2008年 夏の香港紀行16 <香港の書店へ行こう/『書得起』>

新潟から戻って参りました。新潟では、土地のおいしいもの、心のこもった料理をたらふくいただ
き、たくさんお喋りしてきました....もちろん仕事をしに行ったのですけれど(汗)。新潟(高田)
訪問については改めてブログに書く予定。
...........................................................................................................................

さて、中央図書館を出た私たちは一緒に銅鑼灣(コーズウェイ・ベイ)間に向かいました。
そしてAnnaさんはお仕事へ。私は一人で書店へ。
香港に行く愉しみの一つは、香港の書店で本を捜すことなんです。本と言っても、文字ばかりの小
説の類いは、いくら繁体字好きの私でも意味がわからないからあまり見ません。主に見るのは、自
分の創作意欲やアイディアによい刺激をくれるビジュアルブック(写真や絵などの多い本)が中
心。

香港の本屋さんには、有名なところでは「商務印書館圖書中心」「Page One」などがあります
が、最近のお気に入りをご紹介すると、ひとつ目はここ。

「書得起/BASHEER DESIGN BOOKS」
銅鑼灣軒尼詩道439-441號 
香港大廈1樓A座
(1/F FlatA Island Building 439-4441
Hennessy Road ,Causeway Bay)
tel. (852)2126 7533

はじめて行ったときは、住所もわかっていて、目印の消防署前まではすぐに来たのに、目の前でな
お、ウロウロと迷ってしまいました。路面店ではなく、ビルの2階にあるのです。なんでもないビル
の階段をトコトコ上ります。現れるのがこの扉。

え〜大丈夫なの、こんな落書きだらけの場所...とお思いになるかもしれませんが、よ〜く見れば落
書きや貼られたステッカーは香港のクリエーターのものだったりする。↓

f0063645_117285.jpg


↓このお店のカードの表と裏です。店は思いのほか広く、スッキリとしていて見やすい店内です。デ
ザイン、イラストレーション、現代美術、ファッション、建築等々が中心の品揃えです。日本から
輸入された本もあります。香港、台湾、大陸、日本、欧米....美しい本の数々。日本にもこの手の書店はあ
りますが、輸入本は欧米のもの中心で、なかなか東アジア発のビジュアル本のセンスのいいのは見つかり
ません。

f0063645_1174440.jpg

今回買った本の紹介は、ではまた明日に。


[PR]
by kadoorie-ave | 2008-08-24 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by マツモト at 2008-08-27 15:48 x
この本屋の入り口はアートしていますね。
来年のカレンダーは壁アートがテーマ。面白いと思ったので、香港の友人にさっそく「写してきて」とさっそくミッションを課しました。日常この当たりをうろうろしているので・・・

Commented by kadoorie-ave at 2008-08-28 02:24
>マツモトさま
香港の若いクリエーターの間ではHip HopとStreet Graffitiがすごく人気のようなので
他にもいい出物があるかもしれません。
ここの本屋はドアだけでなく階段周辺にもスプレーでペインティングしてあります。
そのわりに店内はスッキリきちんとした印象。
<< 2008年 夏の香港紀行17 ... ちょっとだけブログを留守にいた... >>