2008年 夏の香港紀行39 <中秋節に観るもの>

明日は今年の中秋の名月。
香港は中秋節のランタンがきれいなのかなあ...。私は日本でまあるいお月様を眺めます、晴れると
いいなあ。中秋節にはやはりこれですよね。『月夜の願い/新難兄難弟』

f0063645_9462519.jpg

f0063645_837932.jpg
さて、日頃よくこんなDVDを流しながら軽い仕事をしたり
しています。香港のHMVにて購入。

張國榮/レスリー・チャンが尊敬して仲良くしていた白雪
仙、そして任劍輝主演の「帝女花」。いわゆる粵劇(広東
オペラ)です。


なぜこれを観るかというと、もちろん、以前これ↓をテレビで観たからです。
往年の(?)ファンの方にはお馴染み。

ほかにもYouTubeで『帝女花之香夭』を探して見ましたが、無知な私にすら、発声やちょっとした
仕草、姿勢、視線の送り方など、若手にはあまり好きな人がいません...(不勉強なだけかもしれな
いけれど。)

レスリーの『帝女花之香夭』、これは好きで好きで...何より好きで、何度観たかわかりません。
歌だけご覧になりたい方は始まって1/3くらいのところからどうぞ。会場で見守るお姉様方の表情
もいいです。会場には若くはない観客の方が多いようですが、聴き終わってからの歓声も大きく、
若いファンだけでなく粵劇に関して目も耳も肥えている方々からの大きな拍手にはこちらまで嬉し
くなっちゃいます。

私の淡い希望は、この『帝女花之香夭』の女の人のパートを歌えるようになること。でも、香港人
の前でそんなことを言うと、みんないきなり「この広東語の発音は今の発音と違ってさらに難しい
ものだからね」「発声だってなかなかできないんだ」と厳しい表情になっちゃう。
どこかにそんな難しいことを言わないで、一曲だけ本格的に(ある程度だけど)歌えるように厳しく
(やさしく)叩き込んでくれる粵劇の師匠はいないかなあ....。


それにしても、ここに出てくる肥姐もアニタも、今はもうレスリーと一緒にあちらの世界で憩うの
かと思うと、切なくなるなあ...。
........................................................................................................................
<おまけ1>これまでの自家製(怪しい)月餅関連エントリー:それにしても、表の模様をもっと
クッキリ残すにはどうしたらよいのでしょう?
●中秋節快樂!  
http://oneday55.exblog.jp/3492696
●もうすぐ中秋節!<YALINさんと作った月餅。>
http://oneday55.exblog.jp/6396565
●ioraシークレット・ライブと中華菓子<奶王糯米糍>など
http://oneday55.exblog.jp/6410043

<おまけ2>住まいネット新聞「びお」:十五夜お月さんを愛でよう
http://www.bionet.jp/special/tsukimi/


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-13 09:14 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(2)
Commented by STARFERRY at 2008-09-13 21:24 x
こんばんは☆
私も粤劇や京劇が大好きです。
レスリーの覇王別姫での演技の素晴らしさには
粤劇の素地があったんですね。

許冠傑のDVDに昔の映像があって
阿SAMとレスリーが一緒に歌っている所を
アニタ姐が嬉しそうに眺めるシーンがありました。
もうそれを見ていると涙が止まりませんでした。
2003年は香港人にとっても私たちにとっても辛い年でしたね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-14 13:32
>STARFERRYさま
レスリーは勘がよくて呑み込みも早いんですが、それに加えて本物の伝統文化を
とても尊重する人だなあと思います。さらに覇王別姫のときは師匠も舌を巻くほどの努力家で...。
レスリーも、若い頃はゲーノージンっぽいノリで帝女花之香夭を歌うシーンがあって
それはそれで楽しいのですが、年齢を重ねて純粋さと深みが増した↑このかんじが好きです。

2003年は、経済も打撃を受け、サーズのことといい、何もかもがひどい年でしたね。
本当に、きれいな煌めきの星が消えてしまって、香港の夜景まで冴えないように思えました。
<< 2008年 夏の香港紀行40 ... 2008年 夏の香港紀行38 ... >>