2008年 夏の香港紀行10 <陸羽茶室 1>


f0063645_20151683.jpg
さあて。Annaさんの先導で、ホテルからトコト
コ歩いてゆきます。途中、香港ではおなじみの
「竹棚(ジョッバン)」=竹の足場がありまし
たが、めずらしく階段付きでした。

「Annaさん、竹棚を造る人の職業訓練学校があ
るんでしょ?」
「そう、あります。でもねー、最近の若い人の
技術はちょっと??です。歳とった人の技術は
すごいけど、若い人はもうちょっと....」
って、
そりゃ危ないじゃないですかっ。

そんな話をしながら歩いているとほどなく目的
のお店へ。ああ、やっと来た。いつも目の前を
通り過ぎてばかリでした。香港では大抵一人で
歩いているのですが、この店には誰かと一緒に
来たかったのです。



f0063645_20194883.jpg


陸羽茶室
 (Luk Yu Tea
House)


住所:24-26 Stanley
Street, Centre
District, Hong Kong
(香港中環士丹利街
24-26号)
tel:2523-5464
open:7:00-23:00


創業1933年。香港で最も由緒ある老舗飲茶レストランで、観光ガイドには必ず載っていますよね。
入り口にはターバンを巻いたインド人がドアマンとして控えていて、うやうやしくドアを開けてく
れます。元々、ここは有名人や有銭老(お金持ちのおじさん)の常連さんの集まる店です。
※創業当時は中環永吉街にありましたが、1976年に現在の場所に移転して来ました。
くわしいことは、『香港ナビ』サイト内の、FOODY氏の「陸羽茶室」の記事
を是非お読みください。→→FOODYの食べ歩きシリーズ第5弾『飲茶』
FOODYの愛称で知られる麥耀堂(William Mark)氏は、食通中の食通として名高い
フードコラムニストです。昔ながらの中華風エレガンスを感じる「飲茶」の空気が伝
わってきます〜。


f0063645_20484599.jpg

一階の様子。給仕のおじさんたちの白い上っ張りが、な〜んともいい感じです。11時を過ぎていま
したが、お店には常連客らしき人たちがゆったりくつろぐ姿がちらほら。

f0063645_20492330.jpg

f0063645_21115146.jpg
ボックス席(?)に案内されました。落ち着き
ます。丁度、私の肩より少し高い位置にこんな
フックがありました。給仕の人が教えてくれた
のは、これはコートを掛けるフックではなく
て、鳥かごを掛けておくところだということ。
以前はお客さんたちが自慢の小鳥を鳥籠に入れ
てお茶の時間を愉しみに来ていた、その名残の
フック。

f0063645_21162194.jpg
この店の椅子は、座面の高さがあまり高くな
く、大変堅牢。座りやすい!ああ、欲しいよう
欲しいよう...この椅子、すごく気に入りまし
た。いいなあ....。







ささ、注文をしなくっちゃ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-08-17 21:37 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by ビンゴ at 2008-08-18 19:41 x
陸羽茶室、大好きです♪
以前はとって~も敷居が高かったのですが、1度足を踏み入れると、なんとも良い空間。
白服のおじちゃんも適度にオシャベリで仕事人って感じ。このボックス席妙に落ち着きますよね♪
Commented by ayam7281 at 2008-08-18 21:11
私も陸羽茶室大好きです!!
もう三年も前ですが、まだ表を工事していたときにいきました。
おばちゃんがお弁当を売るような箱に飲茶を入れてきて見せてくれるのがとっても好きなんです!(^^)!
ボックス席いいなあ、今度はそういうところへ座りたいです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-19 10:54
>ビンゴさま
陸羽茶室、いいですよねえ。私もここの常連の『おじいさん』になりたいです。
昔ながらの白服もいいし、中味の給仕の人たちもいい。
おしゃべりしてても、ボンヤリしてなくてたまに仕事人らしい鋭い目つきが
混ざるところも好きです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-19 10:58
>ayam7281さま
私も、期待通り、いえそれ以上の雰囲気でしかも居心地いいしすっかり気に入ってしまいました。
願わくば、しょっちゅう行ってもここのお値段が全く気にならないくらいの
有銭老(私の場合『婆(ポウ)』になるのかな)になれたらたらいいなと。
<< 2008年 夏の香港紀行11 ... 2008年 夏の香港紀行9 <... >>