2008年 夏の香港紀行47 <cafe/AFTER SCHOOL>

すっかりとっぷり日が暮れて、いそいで向かうはカフェ“AFTER SCHOOL”。

そのカフェは...今回香港に行く前に、『香港のアーティストやクリエーターが出入りするような
ギャラリーやカフェで、いいところはないかなぁ』と周囲の人たちに尋ねて回ったのです。
8月のアタマ、世田谷ものづくり学校で、上海の法子さんの新プロジェクトfactory-tshirt.net
画発表会
がありました。終了後、一緒にピクニックをしたとき。Benoitさん、法子さん、カナダ人
で現在は日本在住のSandyさんも、それぞれ「ああ、ATER SCHOOLならいいね。あそこはおも
しろいよ、すごく」
と薦めてくれたのです。

f0063645_1334174.jpg

さらには、Craig Au Yeungさんまで、「AFTER SCHOOLに行くの?あそこはいいよね。自分も
よく行きますよ」
とのこと。
........................................................................................................................
場所がちょっとわかりにくい。銅鑼灣/Causeway Bayの雑居ビルの中にあって、目立つ看板も出し
ていないのです。ここですが...。↓
住所 : 2/F, 17 Yun Ping Road, Causeway Bay, Hong Kong

f0063645_203145.jpg

↑ええと、"HOMELESS"と書いてあるところじゃなくて、その上の階です。(この"HOMELESS"
は、上環にあった店の支店です。お洒落なインテリアグッズやユニークな雑貨がたくさん!)

f0063645_2122149.jpg




まずは階段を上りましょう。うねる脊椎のよう
な、力強いラインの手すりが気に入ってしまい
ました。

f0063645_2163624.jpg
この扉が、先程外から見えた「ライフスタイル
グッズ」の店、HOMELESSの入り口。
(1/F...日本風に言うなら2階です。)


さらにもう1階上がったところが、目指
す"AFTER SCHOOL"。


●何人かの人が思い思いにくつろぐ店内の写真を
撮るのは、なんとなく憚られたので、雰囲気を
知りたい方はこちらをどうぞ。
http://www.pokit.net/

WISEPOLICY/Hong Kong Blog
こちらはオーナーPokit Poonさんのブログ。日
本語訳付きです。

店内は、古い学校の木の机や椅子が置かれ、懐かしい教室の雰囲気。穏やかで落ち着けます。カウ
ンターには、雑誌ART ITや、アート/演劇関連のフリーペーパーなどが並んでいます。
ここは、写真家、インテリアおよび展示建築デザイナー、ブランド・コンサルタントなど幅広い活
躍をするPokit Poonさんが、クリエーターどうしのつながりや仲間の広がり、そこから生まれる可
能性を信じて創設した、カフェ兼デザインスタジオ。

私がコーヒーを飲んでいると、オーナーのPokit Poonさんが話しかけて来てくれたので、Craigさん
のところに持って行ったポートフォリオを見せてしばし歓談。柔らかな笑顔と人なつっこさが印象
的な人でした。Pockitさんからも「この雑誌の記事はボクが書いたんです。読んでみて」と見せてい
ただいたり、「プレゼントをあげる」と、オリジナルのポストカードをいただいたり。

もっと話したいことがあるのに、言葉が不自由過ぎてもどかしいーー!もっと自由に英語か広東語
が話せれば....。
たっぷりくつろいで、結局チャージ料も免除されて(※土日に限りチャージ料が100ドルかかりま
す!)、コーヒー代のみ払って温かな気持ちでカフェをあとにしました...。

※このチャージ料って、多分、興味本位で『キャー雑誌に載ってたねー♪』みたいなノリでむやみ
に混雑するのを避けるためのもののような気がします。看板もないし...。でも、とても温かく迎え
てくれるお店です。



f0063645_36537.jpg





この一角を眺めながら、香港の魅力の一つ
は「明暗」「新旧」などのコントラストが
際立っているところかもしれないな、と思
いました。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-21 23:57 | Comments(2)
Commented by ayam7281 at 2008-09-22 11:17
夜の香港でもこういうなんともいえない雰囲気があるのですね。
このビルと、唐楼のコントラストいいなぁ。
私が一番好きな風景かもしれないです。
子供のころはこういう雰囲気があまり得意ではなかったのですが、大人になってみると、こういうのが居心地いいなぁとおもうときがあります。
香港の雑踏にいると、自分が何人かとかなくなって楽チンだったりする私です^_^;
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-23 00:53
>ayam7281さま
こういうコントラスト、香港らしくて私も大好きです。
香港の人たちも、やはり同じような雰囲気を好むみたい。
古い唐樓へ思いも並々ならぬものがあるようですが、
そんなものはどうでもいい、『発展』と『便利』と『経済効果』こそが大切という人々も
まだまだたくさんいるのも日本と同じようでした。
私も香港にいると、気が楽です...。
<< 2008年 夏の香港紀行48 ... 2008年 夏の香港紀行46 ... >>