日はバタバタと失礼いたしました。
本当に楽しく、そして実り多い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
光子さんが描く一本の線はすでにもう、光子さんの線なんだなあ~って
感動しました。

明光輝鋼竹蒸籠厨具、先日蒸篭を買ったのはこのお店です。
以前もこちらで購入しているのですが
その時は息子を妊娠中でパンパンにはったおなかをだましだまし
命がけで購入したことを思い出しました(笑
使うたびに幸せな気持ちになれるから
持ち帰る苦労を考えずに買ってしまうんですよね。。。
↑やっぱり大変だったりするのですが(笑
Commented by こもも at 2008-10-08 12:32 x
上海街をふらふら歩くのが大好きでした。店頭のずんどう鍋の中に
ちんまり座っているネコにご挨拶するのがお約束でしたっけ。
せり出し看板も、根っこの部分の微妙なサビがでんじゃらーすで
イイですよね。
光子さんのお写真で初めて知りました。「宇宙」って上海街にもあるんだあ!
(サムスイポーの有名なビーズ用具店です)
Commented by タダ海 at 2008-10-08 14:29 x
明生寄りました。蒸篭大活躍してます。ちょっと奮発して50ドル(爆)
以前使っていた蒸し器は、丸くて中蓋が傾いて
何度も水没させてました(笑)
長時間いるといっぱい買ってしまいそうだったので、
サッサと店を出ました。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-08 19:18
>tei0930さま
わ〜いteiさん!
中華街でお会いできてよかったです。でも、時間がないというのに
無理矢理お口に点心を詰め込ませちゃったみたいで、申し訳なかったです。
お腹が痛くなりませんでしたか?
また改めて、ゆっくり中華を楽しむ会でもやりたいですね〜。
明生鋼竹蒸籠厨具の辺りは、揃いもいいし、通りの規模も大きすぎないので
何軒か見比べられるし、重いもの・かさばる物をどんどん買ってしまう危険に満ちていますねえ。
でも、家に帰ってから一番テンションが上がるお土産が、料理道具かも...。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-08 19:23
>こももさま
やーお疲れさまです。
インタビューの時は、じゃまばっかりして申し訳ありませんでした。
上海街は味がある通りだし、用もあるし、
ここを通らずに日本に帰ると、何か忘れ物をしてきたような気すらします。

サムスイポー、まだちゃんと歩いたことがないんです。
次回は絶対、と思っています。(必須目的地なの。)
この「宇宙」、暗くなってから店の前を通ると電飾が色々下がっていて
暗い通りにそこだけ輝いているのが可愛らしいんです。そしてちょっと切ない。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-08 19:35
>タダ海さま
おお、明生で50ドル(皆さま、約750円です)...それは良い物を♪
日本の専門店で見ると(中華街の照宝はそれでも良心的ですが)
すごーく高いので、重くても、肩に喰い込んでも、アザになろうとも)
買って帰る価値のある物が、とくにこの店にはごっそりありますね。
私は結構長い時間いました。それは欲しいものが多過ぎてなかなか決められなかったからです。
考え込み過ぎて、思ったほどたくさん買えなかったな....
次回リベンジ。
Commented by tomotubby at 2008-10-09 00:00 x
スタンレーの金槌がいいですね。
むかし灣仔かどこかに
「フィリップス」の電池の看板があって
青い色合いが好きだったのを思い出しました。
香港ではスタンレーというと赤柱ですが、
ここでは士丹利なのですね。
スタンレー電気というLEDの会社は中国語でどう書くのかしら??
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-09 06:01
>tomotubbyさま
いいでしょ。
これも一応電飾がついているんだけど、枯れ切った味わいがよいです。
スタンレー電気、気になったので調べてみました。
『斯坦雷電氣(亞洲太平洋)有限公司』!!でした.....ぜえぜえ、やっと見つけた。
Commented by ayam7281 at 2008-10-09 10:11
油麻地のホテルに泊まった時に毎朝おばあちゃんやおじいちゃんが公園に集って話している中を地下鉄に向かって歩いて出かけていましたっけ。
あの辺はとっても居心地が良くて、なんともいえない庶民的さがありますね。
モンコックほど街中って言うわけでもなく・・・。
とってもお気に入りになりました
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-09 23:04
> ayam7281さま
街の中に、おじいちゃん・おばあちゃんがのんびりくつろげる場所がそこかしこにある...
そういう場所って何か安心で好きです〜。
だから、私もこの辺りってなんとなく居心地がいいです。
古いまま取り残されたようでもあり、このままでいいからと放ってあるようでもあり。
私も今度はこの辺りにホテルをとろうかなあ。
Commented by jj at 2008-10-15 09:21 x
香港に12年住んでます。
普通の人のくらしはやっぱり政府の賃貸住宅周辺にありますね。
普段着の彼らも香港島に行くときはおしゃれをします。
スーツ姿のおしゃれな外人と一緒に歩いている街と
安い街ファッションと二面性を持っているのが香港人ですね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-16 01:26
>jjさま
はじめまして、jjさん。
12年!干支が一周分。返還前から今日まで...すごい。

そうか、よりバタくさくて洗練されている香港島はちょっとお洒落をしていくところなんですね。
そういえば、以前ラマ島の知り合いの家に行ったら「ねえ、あなたはなんでお洒落してるの?
私なんてこの恰好(ラフなTシャツに短パン)でどこにでも行っちゃうのよ」と質問されました。
「だって海外旅行だし...」と答えると、感心したように「私この恰好で東京だって行っちゃうわ。
もう彼氏を見つける歳じゃないしね!仕事じゃないし」とあっけらかんとしてました。
こちらも妙に感心したのを思い出しました。
<< ちょっとご馳走 こももさんの本、「香港女子的裏... >>