2008年 夏の香港紀行55 <蓮香樓 その2>

わ〜ん、香港のジーッと人を見る視線には慣れているというものの、半径3mくらいの人々がみんな
手を止めて射るように睨まれるのには慣れていません。
でも、常連さんからしたらいつものゆるりくつろげる時間に紛れ込んできたよそ者、異物でしかな
いわけで...。(早朝6:30〜7:00の地元常連客の朝食タイムだからだと思います。座席も、顔ぶれ
もほぼ毎日定番のようです...!日本人客もよく来ているはずの有名店だから店員さんは愛想も良く
て慣れていますが、特別扱いをするわけではありません。)

こんなときはやはり礼儀正しく「恐れ入ります、ちょっとおじゃまさせて下さいね」な態度でいく
しかありません。目上の方ばっかりだし。
「早晨(お早うございます)...」とテーブルのかたがたに挨拶すると「おおっ、日本人が広
東語で喋ったー!」「早晨って言ったぞ」
と目の前で話題にしてうなずき合います。
お店の人にお茶を何にするか訊かれて「普洱茶(ポ〜レイツァー)」と答えれば相席の人たちは
「おい、日本人が普洱茶って言って注文したぞ!」「ほんとだなー」という具合。「唔該、一個大
包」というのも小さな声で言ってみた...。


f0063645_1820428.jpg
そしてカチャカチャと並
べられたのがこのお茶
セット。昔ながらの茶樓
なので、大きめのボウル
で湯呑み茶碗を「洗杯
(サイプイ)」
しまぁす


...どうやるんだっけ...。

(左奥に見える台形のボ
ウルが洗杯用の盅/チョ
ン。)

f0063645_18354138.jpg

※注文を聞くと、こういう紙をテーブルにはさん
でいきます。注文するたびにスタンプして、あ
とでレジで精算するのです。


f0063645_1839133.jpg
不安に思ったことは人に訊くのが一番と思って顔を上げる
と、みんな私が次にどうするか身を乗り出して見ています。
(もう、コメディー映画ばりの光景...!)

隣のおじさんに「どうするの?」と手振りで聞くと、こうし
てお湯の中で湯呑みを回して...といそいそ教えてくれま
す。

そこからは堰を切ったように、みんな交互に「広東語を話せるのか?」「香港は好きか」「何回香
港に来たことがあるか」...など質問が飛んできます。知っている限りの広東語(すごーく少ない)
で返事したり説明したり。

すっかり和んだ空気になりました...が、あなたにも少しばかり超ローカルな場の空気をおすそ
わけしましょう♪(↓クリックすると、大きくなります。大きくすると、わずかですが臨場感が違う
のであります。)

f0063645_192318.jpg

なかなか「大包(大きな中華まん)が来ないなあ...とキョロキョロしたら、3人そろってお店の人に
「この人に早く『大包』持ってきてあげてね!」と声をかけてくれました。

f0063645_19112836.jpg
きたきた...でかっ!
ほっかほか〜。






f0063645_19214680.jpg
ほわ〜んと湯
気が上がる!

なんと、プリプ
リのエビや卵入り♪
なにより、肉が
「挽肉」ではな
く、包丁で叩い
たような弾力が
あってうま〜い。
(大きいし。)

f0063645_20374466.jpg
「で、味はどうだい?気に入ったか?」
「うん、幸せ〜。おいしいです〜。」

「それじゃ足りんだろう。もう一つ頼むものは腸粉だよなやっぱ
り。お〜い、この人に腸粉一皿!」
...って、おじさん。私のものを勝手に頼むんじゃなーい!(支払い
はもちろん私だし...。)大包一つで早朝のお腹はいっぱいになりそ
うでしたが、確かに香港についてからまだ腸粉を口にしていなかっ
たので、まいっかー。(腸粉は素早くお腹の中に消えてしまい画像
ナシ...。)
「お茶はこういう蓋碗(ガイワン=フタ付きの茶碗で、これを急須
がわりにして湯呑みに注ぐ)で頼めば良かったのに。多すぎるで
しょ、次来たらアンタもこういうので頼みなさいね。」
「は〜、確かに。」

f0063645_2046243.jpg
お店の中の様子です。

湯気の上がるワゴンが行ったり来
たり。
お洒落してくる必要もなく、いつ
もの仲間や家族とのんびりお喋り
したり、新聞を読んだり。

いいもんです。
お腹いっぱい。これから空港に向
かうまでの間思い切り歩き回るつ
もりなのですが、大丈夫だろう
か。

f0063645_20512971.jpg

階段手前にあるレジで精算。親切にしてくれた人たちにお別れの挨拶をして、さあ、一日の始まり
です。

f0063645_20564518.jpg外に出て歩きながら考えたので
すけど、私にとって射るような
視線や好奇心、人の顔をジロジ
ロ覗き込むようなのはそれほど
気にならないのでした。コミュ
ニケーションをとればいいか
ら。
見て見ぬ振りをすること、人を
まるで居ないみたいに無視する
ことのほうが妙だな、と...。東
京の地下鉄の乗客の、冷えきっ
た目つきや死んだような表情を
見るにつけ、『いきもの』とし
てどうなのかなあ...と心配にな
るんですが...。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-29 19:25 | 散歩と旅・建物 | Comments(18)
Commented by AKi at 2008-09-30 03:43 x
やぁ、連日.......の香港レポートには、わくわく、ドキドキです。
今日のお話......いいですねぇ。明日も楽しみです。
Commented by チャイカ at 2008-09-30 10:30 x
楽しい朝食だったのですね〜

これぞ一人旅の醍醐味なのですよね。寂しい食事になるときもあるけど(;_;)、地元の人と仲良くなっておしゃべりに花が咲くと、忘れられない思い出になるのですよねえ……

あー、私も一人旅がしたくなりました!!ていうか、成田からどこかに飛び立ちたい……
Commented by 玉井一匡 at 2008-09-30 13:33 x
3泊4日でしかないのに、この密度の濃い吸収力、フットワークに毎日あきれるばかりでした。
あのイラストに描かれた視線から、この写真への劇的な転換は、なにより光子さんのお人柄のなせるところでしょうが、多少とも光子さんの域に近づくには、せめて入り口の言葉くらいは身につけておかなきゃいかんと、よーくわかりました。
これは、オリンピックの期間中のことだったんですよね。
開会式をはじめとする人工的一致団結ぶりにぼくは辟易しながら頑張って見ましたが、そういううんざりを光子さんがひとりで挽回していらしたように思いました。
それにしても、大包はうまそうだなあ!
まさか、ホテルの朝食を済ませてから出かけたなんてことはないでしょうね。
Commented by hao3chi1 at 2008-09-30 17:09
確かに、みなさん、じっとこちらを見ていらっしゃるのが写真を通じてよーくわかりました(笑)。いや、でも実に楽しそう。私も広東語がしゃべれるようになって、その場に早くデビューしたいと思ったくらい。しかも、おいしそうだし。いいなあ〜〜。うらやましいです。
Commented by タダ海 at 2008-09-30 21:25 x
はじめまして。こももさんのところでお名前拝見していたのですが
読み逃げしていました。すいません。
お客さんの写真がそのままイラストになっていて
笑わせていただきました。
常連さんたちは世話好きというか、分からない人には
ちゃんと教えてくれて親切だと思いました。
Commented by sugisugi26 at 2008-09-30 22:34
わ〜、『蓮香樓』行かれたんですね!
こちらは以前エッグロールを買いに行ったことがあって、
次回は絶対ここで飲茶するぞ〜!と思っていたんです。
ガイドにもかなりローカル度が高い様に書かれていますし、
香港に何度も行かれてる方からも
「上級者コース」だとか「手強い(?)」とか聞きますので、
かなりなモンなんだろうと想像していましたが、
なるほど、そういうことかと納得いたしました!
でも一旦相手のふところに飛び込んでしまうと
実は好奇心いっぱいで、
なんやかんやと世話をやいてくれるのが中国人ですね〜。
kadoorieさん、あっぱれです!
あ〜、あこがれのローカル飲茶・・・。
注文票の下のおじさん、いいお顔してらっしゃる!
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 05:35
>AKi さま
ややや...これは恐れ入ります..。
連日「朝目を覚ましました、起き上がってあくびをしました、
カーテンを開けて洗面所で顔を洗いました...」みたいなくどくどした調子で書いているので
そろそろ読んでいる方々が怒り出すんじゃないかとヒヤヒヤものです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 05:46
>チャイカさま
観光客がまだあまり動き出さない時間帯で、このときは私以外みな地元の方のようでした。
ですからローカルなうえにもローカル度を増しているし、
常連客はここであまり観光客と
話をしたことがないんじゃないかと思いました。(観光ガイドには必ず出てくる店ですが。)
もちろんここでは英語は通じません....バリバリ広東語なので
あちらにとっては、言葉が通じない異国の客がいきなり自分たちのいつものテーブルに
割り込んできた...の図でありましょう。
それだけに、挨拶だけでも広東語を話すと、いきなり和むんだと思いました。
『成田から飛び立ちたい』.....わかります〜、ていうかお気持ち察します......!
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 06:52
>玉井一匡 さま
落ち着きなくキョロキョロ歩きつつ、一応毎秒発見や感動、感心することがあるんだと思います。
ところで、私が外国語に興味を持つのは現地に行ったらそこの言葉を喋ろうとする意思がある...というのだけは伝えたい。そして、とりあえず現地語を話すことでウケればいいかな...というウケねらい。そんな理由からではないでしょうか。そこから上達しないのは「とりあえずウケた!」という達成感で満足してしまうから...。
オリンピックは、お会いしたときにでもお話ししますが、現地(香港)で周りの人の表情を見ていると、日本で見るのとだいぶ感じ方が変わるかもしれません。多々深刻な問題はありますが、オリンピックを日本人の観点と香港や中華系の一般的な人の視線の両方から眺めることができたのはとても貴重な体験だったと思います。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 07:02
>hao3chi1さま
やー最初は、私の目の前の方々も「身を乗り出して」思いっきりジーーッと無言で見る上に
「ヤップンヤンはさー」「俺が前にあったヤップンヤンは...」と大声で日本人話を始めるので
「どうしたらいいんだろー!?この針のムシロ状態で食べるのか?」と焦りました。
私は喋れるなんてレベルではないのですが、結局日本でやっているのと同じように
「相手に敬意を払うけど、人懐っこくフレンドリーに」するしかないんだと思いました。
Commented by STARFERRY at 2008-10-01 09:11 x
常連客のイラストの雰囲気、本当に分かります!
私も同じような経験ありです(笑)
一人で突撃したのですが(香港人朋友からはあまりオススメしないと言われました)同席のおじちゃんたちの空気が止まりますよね。そこでひるまずフォーゲイのおじちゃんに『要普洱唔該』と言うと急にざわざわしだし『やっぷんやん、やっぷんやん』と言い出したので『係呀~!』と答えると会話が始まりました。幸い英語を話される方がいらっしゃったのでそちらの方を中心にお話していただきましたが
それはもう質問の嵐でした(笑)
あ~、楽しかったなぁ・・・
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 11:35
>タダ海さま
タダ海さん、ようこそ〜〜♪
さすがに最初から店内でカメラを構える勇気はなかったので
イラストに描いたシーンは写真では撮れませんでした。
(ビビりつつも、映画なら可笑しいシーンになるのに...と、少々残念。)
日々の平穏な朝のひと時をさほど乱されず、しかも簡単なことを「教えて教えて」と訊かれるくらいなら
みんなとっても親切にしてくれます。
だけど、もう少し私が自在に話せれば、もっと場がなごんだのでしょうねえ。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 11:48
>sugisugi26さま
観光ガイドでも有名で、しかもその土地ならではの空気が濃いところって
「ハイライト」としてとっておきたくて、却って行く機会を失ったりしていました。
そろそろちゃんと行かなくては〜というのが今回のテーマでもありました。
こんなに早い時間帯でなければ、もうちょっと入りやすい雰囲気になるのかもしれない...。
でも、一人で行くからこそ妙ちきりんなことになったり、話しかけてもらえたりするんだろうなあとも。
今回は面と向かって香港の人と「話」をする機会が多かったので
英語も広東語も「ハ〜イ!」「こんにちは」「これおいしい」「すみません」「トイレどこですか」
くらいしか話せない自分がもどかしくて暴れたくなっちゃいましたー。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-01 11:57
>STARFERRYさま
いつも日本語のできる香港朋友の御世話になりっぱなしで
幸せでラクな思いばかりしています。
そろそろ初心(?)に帰って、もっと不自由な思いをしようかという特別企画...(オーバー!)。
それにしても、言葉がもう少しできたらいいのに...。
「勉強と暗記ですか?だいっきらいです」なんて言ってる場合じゃなくなってきました。
シナプスのつながりが極端に悪いのにどうしたらよいものか。
現地に一ヶ月でもいいから滞在して、語学学校にでも通うと早いタイプだろうなあとは思うのですが。
色々なものに興味津々で複眼タイプですが、あんまり凝り性じゃないんです...
浅く、広く...の性分が情けない。こういう場面で思い知るのが一番かも。
(こういう楽しさこそ、いつまでも記憶に残りますねえ。)
Commented by ayam7281 at 2008-10-02 22:07
ひとりは少しドキドキですよね。
私も地元ローカルな時間にそばへ飲茶しに行きました。
やはりサイプイがわからず、目の前にいたおじいちゃん、おばあちゃんが教えてくれたのですがうまくいかず、黒服のお兄ちゃんがやってくれました。
広東語もわからない女子二人組はひっそりはいったのに、みんなによくしていただいてたすかりましたが恐縮しました(*^。^*)友達はサイプイの様子を撮影してよいかとおばあちゃんへ身振りでお願い(これが友達のすごいところです)
おばあちゃんいいよって言ってくれて、撮影しました。
おじいちゃんは、餃子をみて熱いから気をつけろと身振りで言ってくれました。
みんな優しかったです孫にみえたのかも~お一人でいかれるとはすごいです。
Commented by vicky at 2008-10-03 21:46 x
はじめまして、7年ほど前に香港に少し住んでいたものです。
蓮香楼、行けませんでした。香港人の友人に行きたいと言うと、「なんで
あんな古くさいとこ行きたいの?」と不思議がられました。

が、よく香港人の友人と飲茶したのであの超ローカルな人々の写真に思わず、懐かしい~!!!そうそう、あんな感じでした。
 私も少しは広東語を話せるので、よくあの好奇な目にさらされました。
が、広東語を話すヤップンヤンは、気に入られることが多く、たびたび
親切にされました。
 「相手に敬意は払うけど、人懐っこくフレンドリーに」まさにこれですね。
これからの香港ネタ、楽しみにしています。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-05 03:11
>ayam7281さま
サイプイは前にも2〜3度教えてもらったのに
(何も複雑なこともないのですが)ちょっと緊張したらもうわからなかった...。
身振り手振りって、意外によく通じますよね〜。
サイプイの様子を撮影したら、いい思い出になりそう..。
孫みたいに接してくれる、世話好きなおじいちゃんおばあちゃんって、いかにも香港らしいですね〜。
Commented by kadoorie-ave at 2008-10-05 03:20
>vickyさま
はじめましてvickyさん!ようこそ〜。
香港に住んでいらしたなんてうらやましいです。
なんとかせめて2ヶ月、いえ1ヶ月でもいいから香港にゆっくり滞在したいです。
香港人の中にも、広東語がわかるのに全く英語しか話さない人たちがいるくらいなので
日本人も英語さえ話せれば不自由はしないでしょうが...。
とりあえず昔ながらの地元言葉は「廣東話」だと思うので、少しでも廣東話で話したいんです。
なんとな〜く、礼儀みたいな気がしてしまう。
日本人としては、高級店や洒落た店もいいけど
香港らしーーい、下町らしい、超ローカルなものも味わいたいですよねえ。

<< 2008年 夏の香港紀行56 ... 2008年 夏の香港紀行54 ... >>