2008年 夏の香港紀行37 <『陳意齋』でゴッソリお買いもの♪>


f0063645_9295019.jpg
今回も、大好きな袋菓子をたんまり購入。
小さくてわかりにくいので下にアップの写
真を載せました〜。

(袋入りではないバラ売りのお菓子もあっ
たのですが、写真を撮る前に人にあげてし
まいました...)

f0063645_92930100.jpg

ちょっと前までは今よりさらにレトロ&ローカル
なパッケージの宝庫でした。
今も、大きな缶入りほか、どのパッケージも香港
らしさを大切にしたデザインです。

←こんなふうに。(パッケージの漢字が間違って
いたらごめんなさい。)

f0063645_9272541.jpg

(左)蝦子花生 :エビ味の花生(=落花生、つまりピーナッツ)揚げ菓子。カリッとしていま
す。「エビ満月」みたいな衣で揚げたかんじ。
(右)齋燒鵝 :(齋=素食=ベジタリアンフード/鵝=ガチョウ)...つまり、焼いたガチョウみた
いだけど、実は肉は使っていないよ...という「お菓子」。確かに、揚げてから甘辛く味付けしたカ
リカリのガチョウの皮もどきであります。
ええ〜やだ〜!というかたもいらっしゃるかもしれませんが、結構ポリポリいけちゃう濃いめの
味。香港にはほかにもこんな肉のタレ風味や魚料理風味の『お菓子』があります。

f0063645_9274894.jpg

↑(左)合桃酥: (合桃=くるみ/酥=クッキーやパイなどサクサクしたものの総称)くるみクッ
キー...という意味です。
でも念のため袋の裏を見たら、材料は<麵粉(小麦粉)/砂糖/植物油/雞卵/欖仁(堅果製
品)
>とあります。欖仁って何?
気になったので調べました。ですが、今ひとつよくわかりません。小倉エージ氏は「中
国オリーブ」と。ほかでは欖仁樹/モモタマナ/Indian almond treeとかの説明は見
つけました。でも欖仁樹の実の種が欖仁なのか?中国語版Wikipedia維基百科『食用果
仁列表』
に名前はあるけど説明はない...。ああ、スッキリしない...。
とにかく、このサクサクしたクッキーの上にポツンと乗っているのは松の実より大きくアーモンド
よりずっと小さいものですが、それが欖仁でしょうか??わからない...。
追記:ちぃやんさんからのコメント欄へ書き込みで、欖仁の件がすっきりいたしまし
た。>>欖→カンラン科カンラン、欖仁→烏欖(クロカンラン)の種子・・・というこ
とです。ちぃやんさん、ありがとうございます!
「烏欖」で検索したところ、こちらに
わかりやすい説明が。→『橄欖仁(カンランの仁)』。辻調理師専門学校の中のページ
のようです、さすが♪
味そのものは素直で軽いクッキー。どなたにでも受け入れられる味かと。

雞仔餅:普通のクッキーなんですが...上に甘からいチキン風味(焼き肉のタレ風味?)のタレが塗
られていてカリッとした仕上がり。これがなかなかイケルんだ。齋燒鵝よりクセも少ないです。日
本人の知っている味だけど、食べたことのない組み合わせ...っていうの、中華圏には多いですよね。
(右)牛油雞蛋餅:(バターと卵のクッキー)甘さ控えめ、優しい味でこれといった特徴はないの
ですが「ママの味」とも思える懐かしい味です。誰にでも受け入れられやすくて、ミルクと一緒に
おやつにすると、意外とたくさん食べちゃう...

f0063645_9281242.jpg
さて、これが私のだーい好きな「甜合桃」で
す。
クルミの飴炊き。カリカリ香ばしく、こ
この店のは上品で軽い。すごいカロリーなのに、
気付くと食べ過ぎてしまうのでキケン。
クルミ好きの方にはいいお土産ではないでしょ
うか。

f0063645_9283139.jpg

↑(左)左の黒っぽいのは「芝麻花生軟糖」(胡麻ピーナッツの飴固め)ヌガーほどネチッとしてお
らず、トフィーよりナッツが多く香ばしい。麦芽糖でゆっくり固めているんでしたっけ?
さて、そして右の箱入りのお菓子。これは「燕窩糕」といいます。字の通り、燕の巣のお菓子。
(右)一箱に6本入っています。これはね...おいしいかどうかというより、明日のお肌のためにつ
い...。うっすら甘く、モサモサした食感です。小さなお子様の健康の為によろしいとか。いえいえ
おやつとしてはいいお値段ですし、ここは小さなお子様より私がっ。

f0063645_9285793.jpg

全蛋蝦子麵:(全蛋=全卵/蝦子=エビの卵)エビの細かーい乾燥卵が練り込まれた麺。
香港式の細麺は、日本のツルッと弾力のある麺とは違い、細〜くて少しごわっとした素朴な食感で
す。日本の中華麺至上主義の方もいらっしゃると思いますが、香港風の深い味わいの出汁のさっぱ
り系のツユにはこちらの方がしっくり合います。
いつもエビワンタン麺にしたくなってしまうのですが、ここではシンプルにサッと湯がいて炒めて
みました。青菜を添えてシンプルに....っと。

おっといけない。ホテルに戻ってAnnaさんと待ち合わせの時間だ!
それにしても、大きな袋になってしまった〜。



[PR]
by kadoorie-ave | 2008-09-10 13:18 | 散歩と旅・建物 | Comments(7)
Commented by ビンゴ at 2008-09-10 20:47 x
甜合桃、大好物でございますわ♪
おっと、カロリーの事は・・・・無視!無視!
私はいつもトンロー湾で買っています。
そういえば、日比谷ペニンシュラのヘイフンテラスでの食事の時お茶請けに出てきたんだけど、香港のペニンシュラブティックでのお値段を知っているので、スタッフが下げようとした時断固拒否して全部食べちゃいました!
Commented by 天星小輪 at 2008-09-11 00:00 x
さっきお友達のところで甜合桃を見たばかりです^^。
甜合桃、おいしいですよね~。私も大好き!
陳意齋もだんだんこじゃれた感じの包装になってきましたね。
私はこの中でも「燕窩糕」の包み紙が好き。
きっとこの包み紙も捨てられないと思います(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-11 07:56
>ビンゴさま
美味しいですよね〜、本当にキケンなおやつ。
リスじゃありませんが、種・実のものが好きなので見かけたら抱え込んで食べちゃう〜♪
ヘイフンテラスでは袋ごと、山盛りってことはないでしょうから
上品さを見習わなくちゃ...。
陳意齋、香港らしいテイストは残しながら、かなり洗練されてしまいました。(好きですけど。)
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-11 08:09
>天星小輪さま
甜合桃だけはいつも手もとに置いておきたいなあ...。おいしいのを。
陳意齋、今は袋菓子の袋もしっかりしたいいもの使ってますね。
でも、トレーは使わない/袋は全部共通で商品名だけシールで貼っているとか実質本意なところも好き〜♪

「燕窩糕」の箱の中の包み紙ですよね...白地に赤い繁体字の...。
一つ取り出すたびに、あの包みにニヤケて、開く時は至福の時です...包み紙に!
もちろん貯めてあります。用途はないけど...(笑)。
Commented by ちぃやん at 2008-09-11 09:04 x
欖仁に出会ったことがないのですが、我が家に眠る中日大辭典では、欖→カンラン科カンラン、欖仁→烏欖(クロカンラン)の種子と言っています。
ネットでは、亜熱帯や熱帯の植物で実がオリーブに似ており、果実を生食、種子を食用油とのこと。
「仁」は中国語で、種子の核(桃仁、杏仁ならご存じですよね)を指しますので、きっとカンランという実の核をスナックとしても食すんですね。
南瓜やヒマワリも美味しいですもの、カンランも香ばしい一品になれますね。

香港はもう6年もご無沙汰ですが、ハズレももちろんありますが、大当たりの、そして何故か懐かしいもあるお菓子に出会える良いところですね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-09-12 00:15
>ちぃやんさま
ちぃやんさんようこそ!
ちぃやんさんの仰る通り、「烏欖」で調べてみたら画像や説明が色々出てきました!あ〜すっきり。
ちいやんさんのおかげでわかったことを、追記としてこのエントリー内に書き添えました。
ありがとうございました♪
Commented by sayaka_mat at 2010-03-13 03:09 x
燕の巣はあの世界三大美女の楊貴妃も飲んでいたとのことで有名な健康美容食品だそうです。

http://hongkong-bird-nest.50webs.com

<< 2008年 夏の香港紀行38 ... 2008年 夏の香港紀行36 ... >>