2008年 夏の香港紀行50 <THE PAWN>

灣仔/Wan Chaiに行くたび眺めていた、お気に入りの建物が、改修されて生まれ変わったと聞いて
ここまで来ました。元の建物は1888年に建てられたコロニアル建築でいい味を出していましたが、
さすがに老朽化して、いつ取り壊されるのだろう...それとも歴史的建造物として保存されるのだろ
うか...と心配していたのです。変にきれいになり過ぎて、セットのようになっていたらいやだな
あ...。

元の姿はこちらです。↓

f0063645_22563980.jpg

そして。生まれ変わった姿が...こちら! ↓↓

f0063645_231721.jpg

わぁ、すてき〜♪
そうか、香港の多くの唐樓のベランダ(テラス?)が、窓をつけて部屋として使われているよう
に、ここもそうだったんですね。それを、元の瀟洒なベランダに戻したようです。昔ながらの趣き
を上手に活かしながら、洒落たブリティッシュ・パブ&レストランに生まれ変わっています。やる
なあ....

元の建物には「和昌大押」の文字の通り、質屋が入っていました。この文字を建物の個性として残
し、新しくできた店はその名も「THE PAWN」(質屋の意)。

f0063645_23174265.jpg

f0063645_23432620.jpg

↓中に入ってみると、エレベーター脇の壁には、古い木材が使われていました。もし、改装前の建物
に使われていたものを再利用したのだったらおもしろいけど、違うのかな。

f0063645_2351987.jpg

店内には欧米人があふれ、空いている席はありません。1樓(2階)はブリティッシュ・パブ、2樓
(3階)はレストランになっていてかなりロマンチックなんですけど...。座れない...。週末ですし予
約が必要でしたねえ。残念。

f0063645_2353070.jpg
3樓(日本風に言うと4階)のベランダに忍び込
んで下の通りを眺めました。

f0063645_23471230.jpg
仕方ない、ペコペコのお腹を抱え
て、他を探しましょう。次回はきっ
と、ゆったりここに滞在しますか
ら!
.....................................
"The Pawn"
住所:62 Johnston Road,
  Wanchai, Hong Kong
電話:(852)2866-3444
レストラン“Dining Room”:
  11:30-14:30/
  18:00-22:30(L/O)
パブ(バーラウンジ)“Living
Room”:
11:00-02:00(月~土)
11:00~23:00(日・祝)
WEB SITE:
www.thepawn.com.hk
....................................

オマケ:↓こんな動画を見つけました。
  『香港トラム・和昌大押/Hong Kong Tram - The Pawn』



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-25 23:43 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by GG-1 at 2008-09-26 10:33
一見前の方がエエなとも思うが
もともとはこんなベランダ付きやったのね
すっきりとして悪くはないがちょいと物足りない気もするな~
ところで
微妙に扇状に路面側が湾曲して見えるがどうなんでしょう
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-26 23:53
>GG-1さま
そう、もとは古びていい具合に汚れていましたよね〜。生活感があるのも良かったです。
ただしこのまま行くと崩落しそうだったので...致し方ないかなあ。
とりあえず、原型に近い形が現れて、内装も古さを上手に活かしていて相当素敵だったので
考えられる範囲ではベストの改修だったかもしれません。
あとは、自然にまた古びて行くのを待つ、と。10年、20年...。
微妙に扇状に湾曲して見えるのは、本当にそうなっているのです。
以前は崩れかけていせいかと思っていましたが、元々の形でした。それも魅力のひとつと感じました。
<< 2008年 夏の香港紀行51 ... マダム・チャンさんの日記から >>