2008年 夏の香港紀行43 <利工民のシャツ>


f0063645_1056832.jpgCraig Au Yeung/歐陽 應霽さんとお会いしたときの、彼のいでた
ち。白いTシャツと短めのワイドパンツという彼のトレードマークみ
たいな恰好です。
すごーく香港ローカルっぽいのに、お洒落な空気を漂わせているのは
Craigさんならではだと思うんですが....心の中で日本に帰ったら、こ
ういう香港製造的気分に浸りたくて...こっそり<あの店>でお買いも
のをしました。(注)Craigさんの服が「あの店」のものというわけ
ではありません。


ところで、Craigさんの“サーフィン向きの波”みたな前髪もうらやま
しかったんですが、全くクセのない髪なのでこちらはマネしたくても
できないな...と。

...........................................................................................................................

f0063645_10552876.jpg 上環の永樂街を歩いていて見つけた<あの店>。

ふと、上を見上げたとき目に入った看板。
「利工民」(レイコンマン)ではありませんか!!
香港に4店舗あって、ずうっと気になっていたものの、なかなか立ち寄る機会が
ありませんでした。
香港に初めて行った頃、よく読んでいた藤木弘子さん著「遊遊 香港道楽」(早
思社)にも、「親孝行は『利工民』で」と書かれていた、中高年層向け(あ
りゃっ、我も対象年齢だった...)高品質肌着の店です。一見なんの変哲もないジ
ジシャツ&ババシャツなんですが、肌触りの良さ、縫製と素材の良さで一度着る
とリピーター続出...らしい。
だけど、藤木さんも書くように、「駆け寄って、『まあ、ステキ!ちょっと合わ
せてみていいかしら』といいたくなるような代物ではな」かったんですもん...。
だけどねぇ...年取ると(←私)肌触りがよくてラクなの
がなによりなんですよ...。


そして今の私は香港オヤジになりたいのであるからして。

f0063645_11203677.jpg
←利工民は、かのブルース・リーだって着ているし。

ブルース・リーを尊敬するチャウ・シンチー(周星馳)や、彼と付き
合っていた頃のカレン・モクだって着ている。

f0063645_11271411.jpg
乾物屋など、下町らしい店の間
にあります。

ウェブ・サイトがまたいいで
す。
利工民
歴史回顧のページなんかたまり
ません。

f0063645_11323920.jpg
ちょっとゆき姐(兵藤ゆき)似の店員さんはと
ても親身な対応。サイズの相談(身振り手振
り)にも丁寧に応じてくれます。(慣れたも
の。)

「父と母には金鹿線衫を。男物と女物で。」

「金鹿」線衫のほかに「藍鹿」「光華」「秋蝉」のラ
ンクがあり、「金鹿」は最高級品。めずらしく
大奮発(オーバー!)です〜。

香港では日本にいるとき以上に「親孝行」は評
価されますので、「よしよし結構けっこう」と
いうわけでゆき姐もにこやか。

f0063645_1133166.jpg
自分用には、一番お手頃価格の「秋蝉」の...し
かも52ドルが36.4ドルに値引きされているもの
にしました。


ああ、しおらしい(っぽい)私...!








↓ラベルだけでもコレクションしたくなります。
金鹿はそれぞれ箱にも入れていただき...
「自分用は箱はいらないです」と、ラベルだけ
つけてもらいました。

f0063645_11371217.jpg

f0063645_12572976.jpg

で、フリーランスの身の上としてはどこに行って
も念のため「領収書をお願いします」と言ってし
まうクセが。試しに「唔該俾張發票我(ムゴイ 
ベイヂョンファッピウゴ〜)」と言ってみたら通
じた。昔習ったので使わないと...


←そうしてもらったのがこれ。くぅ〜泣かせま
すねえ、私のためにこんなレトロに加工してくれ
て...なわけはないか。

渋いです。

f0063645_1257531.jpg
香港から戻ってから、早速「秋蝉」安売り版を着ていま
す。
←こんなふう。
着心地は....?
SPECIAL素晴らしいです♪
さらさらで、肌触りがいいです。さすがは香港製造!蒸
し暑い時でもきもちいい〜。脱ぎたくないんですけ
ど...。今いくらでも、涼しく感じさせる肌着とかがあり
ますが、これは初めての肌触り。「秋蝉」でこれなら
「金鹿」はどれほどなのか??
父と母にまだ渡していないので、わかりません...。

このままの姿で外を闊歩すると「裸の大将」と間違われ
そうなので、とりあえず気分のいい室内着ってことで。
体を引き締めて「私はカレン・モク!」といえそうなほ
どになったら、外に着て参ります。(ないな...。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-17 13:25 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)
Commented by ビンゴ at 2008-09-17 16:38 x
ここの肌着、父に買おうと思っていたらその父が他界してしまったので買わずじまいだったんです~。
↑のコーディネート私も好みです♪
BUT,ゴムのパンツは、この歳になって無くなっちゃったウェストが益々無くなっちゃうので×!
あぁ、昔の様に細くは無いけど筋肉質のマッチョ(爆)なボディに真っ白なTシャツ&パンツ着てみたい・・・
決してカレン並のボディは望みませぬ(って無理!)
Commented by STARFERRY at 2008-09-17 16:40 x
利工民の記事、リンクさせてくださいね。
Commented by STARFERRY at 2008-09-17 16:51 x
私も利工民大好きです。
以前、香港の紙モノの整理していたら
名刺はあったけど領収書は見つかりませんでした。
でなぜかひよこBRAND(鷄仔o麥)の領収書がありました。←買った覚えない・・・^^。

Commented by ちぃやん at 2008-09-17 19:29 x
確か10年前に同じ店で、私も父母に買いました。
店の陳列棚や蛍光灯のあたり方なんてのも含めていい味でた店ですよね。

残念ながら男性用の記憶はないのですが、女性用は洗うと風合いが面白くなったことを覚えてます。
カレン・モクとは程遠い私も自分用に欲しいです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-18 08:09
>ビンゴさま
いやー着る服の雰囲気によって、体もチェンジできたらどんなにおもしろいかと思うんですけれども。
丁度無印良品に行ったらセールでワイドパンツがいろいろありました。
ウエストはゴムじゃなくて割とゆったり腰にひっかけて穿くタイプの。
これで筋骨隆々...じゃなかった、引き締まったボディがあればもっといいんですが....温泉に落とした大福みたいだからなあ...自分。
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-18 08:11
> STARFERRYさま
>>リンク・・・わーい、ありがとうございます♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-18 08:38
> STARFERRYさま
>>香港の紙モノ・・・整理しなくちゃ...私も。
紙袋や場合によってはビニール袋まで喜んでとってあるのでキリがありませんね。
名刺や領収書なんかも、‘重要’な物件ですしね。
ひよこBRAND、まだお店の前を通り過ぎてばっかりです。
買った覚えがないのに領収書があるなんてうらやましいな〜。(?)
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-18 09:00
>ちぃやんさま
そういえば、蛍光灯の照明でいい味出してる珍しい一例かもしれませんね〜。あの店が、突然パリ風の温かい色の間接照明になったりしたら、寂しい...(笑)
私は処分価格の32だったかXXSみたいなのを買ったのですが、男性用とはいえ10歳〜12歳でもよさそうな小ささ。ちびピタで着るにはもってこいですが...あの店は胸囲でサイズを決めるらしく、「もしあなた用なら小さすぎる」といわれました。小学生にあげるんだと言って買いました。だって、ゆったり着ちゃったら、私完全に『裸の大将』ふうになっちゃいます...。
ところで>>女性用は洗うと風合いが面白くなった・・って、一体どんなふうに....!??
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-09-18 10:34
ブルースリー世代ど真ん中の私!小学生の頃当時職人だったオヤジの〝U首肌着〟を着て
ブルースリーの真似をしてたの思い出しました。
昔の香港映画の空気感が一番漂う大好きな「ドラゴン危機一髪」(邦題)の
ポスターじゃないですかぁ~!かっちょいい~!!
この時の肌着を半分破られて格闘するリーのかっこよさったら!!
そっかぁ。これを着るとリーになれるのかぁ。
これを着るとポヨンとしたお腹もきっとかっこよく見えるはず^^!
Commented by ちぃやん at 2008-09-18 11:25 x
正直なところ父母の感動は私ほどではなかったので、洗濯機でガンガン洗われ父のは短命に終わりました。母のはそれでも長かったと思います。
男性用はグ●ゼとおなじメリヤスですが女性用は異なってて、照り感のあるテロンとした肌触り(滑らかさ?)がずっと変わらず、おっしゃる通りサイズさえ気をつけて買い、染みが付いたら染め直してみるとちょっと近所着に化けそうでした。しかし、私が試すにはサイズが大きすぎて…。

そのまま記憶の奥底に沈んでおりました。

利工民、、小綺麗になる前の、星イ子だけでなく呉孟達先生にもお似合いの一品ですね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-19 01:10
>pyontaro-piyopiyoさま
あの頃は、誰もが小学校の教室で「アチョーッ!」っていいながら
オモチャのヌンチャクを振り回してましたねえ〜!もちろん私もです。
でも、U首肌着まで着るとは『上級者』〜!
そう、ここの肌着は本物のブルース・リー(気分)になるための近道です。
これを着るだけで、いきなりお腹が6つに割れます!!(ほんとだってば〜〜)
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-19 01:16
>ちぃやんさま
あ、私がプレゼントしても同じ結果になりそうな....気がします。
女性用は一層肌触りがよさそうですね。今度は女性用にチャレンジしてみます!
そういえば、お店には今風のシルエット(キャップスリーブのとか)のものもありましたっけ。
呉孟達先生の利工民スタイルは、似合い過ぎて着たまま生まれて来たのかと思うほどですね...
<< 2008年 夏の香港紀行44 ... 2008年 夏の香港紀行42 ... >>